65
まとめ管理人 @1059kanri
藤堂高虎と言えば名作「主君替え」シリーズ。どれもとても良い話なので、高虎に興味が無いという人でも、是非読んでほしいですね iiwarui.blog90.fc2.com/?tag=%E4%B8%BB…
リンク 戦国ちょっといい話・悪い話まとめ 戦国ちょっといい話・悪い話まとめ 2ちゃんねる戦国時代板、「戦国ちょっといい話」 「戦国ちょっと悪い話」スレのまとめサイトです。戦国時代板 http://ikura.2ch.net/sengoku/
まとめ管理人 @1059kanri
藤堂高虎は本当に魅力的な人なので、いつか是非、大河になってほしい
まとめ管理人 @1059kanri
藤堂高虎という人は、若い頃はおそらく、恵まれた体躯(二メートル近い長身)を利用した武辺一辺倒の人だったのが、ある時期、たぶん豊臣秀長に仕えてから「俺はこのままじゃダメだ」と自己変革を志し、そして見事に成し遂げた所であり、「人は変われる」を体現した所が、とても魅力的だと思うのです。
kaonashi4617 @KKaonashi4617
@1059kanri 藤堂高虎は、毀誉褒貶の激しい戦国武将だという印象があります。 ただ、遺訓集の冒頭に記された「寝屋を出るよりその日を死番と心得るべし」という言葉に、善悪抜きに死に物狂いで生きた人だという気がします。 pic.twitter.com/xv1jyt4ZT5
 拡大
 拡大
 拡大
まとめ管理人 @1059kanri
伊賀上野城で販売されている『藤堂高虎公と遺訓二百ヶ条』は、内容も大変素晴らしく、しかも送料込みでも1000円しないという有り難さなので高虎に興味のある人は本当に全員買うと良いよ!(/・ω・)/ igaueno-castle.jp/?page_id=24 pic.twitter.com/SdCohVHXH6
 拡大
まとめ管理人 @1059kanri
藤堂高虎の遺訓二百ヶ条は、あ、この人苦労人だなとしみじみ感じちゃうことが多いのですが、中でも、第百条「人の好む芸能や道具にケチをつけるな」第百一条「囲碁や将棋の助言をしてはいけない」あたりかなり好きw
まとめ管理人 @1059kanri
僕は藤堂高虎が世渡りの上手い武将だったとは決して考えていなくて、むしろ権力遊泳的には非常に不器用な人だったし、そこが不器用だったからこそ秀吉や家康といった「権力者」から信頼されたのだ、と思ってたりします。
まとめ管理人 @1059kanri
@kirik_game なんだかよくわからないものも結構ありますね。「急に走り出す時は三尺手拭を手放してはならない」とか、「着物を被ってはいけない」とか、「戦道具は柿色が良い、紺色は駄目だ」とか。基本的にはこんな感じで、とても良いことを言っています pic.twitter.com/6iaq3Y78j8
 拡大
『遺訓二百ヶ条』に興味を惹かれる
衛生兵(ほほえみ) @combatmedic
@1059kanri 高虎本人がそれをやって失敗したか、他人の失敗談を多く聞く機会が有ったのでしょうね。
まとめ管理人 @1059kanri
@combatmedic でしょうね。実体験から多くを学んだのでしょうねw
衛生兵(ほほえみ) @combatmedic
@1059kanri 教えて頂いた遺訓二百ヶ条。買うしかないですねという事でポチってきます。
まとめ管理人 @1059kanri
@combatmedic 今どき郵便振替か現金書留だけというアレではありますがw
衛生兵(ほほえみ) @combatmedic
@1059kanri なんと! では、明日郵便局に行かねばですねぇ。現金書留なんて何十年ぶりでしょうね。
碁で殺し合いの話
杉田雅俊 @000627234
@1059kanri 中世だと、そんな切欠で殺しあいになりそう。 高虎が若い頃、同僚を斬り殺した経緯はそんな事だったのかもと思ってしまいます。
まとめ管理人 @1059kanri
@000627234 本当に、きっと実体験もあったのでしょうねw
まとめ管理人 @1059kanri
@kuloe0410 応仁の乱の東軍の大将だった細川勝元は少年の頃、遊びの囲碁で一方に助言して、相手がその夜勝元を殺しに来たことが本当にありますw
藤堂高虎はいつ変わったのか
小可 @xiaoke_As
@1059kanri 壁|ヮ・) その「ある時期」がいつなのか?個人的には四国平定中かその後と考えるんですけど(四国攻めで先頭に立って銃傷受けてますし)、武辺一本槍の彼を変えたできごとは何か?そして彼はどのように変革したのか?は小説家なら垂涎の材料になると思います。
まとめ管理人 @1059kanri
@xiaoke_As 確かに、それについて深く考察した小説、読んでみたいです!
残りを読む(20)

コメント

物書きモトタキ@固定よろしく @motoyaKITO 2019年2月20日
「着物をかぶるな」って、その時々にちゃんと帯を結ばず、解かずに着脱するなってことかな。だとしたら、動き易さが段違いで、見た目もキリッと感が全然違うからかしら。
ろんどん @lawtomol 2019年2月20日
主君を結構変えて、最終的には大名になった点で水野勝成が思い浮かぶけど、だいぶ印象が違うな…私だけ?
おいちゃん @semispatha 2019年2月20日
藤堂高虎は「君主を変えた」というより「君主がやらかして強制変更」が多いから…あと外様で唯一、家康の臨終に呼ばれた忠臣というのもあるわけで。
やまだ @sakusakutoux 2019年2月20日
個人的な感想だと秀長以降は自分で主君というか上司を選んで選んだ主君上司だからこそ徹底的尽くすし主君の方もその才能を存分に発揮させてる好循環が生まれたイメージ まあ秀長が死んだ後のいざこざで一時期改易&高野山に蟄居の時代もあったから どうせいつ改易やら蟄居受けるかわからないならせめて自分の納得のいく君主を選んでそのために働きたいとか思ったのかも
Licorice @Licorice_90 2019年2月20日
家康に一番信頼された武将である。三河譜代の立場なし
ケットシー @kettosee333 2019年2月21日
清少納言の逆だなあ。(汗臭い着物を頭から被って昼寝するのが好き
nekosencho @Neko_Sencho 2019年2月24日
囲碁や将棋のアドバイスに関しては、賭け将棋とかに引き込まれてむしられるだけだからやめとけ(意訳)みたいな感じでうちの親に言われたことがあります。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする