少前ログまとめ 2018年3月投稿分

Orphe氏のドールズフロントライン二次創作 #少前ログ まとめ
思い出 少女前線 ドールズフロントライン ドルフロ 二次創作
1
Orphe @orphechin
新コーナー ソンゾゾンゾン みんなのネゲピョ ネゲヴ「こまったなあ~私、パートナーいないなあ~(チラッチラッ)」 指揮官「6/6/2/4」 ネゲヴ「私、SGがいいなあ~」 カリナ「2:00」 指揮官「蠍だよぉおおお!!!(号泣)」 ネゲヴ「うわああ!!(号泣)」 #少前ログ
Orphe @orphechin
ガリル「木塩重工の素体設計には植物の遺伝子構造が援用されとってな。上部構造物がどれだけ頑強でもそれを突き破るだけの強い乳首を持っておるんや。木星軌道上で実験中の超構造体、アレを貫通できるのは今のところ重力子放射線射出装置、ないしはタボールか95式の乳首だけなんやって」 #少前ログ
Orphe @orphechin
ソプ子「この野郎…!殺す!!!!!ウワアア!!!」 夢想家「ヴァー!そうだ…その感情…憎悪だ!」 BAR「憎悪だ!!!」 M9「憎悪だ!!!」 BAR&M9「ヴハハハハハ!!!!!!」 ソプ子「…何あいつら」 夢想家「声優のサガってやつじゃないかな…」 #少前ログ
Orphe @orphechin
毎週水曜になると大八車を引いたおばあちゃんがうちの指揮所にやってくる。 大八車の中身は牛乳やヤクルトではない。ベク太の火炎瓶だ。 火炎瓶職人であるおばあちゃんの朝は早い。毎日4時起きで点火紐を結い、心を込めて瓶の中身の仕込みを行う。 #少前ログ
Orphe @orphechin
「この火炎瓶をもらった敵さんが、骨を焙られ目玉を溶かされいっそ生まれてこなかったほうがいいと自分を呪うようになりますように」 火炎瓶の液体を配合する際、おばあちゃんはそう一生懸命祈りながら作るんだそうだ。 「大企業の既製品よりよっぽど出来が良いんだ」とはベク太の言。 #少前ログ
Orphe @orphechin
手作りの暖かみは火炎瓶の熱量と爆発範囲、及び殺傷力を格段に高めてくれる。2060年代の現代でもそういうスピリチュアルな奇跡があるということに、ベク太はとても感動しているのだという。 「あたし自身も啓発されちゃって。だからダムダム弾の手作りも始めたんだ」 #少前ログ
Orphe @orphechin
ナイフで弾頭に十字を切り、さらに神を呪う言葉を呟き口づけをする。 「不思議なんだけど、こうすると敵が一番苦しむ部分に命中するんだよ。手間隙をかかけることはけっして無意味じゃない。意義があることなんだ」こうした業者と運用者の細やかな熱意で、ぼくたちの戦線は維持されている。#少前ログ
Orphe @orphechin
それはそうと何かが決定的に間違っている気もするけど、2060年代の現代で普遍的な善を求めることはいかにも難しいし、もうこれでいいんじゃないかなという気はしている。 #少前ログ
Orphe @orphechin
M16「私もジンクスは信じているタチでな。416はいつだってネコだった。それはともかく防弾チョッキに姉妹たちの毛を織り込むと不思議と撃たれても痛くない。むしろ銃弾と共にM4の体毛が私の体にめり込み私の一部になることで回復作用が」 指揮官「脳内麻薬が一番の盾ってことね」 #少前ログ
Orphe @orphechin
法官戦。 弾除けの呪文である「英霊召喚」を合唱しながらひたすら法官に殴られるSG2名に並び、最前線で発砲することになったWAちゃん。後ろではHGたちがダンスをしながら「お前が死んだら全部終わり!全部終わり!」とアツい激励をWAちゃんに飛ばす。明らかな異常環境だ。 #少前ログ
Orphe @orphechin
戦闘は長期に及び、わちゃん以外は全員ズタボロにされていく。しかしHGたちはさらに熱心に彼女へエールを送る。「神になる!神になる!みんな死んで神になる!わちゃんのせいで神になる!」 この熱烈な声援によりわちゃんは吐血、トリガーが発火する勢いで連射を加速させ見事勝利した。#少前ログ
Orphe @orphechin
戦闘終了後、ストレスで全毛髪が抜け落ち総植毛となったWAちゃん、そして、鳩尾に思いきり致命弾を受けながら「激辛麻婆豆腐!!」「まるごしシンジくん!!」とまるでカス当たりかのように笑い飛ばす97式たち。彼女たちの勇姿をぼくは忘れないだろう。 #少前ログ
Orphe @orphechin
トンプソン「少前組の基本活動はぁ、仁義に基づきぃ、日曜朝のテレビを独占しぃ、サンデーモーニングをぉ、視聴することにあります」 ベク太「プリキュアの顔面の代わりに張本の顔を子供たちに見せることで世間様に楯突いていく姿勢よ」 指揮官「悪だ」 カリナ「アホなのでは」 #少前ログ
Orphe @orphechin
G&Kでその名を知られる超武闘派暴力組織、少前組。数々の凶悪事件と夢女子を産み出してきたこの組織であるが、最も恐れられているのが入門にあたる杯の儀式である。 「酒はないけん、これ啜ろうや」組長のトンプソンが差し出したのが…… 泣く子も黙る極悪の液体、ドクペである。 #少前ログ
Orphe @orphechin
「ぬっ、ふ、ふぐうううっ、ぐっ………!!!」 新たに極道の門を叩いてきた新入り、G36は苦悶の形相でドクペ汁を流し込む。古来より罪人の拷問に用いられてきたとされるドクペ一気は、いわば日本の入れ墨と等しき裏社会の住人の烙印であり、少前組の一員となるための儀式なのだ。 #少前ログ
Orphe @orphechin
「ぬぅぅぅぅ、おおっ、おおぅ」差し向かいのトンプソンもまたドクペを呷る。これは、罪人の咎を一人では背負わせないという組長の男気の証であり、かつ常に舎弟よりも多くのドクペを飲むことで、組長としての器の大きさを舎弟に知らしめる意義がある。 #少前ログ
Orphe @orphechin
事実、トンプソンは既に1リッターのドクぺを空けていた。ご承知のとおり、これはアフリカゾウを10匹殺害できる量の毒物である。このタフネスこそがトンプソンを組長の座に君臨させしめるキーファクターなのだ。 しかし、G36もまたそれに続く。 #少前ログ
Orphe @orphechin
「ダンケ。組長の男気には恩義で応えます。もう一杯」 小生意気なーートンプソンは胸奥から込み上げるマグマのような甘ったるさを押さえ込みながら、新しいペットボトルを開けた。その壮絶な光景に、拷問隊長のソプ子が卒倒しかける。彼女は入門試験の際、ドクぺ1缶で倒れた。 #少前ログ
Orphe @orphechin
彼女の髪はかつてピンク一色であったが、ドクぺの後遺症によりその一部が深紅に染まってしまったのだ。 #少前ログ
Orphe @orphechin
ともあれG36とトンプソンのドクぺの儀は深夜から夜明けまで続き、共に譲らぬまま若頭の416が仲裁に入り終了した。 後にG36は416と共に少前組の屋台骨を支えていく幹部として出世していくのだが、当時の彼女は、「単に食事に呼ばれたものだと思ってました」とのことだった。 #少前ログ
Orphe @orphechin
そこで僕は察する。 「あーよしよし、なるほどお尋ねモノね。で?お前どこからいくら盗った?ちゃんと僕らが生活出来る資金はあるんだろな」 「あるずぇ……」トンプソンがボブネ顔で笑う。キモい。「金塊か?札束か?」 「おいボス、いまは2060年代だぜ?そんなもん役立たずだ」 #少前ログ
Orphe @orphechin
「我々のクライアントからは核弾頭5ダースに化学兵器10タンクを失敬してきた。既にアフリカや中東の民間市民団体、それから中南米の独裁国家に買い手がついた」 最悪だ。 「それと、強力な助っ人もな。おーい入ってきてくれ」トンプソンはドアに向かって指を鳴らす。 #少前ログ
Orphe @orphechin
突如ラジオからハイドンの勇壮な楽曲が流れ、ドアからカンガルー肉を携えた純白の戦術人形が現れた。キビキビとした身ぶりはまるで騎士のようだ。 「紹介しよう。IWS2000。今回の我らの逃避行をお助けするフレンドさ」 「神と皇帝の名において、核兵器運搬のお手伝いをいたします」#少前ログ
Orphe @orphechin
「彼女は古き良き帝国を復興しようと努力する愛国者なんだ」 「ロシアの大スラブ主義マジ許さねェー。バルカンや中欧は双頭の鷲の元に統一されれるべきなのです。大熊どもは小賢しい機動兵器などを投入しているようですが、この私が全て打ち破って差し上げましょう」 #少前ログ
Orphe @orphechin
「君は報酬いくらで雇われたんだい」ぼくの質問にIWSは、「核兵器10発分でございます」「用途は」「現在ハンガリー共々、オーストラリアの保護観察下に置かれている祖国を解放いたします。ウィーンをコアラの養殖地にしようと企むポリネシアファシズムを許すわけにはいきません」 #少前ログ
残りを読む(81)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする