10周年のSPコンテンツ!
0
timekagura @timekagura
ここからは 認知ギャップの話。 俺は ほとんどパニクってる。 いつもだが。ここを話そうとすると。 だから話を徹底的に分割する。
timekagura @timekagura
まずは貴殿にイメージしてもらう。 俺の言葉の指示に従って。 貴殿の身長0メートル。 1秒間に光情報が届く距離を1単位とする。 貴殿の身長 0単位長さ。
timekagura @timekagura
線路に対して 速度Vで走ってる列車内に 貴殿は存在する。列車床に位置してる。 列車は1秒間にΛラムダ単位距離、進む。 0単位 ≦ Λラムダ ≦ 1単位 話を簡易化する。 列車速度C。 1秒間に1単位距離、列車は進む。
timekagura @timekagura
貴殿は列車進行方向に視線を向け。 背中を座席背もたれに 背骨を鉛直方向にして座ってる。 設計図 頭レベルで 考える。 貴殿の頭頂、真上 1単位距離の列車天井に 標的をイメージする。目を閉じて。 pic.twitter.com/q3MxO6FRKO
拡大
timekagura @timekagura
設計図 頭レベルの ガリレオ相対性原理世界では、 真上に弾丸を発射すれば 慣性の法則で、弾丸は 列車進行方向速度と 鉛直方向速度の合成速度となる。 当然、貴殿の頭頂真上の標的に当たる。
timekagura @timekagura
今度は、台車をイメージする。 台車に載せた豆電球の光。 台車進行方向と 同じ方向に放たれた 豆電球が放射した光の速度は 加算されるのだろうか。 光速度 + 台車速度 = ??? 実験によって、加算されないが公知となってる。 俺も、そう思う。
timekagura @timekagura
だからこそ、設計図 頭レベルの物理業界は 光源から放たれた光子現象は 光源速度に無関係で 慣性系の法則に従わないから ガリレオ先輩やニュートンが 旧時代の「近似値 世界観」であり、 「ローレンツ変換の世界」こそが ホンモノだと。 だが、そうだろうか。
timekagura @timekagura
ここからは 信仰の問題としておこう。 俺には 信仰の問題とは思えない。の、だが。 理論物理学者になるような育ちをした奴等の オツムの病気だと、俺には思える。 理論物理学者を名乗ってるもの達は ペンローズ氏さえ ペンローズタイルの エッシャーと交友のあるペンローズ氏さえ オツムの病気
timekagura @timekagura
俺の方がオツムの病気か ペンローズ氏を含む物理業界が オツムの病気か、貴殿に判定してもらう。 ペンローズ氏を、最上の理論物理学者として 名を使わせもらう。 空間認識能力 盆暗(ボンクラ) 残り理論物理学者達とは 別格として。
timekagura @timekagura
現在、俺の方が 特殊相対性理論仮説に異を唱えるトンデモだから 信仰の問題という 仮衣装を纏(まと)う 。
timekagura @timekagura
俺が貴殿に問うのは 列車内で真上に貴殿が放った「つもり」の光は、 この絵図の ピンク実線になるのか オレンジ点線になるのか。 いまは選ばなくていい。 俺の信仰と 物理業界の信仰を 以後の俺の説明告白参照して 比較して いただければいい。 pic.twitter.com/YTLpD8n2yV
拡大
timekagura @timekagura
同様に エレベーターの自由落下の思考実験。 エレベーター内で水平に光を放った場合、 エレベーター輪郭を 絵図内固定して描いた場合、 ほんとうに光は水平方向に進むのか? pic.twitter.com/nUhDKJeNAU
拡大
timekagura @timekagura
ヒトのイメージできる世界を 哲学と精神分析のジャック・ラカン氏っが分けた 象徴界 想像界 現実界を モドキにして利用させてもらう。
timekagura @timekagura
ヒトのイメージできる世界を さらに3つに分ける。 「想像界の象徴的イメージ」  座標とかのこと。 人工物。地図も、そう。 詳細は、次回から。
timekagura @timekagura
「想像界の想像的なイメージ」 設計図 頭レベルが、イメージの手続き 考えず  ママと一体になって 言葉に安心しきって父性が介入しない奴等がする イメージ。
timekagura @timekagura
社会的な個人としては病気じゃないが、 立派な社会生活を行えていても 俺が病気として判定する。 理論物理学者の奴等の認知異常。 トンデモである俺の発言を どう評価するかは、貴殿の裁量となった。
timekagura @timekagura
そして、 頭ではなく、「眼」で把握する 色とか光量とか、 このいま、ヒトの認知能力だと 1秒間に60フレームぐらいの パラパラ漫画で存在する 今現在の形パターン。 記憶じゃなく、いま見えた形についての認識能力。 「想像界の現実的なイメージ」
timekagura @timekagura
これら3つ、 想像界の象徴的なイメージ 想像界の想像的なイメージ 想像界の現実的ないイメージ を 区別して、 言葉に騙さない認知状態を確保する。
timekagura @timekagura
ヒトとして生きるなら 言葉に騙されることが重要。 だが、理論物理では、 戦争屋の世界では、 一時、言葉に騙されるのを中止してもらう。 それでは、よろしく。次回に進む。
timekagura @timekagura
台車に乗ってる ヒト型にとって 真上に放った光は、光線は。。。 後ろに 列車が光を放った光源位置は 後方へと流れるのだから 光源真上に放たれた光子が 列車に乗ってる貴殿を追いかけるような 「慣性の法則」常識に浸ったママで いいわけないじゃないか。反語。 pic.twitter.com/6acDsUwp9w
拡大

写真解説資料 ZIONADCHAT

20170926 重信川の橋のヘッドライト動画
https://photoschat39.blogspot.com/2019/02/20170926.html

草稿 Dürer & 測距儀 「4の13」 光速C 速度違反と 宇宙艦隊の認知ギャップ
https://timekagura.hatenablog.com/entry/2019/02/20/084724

目次リンク
http://timekagura.blogspot.jp/2018/04/timekagurablogger.html

ツイートまとめ Dürer & 測距儀 「4の14」 宇宙人から見た、 見かけ動かない線路 Dürer & 測距儀 「4の13」 光速C 速度違反と 宇宙艦隊の認知ギャップ https://togetter.com/li/1321049 387 pv 3

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする