財政政策関連のよくある「嘘」に答える

テンプレ問答はまとめておくに越したことはないかな、ということで。
26
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

確信犯で財政破綻論吹聴している経済学者はともかく、それ以外の一般市民は、そもそも「国の借金」を「返す」ということが一体どういうことなのかについて、ほとんど分かってないから、議論が全くおかしな方向に転がってしまう。 この点については財政出動派よりの人々やリフレ派系でもかなり怪しい。

2019-01-26 13:55:59
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

「国債」を「返済」するということなら、それは単に政府証券を中央銀行当座預金に変換するというだけのことで、統合政府(政府+中央銀行)が発行している統合政府負債が付与されているという状況に変化がない。 いつもの例えで行くと、ベースマネーは当座預金で、国債は定期預金というだけのこと。

2019-01-26 13:57:34
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

通貨、特にベースマネーというのは、基本的に財務省と中央銀行が共同で発行するもので(※中央銀行が見合い資産として保有するのは財務省が発行した国債であることに注意)、降って沸いたものでもないし、当然有限物でもない。それどころか、決済需要に応じて”随時”調節されているものである。

2019-01-26 13:59:50
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

中央銀行は、財政需要に応じて、”受動的に”通貨供給を調節しているのであって、ある量の通貨があって、それをやりくりしているわけでは全くない。 逆に考えてみた方が分かりやすいと思うが、金融安定を職務とする中央銀行が、わざわざ財政履行を「妨害」するなどと想定する方がおかしいわけだ。

2019-01-26 14:02:18
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

そもそも中央銀行が随意に発行する紙切れが民間から資産を購入可能なのは、その紙切れ(紙幣)が政府財務省側から「納税手段」として認められているからに過ぎない。 そうでなければ文字通りの紙屑でしかない。 この意味で、中央銀行と財務省を本質的な部分で分離することは原理的に不可能ですらある。

2019-01-26 14:04:37
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

「国債」の「返済」は、「国債」を「紙切れ(紙幣)と交換」することに他ならないと分かれば、それが特別に意義があり、必要なことだ本気では思うことは出来ないはず。 特に、金融資産の面で見れば、全くのプラスマイナスゼロなのだから。 このことが理解できないのは、単に通貨制度への無知のせい。

2019-01-26 14:07:14
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

もしさらに一歩踏み込んで、「政府負債」を「償還」すべきだ、と論じるならば、それは国債の最終返済結果である通貨を含めた、統合政府負債全体を償還すべきだ、ということになる。 その手続きは、ほかならぬ納税であり、要するに「政府負債」の「償還」は、『税による通貨回収』のこととなる。

2019-01-26 14:09:34
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

この場合の『税による通貨回収』は、統合政府にとっての当座預金=ベースマネーのみならず、統合政府にとっての定期預金=国債も含むことになる。 この意味であるならば、「国の借金」を「返済」しなければならないという言説は、「通貨」を「回収・破壊」しなければならないという主張と同値になる。

2019-01-26 14:11:11
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

多くの人々は、「国の借金」が「返済」されれば、国民の手元に資金が戻ってくると思っている。 でも実際は全く逆だ。「政府負債」を(完全に)「償却」するということは、発行通貨を回収・破壊するということを意味するのだから、国民の金融資産は単純に減少する。

2019-01-26 14:12:47
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

冒頭で挙げた「経済学者による確信犯的な財政破綻論」は実はまさにこのことを言っている。 要するに、経済学的財政破綻論は、「国民が保有している通貨・金融資産があまりにも過剰に大きすぎるので、財政黒字によって金融資産を剥奪・削減すべきだ」と論ずるものなのである。

2019-01-26 14:14:19
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

「「国の借金」が「返済」されることで、自由資金を『拡充』できる」という国民の素朴な誤解を、訂正するどころか逆に利用して、国民の金融資産の削減を目論むのが経済学者の「作法」なわけだ。 通貨・金融システムの理解が貧弱だと、この構造に気付けない。 経済学者の内部ですら怪しい人がちらほら。

2019-01-26 14:18:40
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

本当に議論すべき次元は、「現在、国民が保有する金融資産(裏を返せば政府等の金融負債)の水準が本当に過剰なのかどうか」なのであるが、そもそも金融システム理解の貧弱さゆえに、そのレベルに到達する見込みもないという。

2019-01-26 14:20:15
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

@pochi1182 一連の話は、インフレ税以前の話なんですよね。 そもそも「現在の政府債務は過大であり、このままではハイパーインフレ不可避」という言説も、Eggertsonの長期停滞論文を鑑みると、おかしいのではないかと考えています。

2019-01-26 19:06:41
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

@pochi1182 国債の償還については、まさにtwitter.com/motidukinoyoru…以下で論じた通りです。

2019-01-26 19:26:13
ハイパー岡田@反反緊縮(凍結2回) @pochi1182

@motidukinoyoru 国債の償還はしなくても良いという風に見えたので、、 償還が出来ないほど負債が多くなればインフレ税で返すだけ。内債ではとくに。 このシンプルな世の理に何か疑問でも?

2019-01-26 19:33:41
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

@pochi1182 償還が出来ない、ということは有り得ないわけですよ。 国債の返済、というのは、単に国債(定期預金)をベースマネー(当座預金)に振り替えるだけの取引なのですから。 もし国民の金融資産である国債+ベースマネー(定期預金+当座預金)が多すぎるのであれば、『今この現時点で』インフレが起きる。

2019-01-26 20:11:01
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

@pochi1182 もしこの時点でインフレ率が低い、それどころか、低インフレ型の不況(長期停滞)が持続しているとすれば、それはとりもなおさず、財政支出の"過小"を示すものなんです。

2019-01-26 20:12:18
ハイパー岡田@反反緊縮(凍結2回) @pochi1182

@motidukinoyoru 償還が出来ないから戦後の日本は紙幣増刷で返済し、債務不履行は避けたがハイパーインフレで実質財政破綻したのでは? その理論では無税国家が誕生すると思いますよ。 あと財政支出=増税なんですが。。

2019-01-26 20:15:19
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

@pochi1182 無税国家は端的に有り得ないです。 というのは、通貨(政府貨幣)はそれが「納税手段」としてのみ流通するからです。 裏を返せば、通貨はまず財政支出によって供給され、納税によって回収される。

2019-01-26 20:24:51
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

@pochi1182 ある時点での通貨"純"供給=累積財政赤字がインフレをもたらすかどうかは、あくまで生産力と貯蓄需要によってのみ決定するわけです。

2019-01-26 20:25:04
ハイパー岡田@反反緊縮(凍結2回) @pochi1182

@motidukinoyoru すいません。意味がわかりません。。 財政破綻など日本でも歴史的に起こっていますが、なぜ今回は起こらないと? 生産力と貯蓄が大きいから?

2019-01-26 20:33:04
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru

@pochi1182 そうですね...... あくまで問題なのは供給余力と総需要のバランスなので。 その点では、少なくとも現代日本は、どちらかというと総需要の不足、つまり、政府支出や民間投資or消費の不足に問題を抱えている国であると言えるでしょう。 戦争直後とはちょうど逆の状況にあると言えます。

2019-01-26 20:41:04
ハイパー岡田@反反緊縮(凍結2回) @pochi1182

@motidukinoyoru 日本は少子高齢化&人口減なので需要が不足ではなく、供給過多なのでは? デフレもそれが一因かと。 あと戦後の財政破綻は供給不足ではなく、債務の増加によるものですよ。今の日本と同じです。 あなたは現時点では起こらないけど、今後は起こり得ると言いたいのですか?

2019-01-26 20:45:18
残りを読む(97)

コメント

mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年1月27日
コントロールできる範囲での国の借金や企業の借金は大きい方が良いのだけれど借金には利息がつきもので、今の日本は現状を維持するために年に103兆円程度の新規国債を発行しなければいけない状態。 150兆円の新規国債の2/3が現状維持のためなのをどう考えるか。
0
小川靖浩 @olfey0506 2019年1月27日
と言ってもそもそも現代国際経済において債権を否定して物質本位にするとそれこそ経済が収縮してしまうんだけどねぇ。現代は信用本位主義経済で回っていてすでに通貨を含めた世界資源の数十倍から数百倍の「資本」が動いている状態だからね。財務省はあくまで「政府の出納を管理する」のが仕事で権限として経済なんて自分たちの仕事ではないから持ってる権限として「歳出を絞る」事と「税収を増やす」事しか言わないし言えないんだよね。正直、国債発行0で財政を立てられたら歳出規模縮小は避けられんだろうね
4
小川靖浩 @olfey0506 2019年1月27日
なお信用本位主義におけるデフレって結局は「すべての手形の信用性は0に等しく、現ナマと資源だけが信用できる」という発想でここでいう「現ナマ」も紙幣ではなく一円玉とかの「物質としての相場が通貨と同じ価値」のものに制限されてしまうわけだからねぇ。当然雇用契約だって結局は「これだけ働ける」という信用での契約だからどんどん0に近くなっていくだけだから給料が下がっていくのも当たり前なんだしね
2
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年1月28日
mikumiku_aloha 話の本筋からは逸れますが、平成30年度の国債費は23兆円なのでhttps://www.mof.go.jp/about_mof/mof_budget/budget/fy2018/20171222.html、「103兆円」というのがどこから出てきたのかが少々謎です。 それはともかく、国債がロールオーバー(借り換え)していくのはごく自然なことですし、仮にロールオーバーしないとしたら、まとめでも言及した通り、経済内の金融資産を減らすということになってしまいます。
2
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年1月28日
mikumiku_aloha 利払いを「履行」すること自体には問題がないことはまとめの冒頭でも論じてあり、問題は利払いによる総需要の過剰だということになるのですが、その意味では、総需要の拡張にある程度の”目標”が設定されているべきだ(その目標より低すぎても高すぎてもダメ)と考えており、そうした観点から、「財金協調型の名目GDP水準目標政策」を推奨しています。詳しくはこちらを→ https://note.mu/motidukinoyoru/n/nd4a30887849f
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年1月28日
motidukinoyoru 基本的な話しですが借換債のことです。「借換債は、国債や地方債、社債など、既に発行している債券(既発債)の償還資金を調達するために、新たに発行する債券のことをいいます。」 https://www.ifinance.ne.jp/glossary/bond/bon233.html
0
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年1月28日
mikumiku_aloha 国債整理基金特別会計という仕組みを失念してました。 簡単に言うと、国債整理基金特別会計というのを別に立てて、そこに毎年「国債費」を一般会計から納入し、酷さ整理基金特別会計の内部で借換および返済を適宜行うという方式で、mikumiku_alohaさんは、当該特別会計の内部の借り換えについて言及してらしたのですね。そこは了解です。
1
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年1月28日
「政府規模が増加すると経済成長率が低下する」と主張する論文について色々検討しました。
1
aioi_au @aioi_au 2019年1月28日
戦後のインフレは、賠償とか戦時中の海外への支払いがあったからだと思うの。ドルとかポンドとか買わなきゃだから円の価値が暴落。 円建ての国債は、むしろ円の価値を作る上で必要って聞いたけど。
3
ハイパー岡田@反反緊縮(凍結3回) @pochi1182 2019年1月31日
これワイの質問に答えられないんで逃げた風にしか見えないんやけど… 今からでもワイをボコりに来てえてんやで? 望月夜さん。 それか誰でもええよ🤣
0
桂幹事長 @nikai25 2019年2月1日
質問なんですが トランプ政権は小さな政府で経済建て直しましたよね? 公共事業やらずに賃金も失業率もあげたんですが なぜ公共事業にそこまでこだわるんですか? そもそも今まで公共事業効果なかったですよね? 池田勇人さんも小泉さんも公共事業やらずに経済成長させましたよ?
0
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年2月2日
pochi1182 質問への回答になっていないと考えるなら、なぜそう考えたかを明らかにするのが筋だと思います。
1
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年2月2日
nikai25 トランプ政権は、公共投資拡張を訴え、露骨な保護主義を唱えた政権ですから、「小さな政府で経済を立て直した例」には当てはまらないと思います。 その点に関しては、「資源遊休→陳腐化、大きな政府、誰かの黒字は誰かの赤字、信用創造の実像、貨幣の起源などに関する問答」 https://ameblo.jp/nakedcds/entry-12428723415.html にもまとめていますのでご参考のほどに。
1
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年2月2日
nikai25 あと、池田勇人はご存知の通り、財政投融資、財政拡大、全総のような経済計画を通じて経済成長を実現したので、小さな政府とは全く正反対の御仁です。
6
桂幹事長 @nikai25 2019年2月2日
トランプ大統領はまだ公共事業やってませんよ これからやるつもりだろうけど 後は保守主義って小さな政府ね わいの固定ツイにトランプ政権の政策のってるから見てな で、質問に答えてくれや トランプは公共事業やらずに景気回復したのに何であなたは公共事業にそこまでこだわるのですか?
0
桂幹事長 @nikai25 2019年2月2日
https://t.co/BGJyA4Hgiy 確かに池田さんは財政もやりましまが、自由貿易推進、市場の開放とどちらかと言うと小さな政府のやり方ですよ 農業削減とかやってますし
0
ハイパー岡田@反反緊縮(凍結3回) @pochi1182 2019年2月5日
言い訳はいいから財政出動で経済成長ってデータを早く出してくださいよw そういえばあなた、公的資本形成とか国民負担率が政府の規模を表してるとか知らなかったんでしたねw ワロタww
0
望月慎(望月夜) @motidukinoyoru 2019年2月6日
「言い訳はいいから」の一言で相手の反論を吟味なく無効にしようとする議論手法こそ、詭弁の誹りを免れ得ないでしょうね。
6
けーすぃ @ChrnoMaruQ 2019年3月13日
トランプ大統領の政策で経済回復出来た理由は目から鱗だった 保護政策による遊休資材の消化がポイントか… 確かに、トランプ大統領の政策は新自由主義的とは言えない 反グローバルを唱えて、国内の資材の活性化と公共事業を行ったので、むしろ結果的に逆とすら言える
4
けーすぃ @ChrnoMaruQ 2019年3月13日
前々から、その点については引っかかる物があった 例えば、国内に大量にあったにも関わらず、全く使用されてこなかった資源がアメリカには大量にあった そういった資源を積極的に使う方向になったのは、トランプ政権からだと思う その資源を得る為に、人が動き、金が動くわけで、まさに陳腐化した施設が使われた事になる これは、実質公共事業とやってることが変わらないように見える
0
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年3月13日
ふと思ったんだけど、国債を買った人は税金の支払いと相殺でそのぶんチャラってのは駄目なの?
1
けーすぃ @ChrnoMaruQ 2019年3月13日
あと、竹中平蔵は規制緩和で経済を回復させたの下りは詭弁に感じる 他の国がバブルだったから回復しただけで、規制緩和で回復したという類の話ではないという突っ込みに対する回答には全くなっていない ただの反論の為の反論になってて、言論とは呼べないんじゃないかなぁ 偏見で一方的にまくし立ててるだけで、凄く雑な議論に見えるんだが… 何がどう違うってのが見えてこない ただ、既存の経済学ではこうなってるからとしか言えてない
3
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年7月29日
消費税は社会保障に使うと言っていたのに嘘だった、という人を見て、じゃ何に使ってるんだ?と調べてみたら、国債の利払いなんですね。これ許せないのか?と、よく解りません。
0