普天間移設及び海兵隊のグアム移転に係る国務省公電の暴露について

朝日新聞の5/4朝刊のスクープ。普天間移設及び海兵隊のグアム移転に関わる内容を含む日米関連の米国務省公電をウィキリークス(WL)から提供されたという。それについてのまとめ。
公電 辺野古 米国 普天間 海兵隊 日本 グアム ウィキリークス 国務省 沖縄
fj197099 3558view 33コメント
  • 0
  • お気に入り
14

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 13:32:03
    朝日新聞が5/4朝刊で1月にウィキリークスから提供を受けたという米国務省公電の分析を通じて普天間問題の鳩山政権期の動きについてのスクープを行っている(http://bit.ly/kz2Nej)。ビンラディン殺害もさることながら、こちらも言及に値する重大な問題であることは確かだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 13:35:25
    ウィキリークスの公電を巡っては日本関連のものがかなりの程度含まれることから、民主党政権誕生以降の普天間関連の経緯が明らかになるのではと関係者はやや気を揉んでいた傾向がある。これまでは特に重大な公電が暴露されたという訳ではなかったが、今回はその「本命」たる普天間関連の公電のようだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 13:40:26
    幾つかの主要記事へのリンク。米軍グアム移転費水増し 日本の負担軽減装う 流出公電(http://bit.ly/iiYSFh)、沖縄知事に「空手形」〈米公電分析〉自公政権時代(http://bit.ly/ifuC5H)、
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 13:41:15
    日米、米軍グアム移転で暫定合意 米公電訳(http://bit.ly/jdriOI)、日本の災害対応を米懸念「官僚縦割り」 流出の米公電(http://bit.ly/k1l4vF)、「官僚制、縦割り」日本の社会基盤と危機対応 米公電訳(http://bit.ly/k15sEA)。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 13:45:09
    日本関係6963本、大半は06年以降〈米公電分析〉(http://bit.ly/ljL8ix)…政権交代をはさみ、2010年2月という直近の時期の公電まであるということが普天間問題への言及がどうなっているかを興味深くしている。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:18:31
    WL公電の公開についての朝日新聞の立場(http://bit.ly/laV7sR)、(解説)浮かび上がる相互不信の構図〈米公電分析〉(http://bit.ly/moerQc)…この解説については独りよがりな解釈が目立つと思うが、まあ他にも記事がいろいろ出ることを待ちたい。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:21:46
    今回の朝日スクープのまず興味深いところは、2009年2月に締結された沖縄海兵隊8000人のグアム移転に係る日米協定の合意に至る裏話が暴露されている点だ。これは2006年5月の日米「再編のためのロードマップ」合意に基づき普天間基地の辺野古沿岸への移設合意に基づき策定されたものだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:24:08
    協定についてはこれ(http://bit.ly/cPNj30)を参照されたい。今回のスクープはこの協定締結前の2008年12月19日に在日米国大使館から国務省に打電された公電(http://bit.ly/jdriOI)(http://bit.ly/kR0RrS)が元になっている。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:29:25
    それによれば当初グアム移転経費の総額は約92億ドルとされておりその中で日本側の負担経費約60.9万ドルの分担率は約66%となっていたところ、日本側がこれに本来米国が求めていなかった10億ドルのグアムにおける軍用道路整備の費用を含めて分母を102.7億ドルとすることを求めたという。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:31:26
    これによって日本側の分担率は約59.3%となり、見かけ上の分担率が六割を切ることになった訳である。当時、厳しい交渉の結果、日本側の分担率が六割を切ったということが日本側成果として政治利用されていた背景があったから、これは当時の日本政府にとって政治的に必要な措置だったのだろう。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:34:31
    また公電はグアムに移転する海兵隊8000人とその家族9000人という数字がどうして生まれたのかについても言及しておりここが最も興味深いところである。すなわち8000人という数字は「合意済み履行計画の中でグアムに移転すると指定された部隊の予算措置としての上限人数」を示すものと言う。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:35:32
    ここで移転予定の部隊とはすなわちロードマップで言う「移転する部隊は、第3海兵機動展開部隊の指揮部隊、第3海兵師団司令部、第3海兵後方群(戦務支援群から改称)司令部、第1海兵航空団司令部及び第12海兵連隊司令部を含む」という記述を指す(http://bit.ly/7uc01o)。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:37:11
    これらの部隊の予算上の上限人員を足し合わせると8000人になるのだろう。9000人の家族は定員一杯に充足された部隊の移動に伴い移動する家族の数ということになる。しかし公電はその数字は「日本での政治的価値を最大化するために意図的に大きく見積もられた」と赤裸々に語っている。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:38:31
    以下、公電引用。「双方ともこうした数字は実際に沖縄に駐留する海兵隊員の数やその家族たちの数とは大幅に異なることは知っていた。その差を明確にするため、合意済み履行計画の中では、海兵隊員1万人が沖縄に残ると確認し、その1万人の海兵隊員に関係する部隊のリストを挙げた。」
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:39:02
    「2004年から2006年にかけて、ロードマップが交渉されていた際、沖縄に駐留する部隊に所属する海兵隊員の数は1万3千人の規模に達していたが、予算上の最大定員1万8千人は大幅に下回っていた。同様にして、沖縄にいる家族の総数も9千人を下回っていた。」
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:41:53
    すなわち普天間移設がうまくいった結果、グアムに移転する海兵隊の数は合意通りに8000人とその家族9000人とはならないということである。沖縄に1万人の海兵隊が残るとすれば、実際に移転する海兵隊の数は3000人程度に留まる可能性がある。公電のパート2はさらに興味深い話を続ける。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:44:00
    なんと沖縄に残る部隊の数も1万人以下になる可能性があるというのだ。結局、その数字は詳細に決まっている訳ではないらしい。「両国は実数か概念的数字かの問題や、整理統合と土地返還への含みについて、近くより大きな焦点とする必要があるという点で合意した」と公電は記述している。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:46:50
    他の公電は2009年末から昨年初めにかけて、当時の鳩山政権幹部らが普天間基地の辺野古への移設という現行案以外の代替案を模索しつつ、受け入れられなければ現行案に回帰すると米国に伝えていたことについて述べている模様だ(http://bit.ly/kz2Nej)。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:47:59
    2009年12月9日の極秘指定・外国人閲覧不可の公電は「民主党の5閣僚―鳩山由紀夫首相、平野博文官房長官、岡田克也外相(いずれも当時)、北沢俊美防衛相と前原氏―は12月8日夕に会談し、普天間代替施設で前進を得られなかったのは連立相手の社民党のせいだと一致した」と述べているそうだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:50:11
    前原氏はそこで「もし、現行案以外のあらゆる代替案に米国が賛成しなければ、民主党は現行の再編計画を進め、必要ならばゴールデンウイーク後に連立を解消する用意がある」と語ったそうである。2009年末の段階で民主党の主要閣僚は最終的には現行案回帰しかないと考えていたことの現れであろう。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:52:59
    2009年12月21日の藪中外務次官とルース大使の昼食会を扱った極秘公電では藪中次官が「政府による見直し作業で辺野古移設に代わる実現可能な案が見つからなければ06年の再編合意(現行案)に立ち返る、と鳩山氏は確認した」と語った。米側にいずれは現行案回帰とのシグナルを送っていた訳だ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:55:24
    朝日新聞としては「県外・国外を十分検討もせず最終的な落とし所について先に米側に伝達するのはけしからん」となるのだろうが、こんな極秘/秘公電に頼らずとも、当時から識者の間では最終的には現行案回帰しかないことはほぼコンセンサスだった。民主党の閣僚でさえその認識を共有していただけだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:58:16
    最後に、米側が日本の災害対応は「官僚縦割り」のせいで混乱するかもしれないとする興味深い公電がある(http://bit.ly/k1l4vF)。2008年3月18日の秘公電(http://bit.ly/k15sEA)はなかなかストレートに日本社会の問題について語っている。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 14:59:09
    すなわち、「官僚制の中での縦割りと目先のリスク回避の気風が、例えばパンデミック(感染症の大流行)のような、それほど準備が整っていない脅威に対する日本の脆弱性を大きくする可能性がある。…日本での破滅的できごとが及ぼす影響は重大なものになる可能性がある」、と言う。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-04 15:01:50
    この指摘は震災後の福島原発の事故を考えると誠にもって慧眼であるというべきものだが、しかし公電中に原発事故への言及はあるものの津波の被害への言及はない。また、この公電で興味深いのは日米サイバーセキュリティ協力についての言及が含まれていることだが、米国側の関心事項がわかり興味深い。

コメント

  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 11:41:25
    NYT紙との共同作業であったため、NYT紙も報じている。.Cables Show U.S. Concern on Japan’s Disaster Readiness(http://nyti.ms/k3Ut3U
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 11:49:57
    朝日新聞の幾つかの追加記事。登場の政治家ら相次ぎ「ノーコメント」(http://bit.ly/kDQoWg)、中国脅威論で嘉手納統合封じか(http://bit.ly/mkYTBl)、米警告「合意見直すなら忍耐限界」(http://bit.ly/mI3LAg)、首相「政府としてコメントすべきでない」(http://bit.ly/mcGTqw)。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 11:54:09
    公電の原文かその訳がなければ十分な批評はできないが、中国の軍事力の増強を理由として普天間基地の沖縄の外への移転を否定する米側の議論はしごく当然のことであろう。海兵隊はなぜか朝鮮有事と結び付けられてイメージされているが、別にそれだけのために存在する訳ではない。有事には沖縄の三つの「施設(?)」へのアクセスが必要だというキャンベル次官補の議論は興味深いが。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 11:57:00
    朝日新聞は「米側が中国脅威論をたてにして嘉手納統合案を封じた」と露骨に読者をミスリードしているが、実際には嘉手納統合案は2006年5月の合意に至る前に検討されて排除されたものである。その理由は固定翼機を運用する嘉手納空軍基地と回転翼機を運用する普天間海兵隊基地では航空機の運用のあり方が異なり、統合は危険性を高めるというものであった。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 11:59:33
    「合意見直すなら忍耐限界」と米側が警告した旨の記事についても、普天間合意見直しと東アジア共同体で露骨に反米主義を露にしていた鳩山政権に米側が強く警戒していたことは当時から極めて明らかなことであった。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:02:10
    政権交代直後、2009年9月は米国も「選挙前は荒唐無稽なことを言っていたが、政権を実際に取った後は早晩現実路線に回帰するだろう」と比較的余裕をもってみていた。しかし11月のオバマ大統領訪日が近づいても鳩山政権がその異常な言動を止めないので、10月頃からかなり不安を高めていたのだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:04:11
    公電の示す10月中旬のキャンベル次官補の鳩山首相の北京での「これまで日本は米国に依存し過ぎていた」との発言は「米政府の最上層を驚かせた」「そうした発言は日米関係に修復しがたい危機をもたらす」との警告はそうした背景があってのことである。米側には(実の所日本側の関係者にも)相当な危機感があったことは間違いない。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:07:15
    不信の官僚、「米は過度に妥協するな」という記事は現職の官僚の言葉とされるものを載せているのでなかなかセンシティブである。斎木昭隆アジア大洋州局長(当時)の発言とされる「既に対等なのに何が念頭にあるのか分からない」「民主党は官僚を抑え、米国に挑戦する大胆な外交のイメージを打ち出す必要を感じたようだ」「愚か」「やがて彼らも学ぶだろう」は外交官らしからぬ率直な物言いだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:08:22
    高見沢将林・防衛政策局長の「米政府は、民主党政権に受け入れられるように再編パッケージに調整を加えていく過程で、あまり早期に柔軟さを見せるべきではない」と助言したとされる発言もセンシティブである。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:10:27
    国連代表部で政務担当を務める参事官ら三人の言ったとされる「鳩山政権の普天間移設問題での対応と政治利用」への不満と、「米政府は普天間移設問題では民主党政権に対して過度に妥協的であるべきではなく、合意済みのロードマップについて譲歩する意思があると誤解される危険を冒すべきでもない」との強調も事実だとすれば本音ベースの発言である可能性が高く、センシティブだ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:12:50
    何がセンシティブかといえば、これらは現職外交官が政府批判を外国に展開したり、既存合意を覆そうとする民主党に安易に妥協すべきでないと米国に伝えたりしている点がセンシティブなのだが、しかし発言の真偽はともかくとして、こういう理解が当時の日米関係者の多くに共有されていたことは確かである。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:16:01
    そもそも普天間合意は2006年5月に日米間で正式に決着しているものであり、それを一方的に覆そうとする鳩山政権の行動は単に日米関係を深刻な危機に晒すだけではなく、国際関係の面から見ても合意を一方的に破棄する、ならず者国家、無法者国家の態度であった。そのような姿勢は日本のソフト・パワーを深刻に損なう。外交官が懸念しないはずはない。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:18:35
    それからこれは民主党の「政府主導」というイデオロギーに根本的に内在する問題だが、官僚が政府批判をしてはいけないという発想を過剰に強調するのは誤りだ。そもそも政治家には十分な実務的情報は手元にないのだから、実務の観点から官僚が政治家の判断に異を唱えることは十分あり得ることである。それを「政府批判」と断定して抑圧しようとするのは決してよい結果を生まない。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:20:25
    民主党は誤解しているかもしれないが、民主主義とは過ちを犯さない制度ではない。それは犯した過ちを正せる制度に過ぎない。民主主義において愚かな政治家が首相に選出されることもある。鳩山由紀夫はそのような人物であった。愚かな政策に批判がなされるのはむしろ健全なことだ。そこが大前提の理解である。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:23:09
    朝日の入手した公電は7000本もあるそうだからまだいろいろ記事を出すつもりなのだろう。違法に入手された機密を公開するのは大いに問題があるが、批判をするためにもフォローはしていかねばなるまい。注目するつもりである。
  • keisuhase @keisu 2011-05-05 12:24:36
    鳩山前首相がラジオに出た時のインタビューでは、普天間問題は官僚に邪魔されて進まなかったという趣旨のことを述べていた。これ読むと間違いではないけれどw、なんてトミー・リー・ジョーンズ、「この星の人間は」なのだろうかとw。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 12:43:01
    根拠あっての話ゆえに単なる悪口と勘違いしないで欲しいのですが、私ならば鳩山由紀夫は自らの愚かさの故に躓いたのだと言いますね。だいたい、2009年12月までには外相も防衛相もその他閣僚クラスも皆、日米合意への回帰しかないことはわかっていたのです。鳩山が一人、社民党へ媚を売るために暴走しただけ。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-05 18:41:41
    朝日の公電、訳出に時間がかかっている模様。それでも二本出てきた。普天間現行案受け入れへ「連立解消の用意」 米公電訳(http://bit.ly/kQX2CA)、中国めぐる有事に備え「滑走路3本必要」 米公電訳(http://bit.ly/jq2KEd)。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-07 12:19:44
    普天間14年移設断念の方針…固定化不可避に(http://bit.ly/kCjrSw)…2014年までの移設は一昨年からもうあらゆる政治的問題がなく工事が順調に進んでも工期の関係上、ムリとされてきた。断念は当然で責任は鳩山と沖縄の反基地運動にある。普天間恒久化の可能性が高まっていることを沖縄は直視すべきであろう。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-07 12:22:22
    移設頓挫なら普天間維持 米高官、議員団に明言(http://bit.ly/kPwj3n)…シファー国防次官補代理の発言に注目。辺野古移設が失敗すれば普天間基地は恒久化される。米側が出て行くつもりはないし日本側も出て行かせるつもりはない。それだけは極めてはっきりしている。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-07 12:24:26
    下地氏ら訪米団 面談者発言要旨(http://bit.ly/iQrVe6)…シファー国防次官補代理:「沖縄にとって考えられる最悪のシナリオは、普天間移設もグアム移転も実現せず、普天間がいつまでも現状のまま残ることだ。…代替策は全くの現状維持だ。前に進めることが最善の策と考える。」
  • fj197099 @fj197099 2011-05-07 12:27:52
    朝日の公電追加:「名護市長選、移設賛成派を官邸がひそかに応援 米公電訳」(http://bit.ly/lxWVk9)、「外務官僚「日米の対等求める民主政権は愚か」 米公電訳」(http://bit.ly/jYdsbW)。…実の所、「対等な日米関係」という言葉を定義もせず濫用する鳩山由紀夫が愚かというのは専門家のレベルでも共通認識なのだが。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-08 13:42:00
    朝日公電追加:「現行案が頼みの綱」鳩山首相が国務長官に 米公電訳(http://bit.ly/kzTNmM)、普天間「米国が圧力かけ続ければ状況は悪化」 米公電訳(http://bit.ly/jkpiQr
  • fj197099 @fj197099 2011-05-10 11:14:10
    朝日公電追加:「日本より中国重視と公言したらどうするのか 米公電訳」(http://bit.ly/kynVi8)、「国務次官補「米国の忍耐にも限界がある」 米公電訳」(http://bit.ly/j0GiY5
  • fj197099 @fj197099 2011-05-11 07:03:58
    朝日公電追加:民主党は不平等感を利用した 米公電訳(http://bit.ly/jsXItr)、民主党幹部は日米同盟に好意的、と分析 米公電訳(http://bit.ly/m3Aakz
  • fj197099 @fj197099 2011-05-11 21:08:17
    朝日公電追加:「鳩山次期首相は親米派」 側近の松野氏 米公電訳(http://bit.ly/jrCBsH)、日本の海賊対策「迅速な中国と対照的」 米公電訳(http://bit.ly/lRCrCd
  • fj197099 @fj197099 2011-05-12 15:30:49
    朝日公電追加:岡田氏「政権維持のため、米国との関係必要」 米公電訳(http://bit.ly/lfJzlc)、「中国との協力には潜在的に限界もある」 米公電訳(http://bit.ly/jPP3fN
  • fj197099 @fj197099 2011-05-12 15:45:12
    朝日暴露の公電からつらつら浮かび上がってくるのは、朝日新聞の意図とは正反対だろうが、いかに鳩山政権の露骨な反米主義を現実路線に戻し日本の国益に適う形に直すかという点で苦労する官僚、さらには民主党の(閣僚を含む)幹部達の努力である。彼らは鳩山由紀夫が日米関係の信頼を大きく損なっていることに気づいていた。そしてなんとか日米関係の建て直しを図りたいと考えていた。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-12 15:47:51
    だから普天間問題では2009年12月頃までには普天間問題は現行案回帰で年内決着、と閣僚レベルまでではコンセンサスが出来ていたのである。鳩山由紀夫でさえ、代替案が駄目なら現行案に戻るという趣旨の発言を米側に行っていた。しかしこのコンセンサスは土壇場で社民党が連立解体を示唆して大暴れしたことで破綻してしまった。一重に鳩山が米国より連立を重視するという戦略ミスを犯したためだった。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-12 15:50:50
    公電が明らかにするのは朝日新聞が主張したがるような「日本の外務官僚や民主党の幹部たちは普天間移設の現行案以外の代替案を十分検討することもなく米側に擦り寄った」というものではない。それはむしろ、「あらゆる検討がなされ日本側の閣僚レベルまでのコンセンサスまで出来ている日米合意案が最後の土壇場で国内の連立政治や首相の愚かさの結果として破綻してしまう」という日本政治の機能不全なのである。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-12 15:53:23
    要は「政治主導」を履き違えた負の結果として鳩山政権は自らの首を絞め、米国、国民、沖縄というあらゆる方面からの信頼を失った挙句、惨めに退陣していったという現実がありのままに示されているのである。首相の反米主義が民主党の幹部にさえ共有されていなかったことは重要である。いわば民主党自身でさえ、鳩山に「騙された」側面があるのではないか。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-12 15:56:06
    公電中のキャンベル次官補の次の言葉は重要である。次官補は「米国における(日米)同盟への強い支持は超党派(民主・共和両党)のものであり、民主党は反米と認識されないために必要なステップを踏まなければならないことを強調した。そのような認識が生じれば中国と北朝鮮に誤ったメッセージになり、日米両国民の間に二国間の関係への疑念を抱かせ、日本の民主党はおそらくは支持を失うことになる」。これが現実に起こったことであった。
  • fj197099 @fj197099 2011-05-13 13:15:16
    朝日公電追加:岡田外相は米が嘉手納統合を受け入れると理解 米公電訳(http://bit.ly/kejaaF)・・・通常二本出るものが今日は一本しか出ない。理由は簡単で米上院軍事委員長の提案があったものだから急遽訳したのであろう。岡田外相は確かに過去の一時期嘉手納統合案に拘っていたが、2009年の年末までには現行案回帰やむなしと姿勢転換していた。こういうところが朝日の姑息な所だ。

カテゴリーからまとめを探す

「社会」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする