まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!
27
kt60@新刊発売。詳細は固定ツイート @kt60_60
韓信がやった背水の陣 ・本隊で背水 ・敵はバカなので突っ込んでくる(敵がバカなのは事前に調べて知っていた) ・死ぬ気でがんばる ・別働隊が敵の城を占領 ・動揺する敵を一転攻勢 日本に輸入された背水の陣 ・死ぬ気でがんばれば何とかなる なんでや!!!
よく誤解されている
しーちきん(ほたて塩辛) @sk9836
背水の陣って結構誤解されてるみたいだ 私も最近まで知らなかったが twitter.com/kt60_60/status…
秋水 @MinaseS1
当たって砕けろともいう。勝算なくしてやってはいけない。 twitter.com/kt60_60/status…
碧海吟遊@温泉伯爵 12/27デザスプでたほいや @AomiGinyu_SadaP
@kt60_60 韓信が背水の陣を引いたのは一回だけだが、 世間の課長どもは毎月背水の陣を引く。
西 重一 @fanofkeymagic1
@kt60_60 ああいうのは軍師がやるからこそ真価を発揮するのであって、バカがやっても意味がないどころか事態をより悪化させるだけなんやなって(小並感)
もぐら@小説家になろう @Mogura_narou
@kt60_60 日本の用例だと、むしろ項羽のやり方ですよね。兵士の食糧捨てさせて「飢え死にしたくなければさっさと敵の城落とせ!」って尻叩いたエピソード。
紅生姜娘【紅娘】 @namiten1010
@kt60_60 追い詰められるとやべー力を発揮するみたいなニュアンスで捉えてた…… 窮鼠猫を噛む的な感じで
紅生姜娘【紅娘】 @namiten1010
@kt60_60 あとだいたいこういう故事成語って伝言ゲームみたいなとこあるからね……
パラカカ @h065058
@kt60_60 こういう成功例って、伝える人の都合のいいとこだけしか伝わらないよね。
かずーき @Kazukki666
これはわかるなぁー! そもそも背水の陣って戦略的に行われていたのに、日本で使われる背水の陣は放置した結果、逃げ道なくなったけど頑張ればなんとかなるという精神論でしかない twitter.com/kt60_60/status…
真咲 @masaki_work
うまく伝わらなかったからあんななっちゃったのか… twitter.com/kt60_60/status…
新井さん(日本人)@楽しかった6th @Araisan_PaP
いやー本来はこういう意味やったんやねー しかし、韓信はこうやって敵を倒したなんて感心だなぁ… なんてね twitter.com/kt60_60/status…
戦術としての背水の陣
同心円文 @enmon5621
背水の陣の本命は「敵を城から出す」ことだからね。そこ重要。 twitter.com/kt60_60/status…
同心円文 @enmon5621
@kt60_60 背水の陣で重要なのは「死地に自軍を置いて戦うしかない状況を作る」+「あえて敵の有利を作って油断させる」+「別動隊で本命を叩く」だからなあ。 死地に兵を置いて何の策も用意しないならただの自殺行為ですね。
とにー @ruli_to
@kt60_60 背水の陣って敵に策がないことを前提としてやるものだと言うのが常識だと思ってましたがそんな事が日本に輸入されていたとは思いませんでした
とれたま @toretama_npcc
@kamisirokuyou 漢軍は戦場に戦利品となるものバラまいて餌にして余裕こいた城の守備兵たちが城飛び出してきたところを別働隊が奇襲して城を奪い取り敵本軍の背後をつくことで韓信率いる本隊を助けて大逆転します
さる☆たま@カクヨム投稿中 @sarutama2003
奇襲にしても、よく言われてる桶狭間も信長さんが寡兵で突っ込んだのはアレ一回切りで、それも今川の進路に網張って勝てる状況を探った上で熱田でイカサマコイントスまでして兵の士気を上げてから出陣したくらいなので、実は奇策や奇襲は無鉄砲な人には向かなかったりする。 さる twitter.com/kt60_60/status…
オード@C95出展 @ord_realdgame
韓信は決戦場の手前での待ち伏せを警戒していた。 実際、優れた敵将の1人李左車は待ち伏せを主張したのだが、敵総大将は「寡兵に対し策を弄すのは不要」とはねつけた。 その情報を事前に得ていた韓信は情報戦ですでに勝利していた。 なお、李左車は漫画キングダムでお馴染みのあの李牧の孫である。 twitter.com/kt60_60/status…
あるおたけ(はなび @japansfireworks
自分が統制をとることができていない兵士達の逃げ場をなくし戦わせ、その間に本陣を取る戦術と言うか策と言うか凄かったんだな。 日本のブラック企業の辛いとすぐ辞めてしまう人間を追い込んでどうにもできなくして扱き使う働かせ方って所だな。 twitter.com/kt60_60/status…
おまけ
kt60@新刊発売。詳細は固定ツイート @kt60_60
せっかくなので、私が原作やってるラノベもよろしくお願いします 規格外れの英雄に育てられた、常識外れの魔法剣士 futabasha.co.jp/booksdb/book/b… pic.twitter.com/BqsLWdSg9r
 拡大
 拡大

コメント

(あ) @MutsuniNaruBeam 6日前
みんなで同じ苦しみを分かち合うのがビジネスマナーなので、別働隊に割ける人員も全員背水の陣に参加です
kyk @0_kyk 6日前
どう備えようが備えには限度があるんで、最後には気合になるもんですけどね。最初から気合は大間違いではありますが
真改 @shinden406 6日前
三国志でもうわべだけ真似して大敗北した武将居なかったっけ?
ヘイローキャット @Halo_nyanko 6日前
背水の陣は下策というのは当時の常識で、あえて下策を採用して敵を油断させるといのも肝だと思う。
凪乃司 @tukasa_n 6日前
今更いうのも恥ずかしいほど高名な、人類史上屈指の軍指揮官の、諸事情によりそこでそうする以外の選択肢が潰れたときにひねり出した非常手段なんて、真似したらいかんのは当たり前としてそこから何かを学べると思うことすらおこがましいことじゃないかな
Licorice @Licorice_90 6日前
まあ韓信の生き様自体は後先全く考えてない無謀で無能の極みであるけど
まえもと @maemoto_moriya 6日前
shinden406 水の確保せずに山の上に陣取って失敗した馬謖の事?
たけ爺 @take_ji 6日前
”人事を尽くして天命を待つ”が基本なのに、”天命を待つ”ことに人事を尽くすのが駄目企業クオリティ
mlnkanljnm0 @kis_uzu 6日前
でも日本の戦国時代の背水の陣はだいたい勝ってね?
林 伯文 @borshch77 6日前
shinden406 「苦戦している味方に援軍を送ったら後々救援を当てにして本気で戦わなくなる」と言って部下を見殺しにしたら,味方に次々と離反された公孫瓉さんのことですか?
こんたん @kontan8823 5日前
似たようなのに「苦肉の策」があるね。敵を騙すだめにあえて味方を傷つける策が、何故か日本では苦し紛れに出した策になっている。
昆布出汁 @kobu_dasi 5日前
目指すべきは莫大な恩賞を約束して部下のモチベーションを高めた上で、圧倒的な物量差で個人の頑張りなんぞ捻り潰す垓下の戦いの漢軍の方だろうねえ。なお戦後。
yotiyoti @yoti4423yoti 5日前
ある意味これがこのまとめの連中の盛大な勘違いだけど、日本に伝わって変化したんじゃなくて、当の中国でもそういう意味合いになってるのよね。
次郎正宗 @zealous_ 5日前
( ¯•ω•¯ )本宮ひろ志(赤龍王)のせい
転倒小心 @tentousho 5日前
本来は、と言うよりも元々はこうだったと言うのが自分にはしっくりくるかもしれません。本来性が移っちゃったみたいな
こしみずひさつね/輿水久常 @koshimizuhisatu 5日前
信長だって桶狭間毎回やってたわけじゃないからな。そのあと稲葉山城攻略にたっぷり6年くらいかけてるし。
とくがわ @psymaris 5日前
前線の兵士からしたら「ファッ!?なんでこんなとこに布陣してんの!?」って思うのは変わりないんじゃなかろうか。超優秀な軍略家がやるのかアホがやるのかで話は全然違うけど。あと前線の兵士は必死になるのはどちらも一緒。ただし韓信は勝ててもアホは…
endersgame @endersgame3 5日前
白羽の矢みたいに、慣用句化してしまったものの「もとの意味」を云々してもしゃあない話ではあるが、まあ主張したいことにとってはちょうどいい使い方だから悪くないとおもう。
ぉざせぃ @hijirhy 5日前
韓信は「兵法に『これを死地に陥れて後に生き、これを亡地に置いて後に存す』とあるではないか。お前たちはここに気づいていなかっただけである。わしはまだ将兵の心を掌握していない。まるで市場の群衆を戦わせているようなものだ。これを死地に置き必死で戦ってもらわない限りみな逃げてしまうだろう。そこであの陣にしたのだ」と言いました。 ってことらしいが。 http://chugokugo-script.net/koji/haisuinojin.html
ぉざせぃ @hijirhy 5日前
いかにも中国らしいエピソード。
北大 輝@神姫Project隊長 @honda_sado 5日前
shinden406 borshch77 maemoto_moriya 演義だけど 現地民将軍・王平が『背水の陣は相手に策がないとわかっている場合しか使ってはならない』との反対を押し切って背水の陣を敷き 結局王平に裏切られた徐晃さん?
北大 輝@神姫Project隊長 @honda_sado 5日前
てか桶狭間『山』の戦いは山麓に陣取る今川軍五千を織田軍二千で奇襲したんじゃなかったか?
nekosencho @Neko_Sencho 5日前
昔の兵士は不利になったら逃げたり裏切ったりが普通だったのだ。 その点、今のサラリーマンよりは恵まれている
nekosencho @Neko_Sencho 5日前
兵士が不利でも逃げなくなったのは歴史的に見るとけっこう最近。 もちろん個別に見れば昔でも最後の一兵まで戦うような集団がないわけでもなかったけど
北大 輝@神姫Project隊長 @honda_sado 4日前
Neko_Sencho 昔の兵士は専業兵士ではなく都度徴兵される農民 乃至は一領具足のような半農兵士が(特に日本の場合)ほとんどという背景も
Andrs @Andrs50686175 2日前
kis_uzu そりゃ負けた場合だと「馬鹿が馬鹿な布陣して撤退できずに皆殺しになった」って記録されるだけだから…
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする