2018.12.6【個人線量データの不正提供か~福島県伊達市 | OurPlanet-TV】関連ツイートまとめ♯早野龍五♯ガラスバッジ♯SARI

まとめました。
東京電力福島第一原発事故
17
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
原子力規制委員会 定例記者会見(平成30年01月17日) youtu.be/CtyiVTVJiaw データを使われた住民に了解も得ていない数値を使用し、しかも不正確な計測の仕方をし、正しい被曝線量を測らない機器を用いた宮崎・早野論文を参考にして被曝線量を考えているという、非科学的な原子力規制委員長更田氏。
拡大
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
宮崎・早野論文は、福島県伊達市で配布されたガラスバッジを集めて得た計測値によって書かれている。住民は「24時間身に着けて計測した」ことにされているが、寝る時は勿論、運動する時や農耕作業をするときなどは邪魔なので外していた。人によっては、ずっと屋内に置きっぱなしの場合もあった。
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
住民は、この数値を使って科学的論文が書かれることなど知らなかった。集めた伊達市役所自体も、この論文にデータを渡すことに関する契約を締結していない事が、先月の市議会で明らかになった。これは、科学的な論文を作る場合の倫理的規定に違反している。それを公的な機関が引用するのも倫理問題だ。
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
しかもこの計測で用いたガラスバッジは、原発事故発生前に設計された、放射線源が体の前面にあると分かっている場合に、体の前面に付けて計測する装置だ。全周から放射線が飛んでくる放射線量を計測する事はできないと、メーカーの千代田テクノルも認めている。
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
以上のように、この原子力規制委員会での議論は、何重にも不適切な条件が加わっているデータを根拠にしているものだ。本来ならば「このような非科学的で、倫理委員会という必要な手順を経過していない論文では、議論ができない」と規制委員会が叱責すべき論文なのだ。
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
このような、論文の作成手順に関する間違った認識を持ったままで原子力規制委員会が議論をしているのは、 原子力規制庁も原子力規制委員会も、地方公共団体の首長や職員とばかり話をして、被害住民自身との対話を実施しないからだ。被害者の声を聴け。 以上。
まとめ 《福島県伊達市民のガラスバッジを用いた線量評価に関する宮崎・早野論文は、市民の個人情報を伊達市の一職員から不法に入手.. 2017年12月6日、福島県伊達市議会一般質問で、高橋一由市議が行った一般質問で、個人情報の漏洩と不正使用が明らかになりました。伊達市役所は、その他にも不適切な支出を放置、市長の出張には復命書等の報告を求めない、など、自治体役場として問題が多いこともわかりました。 7491 pv 833 6 users 105
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
ここからの伴委員の発言に注目してほしい。「年1ミリシーベルトに対応するのが毎時0.23μシーベルトだと言われていますが、実際にはその15%程度ではないかと言われている」根拠を明確にしない、一見「科学的知識に基づく言葉」だ。 第59回原子力規制委員会(平成30年01月17日) youtu.be/CqRxRyjM7Eo
拡大
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
個別の「研究らしきもの」に依拠しているだけの言説を、 さも「科学的な新しい常識」であるかのように語る。 しかも、どこのデータを使って、誰が行った研究なのかも明言しない。 卑怯と言うほかない。
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
ガラスバッジで被曝実効線量が推計できる、という論文は、データの取り方も間違い。データにされた人には同意書も取っていなかった。 2018年12月6日 伊達市議会 髙橋一由議員の質問 youtu.be/Sq1Llw_h2jc @YouTubeさんから
拡大

議事録 伊達市  平成29年 12月 定例会(第4回)  12月06日-03号
http://ssp.kaigiroku.net/tenant/datecity/SpMinuteView.html?power_user=false&tenant_id=199&council_id=76&schedule_id=4&view_years=2017#

切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 12/4(火) -----------✄
白石草 @hamemen
伊達市議会が、Cエリアの除染をせず50億円の交付金を返金し、市長がIAEAで「伊達市は8億で除染を終了した」と講演。一体誰のためか?議会で白熱の質疑中。 city.fukushima-date.lg.jp/site/gikai/gik…
白石草 @hamemen
伊達市の前市長が、電通に委託して2億円をかけてアンケート調査をしながら、その結果を集約公表せず、一方的に除染打ち切りを決めた問題。中村議員が怒りの質問中。city.fukushima-date.lg.jp/site/gikai/gik…
切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 12/6(木) -----------✄
白石草 @hamemen
伊達市議会で、この後、宮崎早野論文に関する質疑。 city.fukushima-date.lg.jp/site/gikai/chu…
白石草 @hamemen
伊達市議会。宮崎早野論文の発端について。 city.fukushima-date.lg.jp/site/gikai/gik…
白石草 @hamemen
伊達市議会。住民のガラスバッチと住所の生データを早野龍五氏に提供した件について、説明事実が虚偽だと、高橋議員が追及中。 city.fukushima-date.lg.jp/site/gikai/gik…
認定NPO法人OurPlanetTV @OurPlanetTV
【新着記事】個人線量データの不正提供か〜福島県伊達市 | OurPlanet-TV: ourplanet-tv.org/?q=node/2335 pic.twitter.com/th7afxtLvp
拡大
拡大
ヨコク @fukushima_35
個人線量データの不正流出か〜福島県伊達市 ourplanet-tv.org/?q=node/2335 伊達市が個人情報条例に規定されている審議会を経ず、ガラスバッチ で計測した住民の個人線量データと住所の生データを東京大学の早野龍五教授(現名誉教授)に提供したとして、高橋一由議員が厳しく追及
ヨコク @fukushima_35
研究計画書に「同意した住民のみを対象とする」と記載されているにも関わらず、同意しなかった住民データ約3万人分も含まれていると指摘。解析結果は、海外の科学雑誌に掲載され、ICRP(放射線防護委員会)の防護基準見直しや国の避難基準の緩和に活用される恐れがあるとして、市に対応を求めた。
内田 @uchida_kawasaki
関連まとめ 《福島県伊達市民のガラスバッジを用いた線量評価に関する宮崎・早野論文は、市民の個人情報を伊達市の一職員から不法に入手したデータによるものだった》 togetter.com/li/1178725 twitter.com/uchida_kawasak…
内田 @uchida_kawasaki
宍戸さんのまとめで言及されてる伊達市議会議事録 議事録 伊達市  平成29年 12月 定例会(第4回)  12月06日-03号 ssp.kaigiroku.net/tenant/datecit… twitter.com/uchida_kawasak…
NMF2011 @NMFUKUSHIMA2011
@OurPlanetTV @hamemen 【伊達市と言えばこれを思い出します!!】 福島老朽原発を考える会 (フクロウの会)【報告】ガラスバッジは福島のような全方向照射では3-4割低めに検出する -(株)千代田テクノルが伊達市議員研修会で公式に説明- fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2015/0…
残りを読む(36)

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2018年12月7日
平成30年第6回(12月)伊達市議会定例会について - 福島県伊達市ホームページ https://www.city.fukushima-date.lg.jp/site/gikai/31207.html 議事録、いつ上がってくるのかな 会議録検索システム http://ssp.kaigiroku.net/tenant/datecity/SpTop.html
内田 @uchida_kawasaki 2018年12月13日
共同通信記事リンク追加しました。
内田 @uchida_kawasaki 2018年12月13日
木野さんのツイートを追加しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする