終末期医療を削って医療問題を解決できるのか?

落合陽一×古市憲寿で出てきた話について
12
奈良児楢 @hakatafuku

古市「お金がかかっているのは終末期医療、特に最後の一ケ月」であることが判明したので「高齢者に『十年早く死んでくれ』と言うわけじゃなくて、『最後の一ケ月間の延命治療はやめませんか?』と提案すればいい」 「順番を追って説明すれば大したことない話のはずなんだけど」 >文學界新春号大炎上。

2018-12-30 14:32:11
薄荷パン🍞嘘のない政治を! @hakka_pan

最後の1ヶ月の終末医療を削れって....この2人、マジ基地なんじゃねーの? 落合陽一×古市憲寿「平成の次」を語る #2 「テクノロジーは医療問題を解決できるか」 #落合陽一 #古市憲寿 #文学界 bunshun.jp/articles/-/101…

2019-01-03 00:20:02
uncorrelated @uncorrelated

終末期における医療費について(平成14年度)mhlw.go.jp/shingi/2007/03… と言うのがあった。入院治療費は平均48.2万円(p.5)で、死亡前一ヶ月の入院は112万円(p.7)から、終末期医療はお金がかかると言う話になるのか。なお、高齢者のみの数字のようだが、強調はされていない。

2019-01-01 11:46:44
uncorrelated @uncorrelated

古市憲寿氏をフォローすることになる?が、まぁ、しゃーない。ただし、PDFの予測からすると、高齢者の終末期医療のボリューム感は医療費全体42兆円のうちの1兆2600億円ぐらい。一般会計予算の社会保障関連費を6000億円減らせると言う話ならば大きいけれども。

2019-01-01 11:57:10

↑「高齢者の」は以下の議論から誤りなので削除

bn2 @bn2islander

@uncorrelated 入院治療費の年齢別の数字と重ね合わせて考えれば、高齢者のみの数字とは考えにくい気もします

2019-01-01 19:34:10
かとー機関 @katokikan

@bn2islander @uncorrelated 死亡者数から高齢者だけの数字ではないと思います

2019-01-01 19:47:33
bn2 @bn2islander

@uncorrelated @katokikan こんなデータを見つけましたのでおすそ分けします ihep.jp/publications/s… pic.twitter.com/7xbp7MFXtD

2019-01-01 19:58:33
拡大
かとー機関 @katokikan

@bn2islander @uncorrelated 子供や乳幼児が激高で平均を押し上げてる感じでしょうか(絶対数は少ないものの

2019-01-01 20:04:22
uncorrelated @uncorrelated

@katokikan @bn2islander 未成年者の跳ね上がり方と比較すると目だ立ちませんが、12ヶ月移動平均でだいたいの年齢で死ぬ前は上昇していますね。

2019-01-01 20:06:12
uncorrelated @uncorrelated

言うほどではないが、やはり死ぬ前の治療費は過去月に比較して増えるのではないであろうか。入院する人も増えるだろうし。

2019-01-01 20:08:43
bn2 @bn2islander

@uncorrelated 死ぬ前の医療費は全年齢層で高く、高齢者の方が死に直面しやすいため、高齢者が死ぬ前の医療費が目立つという事だとは思います

2019-01-01 20:12:05
Zetton🍷🧀 @Dr_Zetton

終末期医療ではあまり医療費圧迫してないとかいう説あるけど、それ1か月間とかの短期間でしかみてなくないか??最後療養病棟とかで寝たきり・人工呼吸期・胃ろうとかで2年とか過ごしてたら、一か月の医療費は100万位でそんなに高くないけど、2年だと3000万円位かかるよね。。

2019-01-02 20:26:39
EARLの医学ツイート @EARL_Med_Tw

人工呼吸器はほんのごく一部、それ以外の患者でも施設ごとのコストから年間1〜2兆円。一方で医療費は全体で40〜50兆。主たる医療費高騰要因である高額な新薬や高度な医療技術等による増加に比べると圧迫要因としてはけっこう少ない。一方米国では寿命はほぼ変化してない(むしろ短縮)のに医療費は高騰 twitter.com/dr_zetton/stat…

2019-01-03 00:50:39
Yuta Kashino @yutakashino

“古市は財務省の友人と細かく検討したところ、「お金がかかっているのは終末期医療、特に最後の一ケ月」であることが判明した” buff.ly/2CGPcBp これ,根拠あるのですか….自分は2年前に親父を看取ったのですが「最後の一ケ月」はどうやって見積るの?古市某,嘘言ってる気しかしませんね.

2018-12-31 00:14:37
uncorrelated @uncorrelated

自力呼吸や自力栄養摂取の可否では? twitter.com/yutakashino/st…

2018-12-31 06:56:52
津川 友介 @yusuke_tsugawa

今年Scienceに出た論文ですが、ほとんどの死亡は予測不能なので終末期医療は医療費の無駄であると考えるのは間違いである(多くの場合誰が終末期か分からない)という内容の論文をご紹介します。 science.sciencemag.org/content/360/63… twitter.com/earl_med_tw/st…

2019-01-03 01:27:11
uncorrelated @uncorrelated

日本と米国の終末医療が同じなのか謎なのだけれども、死亡まで一ヶ月間の医療費が高いと言う調査は出ているので、終末の確率が高いことが分かるぐらいの予測力はあるはず。まぁ、持ち直す可能性もそれなりあるので、医療内容を変更するのが難しいという事であろう。

2019-01-03 03:41:55

コメント

nob_asahi @nob_asahi 2019年1月3日
「終末期1ヶ月の治療は控えよう」と言うのは「あと10分で雨が止むときは傘を持たずに外出しよう」と同じだし、「外れ馬券を買うのはお金の無駄なので、当たり馬券だけを買いましょう」とも似ている。
6
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年1月3日
医療そのものをやめるんじゃなくて、寝たきり後半年以降は受益者全額負担にすればいいだけ。寝たきり半年後の生存率が約50%なので。そうしないと、国民の医療は「善意」によって食いつぶされる。
3
ISW @ISW007 2019年1月3日
死ぬ直前って、入院して何かしらの治療をしてるんだから、金がかかってあたりまえじゃないのかな。自分は咳喘息と花粉症が持病なんだけど、この3年間は売薬で済ませて医者にかかってないから、健康保険で言う医療費はゼロ。自分が死ぬときはできるだけ医療費のかからないようにしたいけど、ケースごとにこうすればいいとか指針を出して欲しいな。
1
シミリス4 @similis04 2019年1月3日
あーこれなんかどっかですごい批判されてたやつですね。 でもこれはこれはもっとまじめに検討されていい話。 余命一か月の判定が難しいなら本人が健在なうちに意思を確認して希望に応じて医療を続行するかどうかを決めるとかいろいろ打つ手はある。 老人に費やされるお金でどれだけ現役世代や子供たちがしわ寄せを受けているかを考えると直接的な命の価値を無限大扱いにするというのは不誠実すぎる。 「命の価値は無限大論者」は控えめに言ってもあきらかに間違ってる。
2
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2019年1月3日
「イケるかも」が理由で金突っ込んでるので「イケたとき」の利益に見合うか否かって問題になり、そこから「高齢者医療」がターゲットになるんじゃないかな。例えば「過失致死の損害賠償額」が一定額以下になる場合は終末期医療が割に合わなくなるとか。ただ、みんな年末ジャンボ宝くじは買うわけで、こういうのが「政治的に正しい判断」とはなり得ないよねw
2
斉御司 @saionji1942 2019年1月3日
抗がん剤の自己負担引き上げるとか、永続的な胃瘻造設を禁止するとか、いろいろできることはありそうだけどね。
1
ヘルヴォルト @hervort 2019年1月3日
感情論として少しでも長く心臓動いてて欲しいというのは理解するけど、本人はもう意識なくて生きてるといえるのかこれとも思う
0
冶金 @yakeen4510 2019年1月3日
(現代医学が狂ってるからこんな問題が起きるんだろっていいたいけどそれいうと人間扱いされないので基本的に黙っている)
0