2018年12月9日

20181209輪の国びわ湖推進協議会主催「サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019 ツール・ド・おきなわに学ぶ自転車文化のつくり方」報告

毎年実施しているサイクルツーリズムシンポジウム。「ツール・ド・おきなわをつくった男」に講演いただき、県内団体の活動紹介、パネルディスカッションを行いました。
0
くうのる @kuunoru

「サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019 “ツール・ド・おきなわ”に学ぶ自転車文化のつくり方」本日12月9日米原公民館にて13時から。成功するサイクルツーリズムには何が必要か、それによって地域がどう変わるか、十年ほど積み上げた輪の国びわ湖の戦略を提案します。biwako1.jp/news/201811171…

2018-12-09 12:19:51
くうのる @kuunoru

ツール・ド・おきなわ大会実行委員長、沖縄県サイクルツーリズム推進協会会長の森兵次さんのお話が始まりました。沖縄は戦争の記憶を残しているが、最近ではツーリズム、自転車が広まってきた。ツール・ド・おきなわのポスターはカチャーシーのイメージ。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:13:14
くうのる @kuunoru

森氏>沖縄県の自転車普及率は最下位。暑くて乗れないと言われてきた。1987年の国体がきっかけになった。他スポーツには競技場など何か残るが、自転車レースには何も残らない、それを何か残したい、また過疎を止めようと始まった。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:15:52
くうのる @kuunoru

森氏>1年かけて市町村を口説いて実現。ツール・ド・おきなわは210kmの公道封鎖のレース。30年前に日本初で実現したことが大きな財産に。国体は日本全体の取組、7年前からの準備期間はほとんどが警察との交流、それが実現への力になった。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:17:58
くうのる @kuunoru

森氏>県外・海外の参加者が200名、県内800名が参加してスタート。30回大会で5000人を越えた。県内は1600人。インバウンドでは成功した事例と思う。悪条件下で行うにはニュースバリューが必要と思い、構成団体にマスコミと電通を入れた。現場と警察と協力。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:19:50
くうのる @kuunoru

森氏>協賛団体を集めるのに電通を入れたのは成功要因か。第1回大会始めるときの記者会見は東京のプレスセンターで実施。今日でも全国紙ではツール・ド・おきなわは扱われていない。30年前にやったのはよかったと思う。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:21:16
くうのる @kuunoru

森氏>年数が経過する中で問題も出てきた。35年前のオリンピックあたりからプロとアマが合体して一つになった。宇都宮のジャパンカップでプロ選手を養成した。国体はプロはだめ、北海道もプロはだめ。ツール・ド・おきなわはプロも受けた。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:22:56
くうのる @kuunoru

森氏>第2回大会はプロがトップを獲った。海外のプロ選手も参加し、200km、国際レースということでニュースバリュー。何かあると種目を増やし、現在27種目。自転車の大会に出ようと思えばどんな切り口でも出られる大会に仕立てた。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:24:49
くうのる @kuunoru

森氏>プロもOK、長いコース、短いコース、小中校生のレース。沖縄のチャンプルー文化が生み出した。全体5044人、県内31%、県内31%、海外12%(台湾が多い)。一周コースが人気。チャンピオンレースはライブ配信。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:27:41
くうのる @kuunoru

森氏>北部広域12市町村による大会。ボランティア・役員2500人。住民が自主的に家の前をきれいにするようになり、竹箒900本配布。名護市人口は4,6000人(30年前)→現在6万人。予算1億3000万人。大会の経済効果は約6億円。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:30:51
くうのる @kuunoru

森氏>年代別で言うと、レースは9歳から80歳まで、サイクリングは6歳から85歳まで。40大が一番多く、ついで30代。10代20代が少ない、女性が少ないのは悩み。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:28:40
くうのる @kuunoru

森氏>大会ポスターは一般公募。見えないところで国際交流、海外チームの選手と地元の小学生や婦人会と交流。参加記念品も北部の各地域から応募されたものの中から選定して地域還元。昨年はポスターをもじったデザインの日本手ぬぐいで好評。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:33:11
くうのる @kuunoru

森氏>今年は1位は日本人選手、2位は海外、3位の台湾の選手は、ジュニア国際レースやアジアレースで優勝した人。 さて、自転車文化とは? つくる・つなぐ・つたえる・ひろめる・そだてる。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:34:59
くうのる @kuunoru

森氏>自分ではとにかく毎日乗ること。月例サイクリング、おはようサイクリング、トライアスロンの中で自転車に乗らせる。自転車を使ってもらう、楽しんでもらうことを大事に進めてきた。自ら手や足を骨折しながらもサイクリングを続けている。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:36:12
くうのる @kuunoru

森氏>台湾のサイクリストとは30年以上の交流。愛媛は「自転車新文化」と言うが、ジャイアントの劉会長が言ったこと。昔からの付き合いで、昨年は台湾一周をした。呼ぶし行くという形で台湾や香港と付き合い。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:37:49
くうのる @kuunoru

森氏>日本ではモニターツアーとして呼ぶことはしているが、行かない。しかし昔から交流している人はいる。つながっていくことはとても大事。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:38:40
くうのる @kuunoru

森氏>30年の歴史の中では問題も多々あった。4000万円の赤字が出たことも。新聞社が立て替え、その後20年かけて返した。2000年頃から単年黒字に。あと50万円、来年には返せる。赤字だからやめろとならなかったのはマスコミが背負ったからだろう。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:40:36
くうのる @kuunoru

森氏>ツール・ド・おきなわの規約では北部12市町事務組合が中心、高額赤字の当時の理事は名護市長。広域連合の会長がトップ、意識して作ったわけではないがそういう仕組みになっていた。それが周りから安心されることに。最初は市町村まとまって警察へ依頼@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:42:57
くうのる @kuunoru

森氏>12市町広域が大きな力。11月は県知事選と4年に1回ぶつかる。1度だけ選挙事務のために日程変更、しかしその後は選管に先に要望を出してそのまま実施。中部にマラソン大会が生まれ、警察は白バイの限りがあるので調整が必要になったことも。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:44:54
くうのる @kuunoru

森氏>「サイクリングアイランド沖縄」サイクル関連のイベントが1年中開催。月1回の月例サイクリング、おはようサイクリング、ホテル独自のサイクリング。複合型ではツールド宮古島、ECOスピリットライド&ウォーク(自転車&ウォーキング)。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:46:48
くうのる @kuunoru

森氏>サイクリングは、美ら島おきなわセンチュリーランなど。トライアスロンは9大会。自転車競技、その他でママチャリ耐久レースやプッシュバイクなど、23大会。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:48:30
くうのる @kuunoru

森氏>自転車活用推進法ができてから沖縄でも話し合いが始まった。国道事務所と件の土木部が主管で人を集めて会議。学識者の立場で参加。道路の形態、自転車レーンなど。「うちは自転車走ってないのになぜ必要か」というまちも。自動車文化に犯された意識。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:50:19
くうのる @kuunoru

森氏>モノレールは入っているがバス協会やタクシー協会は入っていない。バスレーンと自転車レーンがバッティングするなどの理由。その程度、沖縄は遅れている。滋賀県はうらやましい。しかしサイクルツーリズムだけは我々が先行してできるかもしれない。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:51:45
くうのる @kuunoru

森氏>放置自転車の問題は沖縄にはないから先行できるかも。国際会議や国際大会の誘致はすぐにできそうだ。サイクルツーリズム協会をつくって取り組もうかと。沖縄はブランド化されているところがあるのは強みだろう。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:56:42
くうのる @kuunoru

森氏>「Be.Okinawa」。(エラーでツイート中断)。沖縄県の自転車の動き、みんなに飯は食わせられない。ガイドやリーダーとして養成した人にもなんとかして食わせたい。トライアスロンで起業化した台湾グループがある。日本ではそこまでまだ。@サイクルツーリズムシンポジウム2018-2019

2018-12-09 13:59:07
残りを読む(58)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?