10周年のSPコンテンツ!
1
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
1)『Total English』(学校図書)中二編の赤入れを始めましょう。 pic.twitter.com/Ff4vSZikwd
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
2)「起きてから寝るまで」 pic.twitter.com/05ZWFmxTGr
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
3)クールジャパンとロンドン旅行。これも定番ですね。 pic.twitter.com/vLXqohYWCY
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
5)そして人権運動家ねた。マザーテレサは『New Crown』中三編巻末にも出てきた覚えがあります。 pic.twitter.com/U8mWZFasuo
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
6)地味なもくじレイアウト。 pic.twitter.com/Xpx1xed4cs
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
7)新キャラとしてドイツ人が登場するようです。 pic.twitter.com/WRvgTe3sCh
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
8)中二の幕開け。春休みに国内を家族旅行した思い出話から始めるのは『New Horizon』中二編と同じ技です。あれではサキがフクイ旅行を語っていましたが、こちらではミクがマツヤマ旅行を語っています。 pic.twitter.com/mHPcvl2B0f
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
9)サキのフクイ旅行語りのむちゃくちゃさに比べれば、特におかしな英文ではないです。 ただ外国の方にいきなり「エヒメに行ってボッチャントレインに乘ってドーゴの温泉に浸かって…」と切り出しても、何が何だかわからないと思う。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
10)右ページで質疑応答。  What did you eat there?  We ate taimeshi. ああ、これたぶん「現地では何を食べた?」「鯛めしを食べた」の直訳ですね。  Did you have local specialties there?  Yes. Taimeshi was great! つまり「現地で何か地元料理は食べた?」「うん鯛めしが良かった」
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
11)としたくなってしまいます。 考えてみてくださいマツヤマで何を食べたかって、朝昼晩常に地元料理を食していたわけではないはずです。「地元料理は食べた?」と訊ねないと論理がおかしくなる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
12)以下のやり取りも同種の違和感を覚えてしまいます。  Did you take any pictures?  Yes. I took a lot of pictures.  Did you buy anything?  Yes. I bought some postcards.
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
13)日本語脳ならこれでごく自然な会話なのですよ。「写真は何か撮った?」「うん、いっぱい撮った」「何か買った?」「うんちょっと絵はがきを」 しかし英語脳ですと「写真なんてどこでも撮れるじゃないか。買い物だってどこでもできるし。どういう会話なんだこれ」と不思議がられる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
14)こういじりたくなる。  Did you take photos at famous sites?  Of course, I did. 「名所で写真は撮った?」「もちろん撮ったよ」  Did you buy souvenirs?  Yes. I bought a lot such as postcards. 「旅のみやげは買った?」「うん。絵はがきとかいろいろ」
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
15)ミズ・アレンが亭主といっしょにスモウ・ステイブル(相撲部屋)を見学。ここの英文はどれも〇ですね。 pic.twitter.com/YUNXQNw6Nw
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
16)be動詞の過去形デビューがこのページです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
17)ここも〇。「Yes, I was.」や「No, I wasn't.」はちょっとくどいかなーというくらいですか気になったのは。 pic.twitter.com/DuU0Ve9odr
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
18)「Look at this picture.」でいちおう〇なのですが、文脈によっては「ちょっとこの写真を見てよ、こんな有様なのよ」と告発しているようにも聞こえかねないので  Here is an interesting picture. (面白い写真があるよ) のほうが自然なやり取りになって〇です。 pic.twitter.com/YO7VMFmyEd
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
19)  They look like one big family. うーんこの写真から「みんなで大家族って感じね」は論理が飛躍して感じられるので  That sounds like they're one big family, ma'am. (それってみんなで大家族って風に聞こえますね先生) としたくなるのだけどこれは高校英語の範疇かな。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
20)  Communication during meal time is very important for them. うーん「食事のときの意思疎通が相撲取りにとってはとても大事」といいたいのだろうけど、そんなの相撲取りでなくたってそうだろうし、食事以外でもそうだから、論理としては少々おかしく響いてしまう。英語脳は理屈っぽい。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
21)こうしたくなる。  Communication during meal time is very important for them to keep good relationship with each other while practicing very hard every day. 「食事中の意思疎通が相撲取りにとってとても大切なのは、毎日厳しい訓練を続けるなか、気持ちいい人間関係を保つためだ」
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
22)右ページに  Taku looks happy. His mother bought a new camera for him. 「タクはご機嫌そうだ。母親から新しいカメラを買ってもらったのだ」といいたいようですが、できれば  Taku seems happy. にいじりたくなります。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
23)「looks」でもおかしいわけではないのですが、これは「見るからに~だ」のニュアンスなので、もう少し控えめな、つまり「なんだか~そうだ」のニュアンスが濃厚な「seems」に取りかえたくなる。前後の文脈で判断するしかないのでどちらが正解ということはないのですが。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
24)おさらい的な練習問題。右ページにスモー観戦記。  He looked small for a sumo wrestler. うーん「looked」は外して  He was small for a sumo wrestler. (彼はスモーレスラーとしては小柄だった) と「was」(be動詞)でストレートに表現していいのではないかな。 pic.twitter.com/ExoqWRgkvD
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
25)欲をいえば「rather」(どちらかというと)を挟んで  He was rather small for a sumo wrestler. (彼はスモーレスラーとしては少々小柄だった) とすると、そういう選手がこの後堂々と勝ってしまうという、スモーレスリングの奥深さがぐっと伝わってきます。
残りを読む(198)

コメント

KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月14日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月14日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月16日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月16日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月17日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月17日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月18日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年2月18日
まとめを更新しました。