編集可能
2019年2月10日

アメニティーフォーラムに参加した大久保賢一先生のつぶやき

2
熊谷晋一郎 @skumagaya

Natureの今月の特集は研究の共同創造(co-production of research)。 nature.com/collections/nn… そのタイミングで日本からも画期的な本が出ます!副タイトルの「コミュニケーション学の共同創造」こそが、この本の新しさを伝えています。是非、ご一読を!! twitter.com/ayayasatsuki/s…

2018-10-16 00:39:44
epitaph3 @epitaph3

宝塚市の「害」から「碍」に変える方針について思うこと(190206)|epitaph3・Weather Report @epitaph3|note(ノート) note.mu/epitaph3/n/n5c…

2019-02-06 10:11:01
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

アメニティフォーラム参加のため大津なう。活気あるなあ。今日これから15時から行動障害のセッションで登壇予定です。アウェイ感半端ないけど頑張るぞい。 glow.or.jp/wordpress/wp-c… pic.twitter.com/y31fiAnONI

2019-02-08 12:37:14
拡大
拡大
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

アメニティフォーラムの行動障害セッション、4時間もあるのでまだまだ続きますが、とりあえず最初の出番だん。オーディエンス600人!

2019-02-08 17:26:54
斎藤環 3.15発売「まんが やってみたくなるオープンダイアローグ 」 (医学書院) @pentaxxx

暴力支援施設の被害者が提訴しても勝てるとは限らない。でもひとつだけいいことがある。提訴すればマスコミは施設名を報道できる。僕がそれを拡散する。利用者が激減して施設が潰れる。そう、長田塾のようにね。

2019-02-08 18:23:20
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

これから夜の部。夜の部といっても飲み会ではなくてガチのセッションが23:30まで続きます。。。貧困と引きこもりについて勉強します。

2019-02-08 21:11:09
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

いやあ、激アツ。 「家族機能が壊れている場合、支援するのは地域、つまり赤の他人」 「親は何人いてもいい」 「自己責任論は、周囲が支援したくないという口実」 「支援は質より量」など、パワーワード連発。 貧困問題から家族論へ。

2019-02-08 21:48:25
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

「制度と制度の狭間」というより実は「制度と家族の狭間」が問題で、その原因を自己責任論に押しつけていたのがさらに問題という話。

2019-02-08 22:11:44
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

家族機能の社会化。例えば互助会などの仕組みで赤の他人が葬式を出し合う社会。

2019-02-08 22:13:43
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

へえ。和歌山の田辺にこんなところがあったのか。。。 →共生舎に遊びに来たい人へ - 山奥ピエールの「山奥ニートだけど小説書いたり俳句詠んだりアナログゲームやったりブログ更新したりで毎日が忙しすぎる」 yaba-raiko-shusaku.hatenablog.com/entry/2017/06/…

2019-02-08 22:47:44
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

さらに延長しそうな勢いやったので抜けてきました(>_<)疲れた(>_<)

2019-02-08 23:40:23
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

今日一緒にセッションやった精神科のドクターがおっしゃっていた「行動障害のある人に対する薬物療法の効果は、全般的な活動レベルや覚醒水準に影響を与えるということであって、特定の行動のみを改善させることはできない」・・・

2019-02-09 00:21:22
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

「基本的には行動の機能に応じたアプローチや環境の構造化が必要であり、薬物療法よりも優先される」 「医師に果たせる役割はあるが、支援全体の一部である」 といったお話は、福祉関係者だけではなく、とりあえず薬を飲ませれば何とかなると思っている学校の先生にも聞いて欲しい内容でした。

2019-02-09 00:24:12
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

後は数十年にわたって薬物療法を続けている人たちの健康への影響については、これから色々なデータが出てくるんでしょうね。まあたとえ悪影響があったとしても、それで薬物療法やめたらええやんといったような単純な話ではないと思いますが。

2019-02-09 00:29:06
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

行動分析的に薬物療法の効果を捉えると、それは弁別刺激と強化子の価値を変えているんだと説明されていた人がいたような気がするんやけど誰だったっけ?

2019-02-09 00:34:11
時安邦治 @opalpanda

家族幻想を国民に押し付けてきた自民党が、ここに来て児相の問題に取り組もうと動き出したのを見ると、あらぬ結論にたどり着くのではないかと心配になる。まあ、「家族の絆を守れ」にしかならんだろうな。

2019-02-09 07:55:15
AlwaysHappyTraining&Care,Nosework @ANosework

高校の頃(行ってないけど)、潔癖症が酷かった(外出毎に洋服や鞄ごとシャワー浴びてたし手が変色して赤切れになるまで洗ってた)ので精神科で薬を処方してもらってました。変えられない環境からの刺激を和らげるのには、やはり薬の服用は有効。そのままだと傷口開いたまま海水につかるようなものだから。 twitter.com/kenichi_ohkubo…

2019-02-09 08:02:19
Atsushi Oshio / 小塩真司 @oshio_at

「3組に1組は離婚する」といいますがその根拠は「ある年の離婚件数をその年の婚姻件数で割ると35%くらい」です。だんだん婚姻件数が減っていて,婚姻は蓄積しているので離婚数が多いのは当たり前です。見るべきは有配偶離婚率(婚姻者における離婚率)で,それは10%以下。

2019-02-09 08:21:14
Atsushi Oshio / 小塩真司 @oshio_at

小学校のクラス30人のうち10人も親が離婚しているという話は聞いたことがありません。

2019-02-09 08:26:38
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

ちゃんと8:30の朝イチセッションに参加してる俺超えらい。参加しているのは精神科病院と特養の「看取り」。サブタイトルは「ひとはどこで死ぬのか」。

2019-02-09 08:45:54
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

「バンテリン塗って」は、あまり子どもの臨床では耳にしないフレーズ。

2019-02-09 08:55:12
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

「延命はしない」という意思の尊重は色々と難しいことがあるけど、やっぱり重要。QOD(死の質:Quality of death)って言葉もあるんですね。QOLの最終盤。今は「安楽死」、「尊厳死」、「自殺幇助」などごっちゃになってるので、まずは概念的整理をして、身近な人と話をすることが必要ですね。

2019-02-09 09:11:20
大久保 賢一 @kenichi_ohkubo

自宅でおばあちゃんが亡くなるところを孫たちが見送る画像を見ながら色々なことを考える。多分おばあちゃんが望んでいたシチュエーションやと思うし、これって子どもたちの育ちにも意味があると思う。

2019-02-09 09:18:44
afcp @afcp_01

@kenichi_ohkubo 僕かも。他にもどなたかいそうな気もしますが。

2019-02-09 09:39:48
残りを読む(64)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?