2011年5月2日

音楽批評に何が求められているか

音楽雑誌の休刊と、音楽に対しての「批評」の役割が変わってきたということについてのやり取り。 仮想敵を作って対立構造を生み出すような手法が無効化しているのではないか、という話が発端。その先行きは模索中。 関連まとめ 続きを読む
46
柴 那典 @shiba710

音楽雑誌がいくら休刊や廃刊しても、そのことは「音楽に対する批評が今の時代に求められていない」ということを意味するわけではない。そのことについては、確信に近いくらい強く思っている。

2011-04-29 17:02:42
柴 那典 @shiba710

ただし、音楽に対しての「批評」の役割が変わってきたんだろうな、ということは思う。仮想敵を作ってそれと区分することで、島宇宙の「柵」として作用させようとするような「批評」 はその役割を終えつつあって、むしろ、島をつなぐ「橋」の役割を目指さなきゃいけないんじゃないかな、と。

2011-04-29 17:05:29
rocketfishgogo(ヒデ) @rocketfishgogo

「音楽」だけじゃなく、何にでもあてはまりますね。 RT @shiba710 音楽雑誌がいくら休刊や廃刊しても、そのことは「音楽に対する批評が今の時代に求められていない」ということを意味するわけではない。そのことについては、確信に近いくらい強く思っている。

2011-04-29 17:58:34
Shigeru NAKAMURA @sea_gell

@shiba710 批評のもつ価値については同じ気持ちなのですが、それを「雑誌」が担っていけるのかということになると難しいような気がします…。あくまでも僕が見ることのできる範囲の現状に基づく印象論ですが。

2011-04-29 17:08:10
柴 那典 @shiba710

@sea_gell そうですね。中身の必要性は痛感していても、ハコがどうあるべきか、ということについては過渡期が続いているという認識です。

2011-04-29 17:16:26
佐藤讓 @yuzurusato

リスナーと作り手との、ジャンルとジャンルとの、そうした様々なもののHUBってことかな? RT @shiba710: ただし、音楽に対しての「批評」の役割が変わってきたんだろうな、ということは思う。仮想敵を作ってそれと区分することで、島宇宙の「柵」として作用させようとするような「批

2011-04-29 17:07:28
柴 那典 @shiba710

まさに。それを文脈でつなぐという。 RT @yuzurusato: リスナーと作り手との、ジャンルとジャンルとの、そうした様々なもののHUBってことかな? RT @shiba710: ただし、音楽に対しての「批評」の役割が変わってきたんだろうな、ということは思う。

2011-04-29 17:11:52
L←辰→R @chill_blankhead

@shiba710 @yuzurusato そういうことに関してYouTubeはわりと貢献しているような気がします。音源図鑑というか。

2011-04-29 17:15:22
佐藤讓 @yuzurusato

YouTubeだと能動的なアクションが求められたりするので、もう一歩進んだHUBが求められるかもしれないですね。ニコ動は噂や評判が無関心層にも届く装置がありますね。RT @210yen210yen: @shiba710 @yuzurusato そういうことに関してYouTubeは

2011-04-29 17:20:10
柴 那典 @shiba710

YouTubeとニコ動が前提を 変えたのは間違いないですね。 RT @yuzurusato: YouTubeだと能動的なアクションが求められたりするので、もう一歩進んだHUBが求められるかもしれないですね。ニコ動は噂や評判が無関心層にも届く装置がありますね。

2011-04-29 17:24:27
佐藤讓 @yuzurusato

@shiba710 それは批評よりももう一歩前進した考えってことだね。それこそキュレーターとも言い直せるのかなと。あと、今回の騒動(?)を見てて思ったけど、二つの雑誌の休刊or廃刊がつなげて考えられてるのにちょっと驚いたな。柴くんの言う文脈としてはもう全然違うよね。

2011-04-29 17:16:32
柴 那典 @shiba710

その通りで、それこそ「まどマギ」とRADWIMPS、ガガとホルモンくらい距離の離れた島宇宙をつなぐような文脈の提示こそが必要かと。RT @yuzurusato: それは批評よりももう一歩前進した考えってことだね。それこそキュレーターとも言い直せるのかなと。

2011-04-29 17:20:33
佐藤讓 @yuzurusato

@shiba710 最近それをどう活かせばって結構考えて思い至ったアイデアがあるけど、批評(というべきかはさておき)と音楽がいい意味で共存するマテリアルが必要かもなと思ってます。ヒントはkitsune masonかな。

2011-04-29 17:24:09
レジー @regista13

@shiba710 リスナー同士、場合によってはミュージシャンとリスナーがシームレスに結びつき始めている今、「権威」としての批評が不要になってる側面があるのも現実ではないでしょうか。上から文脈づけされなくても、同時多発的につながるものはつながっていくのが今の時代なのでは

2011-04-29 17:27:32
レジー @regista13

@shiba710 既存の音楽批評メディアは、その「文脈」を提示する役割を担う存在として適当か?ってのが本来の論点ですよね。自分語りでムラを作ることに価値を感じてきた人たちが、急に「キュレーター」としてメッセージを発信できるのでしょうか?

2011-04-29 17:34:37
柴 那典 @shiba710

同意です。 RT @regista13: リスナー同士、場合によってはミュージシャンとリスナーがシームレスに結びつき始めている今、「権威」としての批評が不要になってる側面があるのも現実ではないでしょうか。上から文脈づけされなくても、同時多発的につながるものはつながっていく

2011-04-29 23:44:14
柴 那典 @shiba710

そうならざるを得ない気もします。 RT@regista13: 既存の音楽批評メディアは、その「文脈」を提示する役割を担う存在として適当か?ってのが本来の論点ですよね。自分語りでムラを作ることに価値を感じてきた人たちが、急に「キュレーター」としてメッセージを発信できるのでしょうか?

2011-04-29 23:50:19
やおき @yaoki_dokidoki

”既存の音楽批評メディアは、その「文脈」を提示する役割を担う存在として適当か?”っていい表現だ。:RT @regista13: @shiba710 既存の音楽批評メディアは、その「文脈」を提示する役割を担う存在として適当か?ってのが本来の論点ですよね。自分語りでムラを作ることに

2011-04-30 02:39:23
竹内正太郎 @johnnys_pants

タナソウほど、「ロックンロール」と「ロック」の違いにムキになり、ロックのことを恨んでいたライターもいまい。彼が仮想敵にしていたのは、渋谷陽一率いる『ロッキング・オン』ではなく、連中が寄りかかっている自意識そのものだったのだろう。そして彼は、ポップ・ミュージックを愛するようになる。

2011-04-29 23:30:18
近藤 真弥 @masayakondo

そうした仮想敵を前提とした批評の終焉を象徴している、と言ったら言い過ぎか。 RT @johnnys_pants: タナソウほど、「ロックンロール」と「ロック」の違いにムキになり、ロックのことを恨んでいたライターもいまい。彼が仮想敵にしていたのは、渋谷陽一率いる『ロッキング・オ~

2011-04-29 23:38:28
竹内正太郎 @johnnys_pants

そういう言い方もできるでしょうね。「求められなくなった」、ということでしょうか。最近は、意識的に絶対評価に徹していたようにも思いますが。 RT @TBotaku: そうした仮想敵を前提とした批評の終焉を象徴している、と言ったら言い過ぎか。

2011-04-30 00:01:45
近藤 真弥 @masayakondo

批評自体が「求められなくなった」というよりも、批評に求められる役割が変わりつつあるとは感じてます。 RT @johnnys_pants: そういう言い方もできるでしょうね。「求められなくなった」、ということでしょうか。最近は、意識的に絶対評価に徹していたようにも思いますが。

2011-04-30 07:45:12
佐藤純一 小林さんちのメイドラゴンS OP7.14発売!【fhána】 @jsato_FLEET

同感です。あと思うのは、作品そのものを語るよりも、その作品が生成されているアーキテクチャについて語ることが今求められているような気がします。RT @shiba710 ただし、音楽に対しての「批評」の役割が変わってきたんだろうな、ということは思う。仮想敵を作ってそれと区分することで

2011-04-29 17:32:04
柴 那典 @shiba710

読みました。 これは興味深いですね。RT @jsato_FLEET: つ Togetter - 【アンケート】音楽批評に求めるもの」 http://t.co/TCNkqrn via @togetter_jp

2011-04-29 23:38:42
残りを読む(25)

コメント

まっつん@色違いポッチャマ... @Mattunn_2525 2011年5月2日
一番しっくりきた解説 RT @jsato_FLEET: 話は変わりますが例えば、魔法少女まどか☆マギカは、物語の環境分析的読解の楽しさと、ベタにドラマを楽しむ自然主義的読解の楽しさが、高次元で融合していたと思うんですよ。だからこそ幅広い支持を得たし、考察も沢山行われた。両方を達成しつつ融合するって至難の技ですよね…。@shiba710
0