10周年のSPコンテンツ!
1
テク @che_teku
アニメ撮影の人に伺いたいのですが、 光の効果としてDF、パラ、フレア、グローと色々ありますけど イマイチ明確な違いがよくわかりません。 DFという効果は、パラフレアやグローを作品ごとカットごとにうまいこと組み合わせと調整を行った結果のことを言うのですか?
千葉高雪/A-worth @takayuki_chiba
@che_teku 撮影専門じゃないですが、 DF(ディフュージョン)=ソフトフィルターの一種。明るい部分がふんわり拡散された柔らかい画面効果。類似でフォギーというのもあり。 パラ=元はパラフィンを使った撮影技法からですが、現在ではグラデーション処理のこと フレア=レンズフレア(のような効果)
千葉高雪/A-worth @takayuki_chiba
@che_teku グロー=発光処理。フレアとの違いは、グローはもっと狭い幅で基本的に光源そのものが画面内にあります。フレアは画面外からでもレンズに影響するような、ふんわりした効果も含めます。 (アニメでいうフレアは本来のカメラ用語とのレンズフレアとは違い見た目効果のことを指すと認識するといいかと)
テク @che_teku
特にグローとDFの違いがいまいちよくわからんのよね、、、こんな感じかしら? グロー:明るいところを光らせるやつ(爆発とかライトセーバーとか。使用箇所は画面単位ではなく個々の要素に使用するなど限定的) DF:画面を柔らかくする効果。画面全体にかける。グローほど光らせない
千葉高雪/A-worth @takayuki_chiba
@che_teku おおむねそんな認識で良いかと。 DFは画面処理(レンズフィルター)で、グローは光源の(レンズ効果)という説明でわかるでしょうか?
やすや @yasuya_x2
@takayuki_chiba @che_teku 適当に使っていたので勉強になりました!
千葉高雪/A-worth @takayuki_chiba
@yasuya_x2 @che_teku このあたりの用語は基本ですけど、スタジオや演出で方言もありますね。 画面外フレアを指してパラっていう演出のほうが多いかもです。 自分はパラは基本輝度を落とす方向の処理を指してしか使わないので、フレアとは明確に使い分けてますが、ごっちゃの人も多いですね。
RodyaW_IK @RodyaW
@takayuki_chiba @che_teku DFは、画面のセルと背景をなじませるために使われるもので、特に涼宮ハルヒ以降、「通常フィルター」として多くの作品で利用されるようになりました。デジタル撮影初期の作品を見ればわかりますが、DFがないのでセルが浮いています。
RodyaW_IK @RodyaW
@takayuki_chiba @che_teku 基本的に今のアニメには必ずDFが入ってるので、今コンテやシートでDFと指定するのは、夏場や風呂場や印象的なシーンとしてのソフトフィルターのイメージが強いと思います。処理的には撮影した後のコンポ自体に薄めのブラー(滑らかなど)をかけたものを3〜6段くらい微妙に数値を変えて重ねたりしてます。
千葉高雪/A-worth @takayuki_chiba
@yasuya_x2 @che_teku テクさんも「光の効果としてDF、パラ…」と書いてられますが、 自分はパラは光の効果だとは思っていませんね。 色を染めたり落としたりするものだと認識しています。
千葉高雪/A-worth @takayuki_chiba
@RodyaW @che_teku ハルヒのころから、通撮扱いでもDF薄目にかけるのは当たり前になりましたね。 でも最近、某大手撮影会社さんとの話で、今は何も処理かけるな、って言われることも多いんですよね、と言ってました。 確かにあっさりした絵の作品も最近また増えてる気がします。
RodyaW_IK @RodyaW
@takayuki_chiba @che_teku たしかに薄くなってますよね。キャラの質感処理もこってりしたものが、なくなった印象です。逆にufotableさんが質感が気持ち悪くならずに、どんどんこってりしていって凄いな、と思います。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする