限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

中学英語教科書を読みなおしてみよう(New Horizon―中1編)

検定済みの全6社ぶんに赤入れしていくシリーズ第一弾!
英語 教育 エレン先生 中学英語
3500view 12コメント
9
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
1)予告したとおり、中学英語教科書の校閲をこれより行います。東京書籍の『New Horizon』から行きましょう。ミズ・エレン・ベーカーが登場する、例のあれです。 pic.twitter.com/5Ahv7j6lC5
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
2)世界市民(World Citizen)ごっこの始まりです。世界にはいろんな民族がいて、言語があって、英語ができるとこのひとたちと仲良くなれるんですよとアピール。 pic.twitter.com/wbNfKm09vh
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
4)これも目次だけど、どんな英文パターンを習うのかが紹介されています。 1 be動詞から am と are 2 be動詞から is 3 一般動詞(with 一人称二人称のときの疑問文) 4 名詞の複数形 5 what(何) 6 三人称のときの一般動詞での疑問文 7 who(誰)what time(何時)which(どれ) pic.twitter.com/i5vJFkgohw
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
5) 8 where(どこ)whose(誰の) Do you know ~? 9 現在進行形(~ing) 10 can(できる) 11 過去形 これらを中一のあいだに習うわけです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
6)これから順に指摘していくつもりですが、このカリキュラム編成は、やさしいことから段々と上がっていくように工夫されているけれど、それはあくまで形式についてです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
7)算数の授業なら形式主義でもいいのです。計算ドリルはそういう作りだし。 しかし語学はそうはいかない。ことばには二面性があるから。「夕飯いかが?」が「とっとと帰れ」のメッセージだったりするように。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
8)ゆえに文の形式、たとえばThis is a pen.から段々とWhat is this?とかに進んでいくカリキュラムですと、文の形しか学べない。「What is this?」は会話の流れのなかで「何のつもりだよ!」と聞こえてしまうこともあるのに、それが学べなくなる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
9)このあたりのことはこれから順に論じていくとして、次に進んでいきましょう。 英語でのあいさつ。イラストに注目。これ、どこの国なのかわかるかな。 pic.twitter.com/ktTrrtBwtj
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
10)ブロック塀がそれとなく出てくるので、たぶん日本の町なのでしょう。しかしこの子たちは私服通学していて、女の子はもろに白人、学校の先生もやはり白人女性で、そこに日本人とおぼしい男の子も出てきます。 いわゆる「無国籍」世界。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
11)これもそう。日本の街…のようなんだけどあまり日本臭くない。「無国籍」世界に、中一生たちをゆっくり誘導しているわけですこの教科書。 pic.twitter.com/gwE7qOcF1g
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
12)右ページのイラストに注目。白人の女の子がひな祭りや節分を楽しんでいます。男の子のほうは日本人と思われます。 いちおう日本の町が物語の舞台だけどアメドラ風のストーリーをこれより一年かけてお送りしますよーという宣言です。まさにカレンダー。 pic.twitter.com/4orzFE3Okk
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
13)そして右ページに「Open the Door」の文字とともに、ドアの絵が。巧い導入です。ここからいよいよ皆さんが主役の青春ストーリーの開幕!というわけです。 pic.twitter.com/bqTrC4sNez
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
14)…と思ったらアルファベットの授業。前振り、この後今しばらく続く。 pic.twitter.com/mNdN8UDxaw
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
15)実際の授業はすでに始まっています。実際というのは、この教科書を使っての授業のことです。ABCから教えていくわけです。私の時も授業初日は(オリエンテーションは除外)こんな風でした。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
16)授業二日目。tableとかcupとか、耳で聞いて、どの綴りのものをいっているのかを当てていく。 pic.twitter.com/ubvUvfwjxx
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
17)アルファベットを書く練習。懐かしいです。 pic.twitter.com/2W0ArVR8Be
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
18)名前を書く時はトップの文字は大文字にしましょうと説明。 私の時は自分の名前を英語で書いてみましょーというのがあった気がしますが、今はそういうのないのかな。 pic.twitter.com/NMxmemIl68
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
19)英語の歌。「シング」と「ハローグッバイ」は鉄壁ですね。あと日本のロックバンド・ゴダイゴによる「ビューティフルネーム」。 pic.twitter.com/FUq0CcVJYC
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
20)ああ、ようやく教科書内世界でも授業開始です。  Good morning, everyone. I am Ellen Baker. Call me Ms. Baker.  OK. いきなりむちゃくちゃな英語の応酬!どこがむちゃくちゃなのか、わかるかな。 pic.twitter.com/ABmWoR169c
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
21)このページでは「am」を習う。「I am なになに」文。事実「I am Ellen Baker.」と彼女はあいさつしてますね。 ところがほかの文がよろしくない。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
22)「Good morning, everyone.」はいいんですよ。あいさつの基本。「あいさつだから、がたがたいわずにあなたたち暗記しちゃいなさい」というわけです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
23)「Call me Ms. Baker.」が✖です。「Good morning.」と同じく暗記物件としてこのページには出てくるのだけど、これは丸覚えすると大やけど必至。実は「Call me ~.」は実際の会話ではあまり使わないのです。これはすでに親しい仲で、何かジョークをとばすときにしばしば使うフレーズです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
24)何か鋭い推理をみせて相手を驚嘆させたとき「Hehe, call me Sherlock.」(えへへ、シャーロックと呼びな)とかおどける。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
25)この「Call me Ms. Baker.」もそう。一応これで通じるのですが、こんなシチュエーションでも使われる。彼女の教え子が、同級生の前で何か英語のかっこいいセリフ(「The government of the people, by the people, for the people」とか)をそれっぽい発音で暗唱してみせて拍手喝采のなか
残りを読む(565)

コメント

KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月22日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月23日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月24日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月24日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月24日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月25日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月25日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月25日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月26日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 12月26日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする