Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2019年2月13日

身近なところでできる白血病の方への協力は「献血」や「骨髄バンクドナー登録」「ヘアドネーション」があります

提供できる方はどうかよろしくお願いします
13
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

血液内科専門医、総合内科専門医。富山県出身、飛行機(SFC&JGC)、新幹線、鉄道、バス、フェリー、車、Mercedes(W222&R172)、犬好き。最近は船旅好き。医師免許、大型二種免許。Nikon(D5&D500& Z5)&Appleユーザー。北陸新幹線で埼玉-富山通勤診療中。通勤車はMT車のSLC200。

https://t.co/qZRT5b7ucm

白血病の方を応援するためにできること
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

白血病の選手のニュースが出ておりますが、血液内科医の立場から言わせていただければ、白血病患者さんの治療上必要不可欠な輸血製剤の確保のための「献血」や、骨髄移植のための「骨髄バンクドナー登録」が身近なところでできる白血病患者さんへの協力活動になります。どうぞよろしくお願いします。

2019-02-12 18:17:02
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

白血病は、生活習慣や遺伝的要素によらず、誰にでも起こりうる病気です。人口10万人に対し年間5-8人程度の発生率ですが、誰にでも起こりうる疾患です。(特殊な例として母乳を介して感染するHTLV-1ウイルスに感染することで起こる特殊な白血病もあります)

2019-02-13 00:05:59
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

骨髄バンクを介しての提供に不安がある場合でも、出産時に臍帯血を臍帯血バンクに提供する選択肢もあります。臍帯血移植でも救われる命がありますし、骨髄バンクを介しての提供と異なり、臍帯血の提供では母体や胎児への影響はほぼありません。

2019-02-13 00:28:37
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

白血病の分類として、無菌室に長期に入っての治療が必要となる急性白血病(そのなかに急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病)があります。治療法は年齢や病気のもつ遺伝子異常や染色体異常による予後分類によりさまざまですが、主に急性白血病では骨髄移植を検討するケースが多いです。

2019-02-13 00:07:35
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

慢性白血病は慢性骨髄性白血病(CML)と慢性リンパ性白血病(CLL)に分類されますが、どちらも入院や骨髄移植をするケースはほとんどありません。CMLでは内服薬の治療で5年生存率90%を超える時代ですし、日本人のCLLでは定期的通院のみで、治療が必要ないケースも多いです。

2019-02-13 00:09:03
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

急性白血病やその他血液疾患の治療には輸血療法が必要になることが多いです。人工的に血液が作れる時代ももうすぐきそうですが、日常臨床では輸血に頼らざるをえない血液疾患の患者さんも多数いらっしゃいますし、消化管出血や婦人科系出血、外傷等で救命のため輸血が必要となる患者さんも多いです。

2019-02-13 00:12:07
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

いろんな患者さんに対し医師だけでできることも多くはなく、輸血製剤は特に街中の献血ルームで献血していただく方々のお陰で成り立っております。多くの方に献血していただければ嬉しいところではありますが、安全性や信頼性の確保のため、既往症や薬剤の内服等に厳しい条件が設けられております。

2019-02-13 00:14:16
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

輸血を介した感染症や悪性腫瘍の病気の伝播などが明らかとなると、輸血製剤、輸血医療の安全性や信頼性が揺らぎますし、病気の種類によっては免疫低下している白血病などの患者さんにとって致命的経過をたどることもありえます。

2019-02-13 00:15:41
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

骨髄バンクのドナー登録にも多くの方に行っていただけると、骨髄移植が必要となる血液疾患の主治医としては非常にありがたいところですが、これも輸血と同様、骨髄提供に伴うドナーさんの安全性や移植医療の安全性が保たれないと、骨髄バンク事業自体の存続が危ぶまれます

2019-02-13 00:17:29
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

日本骨髄バンク jmdp.or.jp 骨髄バンクに関する情報は、こちら、日本骨髄バンクのホームページをご参照ください。一般の方にも分かりやすく作られたパンフレットなど資料が揃っています。(アクセスが集中して繋がりづらくなっているようです)

2019-02-13 00:24:55
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

日本赤十字社「献血する」 jrc.or.jp/donation/ 献血に関する情報は、こちら、日本赤十字社のホームページをご参照ください。献血できる条件やご遠慮いただく場合など、詳しく記載されております。

2019-02-13 00:26:27
Tatsuki Tomikawa M.D., Ph.D 血液内科医 @TatsukiTomikawa

既往症や現病歴により直接提供できない方は残念ですが、社会的に骨髄バンクにもっと目を向けていただくこと、会社の制度など含め社会の理解が深まること、骨髄バンクのコーディネータとして活動していただける方が増えるなど、いろんな面で骨髄バンクの理解が広まると良いと考えております。

2019-02-13 00:20:49
事情で献血や骨髄を提供できないけど協力したい方はこのような方法もあります
リンク Wikipedia ヘアドネーション ヘアドネーション(英: Hair Donation)とは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。 もともとはアメリカの団体Locks of Loveなどが行っていた活動で、日本では2009年にNPO法人Japan Hair Donation&Charityが活動を開始した。 当初は認知度の低さから髪の毛の寄付が少なく、最初のウィッグを提供するまで4年を要したが、2015年頃から有名な芸能人が参加したことにより認知度が上がり 1 user 70
マサト(しぃばまぁり) @TmasaT

昔、知り合いが骨髄バンクに登録したとたん提供依頼があったらしい。提供してくるからイベント行けなくなったという連絡だったかな。何日か会社を休まないといけないとか。 ワシは低血圧で献血すらできないんでヘアドネーションするよ。

2019-02-13 09:02:39
クルクル @krttn78

昔、英会話の先生(メキシコ系アメリカ人)が、ヘアドネーションのために髪を伸ばす→切る→寄付するというサイクルをライフワークにしてて、いいなと思った。

2019-02-13 08:43:39
ラシェンテ 神戸三宮 @lasentekobe

ヘアドネーションで必要とされる世界の子供たちのために、私たちからできることを支持いたします! 下記URLより記事がご覧いただけます。 yuki-iriguchi.com/post-355/ pic.twitter.com/pSmEl26IFi

2019-02-13 00:42:33
拡大
リンク Yuki official Home Page Hair Donation(ヘアドネーション)で必要とされる世界の子供たちの為に 近年「Hair Donation(ヘアドネーション)」への 協力、寄付が様々なサロンで行われています。 ラシェンテからもヘアドネーションをご希望とされるお客様に 随時対応させていただき、 &nbsp

コメント

ま _ _ す @ryuta100kg 2019年2月13日
健康上その他の理由でドナーにもなれない、献血もできない、長い髪もないという方は、骨髄バンクへのお金の寄付という手段もあります。寄付控除の対象にもなりますので、ふるさと納税に使うお金の一部をこちらに寄付するのはいかがでしょう。
7
瑞樹 @mizuki_windlow 2019年2月13日
ドナー登録はデブにはできない(BMI30以上)……まあ、BMI30って並の男性だと体重が三桁を超えてる計算になるから、まずはオメーの健康を心配しろよって感じなんだけどね
2
Masaki☆ @masaki_kkmt 2019年2月13日
献血とヘアドネーションやってる。生きてるだけで誰かの役に立てるんだから健康でいなければ、というモチベーションも維持できるからいいぞ!
1
銀月 @Luna_de_argint 2019年2月13日
献血は継続的に行ったほうがいいとはわかってるんだが地方住みの社畜だと献血バスはタイミングあわないし献血ルームは遠くてなかなか行けない 最後に行ったの7年前だわ
0
@meltyblue 2019年2月14日
献血な、協力したいけど貧血で毎回ごめんなさいされてしまうんだ(´・ω・`)
0
koumi@社交不安 @say_koumi 2019年2月22日
ドナーも献血もダメなので髪伸ばそう
0