10周年のSPコンテンツ!

「~する事である」「~する訳だ」といった表記(漢字か? 仮名か?)をめぐるやりとり

アライユキコさん(@kaerubungei)の《「〜する事である」「〜する訳だ」といった漢字はなるだけ開く(仮名表記にする)ほうが文章がステキにみえるよってことを、どうしたら理屈で納得してもらえのか》というツイートに端を発する、一連のやりとりをまとめてみました。
言語 文章 日本語 翻訳 漢字
82
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
「〜する事である」「〜する訳だ」といった漢字はなるだけ開く(仮名表記にする)ほうが文章がステキにみえるよってことを、どうしたら理屈で納得してもらえのか。うーん、若い子の原稿、こういうところが漢字だらけなんだよね、素人くさいからやめたほうがいいよ(理屈になってないw)
佐藤千晴 @ashiyanne
反面、漢字の方が分かりやすい部分が仮名だったり。 RT @kaerubungei: 「〜する事である」「〜する訳だ」といった漢字はなるだけ開く(仮名表記にする)ほうが文章がステキにみえるよってことを、どうしたら理屈で納得してもらえのか。若い子の原稿、こういうところが漢字だらけ
keiichi matsunaga @ma2
@kaerubungei IME世代ですね。読む量より書く量の方が多いから、IMEの影響を受けるのかも。
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
違和感が摩耗していくのかなあ QT @ma2: IME世代ですね。読む量より書く量の方が多いから、IMEの影響を受けるのかも。
近藤正高 @donkou
@kaerubungei 会話文などで、カギカッコ内の末尾に句点を打つのも素人くさいと思うのですが、どういう理屈で納得してもらえばよいのでしょうか。むかーし、星新一が『ショートショートの広場』の講評で、こういうことをやっていいのは川端康成みたいな巨匠だけ、と書いていた記憶が…。
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
素人くさい用例集をつくりますか QT @donkou:会話文などで、カギカッコ内の末尾に句点を打つのも素人くさいと思うのですが、どういう理屈で納得してもらえばよいのでしょうか。むかーし、星新一が『ショートショートの広場』の講評で、こういうことをやっていいのは川端康成みたいな巨匠だ
近藤正高 @donkou
@kaerubungei エキレビでやりましょうかw 漢字の濫用(?)も、学校の作文教育の弊害のような気もしますけどね。習った漢字は積極的に使いましょう、みたいな。
松浦達也@『新しい卵ドリル』台湾版、韓国版御礼 @babakikaku_m
「逆に」 RT @kaerubungei: 素人くさい用例集をつくりますか QT @donkou:会話文などで、カギカッコ内の末尾に句点を打つのも素人くさいと思うのですが、どういう理屈で納得してもらえばよいのでしょうか。星新一がこういうことをやっていいのは川端康成みたいな巨匠
じょ @jomsmr
ぜし!!!(漢字多用についてのツイートがおもしろくてびびって自分のツイート読み返しました。素人なのに。)学びたいです。 QT @kaerubungei: 素人くさい用例集をつくりますか
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
リクエストきたよー @donkou QT @jomsmr: ぜし!!!(漢字多用についてのツイートがおもしろくてびびって自分のツイート読み返しました。素人なのに。)学びたいです。 QT @kaerubungei: 素人くさい用例集をつくりますか
才野真琴(さいの) @makotosaino
@kaerubungei 私も読みたいです。語尾についても気になっています。
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
語尾の砂漠(C枡野浩一)問題はほんとに深刻 QT @nezimaku: 私も読みたいです。語尾についても気になっています。
える @larboard1
@kaerubungei 読んできた量の差がそのまま反映されているのだとすると、ほかの学習コースが必要になりますね。表記の白っぽい「大人」の文章に憧れてカブレれば一発で直るのですけど、憧れてもらえるような大人が少ないのだとしたら……(これを考えだすと怖いのでやめておきます)
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
理屈じゃなくて「見た目」のかっこよさだから、あープロはやってないなーって実感することで身につけるしかないのかな QT @larboard1: 読んできた量の差がそのまま反映されているのだとすると、ほかの学習コースが必要になりますね。表記の白っぽい「大人」の文章に憧れてカブレれば一
える @larboard1
@kaerubungei 必要以上に漢字を使っていると、素人っぽいだけでなく、どこか幼い感じがします。書けるようになった字をとにかく使ってみたくなるのは、漢字を習いたてのうちだからでしょうか。大人は字を書けることを証明する必要がないので、必要なところでしか使わないのです。
える @larboard1
@kaerubungei 今の↓は、ちょっとこじつけっぽいところがあるかもしれませんが。
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
真理w QT @larboard1: 必要以上に漢字を使っていると、素人っぽいだけでなくどこか幼い感じがします。書けるようになった字をとにかく使ってみたくなるのは、漢字を習いたてのうちだからでしょうか。大人は字を書けることを証明する必要がないので、必要なところでしか使わないのです
HATO @HATO_CURE
同意です。会社でもムダに漢字を使う人いるんですよね…。 QT @kaerubungei: 真理w QT @larboard1: 必要以上に漢字を使っていると、素人っぽいだけでなくどこか幼い感じがします。(略)大人は字を書けることを証明する必要がないので、必要なところでしか使わない
@odaodanew1
@kaerubungei アライさん、「言う」はひらきます? ボーダーラインの事例だと思うのですが。
アライユキコ■レビュー編集もっとやりたい @kaerubungei
@odaodanew1 ほんとに口に出して言うときは漢字、そうじゃないときは、基本開きます。「持つ」と同じかな QT @odaodanew1: アライさん、「言う」はひらきます? ボーダーラインの事例だと思うのですが。
@odaodanew1
@kaerubungei おお、同じです。一安心w
える @larboard1
私は「訊く」意味の「きく」に「聞く」をあてるのがいやで、でも訊くは硬いので開くしか。 RT @kaerubungei ほんとに口に出して言うときは漢字、そうじゃないときは、基本開きます。QT @odaodanew1 「言う」はひらきます? ボーダーラインの事例だと思うのですが。
残りを読む(70)

コメント

どりドリ @d_doridori 2011年4月29日
自分の過去Postだと「~する事だ」はないけど「~訳である」は使っていた。「~わけである」もあったので気にしてないか、Twitterの140字に収まるように漢字を使ったかだな。見た目無視して情報(文意)だけを圧縮して伝えようと思うと漢字を使うのか?
どりドリ @d_doridori 2011年4月29日
ただ、漢字を開いたほうが文章が「ステキ」に見えるというは同意しかねるな。 この文章がどういう文章をさしているのかは不明だが小説だと 京極夏彦は「云って」「矢張り」「此処」と普通にひらがなで書くところも漢字で書いている。が、文章は見た目にリズムがあり素人くさくない。 まあ、あのレベルは完全に別格であって素人はまねできない。例外もあるということで。
kyo_tthree @kyo_tthree 2011年4月29日
ただの俺様ルールにしか見えんが結構同意してる人が多いんだな。「矢張り」とか使われたらさすがに「おや?」と思うけど、「事」や「訳」程度で覚えたての漢字をひけらかしてるなんて感じる人ほとんどいないんじゃない?物書きの間で常識ですみたいに言われても読み手からしてみれば「へーそうなの(ホジホジ」って感じ。
Piichan @piichan 2011年7月15日
訓読みがただしい漢字のつかいかたでないことがもっとしられるべきだとおもう。
イタバシミノル @itabashixxx 2012年9月9日
すごく分かる。「ことである」「わけである」あたりは平仮名で書きたい。すごく同感。でも、「どうしたら理屈で納得してもらえるか」については解決されてない気がする(笑)。
ユンダ @y00black 2012年9月9日
何でも開けばいいってもんでもない。文章のテイストに合わせて「かな/漢字」比率を調整するバランス感覚が必要ってことね
豊崎由美≒とんちゃん @toyozakishatyou 2012年9月9日
うーん。ケースバイケースとしか言いようがない。媒体の性格もあるだろうし、ライターが書く原稿と作家が書く原稿の違いもあるだろうし、小説の場合はその内容によって変わるだろうし。いずれにせよ、決めつけないほうがいいと思う。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年9月9日
その人のスタイルってことじゃダメなんですかね?読んでて好きなスタイル、好きでないスタイルの文章って確かにあるけど、私はそれを「直してあげたい」とは思わないです。
米光一成noteで表現道場マガジン @yonemitsu 2012年9月9日
スタイルになっていれば、ぜんぜんOK。いま話題になってるのは、スタイルになってないケースですね。緑色のスーツでもスタイルになってればOKだけど、なってないと、やっぱり「居酒屋の呑み会に、スーツ、しかも緑って、どう?」って言ってあげたくなる、という感覚です。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年9月9日
その人の同時期の文章の中で「ゆらぎ」があるなら「スタイルになりきってない」と言えると思いますが、一貫してるなら、どんな奇妙な文体でも「スタイル」でしょう。TPOはまた別の問題ですね。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年9月9日
前提として「こういう場では」という設定が有った場合は話がまた違ってくるんですが、このまとめではそういう言及が無かったものですから。
まじかんと @tnacigam 2012年9月9日
結局、自分が慣れてゐる漢字と仮名の使ひ分けを人に押し付けようとしてゐるだけにしか見えないな。
まじかんと @tnacigam 2012年9月9日
あと、議題とは関係ないが、仮名で書くことを「開く」と言ふのが全く理解できない。
すずきふみよし @mackerel_can 2012年9月9日
理屈で納得させようという話の展開になっていないばかりか「開く派」の言い分を読んでいるとむしろそっちのほうがペダンティックに感じられてくるのはどうしたものかとひどく残念におもう。あと端緒のツイートに脱字があるのも残念。
すずきふみよし @mackerel_can 2012年9月9日
> (漢字多用についてのツイートがおもしろくてびびって自分のツイート読み返しました。素人なのに。) カッコを閉じる前に句点を打つなんてのは素人臭いだの以前に原稿用紙で文を書いたことがあるのかと疑わしいレベル。
murk @peacete 2012年9月9日
斯様な事を気に懸けて頂ければ、日本語の未来は愈々益々明るい物に成る事を深く確信する処で御座います。
汀こるもの@五位鷺の姫君 @korumono 2012年9月9日
実は食べ物飲み物の「もの」を開くか開かないか毎回悩んでいます。
汀こるもの@五位鷺の姫君 @korumono 2012年9月9日
「来る」「行く」も前に動詞がくっつくときは開くか否か、と。じゃあ「ついていく」はどうなるんだあ?
米光一成noteで表現道場マガジン @yonemitsu 2012年9月9日
それ、たしかに、なやむ! ものって書きたいけど、食べ物のときは、食べ物にしちゃうなー。
瀬川深 Segawa Shin @segawashin 2012年9月10日
私見だが、現代日本語での漢字の使用は「文の意味をなす成文に近いほど漢字を使う」という傾向がある。つまり主語・述語・目的語に相当するあたり。一方で助詞や接続詞のように文の機能を担う部分ほど漢字を使わなくなってゆく傾向がある。
瀬川深 Segawa Shin @segawashin 2012年9月10日
発端になった「~する事」の「事」は動詞を名詞化する働きを担う文の要素(品詞としては名詞)なので、あえて漢字にすると違和感が感じられるのではないかと想像。「仕事」「事足りる」などの「事」を漢字表記することに違和感はないと思う。
松永英明@ことのは#ゲニウス・ロキ @kotono8 2012年9月10日
そんなにややこしく言わなくても「内容語は閉じ(漢字にし)、機能語はひらく」とまとめられる。コトやワケは形式名詞=機能語=ひらく候補。
ダースベいダー(予) @boss_troll 2012年9月10日
確かに決めつけない方がよいのだけれど、一貫した書き方であるほうが読みやすいので基底となるものは持っておいた方が読みやすい。@yonemitsuさんの"基本、名詞以外の漢字はつかいたくないんだよなー。"は目から鱗。なるほど。この一貫性は分かりやすい。
畦道競歩 @yggryojo 2012年9月10日
IMEも原因としては充分にあるんだろうけれど、中学受験から大学受験まで散々文字数の微調整をテストでやらされた身としては、学校教育の影響も無視しがたい。「こと」はもちろん、助動詞「ない」なども対象にされやすく、いきなり文体を無視して「対処せぬので」などと書く。普段なら堅すぎて絶対使わない。
ロク=デモス・ナオ @roku_demosu_nao 2012年9月10日
ものの本読めばそれらしい理屈は書いてあるはず。けど、実際は単なる慣習だし、違和感や素人臭さを覚えるのもその表記が慣習に反してるからだけでしょ。理屈なんて要らない。どうしても欲しいなら『水からの伝言』みたいなことすればいいと思う。
米光一成noteで表現道場マガジン @yonemitsu 2012年9月10日
そもそも最初の発言が、応募してくる原稿が、緊張して、肩にちから入っていて、堅苦しいものになっているのをどうしたら、ちから抜けるかなーという発想のものなのだな。その象徴として「〜する事である」「〜する訳だ」を仮名にしてみたら、と。
ロク=デモス・ナオ @roku_demosu_nao 2012年9月10日
こんなのを「言語化できないプロの感覚」みたいに語っちゃえる感覚に戦慄を覚える。
goya4 @goya4 2012年9月10日
日ごろ目にする文字群(雑誌、新聞、TVテロップ、映画の字幕)に影響される価値観ではない?>漢字とかなの使いわけ
豊崎由美≒とんちゃん @toyozakishatyou 2012年9月10日
漢字orひらがな問題に関して、ライターはあんまり確固たる“スタイル”は持たないほうがいいんじゃないかなあ。あ、というか、スタイルはあっていいんだけど、いつでも崩せる柔軟性が必要とされる職業だと思うのです。
豊崎由美≒とんちゃん @toyozakishatyou 2012年9月10日
出張書評講座に行って、いろんなタイプの本好きの方が書く原稿を読んで思うのは、「漢字にするか、ひらがなにするか」問題よりはるか手前にある、「文法がわかっているのか」問題だったりするわけですが。
川本幸作 @kaspart_j 2012年9月10日
どっちか謂えば、「其の文章の中で統一しとけ」派で。勿論、台詞なんかの場合は、いろいろあってよいと思いますし。表記ゆれしてなければいんじゃないでしょうか? とゆらして診るてすと。
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2012年9月11日
『訳である』なら夏目漱石も使っているみたいなのですが、『する訳だ』じゃないのでノーカンなんでしょか? http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/4685_9480.html
じゆにち @Njolrmosh 2012年9月11日
文章のプロともなると、素人にはどうでもいい樣にみえることでも一方に決められるんだな すごいなあ それより、「~する譯だ」が正しいのか「~する訣だ」が正しいのかを決めることの方が重要に思ふけど、プロはどう思ふのか聞いてみたい
野嵜健秀 @nozakitakehide 2012年9月11日
「ひらがなで書け」と國家が命令したら言論統制だが、「ひらがなで書いたほうがステキよ」とソフトな言ひ方で「おすすめ」したらみんな喜んで從ふ。日本では、同じ事を言つてゐても「ソフトだからよい」みたいな話になるから怖い。
藤(肉球)@いつも心にチェーンソー @Ankhlore 2012年9月11日
「〜する事である」「〜する訳だ」はひらがなにした方が素敵よって言われても、最後までその感覚は理解出来なかった。でも「内容に自信がないから、難しい漢字を使いがち」等のくだりは同意。小説家志望仲間で、無駄に難解漢字使いたがる人は自分含めいっぱいいた。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする