2019年1月8日

セルフまとめ◆嘘と清姫、閻魔亭にて。

ゴッさんの照れ隠しについては、曖昧な記憶を頼りにちょっと適当なことを書いてしまった気がします。 まあそれも含めて、異論は認めるということで。
6
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 閻魔亭繁盛記にて、きよひーが嘘スレスレのことを言っているが。これが重大で、ある意味取り返しの付かない一歩であることは運営もわかっているだろう。 清姫にとって大事な兆しだ。分岐点だ。だからこそ、奈須きのこ担当シナリオにおいて踏み出された。 俺たちの混乱は全て菌糸類の手の平の上。

2019-01-07 12:39:25
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 今回の清姫について色んな説が飛び交っている。 断定でなければokだとか、自分が言う分にはokなのだとか、善意の嘘を許容しつつあるのだとか。成長したとか、きよひーは元々こうだとか。 私は成長説に一票。嘘にも色々あることや、話し相手次第で嘘が嘘でなくなることを、解り始めたのだと思う。

2019-01-07 12:50:01
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 最後、ゴルドルフの物言いに清姫がうまく言い添えることで、彼の発言は嘘ではなくなった。照れ隠しということになった。 きよひーはゴルドルフの嘘を見逃した訳じゃない。コミュニケーションによって嘘をひとつ消したんだ。

2019-01-07 12:58:33
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 水着清姫を未所持の人も多いと思うので、彼女のチョコイベントの画を提供。 彼女はチョコに薬を仕込んだ。それを食わせる前に自ら告白している。だが数秒前「今回は奇をてらわず真っ当なチョコで勝負」とも言っていた。 きよひーは、コミュニケーション総体をみて「嘘かどうか」を判定している。 pic.twitter.com/otJvXCOXJo

2019-01-07 13:21:34
拡大
拡大
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO きよひー嘘と成長の記録。 言わずと知れた幕間の物語『虚ろな唇を重ねて』より。 「あの偽者(わたくし)が言った言葉は、嘘に変えてみせましょう」。突き付けられた言葉を真実と認めた上で、清姫はそれを嘘に変えると宣言した。 1部の時点で、嘘の否定より大事なことを清姫はもう得ているのだ。 pic.twitter.com/8zhjKvn4o8

2019-01-07 21:51:52
拡大
拡大
拡大
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 幕間『虚ろな唇を重ねて』を読み返すと、清姫にも裏があるとわかる。嘘を許容できない自分は、他愛ない嘘より浅ましい――と、心の底で知っている。 とはいえ、やはり閻魔亭繁盛記のきよひーはギリギリだ。 座に登録された直後の彼女なら、絶対に許容しなかっただろう。 pic.twitter.com/9nHdgtzRlF

2019-01-08 01:26:36
拡大
拡大
拡大
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO ていうか他にも、清姫が(解釈次第で)嘘(といえなくもないコト)を許容した例は、古今ちょくちょく有るんだよ。 閻魔亭に入るのを嫌がってた癖に、いざ紅閻魔に会ったら白々しい社交辞令を言ったでしょ? おそらく善意や断定口調云々じゃなくて、バレるorバラす前提ならセーフなのだと思う。 pic.twitter.com/19WBiWzt3C

2019-01-08 01:51:24
拡大
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 例えばこの場面。 荊軻は嘘をついたか? 私に言わせればバレバレすぎて(酔いすぎて)嘘になってない。心にも無いことを言ってるが騙してない。ただのじゃれ合いだ。 清姫の社交辞令も、ゴルドルフの照れ隠しもそうだ。 そして、これらをギリギリ飛躍させたのが龍の珠のアレなんだよ。 pic.twitter.com/jSC96muzTI

2019-01-08 02:08:28
拡大
拡大
拡大
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 幕間の時点で、清姫はもう一人の自分の予言「やがて他愛ない嘘でマスターの喉元を食い破る」を否定できない女だった。あるいは子供だった。 そんな浅ましい存在でなくなることが、幕間以来の清姫の目標だったわけで。 清姫はついに、その目標に届き始めたのだろう。

2019-01-08 02:14:52

以下、おまけ。

火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 紅閻魔ラスト考察。ネタバレ注意。 ①最後にえんまちゃんが泣いて喜んでいる。てことは、あの老人は雀時代の例の翁だ。 ②翁は、小さな葛籠から僅かな幸を得ては他者に使っていた。葛籠自体は墓まで持っていったので、葛籠ごとナーサリーライム化した? ③魔猿は幸を運ぶ遣いだがアホだった。

2019-01-04 22:31:06
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 閻魔亭ラスト考察。ネタバレ注意。 いや、待てよ? A.ラストで猿たちは聞き分けが良くなっていた。 B.序盤に「魔性の力を帯びている魔猿のようです」と言われている。 つまり猿たちは、閻魔亭に辿り着いた(=幸を届けた)後、猿長者の妖気に触れて魔猿化していた? だから悪戯をしていた?

2019-01-04 22:42:52
火雛@香港加油 @HibinaKageori

あ、そうでもないか。 翁のもとへ手ぶらで帰還した猿たちがいるんだな。 じゃあなんだ、どういうことだ?

2019-01-04 22:57:01
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO 閻魔亭ラスト考察。ネタバレ注意。 ①翁は幸せを配り、葛籠を所持して死んだため、物語系幻霊になった。 ②翁は雀の噂を聞き、葛籠の幸を猿に持たせて閻魔亭へ送った。 ③猿は閻魔亭に着き、悪戯をした。 ④悪戯は迷惑だったが、様々な縁と事態を招いた。 ⑤お陰で大団円になった? 幸=縁?

2019-01-04 23:03:22
火雛@香港加油 @HibinaKageori

#FGO おっしゃ撮れたああああ! 清姫のExtraAttack「燃えまーす♪」「邪魔をしないで……!」の瞬間の笑顔です! 改修されたモーションも良いし、声も良い。 心の底から絞り出したような声音。 pic.twitter.com/Lc3qL9ORrq

2019-01-03 16:21:38
拡大

コメント

りんくす @lynx_fgo 2019年1月8日
清姫はきのこが度々「成長の可能性」を言及してるサーヴァントですし、特に幕間での「あの“自分”の言葉も嘘にしてみせましょう」っていう宣言は非常に重要な材料ですよね。そもそもウソを許さないという価値観にしたところで生前の経験を経たうえでの、つまりは座に登録された後に生じた自己定義なわけで。ならばその価値観が更に変化することだって同様に起こり得るわけです
12
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2019年1月10日
そうか、きよひーも成長しているのだな…
1