カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
14
飯田泰之 @iida_yasuyuki
全く無知なんだけど,不祥事を起こした俳優の出演作の上映・放映を自粛する習慣っていつはじまったの? この習慣,コンテンツ制作のリスクをとんでもなく引き上げてると思うんだが。。。
むろやねい◆訳書ネルシア『フェリシア、私の愚行録』(幻戯書房) @NeiMuroya
槇原敬之のときかな(適当)。そもそも俳優じゃないな(笑)。でも映画やドラマよりも音楽の方で先に始まったような気がするな。
テリーさん @terry35639
@iida_yasuyuki 少なくとも、歌手の槙原さんが覚醒剤で捕まった時も自粛みたいな事なってました。 ただ、すぐにテレビに復帰してましたけど。
照ZO(厨2助詞) @terzoterzo
少なくとも、田代まさしの頃はソレが有ったよなァ…。田代が干されて、田代の出てたコンテンツ、一切が消えたり、若しくは再販が無くなったりしてるからなァ…。田代主演の映画とか監督の映画とか、DVDやbrで売られてる、とか聞かんやん?と…。→
ようよう @oya_gurren
昭和は俳優が不祥事起こしても封印されなかった印象ある。
佐藤道博 @satton72
@iida_yasuyuki 1976年に克美しげるが殺人事件を起こしたとき、『エイトマン』の再放送は主題歌なしになり、後に発売されたサントラも別アーティストのカバーになったと言われているので、それなりに歴史は長いかと。ただ、これは起こした事件の内容が内容でもあり、近年の「厳しい」対応と同列に扱えるかは。
佐藤道博 @satton72
@iida_yasuyuki なお、横溝正史が自身の作品のテレビドラマ(人形佐七捕物帖)を振り返ったエッセイでは、登場人物を紹介する際、 「豆六役は、最近問題を起こした克美しげる・・・」 と書いており、完全に「抹殺」する雰囲気ではなかったことをうかがわせます。
カシン @8QXam
@iida_yasuyuki んなこと言ったら、たけしなんて製作自体できないですよねぇ。
見捨つるほどの粗忽はありや @domaniika
たけしだってフライデー襲撃事件のあとソフトぜんぶお蔵入りとかなかったよね?
見捨つるほどの粗忽はありや @domaniika
欽ちゃん全盛期にわらべのひとり(だったっけ、2人でわらべだったっけ)がタバコだの同衾写真晒されただので欽ちゃんがテレビで生謝罪させられたのは記憶にはっきりあるんだが
見捨つるほどの粗忽はありや @domaniika
これちゃんと調べてみたらどうなんだろうな 出演者が不祥事したらぜんぶ引き上げのモメンタムってどこかにある気がする
見捨つるほどの粗忽はありや @domaniika
だって勝新の新しいほうの座頭市、撮影中に人死にでたのにそのまま世に出たからな.....
ksya @ksyak
@iida_yasuyuki 事件の内容によると思う。 被害者のいる犯罪はアウトでしょう 特に強姦とか最悪
中乃井みあき/己丑より @nakanoi_miaki
@tkounoeconomist @iida_yasuyuki その場合でも声優や監督、プロデューサーやスタッフが不祥事、スキャンダルを起こして作品がお蔵入りになる可能性があります…
中乃井みあき/己丑より @nakanoi_miaki
@tkounoeconomist @iida_yasuyuki 自分で書いたのになんですが、監督やプロデューサーが逮捕されると作品が封印されるなら、角川春樹時代の角川映画は全滅ですね。
煩祭 @bonsai_cheep
@iida_yasuyuki 企業側のリスクマネージメントとしては適切ではないかと。 表現の自由があるならば表現のリスクも伴うわけで、何ら不思議ではないかな。
天文 @ten_mon
テレビドラマとかの場合、映画と違って、演者にも使用の許諾が必要なんだけど、それと関係あんのかな。
天文 @ten_mon
特にNHKあたりの動きを見ると、ケシカラン程度だけの理由ではない感じもする。権利処理になにかあるんだよ。
うさぎか令和 @usagikare_
@iida_yasuyuki 逆説的なツッコミですが、とんでもなくリスキーな程、犯罪が多いと言う意味にも取れますよね 犯罪はしなくて当たり前、まして強姦など論外です
suzuume @asakiyumemishie
@iida_yasuyuki 映画などは文化としての側面も強いので、どこかに注意書きを付けるなどでお蔵入りは避けてほしいですね。 (高齢の監督は次が無かったりもしますし、特定の監督との組み合わせで特に輝く主演俳優とかいますから。)
eviano @eviano76
特に今は配信があるからなあ
stingray @vox1102
@iida_yasuyuki 確かに。まぁ百歩譲ってテレビで垂れ流すのケシカラン、ってのは理解できても、有料の配信や映画は別にいいじゃん、って思いますね
オスギ@フューチャリング@ピーコ @taketikubi7
@iida_yasuyuki @kyounoowari 個人的には作品と製作者って完全別物でいいと思うんですけどね。例えば、ベートーベンがとんでもない犯罪者だったのが現在判明したら、全部自粛するんですかね?音楽の素晴らしさは変わらないだろうに。殺人鬼が作ろうがなんだろうが、作品が良ければそれでいいと思うんですけどね…
残りを読む(8)

コメント

たし @punimuchiya 2019年2月4日
映画はともかくテレビの方は、究極的には「スポンサーの印象を上げるための映像を流して金をもらう」というビジネスモデルだから、印象下がりそうな奴をの映像は流さない、というのは習慣じゃなくてただの経営判断じゃないですかね
にゃるらっとほてっぷ @nyalrathottep 2019年2月4日
経営判断だろうが、「そんなやつだとはしらなかった! 話が違う!」的トカゲの尻尾切りのようなものではなかろうか
ひろp @hirop1969 2019年2月4日
スペル星人からやろなあ(適当)
Kitty_Guy_Records @cherry_ITO 2019年2月4日
松田優作なんか、今だったら何回作品封印されてっかわかんねえな  でもこうでもしないと判らない奴らが、芸能界には多いんじゃないのか?
orange @orange_in_space 2019年2月4日
勝新太郎の話が出てるけど、勝新太郎が亡くなった時に当時のニュース番組NEWS23で、生前の出来事を不祥事も含め紹介した映像のあとに、筑紫哲也がこういう自粛はいかがなものか的な意図(たぶん)で、(記憶あやふやだけど)「いつからわたしたちは映画スターに道徳のお手本を求めるようになってしまったのでしょうか?」みたいな感じの事を〆に言ってて、たまにいい事言うなこの人って思った><(粉みかん)
冷泉鷹章@新札幌金澤アルテミス艦隊主計局・甲16←更新! @Taka_reizei 2019年2月4日
この一件で解ったこと、あの界隈は「1984」(オーウェルの小説)や「PARANOIA」(TRPG)でネタにされてる 「ダムナシオ・メモリアエ」(存在の抹殺)や「連座」(集団懲罰)を極度に恐れている。 特亜三国を侵食している原始奴隷制に堕した共産主義に染め上げられている点ですわ。 「両班・白丁」「髪を留めぬ者、頭を留めず」「イワン3世からの農奴制」の軛に此方を引きずり込もうとしている。 最優先すべきは汚染された業界の浄化からではと。
エンピ(無能で怠け者で卑怯者) @muridesune 2019年2月4日
有名人の犯罪で自粛を批判している人がいるけど、自分や自分の周りの人が被害者だったら冷静に自粛を批判出来るのかな?
ふぁむ氏 @phantom0730 2019年2月4日
あほらし…芸能人が性暴力で捕まったら、性暴力描写じゃなくてその芸能人を画面から消して自粛しました!ってんだから被害者のコトなんざどうでもいいってことやろ
dakuryu @dakuryu 2019年2月4日
俳優の罪のせいで作品が見られなくなるのは巻き込まれ損する関係者が多すぎるし、単純に勿体ないから無くなって欲しい。歌手の罪のせいで歌が聞けなくなるのは残当かもしれない
Takashi @entakashi 2019年2月4日
犯罪を犯したら過去の業績も抹消するってのはどうかと思うがな。TVやラジオはまあ仕方ないとしても自分で選べるDVDやネット配信はやってもいいだろ。
おこそとのホモよろを @aiueo2341 2019年2月4日
あくまで「自粛」としてならいいんじゃない?部外者からの圧力で取りやめとかなければ。
もなきち @zanyrabbit 2019年2月4日
アラジンかなあ。子供心にびっくりした。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年2月4日
いずれ俳優という職業がなくなってバーチャルキャラクターのみで映像作品は作られることになりそうだな。完全にリスクヘッジするにはほかに方法はない
公然秘密結社社員 @higrik 2019年2月4日
別の考えでは事務所の契約等の問題もあるのではなかろうかと思うが、詳しくはわからない。
のなめ/鈴木耀P @CodeName_NoName 2019年2月4日
ラルクアンシエルのメンバーが逮捕されたときは「ファンが真似しかねない」のと「炎上販売防止」で業界からストップがかかるってCDレンタルショップの店長から聞いた
信太さん @shino_da 2019年2月4日
主演だと続編、プロモ、宣材なんかにいちいち使いにくくなるし、ある程度経営判断こみの事情はあると思う。
かめあたま さおたろう @yamasan73 2019年2月4日
テレビやラジオの放送禁止用語というのも本当はそれほど多くはなくて、勝手に自主規制しているのがほとんどと誰かが言ってた
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2019年2月5日
潮健児氏逮捕のときはバトルフィーバーJ放送停止してないんですよね。仮面ライダーや変身忍者嵐の再放送が自粛されたかまではわからないですが。
まりまり @MarikoOno_suzuk 2019年2月5日
結果論だけど、不祥事で自粛→莫大な違約金が発生する、というのが当然となれば、犯罪の抑止力が期待できたりはしないだろうか。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年2月5日
「不祥事を起こした俳優の出演作の上映・放映を自粛しない」というのなら、芸能界はヤクザのシノギにもどるだけやで。他人のカネでモノ作ってて、そんな道理は許されんやろ?
marumushi @marumushi2 2019年2月5日
M__Sadohara 放送の自粛とヤクザのシノギとの関連性がよく分からないので、解説お願いしていいですか?
のの @simeta 2019年2月5日
自粛で膨大な違約金が発生する流れだと、事件化しないよう被害者への示談を迫る圧力がその分大きくなるんでは? 自粛しないよりも事件が闇に葬られやすくなって、次の被害者が発生する恐れも。
吉田 @shigotoyounoaka 2019年2月5日
世間様って、気に食わない番組があればすぐスポンサーに電凸するんだから、そりゃこうなるでしょ
ざわ @zawayoshi 2019年2月5日
上映派「作品には罪がない!」 自粛派「被害者の感情を考えろ!」と加害者側と被害者側に別れた主張をするから自粛派がどうしても強くなるんだよな。
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年2月5日
作家の喜多嶋隆氏がいくつか書いているシリーズの中に、収録が終わったあとにスキャンダルが発覚しないようにトラブルが芽のうちに解決する主人公の小説があって、1980年代にはもう言われていた。喜多嶋氏はコマーシャル業界出身の人なのでドラマとはちょっと違うかも知れないけど、コマーシャルからドラマへの動きになっていたのかな。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年2月6日
marumushi2 ヤクザにとって、「他人の醜聞のもみ消し」は十八番なんでね。そういう法に反するような醜聞抱えてる役者どもがそういうヤクザ絡みの事務所に入って、事務所に多少なりとも手数料として払うとすれば、ギャラや再放送時の支払いの一部がヤクザへ流れていくんやな。犯罪者となった俳優を使い続けるということは、ヤクザに金渡すと同じなんやで
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年2月6日
テレビ絡みで仕事してる人なら、「私は暴力団など反社会的組織の構成員ではありません。また、そのような組織や人物ともかかわりを持ちません。そのような組織・人物との接触があった際は速やかに社へ報告します」旨の念書明かされてる人がほとんどだと思うよ。私含め。
marumushi @marumushi2 2019年2月6日
M__Sadohara 仮にそういう構造があったとして、それなら自粛しようがしまいが、常時ヤクザに金は流れてるという話になりませんか?そもそも揉み消せてない時点で払う義理もないとは思いますがw
marumushi @marumushi2 2019年2月6日
しかも過去の例を見ても永久に自粛というわけでもなく、だいたい一定期間が過ぎた後は普通に復帰したり再放送してることも多い(今回のケースがそうなるかはわからないが)。結局、もっともらしい理由をつけながら、実のところは業界特有の謎の慣習である「禊ぎ期間」というだけなのでは?