限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

クルセイド・ワラキア #4 後編

ネオサイタマ電脳IRC空間 http://ninjaheads.hatenablog.jp/ 書籍版公式サイト http://ninjaslayer.jp/ ニンジャスレイヤー「はじめての皆さんへ」 http://togetter.com/li/73867
ニンジャスレイヤー
903view 1コメント
1
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
◇これまでのあらすじ:ネオワラキアの国土を〈夜〉で覆う絶対君主、ブラド・ツェペシュの正体はニンジャであった! 歴史の闇に葬られしニンジャ真実の一端がついに明かされる! フジキドはドラゴン・ドージョーより奪われし聖なるヌンチャクをブラドの手から取り戻すことができるのか!?◇
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
◆ニンジャスレイヤープラスより【クルセイド・ワラキア】#4 後編◆ pic.twitter.com/1OnKJogQSu
 拡大
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「「「「GRRRRRRRR!」」」」 森の中にはバイオウルフの赤い目が無数に光り、これを出迎える!「聖戦士たちよ、続けーーーッ!GOGOGOGO!」アイアンフォージドはトレーラー運転席のドアを内側から蹴破ると、青いネオン・メイスを構えて飛び出した! 0
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「おいマジかよ、いきなり強行突破か」「ハ!いまさら後には引けまいて!」「オー・オー、ガンバルゾ」傭兵ニンジャたちも続く!ここはアイアンフォージドを頼みに一点突破あるのみ!「イヤーッ!」「GRRRRR!」メイス一閃!飛びかかってきたバイオウルフの頭部が砕かれ、緑色の血が飛び散る! 1
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「火を放てダイヒョウシャ=サン!この領域は汚れている!不快だ!」「namaḥ samanta vajrāṇāṃ caṇḍamahāroṣaṇa …!」ダイヒョウシャは複雑なニンジャサインを組み終え、両手を突き出す!ゴウ!ナパーム火炎放射めいた猛烈なカトンが掌から迸り、数頭のバイオウルフを松林ごと炎に包んだ! 2
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
カトン・ジツの炎により、夜のカルパチア山脈が魔女狩り松明めいた炎に照らされる!「見事だダイヒョウシャ=サン!そのカトン、大したものだ!」「やるじゃねえか!ヒヒッ!」その横ではセルソードが熟練のカタナ二刀流を振るい、バイオウルフを人体標本めいて3枚に切断していた。 3
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
だがそこへ、上空から謎のカラテシャウトと怪音波が浴びせられた!「イヤーーーーーッ!」「「「グワーーーッ!?」」」傭兵ニンジャ数名がこれをまともに食らって痙攣!アイアンフォージドも頭を抱え、フルメンポから吐血!「グワーーーッ!?」なんたる超音波攻撃か!さらにその音波は一点収束! 4
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「namaḥ samanta vajrāṇāṃ caṇḍamahāroṣaṇa sphoṭaya hūṃ traṭ hāṃ māṃ.……アババババーーッ!?」KBAM!火炎放射を続けていたダイヒョウシャの頭が……突如、爆ぜた!「エッ?」「O_o」脳漿がツインテイルズとオー・オーの顔に飛び散った。「サヨナラ!」ダイヒョウシャは爆発四散! 5
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「「「ダイヒョウシャ=サン!」」」「最初に死ぬと思ってたぜ」ソリチュードは超音波攻撃を側転回避でやり過ごし、パルス振動型サバイバルナイフを構え直した。「ドーモ、ジャイアントバットです……!」大蝙蝠型ニンジャは燃え盛る松の木にしがみつき、幹を大きくしならせながらアイサツした。 6
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ジャイアントバットは周囲を見渡し、気づく。「Sssss……こ、これは何たる事……!またワナビーどもが現れたかと思えば……貴様ら全員ニンジャか!?」「ド、ドーモ、アイアンフォージド隊です!」聖騎士は立ち上がってアイサツを決めると、ネオン・メイスを振りかざし命じた。「撃墜しろーッ!!」 7
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「コウモリ狩りなら儂に任せておけ!」BLAMBLAM!スミソニアンがマスケット銃でジャイアントバットを狙う!だが命中する気配はない!「オー・オー」 BRATATATATATA!オー・オーもガトリングガンを連射!しかし背後から忍び寄ったバイオウルフがオー・オーに飛びかかり、鋭い牙を肩口に突き立てた! 8
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「GRRRRRR!」「ピガーッ!?」不意を突かれ狼狽するオー・オー!弾丸が乱れ飛ぶ!傭兵ニンジャたちは回避行動を取る!「マジかよ、あのポンコツ…!」ソリチュードが舌打ちする。誰もオー・オーを助けようとはしない。即席の大規模ハック&スラッシュ部隊でしばしば見られる消極的振るい落としか! 9
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」ツインテイルズが意を決し、跳躍カラテチョップをバイオウルフの後頭部に叩き込む。だがニンジャの血で強化されたバイオウルフは、これをものともしない!「Sssss…!」ジャイアントバットは松の木を蹴って飛び、銃弾を回避。翼を広げて上空を旋回し、再び音波攻撃を仕掛けてきた! 10
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「「「イヤーッ!」」」傭兵ニンジャたちは側転やバック転などでこれを回避したが、このままではジリー・プアーである。「イヤーッ!」セルソードが松の木を左右交互に蹴り上がり、高く跳躍して斬りつけるも、ジャイアントバットはこれを巧みな飛行術によって回避して見せた。 11
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「おのれ、空を飛ぶとはコシャクな……!」アイアンフォージドは拳を握る。そしてこのアビインフェルノジゴクめいた戦況の中、四方から飛びかかるバイオウルフの攻撃をいなすだけの消極的カラテ男を怒鳴りつけた。「サツバツナイト=サンとやら、何をモタモタしている!貴様もチームに貢献せんか!」12
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「翼持つ相手には手も足も出ぬ。ハンズアップだ。だが……」ハンチング帽のニンジャは、瞳を微かに赤く輝かせ、続けた。「……策はある。より木深い場所へと向かうのだ。フーリンカザンにはフーリンカザンをもって戦うべし」 「ルンペン風情が、生意気な! だが、目の付け所はいい!総員、続け!」13
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
かくしてアイアンフォージドの号令下、寄せ集めニンジャ部隊はドラクル城の森の深みへと駆け込んだ。木々が密集した林の中では、巨大なジャイアントバットは飛行能力を活かしきれない。そしてニンジャとニンジャのイクサでは、最大の武器を封じられた状態で戦うことは死を意味する。 14
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ツインテイルズはオー・オーとできるだけ離れないように走った。しばしばジャイアントバットが上空から超音波攻撃を浴びせたが、森の天蓋は高く、距離もあり、致命的な攻撃とはなりえなかった。それよりも、ジャイアントバットが仲間のニンジャを呼び寄せているらしいことが、彼女を不安にさせた。 15
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ジャイアントバットの呼び声に答えるように、ドラクル城の方角から、いくつもの威圧的な影が……強力なニンジャソウルの持ち主らが迫ってきている。それが、彼女にも微かに感じ取れた。夜が、巨大な質量をもって彼女たちを圧し潰さんとしているようであった。 16
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ダイジョブ?」並走するオー・オーが不安そうに呼びかけた。ツインテイルズは先ほどの音波攻撃アンブッシュにより、片目と耳から血を流していたのだ。「大丈夫。オー・オーは?」「^_^;」傷ついたオー・オーの背中には、バイオウルフの死体が乗ったまま。毛皮のマフラーめいて巻かれていた。 17
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
見ると、その鈎爪がオー・オーのサイバネ装甲に食い込み、容易には引き剥がせないのだ。このバイオウルフの死骸の額には、乱戦の中、誰が投じたのかも解らぬ一枚のスリケンが突き刺さっていた。微かな熱を帯びているのか、スリケンの輪郭は、微かに黒橙色に輝いていた。 18
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
アイアンフォージドに率いられながら、一行のルートは次第に西へと逸れ、ドラクル城から遠ざかり始めた。侵入計画の突然の変更であった。ソリチュードらが説明を求めたが、アイアンフォージドは黙って走れとしか言わなかった。しばしば闇の中からバイオウルフが飛び掛かり、ニンジャたちを襲った。 19
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
部隊内の雰囲気は次第に悪化し、ZBRなどの薬物を打つニンジャも出始めた。ツインテイルズは様子をうかがいながら、必死でついていくしかなかった。無言のままのサツバツナイトの存在が、いっそう不気味だった。 20
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「なあセンセイ。吸血鬼ニンジャはせいぜい2人か3人って話でしたよね?強いのはレッドドラゴンだけ。あとは全部サンシタ。そういう話だった」スナブノーズが訝しむ。「ところがあの蝙蝠野郎ですら相当なカラテだし、少なくとも5人のニンジャが森の中を追ってきてる。こりゃ、どういうコトです?」21
残りを読む(6)

コメント

monae @monae 6日前
クルセイド・ワラキア #1 前編 https://togetter.com/li/1312676 クルセイド・ワラキア #5 前編 https://togetter.com/li/1318459
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする