編集可能 アプリで作成
2019年2月1日

山口順平氏(@hanamogera20)によるユニコーンレビュー

80年代音楽エンタメコミュニティ「Re:minder - リマインダー」のカタリベ 山口順平氏(@hanamogera20)によるユニコーンアルバム&全曲レビューをまとめました。 2019.2.4 『おどる亀ヤプシ』追記/2.11『ヒゲとボイン』『服部』『ハヴァナイスデー』追記/2.20『ゅ13-14』『PANIC ATTACK』『BOOM』『MUSEE』追記
8
80年代音楽エンタメコミュニティ「Re:minder - リマインダー」にてカタリベ山口順平氏(@hanamogera20)によるユニコーンのアルバムレビュー掲載
リンク reminder.top Re:minder - リマインダー | 80年代音楽エンタメコミュニティ、エキサイティング80’s! SNS時代のコミュニケーションメディア「リマインダー」。80年代の音楽エンタメを中心に毎日更新されるオリジナルコラムにはちょっとした発見やユニークな視点が満載! 熱く涼しく最低で最高の時代をみんなで寄ってたかってリマインドしよう。懐かしむより超えていけ! 23 users 732
山口順平 @hanamogera20

吉祥寺出身。なんとなくイラストレーター。


リンク reminder.top ロックを嗤うロックバンドの覚醒、ユニコーン「服部」 1989年、バンドブーム真っ只中。無数の若者たちが “二の線でいくか三の線でいくか” 運命のY字路を選んでいた頃、その中央にある建物をよじ登る奇策に出た5人組がアルバムを出した。ユニコーンのサードアルバム『服部』だ。ABEDON(阿部義晴)が正式加入し、現行メンバーが揃った初作でもある。ボーカルを務めるのは奥田民生、EBI、ABEDON の3人だが、ソングライティングにはすでに5人とも参加している。 9
Re:minder - リマインダー @reminder_top

29年前の今日 — 1989年6月1日、バンドブーム真っ只中。 無数の若者たちが “二の線でいくか三の線でいくか” 運命のY字路を選んでいた頃、その中央にある建物をよじ登る奇策に出た5人組がアルバムを出した。 #ユニコーン のサードアルバム「服部」だ。 reminder.top/498560686/

2018-06-01 07:30:35
Re:minder - リマインダー @reminder_top

有名バンドの再結成組において、#ユニコーン の活躍は異例中の異例である。 ヒット曲のリメイク盤でもなく、録って出しのライブ盤でもなく… 同窓会に終始する気はさらさらないというクリエイティヴなスタンスを貫き、現在のすばらしい日々に至る。 reminder.top/498560686/

2018-06-01 12:30:13
リンク reminder.top ある種ビートルズ的、ユニコーンの最高傑作「ケダモノの嵐」全曲解説 日本には “日本のビートルズ” がけっこういる。批評上よくある論法で、何故そのように形容したくなるかはバンドによって理由が異なる。ビートルズ直系の音楽性、あらゆるジャンルを内包する多様性、日本語ロック史における先駆性、絶対的な国民性、作曲能力を誇るメンバーが複数名在籍している関係性… 等々、幾通りもの “ビートルズ的” があるわけだが、ユニコーンの場合、とりわけヒトを喰った諧謔性からそれを感じる。 1 user 11
Re:minder - リマインダー @reminder_top

1990年にリリースされた #ユニコーン「ケダモノの嵐」 このアルバムは、女や社会に対して格好つかない男が何人も描かれたロック絵巻。レコ大のアルバム大賞作品であり、メディアではもっぱら最高傑作に数えられる。 確かに、5人の総合力が最も伝わりやすいのは本作だろう。 reminder.top/431175571/

2018-11-13 07:30:17
Re:minder - リマインダー @reminder_top

生真面目な応援歌ばかりが量産される今の時代、「ケダモノの嵐」を聴くと滑稽な物語がより一層新鮮に響く。 どうせフィクションなんだから共感できない人間を歌ってもいいじゃないか、とつくづく共感する。。流行歌には時々そういう薄情さもないと… #ユニコーン reminder.top/431175571/

2018-11-13 20:30:25
山口順平 @hanamogera20

ユニコーンに関してはアルバム全曲解説っていう構成が相応しく、1回やりたいと思ってました。このたび形にして頂き光栄です。 書いてて思ったのは、ぼくはいわゆるアイドルグループに夢中になったことはないのですが、“次は誰がセンターだ?”という醍醐味に似てるなということ。わりとEBI推しです。 twitter.com/reminder_top/s…

2018-11-13 15:41:05

山口順平 @hanamogera20

ユニコーンのリマスターボックス『若返る勤労』購入。印象では、音の分離を強調するより、低音を膨らませて中域を強調してる。レコードだけが有す飽和感をCDでも極力出そうとしてるのかも。元来ライブでもスタジオでも演奏補助なし、遂にはエンジニアまで自分たちで。驚異の家内制手工業バンドだ。 pic.twitter.com/4otggKjztn

2017-12-06 08:14:43
拡大
拡大
山口順平 @hanamogera20

誰もきいちゃいませんけど、2018年製作のミュージックビデオでぼくの中のぶっちぎり1位は、ユニコーンの「OH! MY RADIO」です。 youtube.com/watch?v=ItaZEZ…

2019-01-02 14:45:25
拡大
山口順平 @hanamogera20

服部2曲 ケダモノの嵐2曲 おどる亀ヤプシ1曲 ハヴァナイスデー1曲 ヒゲとボイン1曲 スプリングマン2曲 シャンブル3曲 Z 1曲 ZII 1曲 イーガジャケジョロ1曲 ゅ13-14 2曲 半世紀No.5 1曲 EBIの作曲数。推しなんです。新作楽しみ。 Re:minder - リマインダー reminder.top/431175571/

2019-01-06 15:42:51

「書こうと思えば全作イケるんですけど、掲載して頂いてるコラムサイトのマナーから外れてしまうんですね。1990年発表作品でギリギリセーフなのです。」
との事でしたが…


山口順平 @hanamogera20

新年早々ユニコーンが「100周年」という言いまわしで、再結成10周年、『服部』30周年、川西さん生誕60年にふさわしい華やかな1年間にすることを宣言した。 『服部』が含まれてるのが嬉しいなぁ。今年のうちに全曲演奏してほしい。 Re:minder - リマインダー reminder.top/498560686/

2019-01-02 08:42:05
山口順平 @hanamogera20

#ユニコーン のニューアルバムに関してはいつも、曲名が発表された時点からワクワクが止まらない。誰が書いたのか、共作はあるのか、誰が歌ったのか、担当楽器は変わるのか、二の線なのか三の線なのか等々。3月が待ち遠しい。 この曲、センスのかたまり。奇才集団。 youtu.be/I7NoD83Vk8U

2019-01-22 18:36:07
拡大
リンク www.sma.co.jp [UNICORN]ニューアルバム『UC100V』全貌&ちょっとだけ SMA(SONY MUSIC ARTISTS)はソニーミュージックグループのアーティストマネージメント会社。奥田民生、ユニコーン、木村カエラ、CHEMISTRY、PUFFY、東京スカパラダイスオーケストラ、氣志團、YUKI、西野カナ、倉科カナ他多彩なアーティスト・タレントが所属しているプロダクション。SMA WEBSITEでは所属アーティストのタイムリーな情報を提供しています。
山口順平 @hanamogera20

収録曲数が「OH!MY RADIO」含めて11曲って、ユニコーンのフルアルバムにしては少なくないか?それだけトータリティにこだわった内容なのかな。

2019-01-23 18:47:41
山口順平 @hanamogera20

#ユニコーン 最新作に関する諸々の情報が公開された。毎回恒例の、曲名だけみて誰が書いた曲か当てる大会を頭の中でやってるところ。ヒト喰った曲名ばかりなので、全体的には『イーガジャケジョロ』以来の陽気な方向性なんじゃないかと予想してるんだけど、どうだろう。とりあえず、アー写は陽気。 pic.twitter.com/jTG7zgz1rk

2019-02-07 19:25:05
拡大
山口順平 @hanamogera20

気が向いたので、再結成後のアルバム全作レビューを始めます。 #ユニコーン twitter.com/taro_romi/stat…

2019-01-23 20:21:31

山口順平 @hanamogera20

シャンブル(2009) 旧史との最たる違いは、“ロックを嗤う”筆頭格だった阿部が90sのUKに感化されて正攻法に変わり、バンドのエースがツートップになった点。肩の荷が軽減された民生の裏回しによりボランチのEBI、テッシー、川西もフロントに立つ頻度が上がった。真の黄金期を告げる記念盤。#ユニコーン pic.twitter.com/gzfgSB6Yzm

2019-01-23 19:56:54
拡大
山口順平 @hanamogera20

【1、ひまわり】阿部作品でボーカルは民生。再結成の言い出しっぺである阿部が、ユニコーンの基本軸をブリットポップにすると宣言している印象の1曲目。オアシスの「Whatever」と「Live Forever」の合いの子のような曲調にのせて、5人の“空に種をまいていた”これまでと“花をつける”これからを歌う。

2019-02-12 08:38:03
残りを読む(170)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?