稲川淳二の『つぶやき怪談』(2018.12.24)

まとめました。
つぶやき 怪談 稲川淳二 ログ
3
稲川淳二 @Junji_Inagawa

こんにちは。稲川淳二です。不定期ですが、Twitterで怪談をつぶやいています。

http://t.co/vWNsq1KrjO
稲川淳二 @Junji_Inagawa
あと何日かで年が変りますが、 みなさんはお変りないですか?  稲川淳二です。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
突然ですが、クリスマスとは、キリストマス、マスは祭日という事ですから、 キリストの降誕祭。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
もともとは一年で一番、昼の短い冬至の祭りがキリスト教化されたもの。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
太古から西洋でも東洋でも、人類は夜の闇を恐れたんですね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
クリスマス・キャロルには幽霊(死に神)が登場しますし、 クリスマス・ツリーの樅の木は、日本では卒塔婆に使われる木ですし、
稲川淳二 @Junji_Inagawa
白い雪景色を、黒い夜の闇が被ると、青白い月明かりに、 何所からか聞えてくる鈴の音。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
そして、赤装束の正体不明の怪人が、子供の部屋に忍び込む。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
クリスマスって、けっこう怪談ですね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
それでは、今年最後の、 「つぶやき怪談」今夜、開催しますよ。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
冬の夜、暖かくして怖ーい噺で楽しんで下さい。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
それでは、「つぶやき怪談」そろそろ始めましょうか。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
ゆったりと、くつろいで、お付き合いいただければと思います。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
今夜も、怖ーい噺で楽しんで下さい。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
稲川淳二の「つぶやき怪談」、怖・楽しい時間を、共有しましょうね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
代々続く旧家の、造り酒屋でのことです。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
この家の主夫婦が、もう寄る年波で、 家を息子夫婦に譲って、自分達は隠居しようという話になったんですね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
さて、そうなると、大変なのが息子さんの奥さんなわけです。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
今までは先代、つまりおじいちゃん、おばあちゃんが、 あれこれと仕事をやってくれたので、
稲川淳二 @Junji_Inagawa
ずいぶんと助かったんですが ふたりが隠居してしまうと、いっぺんに仕事が増えてしまう。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
先代からの従業員も何人もいるし、 季節になれば、酒造りの人達もやってくるしで、大所帯になる。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
店の仕事もあるし、家事の切り盛りもしなければならない。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
これでは、とうてい無理なので、 そこで、住み込みのお手伝いにきてもらおう、 という話になったんですね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
親類筋なんかに、声をかけると、 やがて、若い娘で、健康そうな明るい子が見つかった。
残りを読む(151)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする