0
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
ガンプラを手軽にカッコよくしたい!という需要は果たして本当にあるんだろうか問題。 ないことは無いが、それは本質論では無いような…
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
陸ジムとジム改。 陸ジムは普通に(アニメのイメージとは異なるが)カッコいい。キットの素性が良いので普通にランナーから外してゲート綺麗にして…と、所定の作業するだけで綺麗に仕上がる。 pic.twitter.com/dBqLmk1Wp3
 拡大
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
が、これはつまり「誰でも同じようにカッコ良くなる」であって、完成品であるロボット魂買うのとあんま違わなくないか…という気持ちが正直ある。それに対してジム改は自分の好みになる様手を加えてるので、改造箇所列記しないと「同じものは作れない」 pic.twitter.com/pVsvf22kdq
 拡大
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
カッコいいの要件定義の中に、こっそりと「かつ、オリジナリティがあること」という一文が含まれているのではないかなと。プラモ作れば作るほど、このさりげない一文が重みを増してくる感じ。
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
で、割と「脱初心者」の関門の一つが「自分好みとは何か」を分析する過程にあるのではないか。モデラーとしての自我の確立つーか、自分のものさし探しというか。 改造の仕方がわからないちゅーのは作業が分からないのではなく、ここが分からないのではないか。
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
技術論だけではないと思うんな。もちろん技術は必要だが、技術だけで「これが俺の好みで俺はこうしたかったんだ!」が無いと、結局「自分好み」が作れないんな… おじさんが「バンダイに文句言う人」に違和感感じるのはこの辺なんだ。
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
所謂「組み立てただけでばっちり自分好み」というのは大変楽だが、それはオリジナリティのオの字も無いわけで…自分好みというのは「カスタマイズの彼方で手にするもの」というめんどくさい概念が私にはある。
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
ロボット魂のフルアーマーガンダムさんは近年稀に見る「ほ…本当に俺好みが金出すだけで手に入る様になっちまった…」であり、それはそれで感動したが「手を加えずに済む」というのもナンだよな…(めんどくさい人感) pic.twitter.com/KDVrOcfViw
 拡大
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
もしもガンプラがこんなんばかりになり、組み立てるだけで好みが手に入る様になっちまったら…多分私はガンプラ辞めると思う。 My fair"GunPla" wildcatfactory.wordpress.com/2018/10/27/my-…
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
「私はガンプラを自在に変化させることができる」という技術と、その「自分の(カッコいいものという)感性」の両方を喧伝したいんじゃ無いかなぁ、と。 それを併せ持つのが「モデラー」なんじゃないの?
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
かなりガンスタさんとかの主流から外れてきた気がするが、最近は「加工技術で別物にする」ではなく、「ポイントを見極めて最小の作業で可能な限り自分好みにする」という、技術より「見(けん)」を重視した作業を好む様になってきた。
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
基本的に No one did this, so I shall do this. がおじさんの座右の銘であり、皆が切り刻むなら私は切り刻まず、皆が筋彫りするなら私は彫らず、皆が色塗るならおりゃあ色塗らない… 誰もやらないから俺がやろう! なんだよネ☆
純戦士のおっちゃん @PureFighter00
最終的には「画竜点睛を欠く」ではなく、 画竜の点睛を描く をしたい。その一手でまるで違う素晴らしいものになる、「誰もが出来た筈だが誰もやらなかった何か」を見つけたい。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする