世界奇車・珍車列伝:番外編 ~E2系だけじゃない!東洋の巨龍たち・中国の高速列車一挙紹介~

「事故れば埋める」「新幹線のパクリ」、そんな時代は今や昔。名実ともに世界最大規模へと成長した中国の高速鉄道で活躍を続けている、多彩多種な高速列車をまとめてみました。 <本家「世界奇車・珍車列伝」はこちらから→ https://togetter.com/li/1262949続きを読む
高速鉄道 電車 和諧号 E2系 乗り物 鉄道 中国 新幹線 海外鉄道 復興号
37

【はじめに/前史】

特急ニセコ @ExpressNiseco
中国の高速列車は未だに「パクリ」「埋める」と言う印象が拭えないですが、それは最早昔の話 全長25000kmを超える巨大路線網、郊外に聳える超巨大駅と、世界の高速鉄道の「皇帝」として君臨しているのです ここからしばらくツイート欄をお借りして、中国を走る多彩多種な高速列車をご紹介いたします pic.twitter.com/Nsf0lM541o
 拡大
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【前史】 長らく客車列車が主役だった中国国鉄 それらに代わる高速列車として次々に中国独自の国産列車が開発されましたが、どれもこれも失敗ばかり そして最終的に選んだ手段が「(日本を含む)世界各国から高速鉄道の技術を輸入する」――「CRH」、「和諧号」と呼ばれる列車たちの導入、という訳です pic.twitter.com/76FLR3nYmW
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大

【和諧号(CRH) ~高速列車オールスターズ~】

特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH1A・CRH1B】 元はアドトランツが開発し、それを買収したボンバルディアがスウェーデンに導入を続ける「レジーナ(Regina)」 外装はステンレス車体ですが、どこか東海道・山陽新幹線っぽさもある白地に青帯塗装として登場しました 編成は「CRH1A」が8両編成、「CRH1B」が16両編成です pic.twitter.com/KFDpyAPxgJ
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH1A-A】 ボンバルディアにとって中国の高速鉄道は重要な市場になっているようで、2016年以降はCRH1Aに次ぐ新型車両として最高時速250km/hの「ゼフィロ250NG(Zefiro 250NG)」が多数導入されています 更に高速仕様の「CRH380D」によく似た車体ですが、若干先頭部が短くなっているのが特徴です pic.twitter.com/hH6j4SkgaY
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH1E】 中国の高速鉄道といえば何といってもベッドで寝る事ができる高速列車、いわゆる「寝台新幹線」 そのうち「CRH1E」は、ボンバルディアが新規開発した高速列車「ゼフィロ250(Zefiro 250)」を採用したものです なお、一部編成は計画変更によりベッドが座席となり「CRH1B」として登場しました pic.twitter.com/vKdBFPV9Px
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH1E-250】 寝台新幹線・CRH1Eに次いで導入された、16両編成の新型車両 「CRH1A-A」同様、ボンバルディアの高速列車ブランド「ゼフィロ250NG(Zefiro 250NG)」モデルを採用しています 旺盛な需要に応えるためか、食堂の面積を減らした代わりにベッドの数が増加しているのも特徴です pic.twitter.com/x2yUtpD1AJ
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH2A】 良くも悪くも多くの人が知っているはず、中国に輸出された「E2系新幹線」 日本ではE5系・E7系に置き換えられ廃車が少しづつ進んでいますが、中国ではまだまだ元気で活躍中です 編成バリエーションが豊富で、後期の編成は「統型」とも呼ばれています なお東海道・山陽新幹線ではありません pic.twitter.com/0Ug9ecAbBg
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH2B】 「CRH2A」が8両編成なのに対し、こちらは本家E2系よりも長い、東海道・山陽新幹線並みの「16両編成」 中国高速鉄道初期の形式ながら、なんと2017年にも新たに複数の編成が製造されたという情報が…! どうやら中国では今後もE2系が第一線で活躍を続けそうです… pic.twitter.com/AjfB4McX2L
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH2C】 350km/hに対応する設計なんてしていない、壊れても責任は持たない、と日本メーカーが釘を刺した高速版E2系 釣り目のようなヘッドライトなど、外見も若干CRH2Aとは異なります 何だかんだで最終的には次世代の高速車両への礎にはなったようです… pic.twitter.com/U0DJPr4GDp
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH2G】 中国版E2系ことCRH2の砂漠・高温・寒冷地対応版ですが、やはり最大の変更点は脱・E2系と言わんばかりのデザイン どこか500系新幹線を思わせる鋭い流線形が中々格好良いというのは個人的な意見です ただし最高速度は500系よりも遅い250km/hとなっております pic.twitter.com/qun7nHhfCx
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH2E①】 こちらも多くの人が知っているであろう、夢の「寝台新幹線」 日本では試作だけで終わってしまいましたが、長距離需要が高い中国でとうとう実現しました ただしE2系の車体をそのまま使ったせいか、若干居住性に難があるのが欠点かもしれません… pic.twitter.com/u5Ck8swZiy
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH2E②】 寝台新幹線・「CRH2E」は、後にCRH2G同様の鋭い流線形デザインに変更 更に2017年以降はベッドの配置が変わり、横から見れば2階建て新幹線にも見える若干大柄な車体になりました 食堂部分を除き、16両編成まるごと「オール寝台新幹線」です pic.twitter.com/3M6mky9iog
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH3C】 ドイツを中心に大活躍中の高速列車・ICE3、シーメンスでのブランド名「ヴェラロ(Velaro)」がベース ヨーロッパよりも大柄の列車が走れる利点を活かし定員数が本家ICE3より増加しています 後に登場する「CRH380」シリーズや「CR」シリーズの窓配置はこのヴェラロ風になっているものが多いです pic.twitter.com/Eo6q7G7HRn
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH3A】 2017年に登場した、最高時速250km/hの高速列車 CRH3Cの技術も応用されているものの、基礎となったのは比較的低速(といっても250km/h)の高速列車の礎となった試作車の1つ・CJ1で、デザインもシーメンス・ヴェラロとは大幅に異なっています pic.twitter.com/vDjNiLoClp
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH5A】 元になったのは、イタリア発祥、あのイギリスの迷列車ことAPTの技術も使われた高速電車「ペンドリーノ」 そのうち「ニュー・ペンドリーノ」と呼ばれる第三世代モデルを導入したのがこのCRH5Aです ただし「ペンドリーノ」の名前の由来となった振り子式車両ではありません pic.twitter.com/3G8JsaMw9d
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH5G】 耐寒設備を搭載したCRH5のバリエーション「CRH5G」のうち、2017年に登場した車両からはスタイルが大幅に変更されています CRH3Aにとても良く似た外見ですが、塗装以外にも編成や機器など意外と違いが多いようで…? pic.twitter.com/RTJUAkopym
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH6A】 中国の高速鉄道の特徴の1つが、都市間輸送に活躍する、俗に言う「通勤新幹線」 折り畳み座席やリクライニングしない座席など収容力に重点を置いています ただし路線によっては食堂車や優等座席も連結されており、バリエーションが非常に多いのが特徴です 4両編成の「CRH6A-A」も存在します pic.twitter.com/3P0afxMLuv
 拡大
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH6F】 「CRH6A」は最高時速200km/hなのに対し、こちらの「CRH6F」は最高時速160km/h 中間車も片側3扉になっており、まさに「通勤新幹線」とも呼べるスタイルが特徴です 4両編成の「CRH6F-A」も活躍中です 他にも完全に通勤電車の「CRH6S」もありますが、今回は紹介しません ご了承ください pic.twitter.com/ZvikltJWzE
 拡大

【和諧号(CRH380) ~世界最速を目指して~】

特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH380A/CRH380AL】 「CRH380」シリーズは、最高時速380km/hの性能を持つ中国の高速列車シリーズ そのうちCRH380A(8両編成)とCRH380AL(16両編成)は、E2系の技術が基になっています ただしその結果生じた諸問題のせいで、日本でも悪い意味で有名になってしまいましたが…デザインは好みなのですが… pic.twitter.com/PlWzesf3mJ
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【香港鉄路「動感號」】 2018年から営業運転を開始した中国~香港間の高速列車では、香港鉄路が所有するCRH380Aを基にした8両編成の高速電車が活躍しています 車体側面をフルに使った大胆な塗装の他、収容力を重視したような編成が特徴です pic.twitter.com/tUMKCWEgaU
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH380B/CRH380BG/CRH380BL】 CRH380シリーズのうち、シーメンス・「ヴェラロ(Velaro)」がベース…というかそのまんまな形式 中国ではかなり気に入られたらしく、CRH380シリーズで最多の製造数を誇ります 導入初期は故障が相次ぎリコールまで起きてしまいましたが、その後は安定して活躍中です pic.twitter.com/Ku2IIlT4gT
 拡大
特急ニセコ @ExpressNiseco
【CRH380CL】 16両編成の「CRH380BL」を若干アレンジした形式 側面に寄ったヘッドライトがインパクト抜群の前面デザインは日本の500系新幹線を手掛けたデザイナー、アレクサンダー・ノイマイスターの作品です pic.twitter.com/EqGbxWPSpi
 拡大
残りを読む(17)

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2018年12月29日
中国もすっかり動力分散方式の天下になったな
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2018年12月29日
CRH2から始まる日本の新幹線からの発展系車両は全部新幹線と同じ幅3.4m車体なんだろうけど、ボンバルディア系やシーメンス系の車体規格とはどうすり合わせてるんだろう
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2018年12月30日
「新幹線をまんま技術移転するなんて川重の売国奴!」て叫ばれてたけど、ボンバルディアもシーメンスも同じスキームなんですよね。彼らもその国では「売国奴!」て叫ばれたんでしょうかね。
青列車@leTrainBlue @EF61501 2018年12月30日
中国の高速鉄道に関して一つだけ羨ましいのは環境対策も土地収用の苦労も無用な事。日本はそれが足かせとなって思いっきり建設コストが跳ね上がる(それさえなければ多分今の工事費は70%以上削減できるのでは?)。 一方諸外国から見て本邦の新幹線の最も羨ましがられそうな点はSecurity対策費の安さ。殆ど笊状態。それでも重大犯罪は滅多に起こらなかった(皆無ではないが数える程)。然し過年の殺傷事件を思うとこれも何らかの対策を採らねばならなくなりつつあるのかも
赤間道岳 @m_akama 2018年12月30日
寝台新幹線は、ちょっとそそられる。でも、地上設備の整備はいつやってるんだろう(´・ω・`)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする