10周年のSPコンテンツ!
0
timekagura @timekagura
数学者なら この世を 3次元直交座標空間に 模したりしない。 実験物理学者は 建築設計図の3面図 前提に 実験装置と 実験装置 収容する実験空間を あたりまえのように 直交する3次元座標空間として 扱っている。
timekagura @timekagura
数学者なら この世を 何次元空間であるか問わず 直線軸が直交しているかどうかも問わず この世という空間が在(あ)る。 存在するということだけを前提に 座標空間を思い描く前に 集合論的思考をするであろう。 俺は数学者じゃないんで 勝手な想像。
timekagura @timekagura
ま、俺は数学者じゃないんで 汎用性、一般化は追求せずに この世は n次元空間で 直線軸が直交しているという前提で nは4以上の整数ということで始める。 俺には直交する4次元以上の空間を イメージする能力はない。
timekagura @timekagura
2次元の世界で、直線軸群(複数)が直交して 正方形のマス目ができる。 黒板にも描ける。 3次元の世界で直線軸群が直交して 立方体の入れ物、容器ができる。 黒板にも描けるけど 次数を落とした偽物。 pic.twitter.com/V0nzItNtMc
拡大
timekagura @timekagura
俺は日常空間を3次元空間だと 実験物理学者や建築設計者と同じように 思い込んでる。普段はね。 でも、電磁現象世界は ガリレオ先輩の数学世界の延長じゃ ないようなんだ。
timekagura @timekagura
だから イメージもできない n次元直交座標空間という 言葉だけで示せる 規則性のある集合空間使って 「実験物理 思考実験」が対象とする実験空間に 余裕をもたせようとしている。
timekagura @timekagura
ただの思考実験じゃなくて 実験設定者の頭の中も描いて 新米建築デザイナーが 僕が設計した斬新なデザイン建物 っていう、思考実験かぶれが見落とす、 実際の現場で、その斬新なデザイン建物は 建てること可能なのか。
timekagura @timekagura
可能とすれば、組み立て手順は どうすればいいか。 そこまで検討して思考実験する。のが、 「実験物理 思考実験」。
timekagura @timekagura
2次元では正方形。 3次元では立方体。 4次元でも、この延長ができるとする。 正方形の対角線長さは √2 立方体の対角線長さは √3 4次元世界の立方体みたいなのの  対角線長さ √4に しよう。
timekagura @timekagura
正方形から長方形 立方体から直方体に一般化して n次元空間の四角いっぽい容器の 大きさが用意できた。 直方体 bit.ly/cuboid_wikijp pic.twitter.com/kfL2i9nz8W
拡大
timekagura @timekagura
黒板2次元表面も 常に 日常の3次元空間内 存在であることを 意識しよう。 pic.twitter.com/onrlQ0QR9R
拡大
timekagura @timekagura
今度は、n次元空間の 正方形や立方体イメージを延長してできた イメージできない n次元空間の四角いっぽい基準容器に 正方形に内接する円と外接する円。 立方体に内接する球と外接する球。 みたいなものも、イメージできないけど 言葉で、そういうものがあると想像してみよう。
timekagura @timekagura
ヒトが イメージできないものが 象徴界だった。 言葉だけを使えば、 なんか、n次元空間の 立方体や球体のようなものが イメージできた気分になった。 でも注意してくれ。
timekagura @timekagura
言葉であろうと、 これは俺が勝手に対角線長さを 1つ1つ数を増やせて 延長できると 俺が 指定した前提条件だ。
timekagura @timekagura
大昔、渋谷LOFTの下にあった 漫画茶房で 毎晩夜中にナイトパックで漫画読んでた 1年くらい。 わざわざ自転車で渋谷出て 朝になって隣のジムで水に浸かって。 週刊漫画を読む習慣がなかった俺。 アニメは見るけど、漫画は だった俺。
timekagura @timekagura
その頃、読んだ1つ。 漫画家の想像力も 数学者の公理的な設定も 象徴界に迫ろうとする想像界のもの。 ギリシャ神話のようにヒトっぽくても かつての死んだ英雄の話であっても そういうのは、あの世。象徴界を模した 偽物。偽物だけど、天上界に迫るもの。 pic.twitter.com/Mddav9bkgZ
拡大
zionadchat @zionadchat
内容は覚えていない。読んでた最中も。 由貴香織里 の 天使禁猟区 1 (白泉社文庫) を Amazon でチェック! amzn.to/2SbCjrN
timekagura @timekagura
さて、準備はできた。 目の見えない占い師をイメージする。 目の見えない占い師は 水晶占い を している。 水晶玉も 占い師の部屋空間も 日常意識で理解する3次元空間内 存在。
timekagura @timekagura
目の見えない占い師は 3次元空間内で球体である水晶玉に触れて  大きさがあることも知っている。 だが 水晶玉の内側が 3次元空間とは限らない。
timekagura @timekagura
水晶玉の代わりに 電球を使おう。 豆電球を模した 照明器具。 フィラメント位置を 超新星の爆発した瞬間としてイメージして。
timekagura @timekagura
中心からの光は 豆電球の球殻に同時に届く。 と、思ってるのが 光行差トリックを理解していない 設計図頭。 この話は 後回しにするけど、 要素群を扱う数学者と 言葉に騙される設計図頭の話を まずやる。
timekagura @timekagura
時間と速度と空間の関係で 速度を固定した場合、 いじれるのは時間だけだと思い込んだ 設計図頭のエビデンス主義者共の アホを嗤(わら)おう。 先駆者であるアインシュタイン氏のことは 嗤わない。追随者共のことは 嗤うがね。
timekagura @timekagura
さあ、集合論の括弧{ } 使おう。続く。 要素複数を入れる 集合論の括弧{ } を使う。
残りを読む(8)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする