2019年2月10日

新エディターシップ、外山滋比古著の読書メモ

最近、注目されてきた編集について1975年に書かれた本の手直し本。誰も説明できない、イノベーション(再結合)の思考のたくさんのヒントをくれます。
0
Taka Seki @t_seki

「ミドルマン - 離れたものは、そのままでは近くならない。性格を異にするもの同士は結ばれることは難しい。断絶を解消するには第三者仲介の介入が必要になる。そこに社会形成の原理のひとつがあると考えてよい」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-06 08:46:28
Taka Seki @t_seki

「自然に線になっているようなものは、何らかの方法で切断して、短い線、さらには点のようなものにする必要がある。そうすると、新しい結合作用が動きだして全体化が行われる可能性が生まれる。創造的認識である」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-06 08:55:48
Taka Seki @t_seki

「不調和の調和の美には論理の崩れに伴うかすかな衝撃がまつわる。結合、統合という名に値する結合、統合は、大なり小なりこういう不調和の調和の性格を帯びている」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-06 14:14:05
Taka Seki @t_seki

「引用すれば、程度の差はあっても、かならず何がしかの意味の変化を伴うということである…引用の本質をしっかり把握していれば、もとはさほどでないものが引用されて見違えるようになることも可能である」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-06 14:16:13
Taka Seki @t_seki

「人間の精神活動そのものがエディターシップによるアンソロジー化ときわめてよく似た性格を帯びている」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-06 16:55:50
Taka Seki @t_seki

「すでに選択そのものが高度のエディターシップによるものである」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-06 19:41:00
Taka Seki @t_seki

「ものごとをその本来あるべきコンテクストから外して新しいコンテクストへ移してそこにおもしろさを創り出す見立てというエディターシップは、想像力の重要なはたらきのひとつである」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-07 12:24:05
Taka Seki @t_seki

「人間の営みはすべて、それぞれに独立して他とかかわりをもたないような孤立系ではなく、かならず他の部分と結合してコンテクストをつくり全体となる。その結合の仕方しだいではひとつひとつの部分が活きもし、死にもする…全体化のエディターシップが重要である」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-07 15:05:44
Taka Seki @t_seki

「表現ということは自然のままを無限に再現することではない。どれほど写実的に描いているようでも、かならず、選択されたものを表現している。つまり捨てたものがある…(選択をしなければ)反面において人間の活動としての迫力を失ってゆく」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-07 15:13:49
Taka Seki @t_seki

「人間はいまだかつて一度もなまの物理的世界に接したことはないと言ってよい。なまの世界と思っているのは、心のエディターシップによってつなぎ合わされた心理的世界の投影にほかならない」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-07 15:18:01
Taka Seki @t_seki

「ものごとそのものは存在するとしても、ものごと相互の関係、意味は、見る人、理解する人々によって創られるものである」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-07 17:04:45
Taka Seki @t_seki

「日本人はものの感じ方でも、カクテルのような重ね合わせたときのおもしろさよりも、モンタージュで並列したときの空間的美学に敏感になっているように思われる。これは日本文化の特質とも無関係ではあるまい」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-08 00:03:49
Taka Seki @t_seki

「エディターシップは、すてにのべたように、基本的創造ではなく、二次的創造、つまり、すでに創造物であるものに、さらに創造機能を加えるメタ創造である」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-08 01:14:23
Taka Seki @t_seki

「分かる方法として生まれたのが分析だ…学問がどことなく人間ばなれしていて、創造の精神とも異質であるように感じられるとすれば、その一因は、分析を原理とするからであろう」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-08 11:56:05
Taka Seki @t_seki

「強力な秩序が確立しているときは新しい神話は生まれにくい。まず秩序という建物を取り払って、更地にしないと新しい家を建てることはできない」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-08 11:58:36
Taka Seki @t_seki

「混乱は、古い神話が崩壊したか、しつつあることを物語っている…新しいものごとの関係づけ、新しいアンサンブルをつくり上げる強力なエディターシップが待望される」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-08 12:00:41
Taka Seki @t_seki

「知的教育が始まると、統合にかわって分析に関心が持たれるようになる。そうして、幼いときはすべての人が詩人であり得るのに、次第に詩心が枯れて、限られた人々にしか、ものごとにひそむ親和力が見えなくなってしまう」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-09 00:30:22
Taka Seki @t_seki

「孤立し独立した単位の意味を要素的意味と呼ぶのならば、他と結合して生ずる意味は関係意味ということになろう。言語においては、前者のことを辞書的意味、後者のことを文脈的意味という」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-09 12:39:04
Taka Seki @t_seki

「エディターシップは知的な次元において、この取り合わせ(意図をもって特定の関係意味を創り出す)をするアートである」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-09 12:41:18
Taka Seki @t_seki

「ものごとが理解できるというのも、心の目で関係を認めて、既存の秩序と結びつけたときの現象である…人間の営みは何ひとつとしてエディターシップによらないものはないと思われる…人間はすべてら自覚はしないが、エディターである」新エディターシップ、外山滋比古

2019-02-10 02:00:16

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?