18
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
露出の話をしよう。 露出とは、要するに、写真の明るさの事で、カメラに任せておけば、概ね、間違わない明るさの写真が撮れる。 ただ、間違わない明るさの写真が狙った写真かと言うと、そう言う訳でもないので、自分で色々いじりたくなる。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
露出を決定する要素は、基本的に三つ。 ①絞り ②シャッタースピード ③ISO感度 他に、ストロボだとGNとか、NDフィルターとか色々ありますが、ソイツは応用なのでとりま、後回し。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
絞りは、レンズとシャッターの間に、大きくなったり小さくなったりする穴の事です。穴が大きければ、取り込める光は多くなり、小さくすると取り込める光は小さくなります。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
シャッタースピードは、シャッター幕が開いている時間(カメラの構造によって場合が異なるが)の事で、この時間が長ければ長いほど明るくなります。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
ISO感度はセンサーが受けた光を、どんだけ強い信号として捉えるかの調整です。体重計に例えるといいでしょう。象の体重を計る秤で、蟻は量れないし逆も然りですね。対象の重さによって、秤をチョイスするのと同じで、撮る対象の明るさによって、ISO感度をチョイスします。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
一枚の写真には明暗があります。と言うか、明暗を捕らえるのが写真です。 で、暗い所は黒で現し、明るいところは白で現されます。 白い色は白で限界ですし、黒い色は黒で限界がありますね。そんな訳で、一番の理想的な写真は、目に見えている光景の一番暗い所が一番の黒より明るく撮れて、
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
一番明るい所が、一番の白より暗く撮れる事になります。露出を決定するというのは、一にも二にもコイツを目指すことになります。(とは言え、理想ですし、例外だらけですが) 先に述べた三つの要素を使って、露出を決めていきます。 ここで、無茶苦茶明るい環境を想定しましょう。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
シャッタースピードは最速、絞りも一番小さい円に、ISO感度も一番小さくしましょう。これで撮れるならまぁ、万々歳ですね。 とは言え、こんなに明るい事はないので、何らかの要素を削っていきます。 第一に暗くしていくべき要素は何でしょうか? これは絞りになります。絞りの円を小さくすると、
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
回折効果とか言うので、画質が悪くなります。(細けーことはいいんで絞りを絞り過ぎるとあかんと覚えておいてください) 絞りの穴の大きさについては、F値と言う言葉で表しまして、F2.8とか読んだりします。F値が小さいほど明るくなり、大きいほど暗くなります。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
絞りを明るくするとは、円を大きく開く事に他ならず、F値を小さくさせる事になります。この理由もこまけーので、後回しにします。 これで、絞りがむっちゃ明るくなったとします。 おお、次は何ににしましょうか。普通はシャッタースピードです。 まぁ、ISO感度だろって言う人もいますが、説明はあとで
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
ストロボを使わないならば、シャッタースピードが速いに越したことはありません。まぁ、ワザと遅くする撮影もありますが、それはまぁ、またあとで。 シャッタースピードの速いのって何がいいって、手ブレしにくくなる事ですね。あと、被写体ブレもしにくくなります。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
シャッタースピードとは、シャッター幕が開いている時間なので、この時間の間にカメラや被写体が動くと、写真も当然ブレます。幕末期は、フィルムの感度が悪かったので、5分とかじっとしてなくちゃならなかったようです。当然、三脚でカメラ固定が前提ですね。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
被写体ブレにしても手ブレにしても、画面がぼやけるので、半可通の人がちょっと得意気に「このレンズ、前ピン寄りかなぁ?」とかイキり出す事がありますが、ほぼ間違いなく手ブレです。近年製造されるレンズでそんなにピントがずれるレンズはありません。然もなくば、等倍で見て云々と言うイタイ子
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
三脚固定して、ばっちし条件キメてもボケるなら、キメ顔するよりも先に返品しましょう。 兎にも角にも、手ブレはコワイので、シャッタースピードは上げておきたいですね。で、どんだけシャッタースピードを上げるとええんだ? ってなるのですが、一応、基準はあります。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
あ、その前にシャッタースピードの数値ですが、一般的な撮影に使われるのは、1/○○秒です。「1/」はもう確定なので、250とか1000とか省略することもありますね。まぁ、省略することもないですが。 もっと遅くすると、1秒以上空けるときもありますが、まぁ特殊な撮影ですし、後回し。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
それで、手ブレ起こしにくいシャッタースピードですが、今撮っているレンズの焦点距離をフルサイズ換算した数字ぐらいが丁度良い感じです。 フルサイズで50mm使ってたら、1/50より速ければ……1/250でも1/8000でも手ブレは起こりにくいと言われます。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
APS-Cのカメラだと、1.5倍ですから、100mmで撮っているときは、1/150秒以上、マイクロフォーサーズなら倍ですから、15mmで撮ってる時は1/30秒以上なら何でもいい感じです。 また、手ブレ補正が付いていると、更にシャッタースピード遅くしてもイケる感じです。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
ただ。条件があって、しっかりとカメラを握れている(ホールドされている)と言うのが条件です。逆を言えば、ラフに構えて撮りたい時は、もっと早めのシャッタースピードにした方がいいって言えますね。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
最後にISO感度なんですが、コイツを持ち上げた方が良い理由ってのは、実のところはあまりないです。とは言え、最低の最低は、画質的に微妙と言われておりまして、所謂常用感度の一番数字の小さい値がまぁ、画質的に一番いいぐらいと言われますね。(カメラによって微妙に違う事もあるカモですが)
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
ISO感度は、小さい数字ほど暗いです。なんか、数字によって明るくなったり暗くなったり紛らわしいですが、そう言うものなので、覚えてください。 でまぁ、普通のカメラだと、ISO64~200に設定していれば、まぁ、間違いはないでしょう(例外だらけですが
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
ISO感度は小さすぎてもまぁ、そんなに酷い目には遭いませんが、大きすぎるとノイズが載ってくるので小さいに越したことはないです。まぁ、最新のいいカメラなら多少上げた所で酷い目に遭わないのですが。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
と、言う事で、概ね指針は出来ました。 ①絞りは開く(一番明るい絞り値を解放という) ②ISO感度はなるべく低く ③シャッタースピードは手ブレを起こさない範囲で、なるべく早めに 環境が暗くなれば暗くなるほど、シャッタースピードの手ブレを起こさない下限値が近づきますが、そういう時はISO感度を
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
上げてやります。コラテラルダメージって奴です。多少ノイズが載っても、手ブレしたり暗すぎたりするよりかマシですので。 で、ここまで来て、絞りのデメリットの方があまり説明されていませんね。 はい、絞りも開放は開放で若干問題があるのです……
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
一般的に、レンズの性能は、ちょっと絞ったぐらいがマックスになります。この説明もなげーのでやめておきます。まぁ、キットレンズ使っている分には気にすることもないですが、うっかり単焦点レンズなんかを手に入れてしまうと、一気にやらかし案件を起こします。ええ、人間の業なのかと思うほどに。
FZ(ZoE) けもちゅーぶ @FakeZarathustra
絞りを明るくすると、ボケが大きくなります。ボケって、要は被写体の背後とか、手前とかがボケボケになるアレです。 ボケやすくする条件も決まってますが、話は別なので、別にしておきますが、兎に角まぁ、同じレンズ使っているなら、解放よりもちょっと絞ったぐらいが、キリっとしてカッコイイ写真に
残りを読む(3)

コメント