0
次世代加速器の最大加速エネルギー
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
次世代加速器 ・SPPC(中国)50兆電子ボルト、2030年完成予定、2040年に100兆電子ボルトに強化 ・FCC(欧州)100兆電子ボルト、2040年までに稼働予定 ・LHC(欧州)13兆電子ボルト、将来的に100兆電子ボルトのHL-LHCに強化 ・ILC(日本)2500億電子ボルト、直接的な新粒子発見の可能性は低い、期間30年
リンク GIGAZINE 5 users 1178 全長100km・総工費3兆円という世界最大の粒子加速器の建設プロジェクトをCERNが発表 スイスにあるLarge Hadron Collider(LHC、大型ハドロン衝突型加速器)は全長およそ27kmもあり、記事作成時点で世界最大の円形衝突型加速器として知られています。2019年1月、ヨーロッパ原子核研究機構(CERN)はLHCのおよそ4倍もの大きさのある超巨大衝突型加速器「Future Circular Collider(FCC、未来円形衝突型加速器)」の建設プロジェクトの概要を発表しました。全長100kmの加速器を完..

次世代加速器ILC「誘致支持せず」 学術会議が国に回答
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/20/news065.html

ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
日本学術会議の予想どおりになった件 pic.twitter.com/pM8FPt67Ls
拡大
拡大
拡大
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
CERN、LHCの4倍大きい粒子加速器「FCC」概念設計を発表。未知の素粒子発見を目指す japanese.engadget.com/2019/01/17/cer… @engadgetjpから
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
>フランクフルト先進研究所の理論物理学者サビーヌ・ホッセンフェルダー氏はNatureに対し「それだけのお金があるなら、月の向こう側に電波望遠鏡を配備したり、軌道上に重力波検出器を置くほうが、科学全体への収益という点でより安全な投資になるでしょう」とコメントしています。
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
<ILC>トリチウム水 厳重に管理 道園真一郎教授に聞く | 河北新報オンラインニュース sp.kahoku.co.jp/special/spe111… 計画終了後の設備や水は、どう処理するのか。 >100トンの水は200年保管 >いずれも、地元ではない埋設処分地などでの管理を想定している こういうことは全然語らない岩手県
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
#ILC #国際リニアコライダー >100トンの水を閉鎖循環させるので、運転期間中に約100兆ベクレルのトリチウムが積算される >100トンのトリチウム水は200年保管 >いずれも、地元ではない埋設処分地などでの管理を想定している #岩手 #宮城 #一関 #気仙沼
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
<ILC>「誘致表明至らず」文科省見解 検討は継続の方針 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201… >欧州で2020年5月に始まる新しい素粒子物理学戦略で、ILCへの協力が主要議題に採用されなければ計画実現は難しくなる。
朝日新聞盛岡総局 @asahi_morioka
国際リニアコライダーを解説するセミナーが一関、奥州の両市で開かれました。一関会場では施設内で発生する放射性物質の説明もあり、住民からは不安の声も上がりました。 #ILC #国際リニアコライダー #北上山地 asahi.com/articles/ASM3K…
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
兵器としての「量子技術」激化する米中開発競争の行方 technologyreview.jp/s/123739/the-u…
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
>米国も中国も、新たに訪れつつある量子の時代を、軍事技術で優位に立つ千載一遇のチャンスと見ており、量子テクノロジーの追究が、米中に新たな兵器開発競争を引き起こしている。
リンク TOCANA 中国で“宇宙に穴が開くレベル”のスーパーレーザー(出力5300兆ワット)爆誕! 「真空の崩壊」を招いてガチ世界消滅の危機! - TOCANA 中国・上海の実験室で世界一強力なレーザーが作られた。病気の治療、建築物の非破壊検査、次世代の粒子加速器の開発につながるといわれ、世界中で開発競争が進んでいる。だがその一方で、研究の進展が「真空の崩壊」を招く可能性もあるという。■上海の新レーザー 今月24日の英「Daily Star」によると、このた...
リンク jp.sputniknews.com 1 user 72 中国、強い痛み与えるマイクロ波兵器を開発 中国がマイクロ波レーダーのように機能する兵器を開発中だ。マイクロ波は皮膚下の神経に作用し、対象に耐え難い痛みを引き起こす。この兵器は非致死性兵器で、国境警備からテロ対策まで様々な状況で使用する方針だ。中国共産党系紙、環球時報が報じた。
リンク jp.sputniknews.com 2 users 53 中国軍、「プラズマ兵器」試験へ【動画】 磁化プラズマを利用した大砲の試験を中国軍が実施する。この兵器は、音速を6倍上回る速度の砲弾を発射することができるという。複数の中国メディアが伝えている。
ひつじ雲🏡🔄🏥 @altocumulusky_
米国防総省、宇宙・サイバー予算2桁増を要求: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO… >レーザーなどのエネルギーを目標に照射して破壊する「指向性エネルギー兵器」の研究にも2億3500万ドルを求めた。
リンク TOCANA 1 user 34 米軍が宇宙兵器「中性粒子ビーム」を2023年までに開発へ! 気象衛星にレーザー搭載、宇宙から中露のミサイル撃墜! - TOCANA 米国防総省がレーザーやビームを用いた宇宙兵器の開発・実験を進めていることが明らかになった。 米国防情報サイト「Defense One」(3月14日付)によると、米国防総省はミサイル防衛を目的とした宇宙兵器開発のため2020年度予算として3億4百万ドル(約3400億円)を要求、2023年まで...

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする