43
イエローオスシ @ninja_account1
実在したアメリカ最大の探偵局であるピンカートン探偵社って探偵といより警備会社、企業傭兵とかやってるレイヴンみたいな奴らだったんだな。
オヨヨ @oyoyo_yomoyama
前に、英語のdetectiveは探偵と刑事両方の意味があるのだよなあ。公的機関の捜査官ではないことを強調するときに privateが付くわけで、と考えていたら私立探偵は自警団問題と結構近いところにいるのだよなと思った
イエローオスシ @ninja_account1
@oyoyo_yomoyama アメリカにおいて探偵は警察の上位に存在するとか聞いたことが有ります。ピンカートン探偵社とか半分公的機関みたいなものだとか。
オヨヨ @oyoyo_yomoyama
@ninja_account1 政府から業務委託されてるような大規模法人になると、「民間」と「活動の法的根拠」あたりがすごく微妙な存在ですね。その分微妙案件をこなすのに向いているってことかもしれません
イエローオスシ @ninja_account1
ピンカートン探偵社とか、傭兵団と警察の中間という感じだよね。 探偵=Detective そのものに自警団という意味があるのは伝統なんだろう。
イエローオスシ @ninja_account1
探偵で薬物といえば当然ホームズなんだけど、カートゥーンでDetectiveと言うとバットマンのことであり、カラスと同じく黒い翼なのである
イエローオスシ @ninja_account1
英語だと探偵をPrivate detective、私立探偵とわざわざ明記する程度に探偵と警察の区別が曖昧なんじゃないかと思ってるけどどうなんでしょうね。 オハギで警察辞めたインターラプターが探偵やってる、って言ったのもその辺りだと思ってるんだけど。
イエローオスシ @ninja_account1
少なくとも忍殺で使われる「探偵」って言葉はクローズドサークルで真犯人を見つける、というよりはかなり「自警団」に近い意味だよなーと思う。 勿論前者でも使われてるけど。 現実でもピンカートン探偵社とかほとんど自警団、というか傭兵だよね
イエローオスシ @ninja_account1
ピンカートン探偵社、wikipediaの記事とか見る限り推理や調査する探偵、っていうか警備会社かレイヴンめいた傭兵なんじゃないかというイメージ
な4-428 @heads428
ピンカートン探偵社は後のフィクションでの使われ方を見るに、「用心棒」の元ネタであるところの「血の収穫」の主人公オプ本人や対決するスト潰し屋なんかがそれだと思うが、連邦政府の警察機能の下請けやってるあたりはCIAの下請けとか今の民間軍事会社のイメージ。
な4-428 @heads428
ガンドーもマジックモンキーの時期はあからさまに政府の裏仕事の下請けやってるわけだしなあ
イエローオスシ @ninja_account1
やっぱりピンカートン探偵社、PMCだよね
イエローオスシ @ninja_account1
探偵社→自警団的政府の下請け、となるともう「ヒーロー」まではあと一歩でもあるわけです
な4-428 @heads428
探偵社の機能を調べてたら、英仏など「探偵小説」が発達したところでは警察の近代化を行った世代のOBが警察の延長として設立してて、今の日本で言う刑事みたいな業務を行い、OBなので現役警察官より偉そうな描写も納得。
な4-428 @heads428
比してアメリカは警備会社の派生として探偵が始まっており、労組との関係を除いても、謎解きというよりは凶悪犯との対峙がメインになっており、ピンカートン探偵社出身のハメット作品のようにハードボイルドものが書かれる傾向が強い。
イー・アレタ先生 @f538hrVJvLeGnE2
「探偵」という言葉自体、メンターであるガンドー=サン自身が拡大解釈している(捜査のみならず犯人の確保、時に射殺も行う、法より自身の良心に従う)のをさらにワールドワイドに拡大してし、リアルニンジャのカラテと生来の生真面目さで不可能を可能にしてしまうので手がつけられない。
イー・アレタ先生 @f538hrVJvLeGnE2
なおかつ、忍殺界では「探偵」がガンドー探偵事務所関係者しか存在せず、正しい「探偵」を誰も知らないから誰もツッコミを入れられない 加えてAOMで法も治安維持機構もグダグダになったので最早ガンドーにもシキベにもツッコミは入れられない。
イエローオスシ @ninja_account1
これそもそも英語圏における”Detective”と日本語の「探偵」が微妙に意味が違うというのもあるんじゃないかと思ってる
な4-428 @heads428
これ見ると「警部」に近い A detective is an investigator, usually a member of a law enforcement agency. en.wikipedia.org/wiki/Detective A person, especially a police officer, whose occupation is to investigate and solve crimes. en.oxforddictionaries.com/definition/det… oxfordを名乗る偽OED多いのね……
な4-428 @heads428
Detectiveは「通常法執行官である」という注釈がついているので結構権力側というか逮捕などをする役割に与えられていて、捜査者とかそういう訳語でないと正確ではなさそう 日本語で言う「探偵」はこっちのイメージではないだろうか。「興信所」のほうが近いかも en.wikipedia.org/wiki/Private_i…
ろくせいらせん @dddrill
そもそも、「探偵」と「私立探偵」の違いとか訳語の問題とかある
な4-428 @heads428
正確な訳語は何がいいだろう。ちょうどいいのが思いつかない。あとバットマンのdetectiveも法と権力とどういう関係にあるのか難しい
な4-428 @heads428
あとタバタとシンゴはDetectiveっぽいイメージだが、AOMでは地域デッカーになってるが……キモンの立ち位置など考えると、AOMネオサイタマでは国際探偵もデッカーもDetectiveの一種という感じなのかもしれない
な4-428 @heads428
開拓時代の保安官は村に1人の法執行官を選挙制で選んでたところとかがあって、危険地域ではワイアット・アープのような犯罪者か保安官か分からんような手合いが選ばれたりしているのだが、Detectiveもそういうイメージで書いているのかもしれない。
残りを読む(7)

コメント

笹かま @voyageur105 2月17日
勉強になりました。そういえば、映画「セブン」で、ブラッド・ピット演じる主人公(刑事)が犯人に「ディテクティーブ!」と呼ばれていたシーンがなぜか忘れられません。
ヒジャチョンダラ @citabow 2月17日
大谷昭宏氏の著作(たぶん)で関西では記者等が刑事を「探偵さん」と呼ぶとか書いてあったような気がする、なにぶん古い記憶なので著者を間違ってたら申し訳ないが。そのとき、なるほど「私立探偵」という言葉がわざわざあるのは、公立の探偵職があるからなのだなと思ったっけ。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2月17日
そもそも、元のツイート主って刑事と警部の違いついとるのん? 私立探偵はディック、警察官はコップでいいやん。
まきず @sayonarain 2月18日
私の愛するエラリイとかのいわゆる名探偵は何になるんだろう。
ソンブレロ @yamatakahat 2月18日
どっちかというと日本語の探偵の意味が変遷して結果的に乖離してる状態という話なのでは
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2月18日
detectiveっていうと「捜査官」って訳しちゃうなぁ。privateで初めて「探偵」。でも日本と違って資格が必要だし。
温玉屋 @BoiledEgg1987 2月18日
探偵について日本の推理小説ものに出るイメージしかなかったので、「やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです」でピンカートン探偵社が出てきたときは「何でここに探偵が?」という印象を持ってたが、こういう背景があったのね
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2月18日
detectが見つけるとかそういう意味で、detectiveはdetectする人というのが基本なのだろうと思います。 "detective is an investigator, usually a member of a law enforcement agency. "デテクティブは調査をする人で、通常は法執行機関のメンバー"って既にまとめにありますけど。
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2月18日
海外の小説ですと、V・I・ウォーショースキー シリーズの初めの頃は経理情報とか調べて会計の不正がないか調べるという荒事に縁のない探偵で、探偵はそういうのが一般的みたいな書かれ方があった記憶あります。
NAZKA-U-KWS-67 @Chiether 2月18日
ここで面倒くさい「inspector」の概念を投入ッ!
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2月18日
inspectが"Look at (someone or something) closely, typically to assess their condition or to discover any shortcomings."で、 語源が"from Latin inspect- ‘looked into, examined’"だそうなので中を覗くとかそういう感じなのでしょうか > inspector
cocoon @cocoonP 2月18日
日本語の「探偵」という言葉も探も偵も(「探索」「偵察」という語があることからもわかるように)detectの意味なんで、訳語のレベルではdetective→探偵 private detective→私立探偵 というのは整合性があるんですよねえ。なにも捜査しないで推理しかしてない安楽椅子探偵がわるいw
聖夜 @say_ya 2月18日
ピンカートンのほうが特殊だから反ピンカートン法(Anti-Pinkerton Act)なるものができたのでは
Hoehoe @baisetusai 2月18日
軍隊のスカウト(scout)からの流れもあるし
ソフトヒッター99 @softhitter99 2月18日
「偵察」には「捜索」「索敵」とも訳されるサーチ(search)という流れもある。
Yeme @yer_meme 2月19日
探偵って、悪の組織と銃撃戦したり人質取られたり取り返したり特殊な秘密道具で爆走したり毒薬飲まされたり味方にやばめの薬ぶち込んで昏倒させたり片手間に殺人犯ボコったりするんスよね?知ってるっスよ!
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2月19日
この探偵の立ち位置の違いは、警察組織制度の違いにも注目する必要があるように思います。警察庁を頂点とした単一組織といえる日本の警察と違って、アメリカは自治組織がそれぞれ警察を持てる(州警察どころか町の保安官ですらFBIの下部組織ではないし、パークレンジャーやドラマにもなった海軍犯罪捜査局など、全部独立してる)。で、大きな組織ほど地方の手駒を外注で確保するとか。小さい自治体ほどトップの意向に左右されて機能しないから対抗手段がいるとか(身を守るために銃が必要的発想)。
Dally @Dally_Shiga 2月19日
private eyeなんて言葉もあったような。private detectiveとニュアンスはどう変わってくるんでしょうねえ
小説を読みたい人のアカウント @xhokGH9RBMmrqfN 2月19日
そもそも「探偵」という言葉は江戸から明治初期にかけて岡っ引きなど司法機関をざっくりとを指して使っていた単語。そこに明治20年に岩井三郎が日本初の「私立探偵」をひらく。その後探偵と言えば民間の調査業を差すのが一般になった。
りょーいち @alphabeta2099 2月19日
Detective Comicsはそろそろ1000号が刊行されます バットマンは27号で初登場
カスガ @kasuga391 2月20日
元々は日本でも「探偵」は「刑事探偵」という警察の捜査官を指す言葉だったんだけど、なぜか肝心の「探偵」の方が省略されて、「刑事」と呼ばれるようになったんだぜ。
カスガ @kasuga391 2月20日
たとえば明治22年に書かれた黒岩涙香の『無惨』では、主人公の大鞆探偵は本文中で「探偵」と呼ばれているが、その身分は歴とした刑事巡査だ。
カスガ @kasuga391 2月20日
だからこれに関しては英語の問題じゃなくて、「刑事事件を探偵(捜査)する者」という意味の「刑事探偵」から、わざわざ修飾語の「刑事」の方を残して、「探偵」という語の意味を「民間の調査業者」に限定してしまった日本語の混乱が原因だと思う。
イエローオスシ @ninja_account1 2月20日
ニンジャスレイヤーに関して言えばサツバツナイトことフジキド・ケンジの言う「国際探偵」の原文が果たしてdetectiveなのか、と言う問題はあるのですが、師匠たるガンドー=サンは明確にDetectiveだとされているのでまあそうなのでしょう。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2月20日
detectiveと聞くと、探偵というより探知レーダーに反応があったときの言葉のイメージが。
フロッグ @thefrog1192 2月20日
文脈で判断しろ定期
な4-428 @heads428 2月20日
thefrog1192 翻訳家の方がおっしゃってましたが、detectiveと名乗り刑事と勘違いさせる私立探偵、みたいなダブルミーニングの文脈で訳出不可能になるそうです(実際ままあるそうです)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする