限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
65
nakatsu_s @nakatsu_s
【緩募】高校生までの漢文の授業以外で、まぁ本・歴史好きなら絶対に目を通したことのある漢詩って、項羽「垓下の歌」/曹植「七歩詩」/『人虎伝』の漢詩ぐらいですよね。それ以外にあるかなぁ……。
nakatsu_s @nakatsu_s
項羽「垓下の歌」 力拔山 兮 氣蓋世(力は山を抜き 気は世を蓋ふ) 時不利 兮 騅不逝(時 利あらず 騅 逝かず) 騅不逝 兮 可奈何(騅の逝かざる 奈何すべき) 虞兮虞 兮 奈若何(虞や 虞や若を奈何せん)
nakatsu_s @nakatsu_s
曹植「七歩詩」 煮豆持作羹 豆を煮て以て羹と作し  漉支以爲汁 支を漉して以て汁と爲す 稘在釜下燃 稘(まめがら)は釜の下に在りて燃え 豆在釜中泣 豆は釜の中に在りて泣く 本是同根生 本と是れ根を同じくして生じたるに 相煎何太急 相煎ること何ぞ太(はなは)だ急なる
nakatsu_s @nakatsu_s
『人虎伝』の漢詩/山月記 偶因狂疾成殊類 災患相仍不可逃 今日爪牙誰敢敵 当時声跡共相高 我為異物蓬茅下 君已乗軺気勢豪 此夕溪山対明月 不成長嘯但成噑
nakatsu_s @nakatsu_s
偶(たまたま)狂疾(きょうしつ)に因りて殊類と成り 災患相仍(よ)りて逃(のが)るべからず 今日(こんじつ)爪牙(そうが)誰か敢へて敵せん 当時声跡共に相高し
nakatsu_s @nakatsu_s
我は異物と為る蓬茅(ほうぼう)の下(もと) 君は已に軺(よう)に乗りて気勢豪なり 此の夕べ溪山明月に対(むか)ひ 長嘯を成さずして但だ噑(ほ)ゆるを成す
nakatsu_s @nakatsu_s
他にあるかなぁ……。まぁ漢詩の教科書にはそりゃ様々載ってるし、私も覚えているけど長恨歌とか。そうじゃなくて、高校生までに触れる漢詩を探してます。
Хаями Расэндзин🌀固定ツイート見てね @RASENJIN
@nakatsu_s 鞭声粛粛夜過河 暁見千兵擁大牙 遺恨十年磨一剣 流星光底逸長蛇 はいかがでしょうか(変化球)。
nakatsu_s @nakatsu_s
@RASENJIN 切り込んでくるなぁ……。私は覚えてないけど、頼山陽「川中島」(ですよね)はたしかに読んだことあるわ。
みのうら @wind_steed
@nakatsu_s サヨナラだけが人生だ、の「勧酒」はどうですか?
unam @nniiicccooholic
@nakatsu_s こんにちは。 春眠暁を覚えずは、いつ履修でしたっけ?
石塚 美琴 @ishiduka_mikoto
@nakatsu_s 日照香炉生紫煙 遥看瀑布挂前川 飛流直下三千尺 疑是銀河落九天 李白 望廬山瀑布 聖闘士星矢で見ました。 あとは 枕草子で 白楽天 香炉峰の雪 香炉峰雪撥簾看 でしょうか。
nakatsu_s @nakatsu_s
@ishiduka_mikoto あー、『聖闘士星矢』か。それは覚えている人多いだろうなぁ。 枕草子『香炉峰の雪』は、確かに。 これ最初に読んだときは、「知識のひけらかし」とか思ったけど、後にオタク気質の自分と変わらないことが分かって、まぁインテリ&オタクはそうやるよなーと納得しました。
石塚 美琴 @ishiduka_mikoto
@nakatsu_s 清少納言センパイの例もありますが抑えきれない欲望だと自覚はしております。 三国志の桃園の誓いは漢詩ではないので排除しました。 有名なのですが。
nakatsu_s @nakatsu_s
@ishiduka_mikoto 「桃園の誓い」は本当に悩みどころなんですよねぇ。。。でも三国志絡みでは、曹植「七歩詩」が入るからもう良いかなってのもあるし。--どうやら本人の詩ではない創作エピソードらしいけど。
ooi@n_m @JDSDE214
@nakatsu_s 杜甫の「春望」かなあ。 国破れて山河在り、と言う。
甘木零 @cobol_amaki
@nniiicccooholic @nakatsu_s 「春暁」は、中学教科書にも採択されて、全国の公立高校入試に良く出ます。 そして高校一年教科書にも載ってる事が多く、『うる星やつら』の授業シーンにも使われてました!
nakatsu_s @nakatsu_s
@JDSDE214 漢文でも出ますけど、古文で「奥の細道」をやる時に必ず言及されるから、やはり外せないか。。。。
ooi@n_m @JDSDE214
@nakatsu_s あと、大河ドラマでタイトルに使われましたし。(私らの歳だと、ですが。)
石塚 美琴 @ishiduka_mikoto
@nakatsu_s どこまでが史実かとなると難しいですね。
nakatsu_s @nakatsu_s
@cobol_amaki @nniiicccooholic 「春暁」 孟浩然/私は全文を習った記憶がなかった! 中学かー。 春眠不覚暁 春眠(しゅんみん)暁(あかつき)を覚えず、 処処聞啼鳥 処処啼鳥(しょしょていちょう)を聞く、 夜来風雨声 夜来風雨(やらいふうう)の声、 花落知多少 花落つること(おつること)知る多少(たしょう)。
unam @nniiicccooholic
@nakatsu_s @cobol_amaki お二人とも、ありがとうございます! 懐かしいですねえ。この詩、字を見るだけで韻を踏んでいる感じが伝わってきて、なんだか好きなんですよねー
ganmo @ganmo
@nniiicccooholic @nakatsu_s @cobol_amaki 国破れて山河あり、はどうだったか? (有名だと思っている割には、ここいか言えない^^;)
櫻井重利 @sakura_is
@nakatsu_s 唐代・于武陵氏の「勧酒」はどうでしょうか? 勧君金屈巵 満酌不須辞 花發多風雨 人生足別離 私は井伏鱒二氏の訳が素敵で、 漢詩と知って原典をあたりましたが😄 この杯を受けてくれ  どうぞなみなみ注がしておくれ  花に嵐のたとえもあるぞ  さよならだけが人生だ
残りを読む(43)

コメント

らくしぃ @x891rksy 13日前
『酔拳』の修行パートで涼州詩が出てきた気がする
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 13日前
もう忘れちゃったけど、星新一「明治・父・アメリカ」新潮社にでた漢詩には興奮したな。
barubaru @barubaru14 13日前
天生万物以養人  人無一物以報天  殺殺殺殺殺殺殺
ヒジャチョンダラ @citabow 13日前
南鶴ヶ城を望めば砲煙あがる(南望鶴城砲煙颺)~ とかひと昔まえは歌謡曲で知ったのがあるけど、純粋に漢詩って訳でもなさそうだ。
#53 @hsgwkyt 13日前
涼州詞と桃夭は好きだけど古文の教科書に載ってた様な記憶があるなあ。「漢廣」も好きだが、流石にコレは教科書に載らないだろうw
#53 @hsgwkyt 13日前
あ、涼州詞以外は「漢詩」じゃねえやwww
きさら@推しが銀で大混乱 @m_kisara 13日前
勧酒は最遊記で履修しました。胡蝶の夢はペルソナで(略
もるだでぃ(・灬・ )ノ @morudaddy 13日前
諸星大二郎の桃源記。陶淵明が主人公。
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
hsgwkyt 桃夭も漢廣も漢詩ですよー。唐代に確立された絶句・律詩のルールにはあてはまらないだけで、詩経(周代)に収録されてる以上間違いなく「漢詩」です。
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
まとめに収録されてないのだと、昨年の大河に関連して「城山」(孤軍奮闘囲みを破って還る)とか、来年予定の大河にちなんで「本能寺」(本能寺溝は幾尺ぞ)とかも入れたいかな。ただ、どちらも学校の教科書に入ってる可能性大だけど。
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
そう言えば(少年老い易く学成り難し)が入って無いな。朱熹の「偶成」として伝わる詩だけど、最近の研究だと別人の作という説の方が有力らしい。ただ、教科書や詩吟の教本だとまだ直ってないことが多い^^;
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
あとはまあ、日本各地で地元の偉人を称える為に、偉人本人作の漢詩を碑にしたり読本に載せて配布したりするパターンかなぁ。吉田松陰とか佐久間象山とか橋本景岳(左内)とか藤田東湖とか、特に幕末の人物には多いw
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
citabow それも元は漢詩です。佐原盛純の「白虎隊」(少年団結す白虎隊)の中の一節。「歌謡吟詠」などと言われて歌謡曲の間に詩吟を挟むスタイルのタイトルを詩吟畑の演歌歌手がよく出すので、それで聴かれたのかも?
すんすけ @tyuusyo 13日前
昔の大河ドラマ「黄金の日日」だと本能寺の変の前で頼山陽「本能寺」が全文朗詠されてました。 「真田丸」でも結句だけ言っている。 本能寺溝幾尺 吾就大事在今夕 茭粽在手併茭食 四簷楳雨天如墨 老阪西去備中道 揚鞭東指天猶早 吾敵正在本能寺 敵在備中汝能備
すんすけ @tyuusyo 13日前
三国志ネタだと曹操の短歌行のほうが有名なんじゃないかな。七歩の詩より。「酒に対しては当に歌うべし」だから大変わかりやすい
すんすけ @tyuusyo 13日前
意外なことですけど親鸞の正信偈とかも漢詩形態になっているので、北陸地方だとこれが一番毎日読まれている漢詩になるんじゃないですかねえ。仏教系は寒山拾得とか忘れられがちですが結構多い。そもそも今だに漢詩欄を持っている唯一の媒体は仏教専門誌「大法輪」です。
みま™ @mimarisu 13日前
人間万事塞翁が馬
すんすけ @tyuusyo 13日前
帰命無量寿如来 南無不可思議光 法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方 (親鸞「正信偈」)
ふじぽんぽん @hirofujiponpon 13日前
マジレスすると方便品と寿量品(自我偈)
今田 恵@「この世界の片隅に」応援 @dragon_i 13日前
年年歳歳花相似 あたりは教科書ではなかったかもしれない
アルヴィアーノ @AlvianoSalvago 13日前
李賀の漢詩は宇月原晴明で知った、アストロ球団にも李賀の「贈陳商」の書き出しをアレンジした言い回しがあった
うづきふよ @uduki_fuyo1 13日前
王様の仕立て屋で見た杜甫と李白の奴
CD @cleardice 13日前
じゃりン子チエに李白の引用が出てきたのは覚えてる(内容は覚えてない)
こなヒ @hiha_0324 13日前
かれこれ20年前の曲。サビでのオッサンのダンスが好きで見てたが、このフレーズが李白の漢詩だったのを知ったのはつい最近の話。※当方中国語分かりません。つhttps://youtu.be/M8bD0k6dCn4
おく のぶ @samorou 13日前
馬上少年過ぐと一杯一杯複一杯かな
おく のぶ @samorou 13日前
dragon_i マスターキートンでの引用が印象に残ってる。
takeyas 2000🏆 @takeyas2000 13日前
去年の平昌五輪で、羽生結弦の演技終了後に突っ込んだ、これも入るかな? 「容顔如玉、身姿如松、翩若●(=りっしんべんに京)鴻、宛若遊竜」 https://sports.qq.com/a/20180217/007240.htm 元ネタは、曹操の三男の曹植の「洛神賦」
中村俊介 @g_o_finch 13日前
李白の月下独酌(?)の一節かな。天もし酒を愛さずば天に酒星あらじ、地もし酒を愛さずば地に酒泉あらじ、だったかな。(笑)
ウラリー㌠ @urary777 13日前
少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず…は否が応でも知ってるかなと思いました。本当の作者は朱子ではないそうですけどw
ろんどん @lawtomol 13日前
tyuusyo ばーちゃんにガキのころ覚えさせられました
ろんどん @lawtomol 13日前
cleardice 「天若不愛酒 酒星不在天 地若不愛酒 地応無酒泉 天地既愛酒 愛酒不愧天」(天若(も)し酒を愛さずば 酒星天に在らず 地若し酒を愛さずば 地応(まさ)に酒泉無からざるべし 天地既に酒を愛す 酒を愛すは天に愧じず)だったかと思います。日本酒「李白」の外箱にも書かれていたかと存じます。
ろんどん @lawtomol 13日前
李白一斗詩百篇 長安市上酒家眠 天子呼来不上船 自称臣是酒中仙
ろんどん @lawtomol 13日前
(前半4分の3くらい略)「季布無二諾 侯嬴重一言 人生感意氣 功名誰復論」も好き
OOEDO @OOEDO4 13日前
dragon_i samorou samorou それら、印象深いので関連画像を探して追加しました
OOEDO @OOEDO4 13日前
名漢詩を七五調にするというのは何も井伏鱒二の専売特許じゃない(というか、先行作の模倣説もある)し、結構作り易かったりもするので、若い人のセンスでの実作を提唱したいところです(J-POP風とかできるかもだ)
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
OOEDO4 七五調といえば俳諧連歌もそうですが、「今様」と呼ばれる平安時代から伝わる歌曲もあって、一番良く知られてるのが(酒は呑め呑め呑むならば~)の「黒田節」でして。逆にこれを題材にした漢詩「名槍日本号」が作られ、黒田節と合わせて詩吟をやる歌謡吟詠もよく歌われます>https://youtu.be/H3eFAXut1jc
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
刀剣乱舞に関係しそうな漢詩といえば、「名槍日本号」の他に徳川光圀「日本刀を詠ず」(蒼龍猶ほ未だ雲霄に昇らず)とかもありますな。水戸徳川家ゆかりの燭台切ファンなら知ってて損は無いかと。
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 13日前
OOEDO4 「馬上少年過ぐ」に関するツイートは肝心の詩の内容が解らないので、https://twitter.com/Tianhua_taka/status/970228192148561921 とか https://twitter.com/souyakanon/status/886004380020776960 とかを入れたほうが良いかも。
Kongo @kongo_kirishima 13日前
蒼天已死 黃天當立 歲在甲子 天下大吉
呉紋@おっさん @gomonz 13日前
陳舜臣の歴史小説はいっぱい漢詩が出てきた。教科書以外のではやっぱり曹操の「短歌行」がいいな、雄大でそれでいて繊細なところが曹操の人となりが一番現れてる
四式戦闘機 @ki84type4 12日前
伊達政宗のはさすがに出でくるか。 明智光秀の辞世と伝わる「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覺來歸一元」とかもいいよ。
四式戦闘機 @ki84type4 12日前
あと杜甫の「飲中八仙歌」の一説とかわりと有名だと思う。「李白一斗詩百篇 長安市上酒家眠 天子呼来不上船 自称臣是酒中仙」
なつすき @decizun 12日前
涼州詞(馬上の美酒 夜行の杯ってやつ)は教科書? 試験問題で出会った覚えが。
Love Shinto @revolteaware 12日前
李白、蘇東波の詩は、祖父の影響で読みました。詳しい内容は忘れたものの、味わいは好きだったのを覚えています。
ほしの @hoshinospw 12日前
じゃりン子チエで李白の横江詞と月下獨酌を
橘太郎AT @Tati_Automatic 7日前
文系飲ん兵衛の半分は李白を諳んじることができる(偏見)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする