2
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
──子供は、子供らしくもなく口元を歪めて笑い、目を細めて言う。 「江戸川コナン、探偵さ。」 少年は、そんな子供の前に膝を折り、目線を合わせながら微笑んだ。 「俺は、藤丸立香。ただの学生だよ。」 絶対に嘘だろ、と、子供は思う。 探偵ごっこか、と、青年は思う。
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
──これは、この珍妙な自己紹介は、一つの街で起こった、不思議で、温かくて、でも寂しい事件の、たった一幕にすぎなかった。 っていう夢を見ました。
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
ねえ目覚めてからしみじみ思うんだけど、殺人トリック?ないよそんなの英霊だからね!ってならない?大丈夫??ビルの爆破だ!急げ!!ってなってるその現場にいったらメフィストフェレスが爆笑してない???現場検証しても爆発した事実はあっても何が爆発したかわからないとかならない??
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
アーラシュさん!待って!!コナンくんは投げたらだめです!!!高い高いもしちゃだめ!!!以蔵さん!!おまんも人ぉ!じゃない!!ここ人しかいな…ジャーーーック!!!ステイ!!!お菓子あげるからステイ!!!!!
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
なにを目的とした人間たちの集まりなのか全く推理できない江戸川コナンvs英霊が自由すぎて涙目の藤丸立香 ファイ!!!!!!!
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
事件を追うなか、藤丸立香が一服もられてしまう回 「そんな!立香お兄ちゃん!」 「急いで解毒剤を打たないと…クソ!ここからじゃ間に合わない!!」 焦るコナン、慌てる安室さん、そんななか冷静なカルデア組 立香は思う、「どうしよう、俺毒効かないって言い出せない」
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
賢王様すみません街なかでその格好やばいんで某夏のときのような格好で一つよろs酒天さーーん!酒天さん!待って!捕まる!!その格好で出歩いたら捕まる!!一緒に歩いてる賢王様捕まっちゃう!ほら!!安室さんがひどい顔してる!!コナンくんも直視できてない!!ねえ!聞いて!!聞いてえええ!!
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
ぐだ「保護者が足りない!!!助けてマシュ!!!!」 マシュ「とは言いましてもレイシフトできるだけの…え、あ、ちょっ待ってください勝手n」 ぐだ「!?マシュ!!?マシューーーー!?」 朕「朕だ!!!!!」 ぐだ「なんでだよおおおお!!!!」 コナン「ちん」 安室「ちん」 ぐだ「ちん!!」
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
米花町に法を敷こうとする朕vsアベンジャーを誰一人として連れてこなかったことを悔やむぐだvsぐだの影から「喚んだか!?喚んだな!!この俺を!!!」と高らかに笑いながら出てくるエドモン誰ですvs部屋に戻ったら変な人がまた増えてると頭を抱えるコナンくん ファイッッッッ!!!!!!!!!
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
犯罪の起こらない世界など「ここには」無い、そういう人理に進んだからだ、そういう未来を選んだからだ。誰が?ここにいる「誰か」がな。貴様らには到底理解できないだろう。だがそれが事実だ、真実だ。捻じ曲げられない結果だ。一つを解決したところでどうする?何を躍起になる?
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
遅かれ早かれ人は死ぬ。それが不条理に寄るものか、ただそれだけだ。それを一つでも救い出したいと?なるほど傲慢だ、幼稚だ。 実に、人間(ひと)らしい。 っていう突然のシリアスぶっこみコナンくんは息を飲み、ぐだは温度差で死ぬ。
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
探偵といえばあの人を思い出すな。不意に呟いた藤丸の言葉に、いち早く反応したのはコナンだった。誰を思い出すの?、と好奇心から聞いてみる。藤丸の周りにはいろいろな不思議な人間がいた。人間とは思えない力を有した、「人間」がいた。そして彼らは、コードネームかと疑うような名前を持っていた。
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
今度はどんな著名人と同じ名前の人だろうか。どこか子供のような幼い好奇心を持ってしまったことに多少なりとも恥じらいはあるが、それでも気になるものは気になる。江戸川乱歩、コナン・ドイル、この名前が出てきたらどうしよう、同じ名前だね、なんて彼に笑われるのだろうか。
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
楽しげに思考している子供の様子など気にもとめず、藤丸は言う。 「うん、世界的名探偵。」 世界的、世界的?コナンは目をまあるくする。驚きで、まぶたが無意識に上がった。ゆっくりと、心臓の鼓動が早歩きする。 「まあ、喚ぶつもりはないんだけどね。」
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
引っ掻き回されたくないし、と、ため息混じりにいう藤丸の表情に張り付いていたのは、疲れと諦めと、どうにもならないだろうなぁというどこか楽しそうな、相反する色たちだった。 喚ぶなよ!絶対に喚ぶなよ!振りじゃないからな!!
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
米花町でなんの事件起きたのか全く想像できないけど、警し庁の地下あたりにでも聖杯置いとく?(適当 聖杯を巡る殺人事件!?被害者は地面に聖杯の文字を残して死んでいた!聖杯とはなんなのか、突然現れた藤丸立香とそれを取り巻く超人たちの正体は!不可視の不可思議巡る事件、解決策は案外物理!?
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
今日も揺らめく事件の真相、解き明かしたのは誰の脳か!! 名探偵コ○ン、~聖杯と英霊のシンフォニー~ ぐだ「え、なにこれ何が始まるの怖い」
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
聖杯を巡る事件があってもいいとはおもうんだけど、多分ぐだたちは単純に人理修復を終えたあと(1.5部あたりみたいなノリ)で日本に遊びにきてたんだよ(適当 だからぐだたち的には観光だったんだけど、「聖杯」がなにか気になってるときに事件現場でどうのこうの…あーだこーだすったもんだ……
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
聖杯……宝物………泥棒……や、やめろ!怪盗出てくるな!!わしお前のことほとんどしらn……あーー!あーーーー!困ります!!鈴木財閥の介入は困りますおやめくd…おやめください困ります!!聖杯!聖杯は…おやめください!お…やめ、や、やめろ!!!!!!
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
"聖杯"と言う名前を関した別のなにかという結論に達する私
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
万物を叶える願いの器、あらゆる悲願を実らせる呪物、キリストが遺した聖なる盃。 「そんなもの、存在しないよ。何かの間違いじゃないかな。」 へらり、と笑う少年の青い瞳が、かすかに揺らぐのを見逃すような子供ではない。それを知っているからこそ、安室はちらりとコナンをみやる。
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
幾分剣呑とした色を滲ませたコナンの大きな瞳は、まっすぐに少年の湖色の瞳を見ていた。 「本当に、存在しないと思ってる?」  問いかけだった。静かな疑問だった。 「………うん、どうして?」  穏やかな少年の頷きに、コナンは笑う。 「うそつき。」  果たして少年は、何を思って笑うのだろうか。
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
そうここで垂れ流すんだけど昨日ずっと名探偵x英霊の話考えてて「聖杯」とは何かを考えた結果、「政治ジャーナリストが収集していたあらゆるアングラな情報が詰まったUSBメモリ」を「聖杯」にしたら、さつじん事件も起こるしこうあんも動くのでは???って
灰兎「🎄🎄💉☂️👩‍⚕️💉🎄🎄」 @twirl_rabbit
意気揚々と書き込みながら「711のカップ味噌汁、豚汁最後の一個だ~~~」って思いながら開けてパッケージ見たら「しじみ」でものすごくやる気失せた
残りを読む(32)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする