創造的研究を阻害する二つの要因

計画通りに研究を進めようと縛られること、よく出会う現象を当然視すること。これらは、創造的な研究を困難にする大きな原因となる。
11
shinshinohara @ShinShinohara

同僚で、この人は天才だと思う研究者がいる。この人と話していて合意したのは、「目の前を通り過ぎていく現象に気づくかどうか」。たぶん、多くの研究者の目の前を、これまでに知られていない現象が通り過ぎている。だけどそれを拾おうとする人は多くない。「計画にない」からだ。

2018-12-19 07:20:05
shinshinohara @ShinShinohara

「ドラえもん」で、ママのネックレスを入れたオモチャの宝箱を探すというゲームの話があった。地図を見て探すが、なかなか見つからない。焦りが出て、ジャイアンやスネ夫の助けも借りて探す。古い木箱を掘り当てるけど、「こんなのじゃない!」とのび太。実はそれ、大判小判が詰まった本物、という話。

2018-12-19 07:23:29
shinshinohara @ShinShinohara

今の研究者は、計画通りに研究を進めることを求められている。三年後にはこれを達成し、五年後にはあれを達成、と。しかし計画通りに進むのは、研究というより事業。どんな結果が出るか未知のことには手を出せなくなる。で、実現可能性の高い、しょうもない目標を立てることになる。

2018-12-19 07:26:40
shinshinohara @ShinShinohara

しょうもないなりに「事業」としてはそれなりの業務量だから、必死にならないと計画通りに進まない。勢い、目の前に「宝箱」が現れているのに、計画で目指す「オモチャ箱」に気を取られ、見逃していく。そしてオモチャ箱を手にして、やれやれと安堵する形。

2018-12-19 07:29:23
shinshinohara @ShinShinohara

「天才」と思う研究者と私は、計画を「達成する必要なんてない、仮置きの目標」だと考えている。目標を達成できなくても一向に気にしない。ただ、一応、計画通りには進める。大事なのは、その途上で現れる「宝箱」を見逃さないことだ。

2018-12-19 07:32:40
shinshinohara @ShinShinohara

「計画通り」に実験を進めていても、不思議なことが結構起きる。普通はこうなるだろ、と思っていたことが、ある確率で起きない。別のことが起きる。「これはハプニング」として統計処理し、無視する人が多いが、私はそれこそ宝箱だと考えている。偶然で済ませてはもったいない。

2018-12-19 07:35:38
shinshinohara @ShinShinohara

例えば、トマトの苗に病原菌を接種しても、全部枯れるわけではない。生き残るのが一定数ある。統計処理するだけで終わらせるのもありだが、確実に病原菌はとりついたのになぜこれは枯れなかったのか?不思議に思う気持ちが大事。それに何か、未知のことが起きているのかも。

2018-12-19 07:38:27
shinshinohara @ShinShinohara

経験値が「宝箱」を見えなくする原因となることがある。何度も同じ経験をして、「こうしたハプニングはつきものだ」と不思議に思わなくなり、「路傍の石」化して、意識に上らなくなるのだ。目の前に宝箱が姿を現しているのに。

2018-12-19 07:41:10
shinshinohara @ShinShinohara

「天才」の人と、私は、多くの人が当たり前と考えるようになったことをよく不思議がっている。「こうなってもいいはずなのに、なぜそうならないんだろう?」経験豊富な研究者なら、「それはそういうものだ」と説教食らわして終了。しかし私たちは、「何でだろうねえ」といつまでも不思議がる。

2018-12-19 07:44:56
shinshinohara @ShinShinohara

宝箱を見えなくするもの、それは「これはこうなるものなんだ」と、当たり前の現象として不思議がるのをやめてしまうことも一因。人間はあれもこれも考えていると時間がなくなるから、「考えなくする」処理が必要なのだけれど、この処理の仕方をすると、不思議に思わなくなる。

2018-12-19 07:48:37
shinshinohara @ShinShinohara

私はこうする。「不思議だなあ。今は検討する暇がないけど、不思議だということは覚えておこう」。当座、考えないことにするのは同じでも、こう処理すると話が全然違ってくる。また同じ現象と出会ったとき、「あ、また!不思議だなあ」と感じる新鮮さを失わないのだ。

2018-12-19 07:51:00
shinshinohara @ShinShinohara

不思議な「ハプニング」に何度も出会ううち、「これは、全体の中では確率が低いけど、毎回顔を覗かせるということは、再現性は高い現象。なら、やっぱり何か起きている。何だろう?発生確率を高めるにはどうしたらよいだろう?」と考えるようになる。そこから新しい研究は生まれる。

2018-12-19 07:53:26
shinshinohara @ShinShinohara

計画通りに進めることに必死で、途中の「宝箱」に目を向ける余裕を見失うこと、経験を重ねるうちに「これはこういうもんだ」と当然視して、路傍の石化してしまうこと。これが、創造性の高い研究をするジャマとなっている。研究をPDCAサイクルなんかで回したら、余計にひどくなる。

2018-12-19 07:56:52
shinshinohara @ShinShinohara

研究計画なんて「とりあえず」で構わない。旅に出なければ出会いが生まれないように、研究も、とりあえず計画を立てる。しかし、面白い出会いがあれば旅行の計画を変更しても構わないように、研究も面白い出会いがあれば変更して構わない。そもそも、「出会う」ことが目的なのだから。

2018-12-19 08:00:21
shinshinohara @ShinShinohara

そして、一つ一つの出会いを当然視するのではなく、「不思議がる」こと。面白がること。すると、「これをもっと掘り下げたい!」というものが見つかる。掘ってみてダメだったら次に移って構わない。不思議に思う気持ちさえあれば、本当に面白い現象に出会ったとき、のめり込む。

2018-12-19 08:03:24
shinshinohara @ShinShinohara

研究者は、どんなことも「当然視」してはいけない。経験上、常に確実にそうなることも「不思議だなあ、必ずそうなるんだもんなあ」と不思議がることが大切。よく言われる「疑う」ことは、私は不要だと思う。何でも斜に構える皮肉屋が生まれるだけだから。

2018-12-19 08:06:18
shinshinohara @ShinShinohara

不思議がること、驚くこと。センス・オブ・ワンダー(自然の神秘さ、不思議さに目を瞠り、驚く感性)を大切にすること。そうすれば、みなが当然視している日常から、不思議がいっぱい立ち顕れる。

2018-12-19 08:08:40

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018年12月19日
自分のカネでやるか、他人のカネでやるか、そこが問題。
1
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018年12月19日
最近「日本人はお金のことを語ることはよくないことだ、という風潮があるけど、それは違う」という声を聞くようになったけど、研究者向けの「予算を獲得するには」講座はどれだけ行われているんだろう。研究者がお金のことを語るのは不浄なことなんだろうか。
3
shinshinohara @ShinShinohara 2018年12月19日
tiltintninontun 研究者は研究成果を出したいのであって、お金はどうでもいいんですよ。研究するのに必要なお金さえあれば、あとはお金のことはどうでもいいです。そしてそういう考え方の研究者が、良い仕事をします。
1
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018年12月19日
ShinShinohara 私もそういう考え方を否定できない年齢ですけど、どうもこれからは資本の論理以外に社会の目がそういうあり方を許さなくなっていくような気がします。昨今では研究者の資質とか結果だけでなく、その研究者の人格も見られるとか、別ジャンルですが手塚治虫だってぼちぼち言われるように見えるとか。
1
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018年12月19日
たとえば研究者の発明に対して組織がじゅうぶんな報酬を支払わないと問題になるとき、研究者側の立場、組織の立場双方の議論の他に、「あの研究者は部下に対して凄く傲慢で、この問題で研究者が退社したら部下達が奮起して、全く別ルートで完成に達しちゃって、あの特許とは別に商品を作れるようにしちゃった」という研究者の人格に対しての話が出るようになった、とか。
1
名無しさん@お腹いっぱい @vicy 2018年12月19日
伝記級の科学者に「別の事やってたら偶然みつけた!」みたいなエピソードが多いのは、のび太の小判を見落とさなかったからなのかもしれないな。
2
ネワノ @One_of_Engineer 2018年12月19日
偏見かもだけど、面白そうなネタを見つけたとき、昔:「なんか行けそう。今までのテーマはダメになるかもだけど、手を出してみよう」(任期無しなので、取り敢えず挑戦が可能)。現在「今のテーマしくじったら、次のポストが無い。後でやろう(やらないフラグ)」(任期付きがほとんどなので、予算獲得と短期成果が重要)って感じにはなりつつある。もはや、導電性プラスチックのようなセレンディピティは期待が薄い。
2
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月19日
ShinShinohara それは誤った信仰だと思う。 スポーツの例で申し訳ないが、サッカー大好きな人たちが集まってた日本リーグのころは弱小で観客席もスカスカだったのが、金の稼げるJリーグ化が成功してからは稼ぎも増えたしレベルも上がった。稼ぎだけに血眼になるのも違うけど、「お金はどうでもいい」は負け惜しみでは
0
shinshinohara @ShinShinohara 2018年12月19日
Neko_Sencho 高い給料よりも世界初の成果が欲しい研究者が七、八割でしょうね。だから科学は信憑性が高いんです。給料目的になると、真実追求よりデータ捏造の方が手っ取り早いですし。
1
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2018年12月19日
ShinShinohara でも「恵まれた研究環境」は欲しいのでは。その為には「金が稼げる研究」でないといけない。
1
通りすがりのだいこん @KansaiF 2018年12月19日
お金の問題は…研究者に限らず、そこをキチンと言わなかったせいで、使う側が搾取に走るのを正義と捉えるようになった感じもある。それと、「疑う」という思考法がモットーとして何だか嫌だという人には、「不思議がる」というのはいい方法だと思う。本当は言葉を換えただけで同じと思うけども、同じならばどっちでもいい。
1
shinshinohara @ShinShinohara 2018年12月19日
mtoaki 分野によりますが、研究環境も、この程度あれば十分、てのがありますね。高額な分析器があっても良い研究ができるとは限らないので。研究は目の付け所ですね。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月19日
ShinShinohara スポーツの例だって、たいていの選手は金よりスポーツなんですよ、よほどうまくいかなきゃ普通に勉強してサラリーマンになったほうが稼げる。それでもスポーツやるわけだからね。 それでもやはり稼げるようになったら人が集まりレベルが上がる。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月19日
研究者だって金より研究だろうけど、報酬や環境よくした方が人材集まるし成果も上がりますよ、ほぼ確実に。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月19日
ついでにいうと、低報酬だとよそに引き抜かれる可能性も高くなりますね。 よそから引き抜くのも「うちは低報酬だけど○○があるから」ではたいてい無理だろうし。 報酬が少ないとどんどんレベルは落ちていきます。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2018年12月19日
Neko_Sencho 研究の能力って、スポーツと違って分かりにくいんですよ。芸術家に似ている面もあります。メンデルなんか、死後に認められましたし。生きているうちに評価を受けたのはサリエリだけど、死んで盛名を挙げたのはモーツァルトだったように、生きている間に優秀だと思われている程度では、大したことないかも知れないんです。
0
チュンジン・ウーは貧困が嫌いだから富国強兵を求める @hitsuji_is_good 2018年12月19日
競争的資金なる制度をつくった財務官僚にとって、何かを覚えたり調べたりというのは何かになるための「手段」でしかなく、研究者のようなそうした行為そのものを楽しめる人たちの気持ちは、理解の範囲を超えるものなのだろう。 イノベーションや画期的な発見は「未知への資源動員」によってもたらされるもの。国家財政の仕組みへの無知から生じる財政均衡主義による緊縮財政や、「事業」と「研究」を混同し最初から結果を定めようとする競争的資金では、決して「創造」はできない。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月20日
ShinShinohara はいはい、メンデルは学者じゃないですしサリエリにいたっては音楽家で現代に大した評価をされてないだけで、いろんな音楽家を育てたけっこうすごい人ですよ。ベートーヴェン、シューベルト、リスト、ツェルニー、フンメル、マイアベーア……これらみんなサリエリに教わったことがある人たちです
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月20日
ShinShinohara 能力がわかりにくいってのは何一つ反論になってないです。 わからないならそのへんのおっさんおばはんでいいじゃないですか、わからないんだから。 笑える話ではあるけど「金があったほうが優秀な研究者が集まりやすいし研究活動もしやすい。」これに対する反論にはなってない
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月20日
ついでにいうなら、他から引き抜くのも難しいし、引き抜かれるのも止められない。 これに対する反論にもなってませんね。 「研究の能力って、スポーツと違って分かりにくいんですよ」はわかりますが、それでいったい何を主張されたいんでしょう?
0
masmas75 @masmasmas75 2018年12月20日
子どもの教育にも全く同じことが言える。センス・オブ・ワンダー、いつまでも持ち続けたい。
1
shinshinohara @ShinShinohara 2018年12月20日
Neko_Sencho 否定も反論もするつもりはありません。優秀な人は集まりやすくなるでしょう。問題は、科学の場合、研究者の優秀さと研究の画期性とが必ずしも(かなりの確率で)一致しないことなんです。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2018年12月20日
Neko_Sencho 研究者が優秀かどうかではなく、目の前を通り過ぎる宝箱に気づく確率を上げることなんです。言語化し、意識化すれば、優秀でなくても確率は上げられます。人数が多ければなおさら。私の主張はそこにあります。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2018年12月21日
ShinShinohara 優秀でなくても機会があればいいなら、ぶっちゃけ、やる気のある学生バイト君を大量に雇う方が、教授クラスを雇うよりいいってことになりますね。 優秀ってのは、「目の前の宝箱」に気づく能力と、箱を開ける能力が高いってことです。 だからバイト君の群れではなく、いい研究者が求められてるわけです
0