「リーマンショック後の米国金融政策・日米金融政策の違い」について高橋洋一さんツイート中心にまとめ

「経済学の基本的な知識を国民が理解しているかによって社会のパフォーマンスが違ってくる 」竹中平蔵氏の言葉がアホな国民の胸に刺さります。自身の理解に役立ちつつ興味ある方に見て頂ければ、とまとめ作ってみました。
竹中平蔵 金融緩和 中央銀行 リーマンショック 米国金融政策 デフレ脱却 FRB 高橋洋一 金融政策 日銀
7

基本理解のため近年の日本経済を見直す ಠ_ಠ のはakimaさんのまとめ2つで ↓

ツイートまとめ 高橋洋一氏ツイート等まとめ 金融財政政策をメインに、経済、政治、行財政改革など 2474 pv 36 2 users
ツイートまとめ 数字で比較する2000年代経済を超主観的にまとめた。 統計の出典は、内閣府、日銀、総務省、厚労省。 「数字で分析するアベノミクスもろもろまとめ」もどうぞ→ https://togetter.com/li/1203317 5457 pv 123 9 users 7

しかし…
数字苦手、会計ソフト様々の自分👩にはちょっとツライ。
そもそも「数字で比較」と銘打ってあるところで拒否反応も。

高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
米国はサブプライムがあったのでもっと金利教育が盛んになるでしょうね。それに比べて、日本ではまだ名目と実質、預金者だけしかイメージできない、単利と複利、そもそも数字はダメという人が多いので、どうなることやら。

図星感…

高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
日本経済の歴史だけを定性的に述べて日本は低成長はやむなしということをいう人はあてにならない。国際比較なしはダメ。川を上り海を渡る。日本がここ20年間世界ビリを説得できない。ビリはないだろ

そう、ビリはないよね
では正解は何だったの?
米国はどうやって景気回復できたの?

akimaさんが川を上ってくれたから、わたしは海を渡ろう 🏄‍♀️

ということで

「リーマンショック後の米国金融政策・日米金融政策の違い」について高橋洋一さんツイート中心にまとめ

を作ってみました

高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
日本の金融政策の間抜けさを研究したバーナンキがアメリカを救ったというリフレ界では周知の話→アメリカの金融危機を救ったのは日本の金融政策だった ローラ・アルファーロ教授に聞く(1)|ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵| diamond.jp/articles/-/849…
リンク ダイヤモンド・オンライン アメリカの金融危機を救ったのは日本の金融政策だった ハーバードビジネススクールで日本の金融政策を教えているローラ・アルファーロ教授。彼女は、日本の金融政策の歴史が、アメリカの金融危機を救った、というが、それはどういう意味なのか。

(↓記事抜粋)

ハーバードビジネススクールで日本の金融政策を教えているローラ・アルファーロ教授。日本の金融政策の歴史が、アメリカの金融危機を救った、というが、それはどういう意味なのか。
アルファーロ)バーナンキ議長は日本から多くを学んだと思います。2008年にアメリカが金融危機に陥ったとき、1つの指針となったのは日本の金融政策の歴史だったのです。
 日本はバブル崩壊後、量的緩和に踏み切るまでに随分と時間がかかりました。「日本のやり方は不十分だ」と思った米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長(当時)は、2008年の金融危機後、迅速に量的緩和政策を実施しました。中央銀行の預金残高を増やし、市場に資金を供給することによって、危機を脱したのです。…中略…
バーナンキ議長が思いきって量的緩和を実施できたのは、「この程度ではインフレは生じない」ということを日本の経験から知っていたからです。1990年代のバブル崩壊後の日本と1930年代の大恐慌。この2つの事例があったからこそ、思い切れたのです。

日本が金融危機に陥ったとき、量的緩和の事例は大恐慌の事例しかありませんでした。量的緩和は現実的ではなく、「どうしたらインフレを起こすことなく経済を回復させられるか」しか考えていなかったと思います。

 日本の金融政策の歴史は、結果的にアメリカの金融政策に大きな影響を与えました。

マジンガーZと日本車を愛すコスタリカ出身の親日家ローラ・アルファーロ教授、貴重なお話と「失敗例」日本へのお心遣いありがとうございます。

日本では金融政策は勿論のこと、バブルについてもまともに総括できぬまま。こんなことみんな知らない↓

高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
バブル。税制抜け穴というミクロは酷かったがインフレ率や失業率のマクロ経済は健全。崩壊後のマクロ経済政策の金融引き締めは大間違い。官僚組織の日銀は無謬性ゆえ間違いを続けてしまった。これが失われた20年
高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
リーマンショックに無関係の日本の株価はショック前の水準の半分で、震源地のアメリカでもショック前の水準に戻している。なにかおかしくないか twitpic.com/azgxl2
 拡大

おかしい

上念 司 @smith796000
@orangekoara #デフレ危機_ 日銀が動かない理由はアクセル踏んだらバブルになるみたいなことのようです。しかし、FRB、英国中銀は資産を3倍に増やしました。欧州中銀も2倍増です。欧米はバブルで死ぬんですかねぇ。笑。ちなみに日本たった5%増です。これは異常です。危機感ナシ
いす @chairtochair
山本幸三「2009年9月資産増加率(08年8月比) FRB 133.11% 英国中銀 142.84% 欧州中銀 24.76% 日銀 6.41% 日銀の資産は殆ど増えていない 異常に消極的な日銀の金融政策が今日のデフレと円高、不況深刻化をもたらした」 #日銀につぶされた日本経済 pic.twitter.com/K6v8EEYkIm
 拡大
 拡大
 拡大
いす @chairtochair
安倍内閣総理大臣 リーマンショック以降、米国もQEを行い 我々はやらなかった その結果、我々はリーマンショック以前に戻ることはなかった 政権奪還する際、我が国も大胆な金融政策、金融緩和をやるべきではないかと私は発言をしていたわけで 193-衆-予算委 平成29年02月01日 pic.twitter.com/QZyB0JSMFw
 拡大
上念 司 @smith796000
バーナンキ議長の成績は「B」、白川総裁「C-」-米誌 ow.ly/de1UE 留年はあり得ないので、退学処分でいいです。
上念 司 @smith796000
法律のデザイン、インプリメンテーションの問題と考えると、目標は国民が選択した人が決め、手段の選択は日銀に任せるのが望ましい姿。バーナンキが日銀でスピーチした通り。白川前総裁の国会証言は参考人としてであり、民主的なコントロールの範囲外だった。by浜田

日銀の独立性ガー!の記者さん達聞いてました?

高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
金融緩和→インフレ予想アップ(実質金利低下)、この後1)円安→輸出増、2)株高→消費増、3)設備投資増とそれぞれラグはことなるけど、輸出、消費、設備投資のそれぞれのアップで有効需要増になる。これらはマクロ経済の教科書どおり。でもって雇用増になるわけ。はじめのラグは半年以内
残りを読む(28)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする