10周年のSPコンテンツ!
2
koichi1002 @koichi1002
アマゾンのカルチャーの話 #devsumiC
nori @nori0__
Amazonのイノベーションカルチャー お客様を起点にすることが起点 顧客に徹底的にこだわる 長期的な視点で考える ディテールはフレキシブルに 失敗を恐れるな #devsumiC
藤井崇介 @ZooBonta
アジャイルのチームは5人くらいがいい #devsumi #devsumiC
nori @nori0__
常にお客様を起点に行動する 製品をプレリリースする #devsumiC
藤井崇介 @ZooBonta
スケールさせる前に良いチームを2つ作る。 #devsumi #devsumiC
nori @nori0__
誤解を恐れるな Kindleは本より重くて大きかった… イノベーションし続けて本より薄く #devsumiC
nori @nori0__
AWSは130以上 セレクションの幅を増やす Amazon primeも同じ #devsumiC
nori @nori0__
法律もあるので何でもイノベーションできるわけではない 顧客が便利になることを信じてイノベーションをする #devsumiC
koichi1002 @koichi1002
サービスを始めるときに最初にプレスリリースとFAQを書く #devsumiC
nori @nori0__
イノベーションのための組織作り プレスリリースをする 新しいものを作るためのシステムを作る プレスリリース前にサマリーなどを書いてレビューを繰り返す プレスリリースが決定の後押しをする #devsumiC
くろにん @Kuronin773
Amazonではサービス・プロダクト作成時先にPR とFAQsを作成する。 #devsumi #devsumiC
nori @nori0__
FQAを決める 顧客とステークホルダー両方のFQAを決める ハードな質問も含める 質問を集めるためにも早めにシェアする #devsumiC
藤井崇介 @ZooBonta
Scrum of Scrum は分かるけど、エグゼクティブアクションチームを作るのは、 組織上、大変そう。。。上の理解が必要なんだろうな。 #devsumi #devsumiC
nori @nori0__
ビジュアルの決定のためにラフスケッチもするんだな #devsumiC
nori @nori0__
プレスリリース、FQA、デザインを元にディスカッションする #devsumiC
nori @nori0__
Amazonはプレゼンテーションツールを使わない! #devsumiC pic.twitter.com/u2XzLCIfKf
拡大
nori @nori0__
メカニズムから次はアーキテクチャの話 #devsumiC
miwa @miwakovo
6pager/1pager アマゾンは会議でのプレゼンテーションツールの利用はほとんどない 会議は6 pagerと呼ばれる形式のレポートで行われ、最初の数分は6 pagerを静かに読むことから始まる #devsumiC
くろにん @Kuronin773
モノリシックからマイクロサービスへ。 #devsumi #devsumiC
nori @nori0__
行動規範がある 人事評価にも組み込まれている #devsumiC pic.twitter.com/qdBayqIAOf
拡大
koichi1002 @koichi1002
アマゾンのリーダーシッププリンシパル #devsumiC
nori @nori0__
行動規範が社員の奥深くでも浸透している 会話でも出てくる共通言語になっている #devsumiC
nori @nori0__
行動規範 すべてはお客様から 長期的な視野 →テストで大事なこと。全てを自動化!テストをしやすいようにアーキテクチャを考える →運用で大事なこと。全てを自動化!規模が大きいため自動化に力を入れている #devsumiC
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?