Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2018年11月24日

第5回仕掛学研究会まとめ

まとめました。
2
HЯOK @formula1_99

第5回仕掛学研究会が始まります.一件目は,「行動変化のサービスデザインと仕掛学」武山政直(慶應義塾大学)#skk05

2018-11-24 13:04:17
HЯOK @formula1_99

サービスデザイン=多様なステークホルダーのデザイン参加 ユーザまでデザイン参加するインクルーシブデザインとは違う? #skk05

2018-11-24 13:08:12
matumura @matumura

ロンドンオリンピックでは,マーチングバンドやパレードを用いて観客の移動と滞留をコントロールした。 #skk05

2018-11-24 13:11:21
HЯOK @formula1_99

行動デザインのアプローチ.Design for behavioral change.人間機械系のシステム設計では無視してはいけない内容だよな.家電や車などでは,無視というか軽視しがちだけど.#skk05

2018-11-24 13:12:06
HЯOK @formula1_99

行動変容のサービスデザイン研究(進行中) 1. 業務の効率化・改革 ・社内申請手続きの徹底・期日遵守 ・営業マンのデザイン思考実践の支援 2. 知的生産性の向上 ・グループアイデア発想における他社アイデアの共感理解など #skk05

2018-11-24 13:15:01
HЯOK @formula1_99

体験のどこに仕掛けを組み込む? ・タッチポイントごとの行動を対象(ローカル) ・体験全体を対象(グローバル) #skk05

2018-11-24 13:17:19
matumura @matumura

行動変容のサービスデザインに「仕掛け」を取り入れるポイントは,(1)タッチポイント毎(ローカル),(2)体験全体を対象とする仕掛け(グローバル) #skk05

2018-11-24 13:19:49
Toshikazu ONO @dubkannon

フィリップスの医療ソリューション 病院で子どもが怖がらないように、絵本に準じた体験を提供。 #skk05

2018-11-24 13:20:22
HЯOK @formula1_99

シドニーのキングス・クロス地区で多発する若者の犯罪対策→フェスの手法を参考に.取締りや監視の強化ではないアプローチ.#skk05

2018-11-24 13:21:09
Toshikazu ONO @dubkannon

シドニーの若者の犯罪抑制 ロックフェスのノウハウを利用した取り組み #skk05

2018-11-24 13:22:32
matumura @matumura

経験全体の仕掛けの研究に向けて取り組むこと。グローバルな仕掛けの事例収集/仕組み分析/発想法/応用対象。 #skk05

2018-11-24 13:24:38
HЯOK @formula1_99

2件目の発表は『特定保健指導の参加率向上のための対象者タイプ分類および勧奨リーフレットデザイン設計』武良盛太郎(オムロン株式会社) #skk05

2018-11-24 13:28:22
Toshikazu ONO @dubkannon

サービスの満足度を個人から簡便に直接とる方法はないだろうか #skk05

2018-11-24 13:29:59
HЯOK @formula1_99

特定保健指導や受診勧奨って,将来のリスクと言われてもよほど深刻な状態でないと,当人はなかなか動かないからなぁ… #skk05

2018-11-24 13:31:29
matumura @matumura

特定保健指導を受けてくれる人は18%と低いのでこの割合を増やしたい。 #skk05

2018-11-24 13:32:27
HЯOK @formula1_99

一般的な一斉案内はフォーマルな文章・リーフレットだが,保健師が口頭で案内するようにすると,効果的であった.しかし,高コスト.そこで,リーフレットを,対象者に合わせて変化させることにした. #skk05

2018-11-24 13:33:29
matumura @matumura

『医療現場の行動経済学』でも同じような研究内容が紹介されてた。 #skk05

2018-11-24 13:34:28
HЯOK @formula1_99

個人適合型(タイプ別)のリーフレットにしても,見てくれて,行動変容(受診や生活習慣の改善)に繋がるのだろうか?この点こそ,仕掛学の出番? #skk05

2018-11-24 13:35:03
HЯOK @formula1_99

危機感×重症度で5つのタイプに分類する.しかし,潜在的なリスクを伝えるのは本当に難しいんだよな.運転支援システムでもつくづく感じていること.#skk05

2018-11-24 13:38:36
HЯOK @formula1_99

ARCS動機づけモデル 「面白そうだ」(注意喚起) 「やりがいがありそうだ」(関連性) 「できそうだ」(自信) 「やってよかった」(満足感) #skk05

2018-11-24 13:40:24
matumura @matumura

学習意欲を引き出すARCS動機づけモデルの4要素。Attention注意喚起, Relecance関連性, Confidence自信, Satisfaction満足感。これに基づいてリーフレットを作成。 #skk05

2018-11-24 13:40:42
HЯOK @formula1_99

5つのタイプ毎のリーフレットを作成→既存のリーフレットと比較する主観評価を集計.タイプごとのN数が少ないので,今後N数が増えることを期待するしかないか. #skk05

2018-11-24 13:45:02
matumura @matumura

既知の内容を説明されると対象者は危機感ではなく「知っている」という感想になってしまう。自分事に感じてもらうことが今後の課題。 #skk05

2018-11-24 13:48:09
m.mat @m2nr

これは本当は誰の問題なのだろう? #skk05

2018-11-24 13:51:27
残りを読む(61)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?