東京と地方の「売れる理由」の違い

ペライチ創業者の山下さんが「東京」と「地方」の「売れる理由の違い」について解説したツイートをまとめました。
起業 マーケティング 東京 経営 購買行動 経済 地方 自治体
4767view 22コメント
64
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
東京で上手くいった事業を地方に展開したいと思ったとき、ほとんどの場合、上手くいっていない。それはなぜか?   いい商品やサービスが東京で売れるからといって、地方でも売れるとは限らない。それはなぜか?   「あること」を理解していないからだ。今日は「あること」の秘密を公開しようと思う。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
東京で売れても地方で売れない…なぜそれが起こるのか?   それは東京と地方の「経済と価値観の違い」を理解していないからだ。   ではなぜペライチは、地方で圧倒的に受け入れられているのか?   それは私が東京と地方の「経済と価値観の違い」を理解しているからだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
東京の経済と地方の経済が違う??同じ資本主義だろ! という意見があるかもしれない。   でも資本主義という「フレームワーク」は同じでも「ソフト(中身)」が違うんだ。   地方で成功したい人はココを理解しておかねばならない。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
さて、そろそろ本題に。 東京は、メリットとか商品やサービスの価値で勝負しやすい。 マーケティングも効きやすい。 いわば「価値経済」がベースだからだ。   一方で地方はそれが通用しづらい。 なぜならば地方は「信用経済」がベースだからだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
信用経済がベースの地方において、商品やサービスの価値である「何を買うか」よりも「誰から買うか」の方が価値が高い場合が多い。   例えると 「ペライチはよくわかんないけど、◯◯さんが言うんだったら使ってみるわ」 「◯◯さんがサポートしてくるからあなたにお金を払うわ」 そんな感じ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
そもそも、東京や都会の人たちの方が「価値に敏感」だ。 一方で地方の人の方が「価値に鈍感」だ。それはなぜか?   それは地方は「あげること(贈与)と、もらうこと(受領)が当たり前」だからだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
地方の有料セミナーで人が集まらないってのはそういうことだ。 「情報はタダだと思っている」からだ。   「えー!友達なのにお金とるのー!?うそーーーー!?」   そういう感じだ(笑)
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
ちなみに「地方は物ぶつ交換の文化だ」ってよく言われるよね。 でも地方出身者の私から言わせると「それは違う!!」と言いたい。   交換になるのは「結果」であって、 「それを求めている」わけではない。 正確には地方は「お互いに与えあっている」のだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
「物ぶつ交換」というのは、交換することを前提として「こちらの提供する価値」と「相手の提供する価値」が釣り合うもしくは許容の範囲内に収まることで成立する。   一方で地方というのはテイクするために(何かをもらいたいから)ギブするのではなく、ギブしたいから(与えたいから)しているのだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
つまりお互いにギブしているのであって、結果だけみると「交換になったように見える」のだ。 でも実際は交換ではないから、相手からもらうことを期待していないのだ。 これけっこう大事な感覚。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
例えば、私が田舎の人で、魚を釣ってきて近所の鈴木さんにあげたら、野菜をくれた、みたいな例。 私は野菜をもらいたいから魚をあげてるわけではなく、あげたいからあげたのだ。 地方は「価値交換」ではなく正確には「与えあっている」のだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
信用経済がベースの地方において、信用のある人同士の贈与は、当たり前に行われる。つまり「贈与」だけでなく「受領」も当たり前に行われるのだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
そしてその贈与と受領は、固定の誰かから誰かへ一方通行で行われるものではなくインタラクティブ(双方向)に行われるものである。   だからこそ地方の人は「あげることも当たり前」であり「もらうことも当たり前」なのだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
あげることも・もらうことも当たり前だからこそ、 地方の人は「商品やサービス自体の価値」に鈍感であり、 それよりも村社会における信用の方を価値が高いと感じるのだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
ペライチはサポーターという方々をベースとした「信用を大切にするサービス」だからこそ、日本中に、特に地方に広まっているのだ。   言い換えると「ツール」でしかないペライチが、サポーターという「信用のフィルター」を通すことで地方に受け入れられている、ということだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
しかも本来であれば我々が最低数ヶ月、場合によっては数年かけて積み上げるべき信用、これをサポーターさんが我々の想いに共感することで力を貸してくれている。   同じユーザー(やペライチではサポーター)でも、東京と地方では「感じている価値が違う」のだ。この違いを理解していない人が多い。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
この東京と地方の違いは、ペライチが大切にしている「コミュニティ」においても顕著に現れる。   最近はその言葉がバズワードのごとく使われ、コミュニティの専門家なる人たちも出現してきた。でも正直に言おう!   「その辺のコミュニティの専門家よりも、コミュニティを正しく語れる」 と思う。笑
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
都会において、人が生まれるとき、その人は「個」として生まれてくる。   隣に住んでいる人の素性すら知らない分断された社会において、地域という概念は希薄化し、生まれたときから個を強く意識するのが都会だ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
だからこそ都会は「好きなことで生きていく」だったり 「自己実現をしよう」みたいな生き方だったりコピーは刺さる。   コミュニケーションの主体が「個である自分」だからだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
だからこそ都会は、自分を生きる的な生き方が「すばらしい」と称賛されやすい。   東京には起業家だったりスタートアップが多く生まれるのは、こういう背景も一助となっていると思っている。   このような社会においては「自分がまず幸せになる」という意識が大事だ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
一方で、地方(田舎)はどうか?地方は生まれた瞬間から「誰々さんちの子ども」なのである。   つまり、この世に生まれた瞬間から「集団の一部」であり、常に「集団を意識したコミュニケーション」が必要となる。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
だからこそ地方においては 「自分一人が幸せになる」や「自分の会社だけ成功する」 という意識ではなく、 「みんなで一緒に幸せになろう!俺がんばるからさ!」 というコミュニケーションが大事なのだ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
そこを間違うと「でる杭」は打たれる。 ハレーション(反発)が起きるわけだ。 自分だけ成功しようと思うと、周りは嫉妬に近い感情をもつ。 地方で成功するためにはこの「嫉妬マネジメントを怠らない」ことが重要だ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
だから東京の起業家が「東京っぽい価値観」のツイートをしたら 「お前は自分のことしか考えてない!」 的な批判をしている人は、地方の人が多いような気がしている(笑) それくらい価値観やコミュニケーションへの配慮が違うということ。
山下翔一/ペライチ創業者 @petitsho
ちなみに、都会においても「家族」というのは特殊なもんで、距離感近い分ある種の地域っぽい特性をもっている。   家庭の外では「自分を生きる」が称賛されている東京においても、家庭では「家族のことも考えろ!」となることを押さえておかないと、世にいう「嫁ブロック」みたいなことが起こるのだ。
残りを読む(3)

コメント

mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2月16日
商売において「経済と価値観」が違うと言ったら、ほとんどすべてが違うと言っているようなもので、的を絞れていない。
案山子 @Scarecrow_AP 2月16日
物価と所得水準も考慮に入れて欲しいような
RIP豚@キング破産(鍛え直し中) @RIPton_buhi 2月16日
地方が肌に合わない理由が全て説明されている…
シミリス4 @similis04 2月17日
「東京で上手くいった事業を地方に展開したいと思ったとき、ほとんどの場合、上手くいっていない。それはなぜか?」 ↑この大前提って正しいの? 地方行ってもよほどのド田舎にでも行かない限り東京と同じ店が並んでるような気しかしないんだけど・・・
よーぐる @Seto_yasu1987 2月17日
単に人と金が集まってるから小さいパイでもでかくなるだけの話でしょ?
九十九 @hakqq 2月17日
折角だから覚えて帰れ。ネット村じゃぁこういうクズセミナーのステマは最大限に嫌われている
Nagatsuki@JAP @i_dnt_need_u2 2月17日
東京でも富裕層のコミュニティではギブアンドギブですよ。そして地方でも貧困層は、コミュニティに参加出来ないしギブ出来ません。地方と東京なんてないんです。
原酒 @shimekirigenshu 2月17日
面白い分析だと思いました。 成る程なあ、と。 実績で示して欲しいところです。
遠藤聡|デジタルマーケティング好き @Satoshi_Endo_jp 2月17日
hakqq 具体的に、どこが「ステマ」だと判断されたのでしょうか? 明確な根拠をお示し頂けますでしょうか?
銀月 @Luna_de_argint 2月17日
地方だからじゃなくて年取って新しい事について行けない人相手ならそうなりそう まあ東京には若者、地方は年寄り多いから地方は信用商売とも言えるんだろうけど
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2月17日
新潟に帰省するたび、「信用」とやらで成り立ってたであろう個人経営の店がなくなってどこにでもある大企業に塗り替えられてるのを見ているので、説得力ゼロ。そもそも「ペライチ」とか初めて目にしたんだけど、圧倒的に受け入れられてるってどこでよ。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2月17日
_Nekojarashi_ ググって見たらGoogleのトップに3つも「広告」が表示され、「ペライチに関連する検索キーワード」には「ペライチ ブログ サクラ」が表示される始末。そういう企業なのね。
りーき @leekleek2112 2月17日
この手の話の「地方」がどの程度の町なのかいつも曖昧なので人口とかで示してほしい。
footpeas2 @footpeas2 2月17日
自論を述べてはいるがどうやれば地方で成功できるかという具体性がまるでない。
遠藤聡|デジタルマーケティング好き @Satoshi_Endo_jp 2月17日
_Nekojarashi_ 表示されている広告にしても、「ペライチ ブログ サクラ」で検索した時に表示されているページにしても、内容まで見てますか?
九十九 @hakqq 2月17日
Satoshi_Endo_jp 図星を刺されて顔真っ赤にして即リプする、そーゆーとこやぞ
遠藤聡|デジタルマーケティング好き @Satoshi_Endo_jp 2月17日
hakqq そーゆとことはどこでしょうか? ぜひ、私の質問にもお答えいただけると幸いです!よろしくお願いいたします!
遠藤聡|デジタルマーケティング好き @Satoshi_Endo_jp 2月17日
hakqq 「ステマである」明確な根拠と証拠がない場合は「名誉毀損」に当たるかと思います。ですが、もし私が意図せずに「ステマ行為」をしているのであれば、それは今後、十分に気をつけなければなりません。 何卒、どの点が「ステマである」と判断されているのかご教授ください。
遠藤聡|デジタルマーケティング好き @Satoshi_Endo_jp 2月17日
hakqq また「クズセミナー」についても、どの点が「クズ」なのでしょうか。ペライチが開催しているセミナーについて、私は関与していないのですが、せっかくですので、今後のためにも教えていただけると助かります。
田中幹生(41歳・白い生き物の食事係) @maniaxpace_mt 2月17日
確かに人に貰ったら返礼することを前提に考えてるな
九十九 @hakqq 2月18日
必死すぎだな。親ネズミになんか言われたか? Satoshi_Endo_jp それがわからんなら永遠に3流ステマ屋からは出られんわい。精々養分として生きろ
遠藤聡|デジタルマーケティング好き @Satoshi_Endo_jp 2月18日
hakqq おはよございます。 山下さんは、全く関係ございません。このやり取りすら認知していないと思います。 質問へのご返答がないのは、明確な根拠と証拠がないということでしょうか?その場合は「名誉毀損」です。私が嫌われることは全く構いませんので、ご配慮ありがとうございます。 今後の参考のために、何卒、私の質問にお答え頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする