最近のおすすめコバルト文庫

Twitterでオススメされている作品のなかで2010年くらいを目処にそれ以降のものをまとめてみました。
少女小説 ライトノベル コバルト文庫
8199view 4コメント
54
リンク はてな匿名ダイアリー 350 users 58 コバルト文庫が終了しそう ソノラマ文庫と並び、ライトノベルレーベルの先駆けとして1976年に創刊されたコバルト文庫。その命脈が尽きかけようとしていることをご存知だろ…

リンク はてな匿名ダイアリー 8 users これ終了自体は既定路線なのです。 ロマン大賞は2015年に終了して、ノベル大.. これ終了自体は既定路線なのです。ロマン大賞は2015年に終了して、ノベル大賞はオレンジ文庫に振り向けられて以来、長期シリーズも畳んだり、オ…

ちなみに去年の作品だと

久賀理世、我鳥彩子は安定の出来、一原みうは電子版だけど良かったですよ。

リンク 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み 招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀 理世/ねぎし きょうこ | 集英社の本 公式 先王の遺児として、さびれた城で穏やかな幽閉生活を送っていたエレアノール。そんなある日、王命で第二王子ダリウスの妃候補として王宮に召されることに。宮廷での大きな陰謀の渦に巻き込まれて…!?
リンク 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み 楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥 彩子/くまの 柚子 | 集英社の本 公式 三人の姉と王位継承権を争う王子・果潤は、守銭奴だが自分の益になる人物には支援を惜しまない。そんな果潤の屋敷を、亡国の王女の生まれ変わりという少女が訪れ、王国再興に力を貸してくれというが?
リンク 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み 錬金術師は終わらぬ夢をみる 〜ゆがみの王国のセラフィーヌ〜/一原 みう/凪 かすみ | 集英社の本 公式 セラフィーヌはいつも同じ夢を見る。ひとつはヴェルサイユ宮殿の夢、二つめは雪山で逃亡している夢、三つめはR女子修道院の夢…そしてある朝目覚めると、美貌の錬金術師と助手がいて……!?

マルタサギーは探偵ですか?発売中 @k_norihara
【電子オリジナル】ちょー東ゥ京2 ~カンラン先生とクジ君のちょっとした喧嘩~ | e!集英社 ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?boo… なんと野梨原さんコバルトで今もちょーシリーズ書いてるんだよ pic.twitter.com/1xWGG0lzZj
 拡大

千代子 @chiyokono
最近のコバルトでは犬恋花伝をおすすめし続けてるんだけど(愛情の物語なんだよ……)、さっき確認したら紙の本買えなくなってた…そんな………
リンク 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み 犬恋花伝――青銀の花犬は誓約を恋う――/瑚池ことり/あき | 集英社の本 公式 人と獣の姿を持つ不思議な存在、花犬(はないぬ)。そしてその花犬を相棒に狩猟をする花操師(かそうし)。花操師見習いのコトナは、過去にあった花犬との辛い別れが原因で、現在の相棒セキとの関係がぎくしゃくしていた。近く行われることになっている、花操師への昇格試験の合格も危ぶまれる中、凶悪な花犬が出没し、多くの犠牲が出たという。それは、かつてのコトナの相棒である花犬..

庭鳥@BOOTH通販中 @niwatoring
コバルト文庫が終わる⁉︎とTLが揺れているけど、今の「コバルト」で庭鳥が好きな小説は、これ。 ウェブコバルトで、無料で読めるので平安時代モノが好きな方におすすめしたいです。 twitter.com/niwatoring/sta…

《映画刀剣乱舞は》くらミツハ《いいぞ》 @7424h
うおっ、、、、まじで? 最近読んだコバルト文庫だとひみつの陰陽師かなぁ。霊力的なものがなかった兄に変わって妹が頑張る話。上司が数学馬鹿で苦労する系。最近そういうのが琴線に触れるのだ。
リンク 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み ひみつの陰陽師1 ひとつ、秘め事だらけの宮廷絵巻【電子版限定・書き下ろしつき】/藍川竜樹/みずのもと | 集英社の本 公式 【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】1巻は発売後即重版!! 男装陰陽師少女の平安妖コメディ! 男と偽り、陰陽師として出仕した真澄。真澄の正体を知りながら、彼女のために秘密を守っている玲雅(あきらまさ)。麗景殿で起きた怪異を調べるため後宮に向かった真澄は、見知らぬ少女に言い寄られてしまい…!? お家存続のため男と偽って陰陽師として出仕することになった真澄は、先輩陰陽..

宮無@特務司書 @hakanashikanaha
コバルト文庫か…… 一番最近のでも「贅沢な身の上」だからなあ…… あれは中華後宮ものなのにコメ強めのラブコメを三人称でやってたのが新鮮だった
リンク 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み 贅沢な身の上1 ときめきの花咲く後宮へ!/我鳥彩子/犀川夏生 | 集英社の本 公式 豪商の娘・花蓮(かれん)は危機に直面していた。両親に縁談を迫られたのだ。男よりも趣味に生きたい花蓮は結婚なんてあり得ない! そこで花蓮が思いついたのは、新皇帝の後宮に入ることだった。何千人もいる妃に紛れてひっそり暮らせば、自分の時間を全部趣味に使えるはず! そう思い首尾良く後宮に潜り込むことに成功はしたけれど…!? 雑誌Cobaltで圧倒的読者支持をうけた作品がついに..

ミメイ@新刊通販中 @dawn4696
手元にある一番最近のコバルト文庫は2016年の「還るマルドールの月」で、これがヒロインが大層気持ちのよいお嬢さんでラブもあって面白かったです。言うてレジェンド(野梨原先生)の本。
リンク 集英社の本 | コミックス~書籍~雑誌の公式情報と試し読み 還るマルドールの月 The Return of the Mardore Moon/野梨原花南/yoco | 集英社の本 公式 没落貴族の娘ダリアードは16歳の春、爵位と引き替えに元敵国であるツェブ合衆国の大富豪と結婚することとなった。相手の名前も知らないまま赴いた先で待っていたのは、眼光鋭いカタブツ警部、マーク・コリンズ。ダリアードは彼に激しく「運命」を感じてしまって。恋愛とかときめきなんて自分には一生無縁と思っていたダリアードの人生は一転、カーニバルみたいに色とりどりになるのだが!?

山本元 @jh_yamamoto
コバルト文庫で最近買ったのはたしか「薬草令嬢ともふもふの旦那様」だったかのう。
残りを読む(98)

コメント

まんまるまるまいん @manmarumarumain 2月3日
樹川さとみ先生、「時の竜と水の指輪」大好きだった。ボロボロになるまで読んだ本のひとつ。今はどんな作品を書かれているのだろうと思ったらご病気されてたと知って、少しショックを受けている。野梨原先生も大好きだったけど、個人的に最高なのは他レーベル作品の「逃げちまえ!」なんだよな……そのレーベルもうなくて、かろうじてkindleがあるだけっぽいけど本当におすすめです。
🐰砂漠のうさぎ🐰 @Rudder_Qiana 2月6日
『伯爵と妖精』、『ヴィクトリアン・ローズテーラー』は本当におすすめ。長くて読みごたえがあるし、社交界とかドレスとかイギリスのそういう世界観が好きな女の子には堪らないシリーズ。あとガラッと変わって平安テイストの『嘘つきは姫君のはじまり』も面白かったです。コバルト文庫、私の中学生時代をつくったものだからなくならないで欲しい。
せりか様は(女の子に)告らせたい @selica_akeno 2月6日
コバルト文庫は新井素子・久美沙織→マリみてと来て、千代菊がラストだから最近の作品は知らないのよ。
ゆきち @uQTaDwBpns2fs0u 2月7日
むしろ、まだあったのかと思ってしまいました…すみません 藤本ひとみとか炎のミラージュとか、読んでました 最後に読んだのはマリみてかな
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする