第95回ピッティ・ウォモまとめ

1月8日~11日までフィレンツェで開催された第95回ピッティ・ウォモが終了し、約1か月が経ちました。フィレンツェ、ミラノ、東京の3か所からアップした25本をまとめ、最後に総評もあります。メンズファッションの最新情報に興味のある方、クラシックなスタイルが気になる方、是非ご参考にしてみてください。Ho riunito i pezzi degli articoli del Pitti Uomo No.95. Divertitevi!
0
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム1】会場をビックリ箱のように見立てた“THE PITTI BOX”が今回のテーマ。センターパビリオンの前は、写真のようなメッセージ性のあるアーケードやカフェを設置。前回に続き、ライフスタイルに驚きを与えるクリエーターのセルジオ・コラントゥオーニ氏が担当! #pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/fjQurbtvib

2019-01-09 14:44:56
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム2】ニットは、多彩なデザインや時流からも注目のアイテム。日本でも益々人気が高まるブランド「マクローレン」は、1980年代のデザインを漂わせたジャカードのモックネックニットを発表。柔らかなスーパージーロング・ラムズウールは、まさに大人好みの感触だ。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/q03QTRNSxj

2019-01-09 14:45:11
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム3】巧みなものづくりに加え、クラシックな服をいかにモダンな場に溶け込ませるか…。「ラルディーニ」は、ニューヨークなどの街並みからアクセントカラーを探り出し、ブランドの世界観を美しく表現。イエローキャブの黄色が、クラシックなグレーを引き立てる。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/jI2d8H3wfe

2019-01-09 14:45:33
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム4】2019年春夏で本格上陸を果たしたプリーリア州に生産本拠を構える「ラトーレ」。1970年代のイメージを蘇らせた、ゴージラインが低い構築的なスタイルのスーツが圧巻。味のあるネップツイードが、実にいい雰囲気である。日本向けのカプセルコレクションから。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/ILvWEHd2iL

2019-01-09 14:45:51
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム5】オリジナルの生地を使い、常にモダンクラシックな世界を牽引する大人気ブランド「タリアトーレ」。ミリタリー由来のタイロッケンを存在感のある、赤×クリームのチェック生地で表現する。着丈の長いゆったりとしたシルエットが男らしさを鮮やかに演出する。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/GVSFavx4bA

2019-01-09 14:46:09
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム6】イタリアが誇る巨大なニットブランド「グランサッソ」。柔らかく仕上げたフェイクムートンを前身頃に使い、袖や後身頃には3ゲージのメリノウールによるブルゾンを発表。ブラウンとホワイトの品のいい色に加え、今回のキーワードとなる”エコ“を表現した。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/93vEPR6Je9

2019-01-11 22:04:09
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム7】春夏に上陸を果たし、本格的な展開が楽しみな「ポール&シャーク」の見どころは、透湿性があり防水性がめっぽう高いオリジナル素材の”タイフーン20000“を使ったジャケット。”プライムロフト“という保温性が完璧な中綿で、軽快な防寒着に。鮮やかな6色展開。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/gR3r30zs7V

2019-01-11 22:04:29
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム8】初出展となるウンブリア州の実力派ニットメーカーの「ランベルト ロザーニ」。カシミア96%×シルク4%の極上糸によって、3種類の編み地をインターシャで繋いだ絶品のクルーネックニット。ニットの微妙な質感の違いに加え、トレンドのグリーンを上品に見せる。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/VEQIqu5Ve6

2019-01-11 22:04:50
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム9】クリーミーな色合いは、「ブルネロ クチネリ」の品格を生み出すパレット。ナイロン×ポリウレタン素材の白いパンツに、カシミアニットとムートンブルゾンをコーディネートした着こなしは、単なるスポーツスタイルに一線を画す、まさにリッチな雰囲気が漂う。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/hvTlSo2RdA

2019-01-11 22:05:17
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム10】2012年のデビューから7年目を迎え、”サルトリアル エンジニアリング“として、強くコレクションを打ち出した「ヘルノ」ラミナー。これまでと変わり、表素材にウールやカシミア混、コットンフランネルなど多彩なバリエーションが楽しめる。色バリも豊富だ。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/iUWIsrw7v4

2019-01-11 22:05:31
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム11】着実な人気とヨーロッパの販路を拡大中の「ハバーサック」。主力商品のコートは、ミリタリー由来のデザインがブランドの顔だ。ウール×アルパカの毛羽立った生地が特徴のコートは、1930年代の“テディベアコート”をアレンジ。大きなフードが存在感を放つ! #pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/6qeR2XNKbd

2019-01-12 18:02:36
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム12】創業235年となる名門中の名門のニットブランド「ジョン スメドレー」。クラフトマンシップを回帰し、原糸の色を生かしたスピニングとフィニッシングによって、ザックリとしたクルーネックセーターをつくった。昔のケーブル柄を再現した編み地が最高だ。「#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/tWZHcbUOQR

2019-01-12 18:02:54
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム13】やはり服づくりでは、圧倒的な技術力を発揮する手練れの「ベルヴェスト」。ニットように見えるファンシーな大柄の生地を、あえて織りで生み出し、“ジャケット イン ザ ボックス‘仕様でつくり上げた。1970年代を彷彿とさせる佇まいは、トレンドのひとつだ。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/rbbNkS1vMg

2019-01-12 18:03:14
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム14】日本でも人気の高まるイギリスの「ジョセフ チーニー」。ドレスラインの最高峰となる”インペリアル コレクション’から新しい木型が登場。チゼルトウのスクエアなフォルムが美しい。ダブルモンクやレースアップ、ローファーなど多彩なデザインを展開する。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/Ypprguwe6N

2019-01-12 18:03:29
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム15】先シーズンに続き、オーバーシャツの提案を強化する「オリアン」。サファリジャケットをベースにしたデザインは、グレンチェックにジャカードで花柄をアレンジした生地によって、オリジナル感が際立つ。カジュアルな顔とエレガンスが漂う。これは絶品だ!#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/UN15W3pgtN

2019-01-12 18:03:45
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム16】クリエイティブディレクターに松島正樹氏を迎え、過去のコレクションを振り返り刷新した「クルチアーニ」。カシミアをふんだんに使い、縮絨をかけた贅沢なポロタイプやクルーネックが圧巻だ。レディースにもクリエイティブを感じさせた。今後が楽しみ! #pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/7OLDzkmrwv

2019-01-13 20:27:31
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム17】1877年、スペイン・マヨルカ島で創業した名門「ロトゥセ」。新作の“テラ”ラインは、ベジタブルタンニン鞣しによるアッパーと靴紐。天然ゴムのソール、ニッケルフリーの鳩目など、すべての靴の素材が経年によって自然にかえる。まさに注目のエコな一足だ。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/7fDZQH4OzL

2019-01-13 20:21:04
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム18】リスタートして6年、ピッティ出展が4年目となる「インバーティア」。この秋冬にブレイクしたダッフルコートの名ブランドは、貫禄のラインナップ。「ジョシュア エリス」の生地を使ったエクストラロングは、42サイズで着丈112㎝。迫力あるシルエットだ!#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/zCs20bTzc6

2019-01-13 20:28:14
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム19】ドレスシャツづくりに定評のあるメーカーが、新たなモデルとして投入したのがオーバーシャツだ。ナポリの「フィナモレ」は、アメリカの作業服からインスパイアされたポケットのデザインが印象的なアウターを発表。シャツづくりの技を生かした逸品である。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/b8xHbabtGl

2019-01-13 20:29:39
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム20】まだまだ日本で馴染みが薄いが「プリンチペ デレガンツァ」は、ナポリの実力派ブランドだ。伝統の仕立て技術を生かした服づくりは、まさに体に吸い付く着用感である。サファリジャケットを前に凄腕のサルタ、アントネッラ・デローザが技を解説してくれた。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/4TDRdmeKKl

2019-01-13 20:31:13
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム21】往年の洒落た文化人が着用したコートを基に、オリジナルのデザインを展開する「コヒーレンス」が、初めてジャケット「ミラー」を投入。作家、ヘミングウェイが1950年代に着ていたチロリアンジャケットをアレンジした。ニット素材に加えたパイピングが粋! #pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/csG1nzO0hO

2019-01-15 12:28:59
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム22】パンツ専業ブランド「ジャブス」は、フィレンツェ近郊に本拠を構える。ドレスラインを得意とする一方、人気のスポーティなラインに登場した“スペース フィット”は、多彩なカーゴパンツが見どころ。ゆったりとしているものの、品のいいシルエットが最高だ。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/sxtWc1AXB1

2019-01-15 12:29:18
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム23】英国伝統の寛いだスタイルを、いまの気分に落とし込んだアイテムを続々と提案する「ドレイクス」。クリエイティブディレクターのマイケル・ヒル氏が、“チョージャケット”を薦めた。トスカーナの厚手カーフで表現した、無骨さと洗練さとが共存した一着だ。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/68p3DCWRWS

2019-01-15 12:29:38
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム24】薄くしなやかなスエード素材から、しっかりとした手応えを感じるムートン素材を使ったアイテムまでを発表した「ルッフォ」。カーキ色のムートンを型押しによって、コーデュロイのような繊細な畝を表現したピーコートは、是非とも欲しくなる大人の逸品だ。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/vygJguLXBF

2019-01-15 12:29:53
拡大
矢部克已 Katsumi Yabe @katsumiyabe

【ピッティ アトランダム25】ブランド設立10周年を迎え、初出展を果たした「デ ペトリロ」。軽やかなナポリ仕立てが真骨頂だ。コーディネートは、注目のキャメルカラーで見事に仕上げる。大柄のグレンチェックをデザインしたウール生地によるジャケットは、身体に馴染む一枚仕立て。#pittiuomo #pu95 pic.twitter.com/lwdKWbVFNF

2019-01-15 12:30:11
拡大
残りを読む(1)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?