10周年のSPコンテンツ!

太陽のほくろ(立ち読み版)

第二次大戦直前のイタリア。マフィア根絶を掲げるムッソリーニ政権の元、社会党の議員だった父を濡れ衣の反逆容疑で虐殺され、残る家族とも死に別れたボラッツィオはミラノのカマスランダ・ファミリーに参加して生活していた。うまくムッソリーニに取り入り、我が世の春を味わうカマスランダにボラッツィオは……。 ※本作はカクヨムにて公表された作品の立ち読み版です。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054888487382 ※本作は一次創作です。 ※無断転掲載を固くお断りします。
Twitter小説 カクヨム 小説 ハードボイルド 格差 イタリア 文学 アンチヒーロー 犯罪 マフィア
0
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
太陽のほくろ(立ち読み版) 一 綺麗な小箱  カマスランダの邸宅は、ミラノでは知らない者のいない豪華さで知られていた。ムッソリーニ政権が、マフィアの根絶を宣言し、次から次へと仲間が検挙されていくのに、彼だけは堂々と派手な暮らしを続け、ミラノの闇カジノと売春業者を牛耳っていた。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
彼の邸宅を訪れるには、まずミラノの大聖堂から北に抜け、少し北西より……スフォルツァ城の前を通り、センピオーネ公園から更に北に進む。そうすれば、やがて化粧漆喰の施された白く高い塀に出くわす。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
塀に囲まれて、バロック風にわざと曲面を強調した建物がそびえ、支柱にガーゴイルをあしらった象牙色のバルコニーが各階ごとに設けてあるのが分かる。四階建てだ。 邸宅の中庭では、カマスランダが主宰するパーティーがたけなわとなっていた。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
初夏の爽やかな陽光の下、フィレンツェから呼び寄せた楽団が軽やかなワルツを流し、数十人の紳士淑女が飲食やダンスを楽しんでいた。特に、最近、カマスランダはワインビネガーに凝り出したとかで、その香りが、ワルツの調べに乗って中庭一杯に広がっていた。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
ワインビネガーは、中庭の隅に貯蔵小屋があり、必要に応じて幾らでも振る舞われた。 屋敷の一階では、召使い達が、決して走り出す事なく、それでいて歩くよりずっと速い仕種で皿や料理を運んでいた。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
白いシャツに黒い上着、男は黒いズボンに黒い蝶ネクタイ、女は黒いスカートに黒いストッキングに白いカチューシャ。 その一方で、微動だにしない者達もいた。屋敷や中庭の要所要所に、粋な紺色のスーツ姿で、鋭く目を光らせる男達。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
ムッソリーニに取り入るカマスランダを、裏切者として憎むマフィアの残党も多い。ファミリーのメンバーは、例え最末端のチンピラであっても、警固に責任を追っていた。 屋敷と中庭をつなぐ、石畳の通路……両脇をバラの花壇に挟まれている……が、ボラッツィオの受持ちだった。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
まだ二十代の中盤ながら、二メートル近い背丈にしなやかな筋肉、きれいに整えた砂色の髪と青緑色の瞳から、既にして数名の部下を率いる立場から滲む実力と野心が溢れていた。 ボラッツィオは、通路の脇に、休憩を挟みつつも、かれこれ三時間ほど立っていた。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
まだ襲撃を経験した事は無いものの、全く苦にならない。それより、中庭の華やかな盛り上がりを目に焼き付けていた。特に、白く波打つカマスランダの髪と、痩せた猫背気味な身体に。カマスランダは、七十代寸前で、胃痛とリューマチに悩まされていた。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
そう言った不調を抑える為に知った手立てこそ、彼が新たに始めた事業そのものなのだ。トルコから阿片を買い取り、この邸宅でモルヒネに精製しマルセイユへ密輸して売りさばく。今日のパーティーは、その商談も兼ねているそうだ。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
ボラッツィオは、将来を嘱望された社会党議員の息子として、輝かしい人生を進むはずだった。しかし、イタリアの第一次大戦への参戦に反対した父はやがてムッソリーニを憎むようになった。ムッソリーニは若手の社会党政治家として注目されていたが、いざ開戦すると参戦論に傾き、従軍した。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
戦後ムッソリーニが国家ファシスト党を結成するに至り、ボラッツィオの父は死を覚悟して糾弾を続けた。効果は虚しかった。社会党は党是を失い、世間からは理屈屋の利権団体とみなされていたからだ。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
一九二五年、ムッソリーニが独裁者としての力を得るとボラッツィオの父は『ドゥーチェ(統領、ムッソリーニの事)暗殺未遂犯』として拷問を受け処刑された。ボラッツィオの母は彼と彼の妹を必死になって育てたものの、過労ですり切れて死んだ。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
戦勝国とは言え、極端なインフレに苦しむイタリアに気の毒な兄妹を救う力は無かった。まだ中学生だったボラッツィオは、幼い妹を助ける為に盗みを繰返し、カマスランダの縄張りで捕まった。マフィア達は、寛大にもボラッツィオを許し、ファミリーに加えた。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
妹は心配しなくていい、とだけ言われ、暫くして事故で死んだと伝えられた。駆け付けた教会では、無残な遺体だからと棺桶のガラス面に黒い布がかけられていた。  ミラノ市長婦人と踊るカマスランダも、それをにこやかに眺めるミラノ市長も、他の客も、皆同じ穴のムジナだ。
マスケッター @TXz17EbOcEB81GI
とは言え、ドンに逆らう事は絶対に許されない。他のマフィアを引き込もうにも、根絶された後だ。ならばどうする。いっそ……。 本作の完全版はカクヨムにて! kakuyomu.jp/works/11773540…

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする