限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
759
Mr.コバルト@プライマル @cobalt_hunter
とっても簡単な民俗学的解釈なんだけど、 庚申供養塔がある→開拓地、開墾地だった 薬師寺、医王寺がある→かつて疫病が流行った 諏訪神社、弁天池がある→水害に悩まされた 鹿島神社がある→古代の紛争の境界線だった と、ざっくり理解してますけど、旅ではこれが楽しかったりします。
綿和23@ポールサイコー!!inNagoya @watakazu03
@cobalt_hunter 無知ですみません。 なぜ、諏訪・弁天が水害で、 鹿島が紛争の境界線なのでしょうか。
Mr.コバルト@プライマル @cobalt_hunter
@watakazu03 諏訪神社も弁天様も龍と関わりが深く、また龍は水を操るため、水害をその力で制御したかったようです。 鹿嶋の神は軍神、武甕雷で、朝廷側獲得した版図の境界に睨みを効かせたかったようですね。 異界との境界でもありますから。
@for_houseki
@cobalt_hunter あ、地名に「蛇」とか「龍」って入ってるとこは土石流が発生しやすい場所だったりもします...(
Mr.コバルト@プライマル @cobalt_hunter
@for_houseki ですねぇ。 自分の故郷は大震災のあった地域ですが、蛇の入った地名はとても多かったです。
りばーす。 @ribirth3
@cobalt_hunter 民俗学と言うよりは歴史に入ってしまうかも知れませんけれど「国分寺」も現在だと宗派と関係なく地名として残っていますよね。
Mr.コバルト@プライマル @cobalt_hunter
@ribirth3 ですねぇ。 そして、「国分寺」由来の地名は、仙台市だとだいぶ意味合いが変わってくるのが面白かったりします。 ※「国分町」は東北でほぼ最大の歓楽街
りばーす。 @ribirth3
@cobalt_hunter そうなのですか。勉強になります。 東京ですと「西国分寺」「国分寺」「東国分寺」が駅として沿線に存在していて、本来の意味を考えるとなかなかに面白い事になっていたりします。
Mr.コバルト@プライマル @cobalt_hunter
@fuktommy @SagamiNoriaki そうみたいですね。 「水が絶えない」「水が絶えると何かが起きる」みたいな言い伝えもよく一緒に伝わっていたりしますし。
プロトタイプ・コード・Ⅳ @980821m
蛇or龍が祀られてる→氾濫や土砂崩れの水害があった 地蔵がある→旅路として栄えた お稲荷さんがある→畑があったor飢饉があった って考えると楽しいわかる twitter.com/cobalt_hunter/…
そういうことだったのか…
こばたい @Tkobaya
通勤路に庚申塚あるけど、そういう事なんだなーと。 twitter.com/cobalt_hunter/…
やまもも @yamakokemomo
鹿島神社があるところ、確かに古戦場だった!なるほど~! twitter.com/cobalt_hunter/…
774 @ex_2131
諏訪神社の御祭神の健御名方神が何故水害?と思ったら、水方(ミナカタ)とか、水神を倒す説話もあったりとか、水に関連しているからか。 twitter.com/cobalt_hunter/…
推しのおかげでめでたい塩 @sh1osolt
結構近くの市に鹿島の名がつく神社があってちょっと調べてみたらやっぱり軍神二人を勧請してた( σωσ )
ロジコ @rubbing_beat
昔小学校の事務職員してたとき地元の鹿島神社のお祭りを手伝ったけど、そこ確かに旧藩境の地域だったわ twitter.com/cobalt_hunter/…
黒犀() @kuro664
町田の鹿島神社は東京と神奈川の争いがあったことを示しているのか
箱根湯田中 @ayabn362
>鹿島神社がある→古代の紛争の境界線だった あっ(察し) pic.twitter.com/626knFgdeO
 拡大
(´-`).。oOSTRO @11DATE
確かに札幌の創成川沿いにも諏訪神社ある。 twitter.com/cobalt_hunter/…
ピヨ吉 @piyokopiyo7
へー面白い。確かにそうなのかも。 かつて疫病が流行ったことがないとこなんてないようにも思うけれど。 よく温泉地に薬師寺あるイメージ。 twitter.com/cobalt_hunter/…
boekveld (ぼえなんとか) @boekveld01
長崎の諏訪神社は眼鏡橋で有名な中島川がしょっちゅう氾濫してたからそこにあるという事か… うちの近所にも諏訪神社がある。その辺りは深そうな暗渠が多くて治水に苦労したように見えた。なるほどです。 twitter.com/cobalt_hunter/…
寺社仏閣で歴史がわかる…?
空輝(くうき) @kuuki1116
神社仏閣めぐりは歴史探訪の旅でもありますね。 twitter.com/cobalt_hunter/…
残りを読む(7)

コメント

かふぇ氷 @cafeseaside22 25日前
鹿島神社は奈良時代に、護国寺の鎮守として護国寺とセットで作られたケースも。
マシン語P @mashingoP 25日前
その鹿島が今では有明の女王の異名で呼ばれたから不思議なもんだ
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 25日前
長崎の諏訪神社はちょっと事情が複雑で、アレはざっくり言うとキリシタンの神仏焼き払いを鎮圧した後に勧進して応じた神社なのだそうな
あらP★ @arapix 25日前
庚申塔は庚申信仰に依るものだから、開墾地開拓地とは関係なさそうだけど。
おうべい @hisuioubei 25日前
地元に近い位置に「水害があったので神社を建てた」という土地があるんだがコレはなんでだか稲荷様だ。山の神だろ・・・!随分テキトーだな・・・! とそんな感じのところもあったりするので油断ならぬ
おうべい @hisuioubei 25日前
まあ稲荷様はマスコットによって大人気なので是非もないよネ
マイコーver.2048 @Micky_UTN 25日前
江ノ島の弁天様と近くの龍口明神社の龍神(元暴れ龍?)の話とか対になってるのが、あったようななかったような。
Mondebrille @Mondebrille 25日前
移転することもあるので、由来とか見るのがおすすめ
kartis56 @kartis56 25日前
http://www7b.biglobe.ne.jp/~map/g_map/080316.html こういうのがあって、ぜんぜん違うよ >鹿島神社は紛争境界線
おまわりせんせい @OmawariSensei 25日前
弁天と水害の関連と庚申供養塔はこじつけ臭がする
arabiannightbreed @a_nightbreed 25日前
お稲荷さんは神使が狐→狐は陰の獣→陰の気を用いて水を操るって連想から水害にも関係あると見られたんでしょうね。義経千本桜に登場する「初音の鼓」なんかググってみると良いかも。
arabiannightbreed @a_nightbreed 25日前
弁天は、出自がサラスヴァティ、河の女神だから水と縁が深い。
arabiannightbreed @a_nightbreed 25日前
でも、まあ同じ神社でも祭神が変わったり、解釈が変わったり、移転したり、統合されたりで、鵜呑みにできないのも確か。
海幸山幸 @touyousha 25日前
都から遠い地になると関わりが薄くなってきそう
yuki🌾4さい⚔ @yuki_obana 25日前
世界はまだ危機にさらされています。今すぐログインしてください(´・ω・`)
クジャクオオカミ @peacockwolfs 25日前
白山さんがB地区の境にあるのは、封印や境界の神様だから。
Sir John FUKUCHI 颶響庵 @Barbirolli 24日前
大河川からの分岐元あたりに白髭(鬚・髯)神社があるのも加えたら?
Alpha Leo @alpha_leo 24日前
「××という地名は昔××があった証拠」という話がよくあるが、民間語源と一緒で話半分に聞いておいた方が良い。
クリスマス・ピポ @christmaspipoSG 24日前
茨城の鹿島神社。平安時代の地図(推定図)を見たら、当時は温暖期で鹿島ー銚子が海。 鹿島神社は細長い砂州の突端に位置していました。成程、確かに異界との境界地点だ。
三楽斎 @nekokagetora 24日前
武神だから普通に土地の武士が建ててるよ。隣が鹿島神社建てたからうちは香取神社たてるっていう感じであちこちにある。また城や居館の鬼門に神社建てるのが普通。武士が居るから当然争いもあったろう。
Amts @amts1 24日前
廃仏棄釈の時に神社も相当祭神ロンダリングしてるから、それなりに大きくて由来がはっきりとしてるところ以外はあんまりアテには出来ないよ
clockgene @clockgene 24日前
面白いけど薬師寺は医療施設だったり諏訪社は豊穣神なので水害と関係なく農村だとどこでもあるよ
ウラリー㌠ @urary777 24日前
旅行や土地のことを調べる際に、この神社があるってことはこういうこと? っていう「当たりが付けられる」のが一番の利点ですかね。もちろん外れることも有るでしょうけど。北の大地は基本的に明治以降しか寺社仏閣がないので(あって松前藩ゆかり)、この辺そこまで深いのがないのが口惜しいです。
犬連結マン @nekokoala1 24日前
廃仏毀釈~神社合祀~
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 24日前
面白いけど、やっぱり話半分ってとこかなと思う。
にほんむかし名無し @ScreamIcecream7 24日前
hisuioubei 稲荷にも荼枳尼天を祀った偽稲荷があるのでわりとテキトーな感じ たまに「稲荷は怖い」とか「祟り神」とか言ってる人いるけどそれ全部荼枳尼天だろっていう風評被害
遠藤 @enco2001 24日前
そういう話もある、って程度だわな
ろんどん @lawtomol 24日前
あちこちにある八幡神社はどーなのかな?
のヮの (限定解除) @no05071730 24日前
別件で調べたけど、八幡神社は八幡神(第15代応神天皇が同一視されてる)が祭神としてまつられてることが多いらしい。武運の神らしいけど…(脱線
痛日記P @IDOLort6 24日前
なるほどIN FIGHTですわ
吉祥天 @sarutas2000 24日前
西日本には鹿島神社ってないような。(浅間神社と香取神社も)紛争がなかった訳ではないだろうから、東夷征伐の前線とかだったのかな。
dynee @dynee_morinaga 24日前
廃仏毀釈の際には日本全国で祠や社といった土着の信仰がぶち壊され「神武創業」にマッチするよう再統合されているので、その社の謂れを訪ねてみないことには本当の事はわからない。
maguro @vo_ov_maguro 24日前
鹿島神宮と諏訪大社を同時に語るとは、神代の紛争を再燃したいということか!
meme @meme_tam 24日前
なるほど〜
さどはらめぐる @M__Sadohara 24日前
庚申は古代中国では腹の虫(今でいうサナダムシ)がしりから出て、天に宿主の悪行を告げ口するのを防ぐために夜通し集まって談笑する会合だった。が、日本では江戸時代以降、庚申講として若い男女が飲食を共にする歓楽的行事になったので、いわゆる飲食店街に多く残っているはず。
さどはらめぐる @M__Sadohara 24日前
私がかつて住んでいた場所は江戸の終わりまで下級武士向けの一大風俗街として栄えていた場所だが、秋のお祭りで御開帳になる道祖神が男根型なのは、周囲1キロ以内に限定してもウチの町内だけだった。また、明治に入って風俗街がたたんだ跡地にお稲荷さんが建ったけど、こちらは農耕神ではなく、望まない職業に就かされたゆえに自殺した若い女性を弔う「狐憑き」の意味でのお稲荷さんだと明記されていた。
かわらもの @daifuku_gess 24日前
面白い話だけどあまりにも出典・根拠不明瞭だから資料あたりたいんだけどこーゆーのは何調べたらいいんだろ? 角川の地名辞典とか調べたら解るんだろうか
さどはらめぐる @M__Sadohara 24日前
daifuku_gess 現地を訪れるもしくは地域資料館にあたる、図書館で神話、民俗史や医学史あたりの文献を調べるとよろし。
ひょろ @ihyoro 24日前
だからツイ主も全部が当てはまると言っているわけでなく「ざっくり」って言ってるし、旅行する時のちょっとしたエッセンスってことでしょ。
#53 @hsgwkyt 24日前
稲荷は鋳物との関係を指摘する人もいる。あと分かりやすいのは「氷川神社」で大抵は南側斜面を下った先に旧河川がある。だから関東の窪地好きはそれを目安に資料調査したりするw
亜山 雪 @ayamasets 24日前
茨城の鹿島神宮、千葉の香取神宮、茨城の息栖神社は大和朝廷の蝦夷侵攻の最前線という説が固いね。庚申塔は街道の道しるべであり村落の境界を示す標識でもある。神社的な物件を見つけたら、祭神が天津神か国津神を調べると面白いよ。土着信仰である国津神を大和政権が天津神で塗り潰していった経緯が想像できる。
Ise Shinkuro @IseShinkuro 24日前
鹿島と香取は香取海の水圏とも密接に関わってますね あの辺りの遺跡や古社の分布は、香取海前提で見ないと分からない部分が大きい
kartis56 @kartis56 24日前
daifuku_gess 神社境内に石碑で由来や立てた経緯があったりします(新しいとこが多い
Hoehoe @baisetusai 24日前
能登半島に山ほど鹿島神社あるのはそんなに戦争してたことになるのか
かずや18歳@アオリ派 @kazuya78 24日前
読んでて東日本大震災で注目された浪分神社を思い出した。神社は長い歴史があるものが多いから立地や由来に古代の記憶を伝えているものが多くある。
ののまる @nonomaru116 24日前
鹿島香取は航海神の意味もあるし、あと近世に「鹿島の事触れ」って下級神職が日本全国歩き回ってお告げを伝えたり信仰を広めたりして、ある意味「バズってる」ので、簡単にこういう意味があるというのは難しいんですよな。
Osahiro Nishihata @_Osahiro 24日前
寺社の由来って結構面白い。「何でこんなとこにこの神様が?」から入る郷土史っていうのもあるだろうし。
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 23日前
昨今は別の意味の鹿島信仰が広まっておりますな(白眼
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 22日前
だから、東国の鹿島神社が西国の八幡神社って事なんじゃないっすかね?
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 22日前
ayamasets と、いう事は、東国の蝦夷に対する、西国の熊襲・隼人の抑えとして、八幡神社が建立されたと考えたら、中々面白いものがあります。
すんすけ @tyuusyo 22日前
鶴岡八幡宮及びそれの分社も関東に結構あるので、「源氏系統の武士団がいた地域」程度の意味合いしかないのでは
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 22日前
tyuusyo あ~、すいません。私個人が筥崎宮社家町出身で、宇佐宮を始め、九州に視線が行き過ぎてましたね。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 22日前
宇佐神宮が八幡神の総本社で、宇佐宮と筥崎宮は元々、筑豊の大分(だいぶ)八幡が元宮だったそうで、そこから、859年に石清水八幡宮に勧進し、さらに宇佐神宮から勧進した石清水を、1063年に鶴岡八幡宮に勧進したのが東国進出のキッカケでしょう。と考えるならば、200年以上の時間を掛けて、徐々に九州から東国に浸透してきたと言えましょう。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 22日前
したがって、1063年以前の東国での軍神は、鹿島神宮や香取神宮だったのではないでしょうか?どのようなタイムラインで信仰が変化していったのか、詳しくは分かりませんが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする