【うみねこ考察】死体行動説の見地から考察するEP6

安田紗代は想定解を二つ用意していた?! 今ある一般的な解を否定した別解を考察しました。 「ニンゲンどもが『こんなのミステリーじゃねーっ』って騒ぎだす」トリックをお披露目しましょう
うみねこのなく頃に 作品考察
4
■考察概略・前提
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
安田紗代はボトルメールの想定解を二つもっており、今聞かれる一般的な解が999人向けの解。 もう一つの解が戦人に解いて欲しい、1000人の内1人に届いて欲しい解であると考察しました。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
一般的な解の主な根拠となるconfessionのカケラを否定した結果 ボトルメールは安田紗代の書いたミステリ小説である『ボトルメール創作説』と 六軒島では死体が動く『死体行動説』を導き出せたので、これらを前提に第二の想定解としてEP6を解きました togetter.com/li/1320262 togetter.com/li/1320303
■戦人と雛ベアトの関係
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
EP6冒頭では戦人と雛ベアトの関係が描かれます。 金蔵が九羽鳥庵ベアトを犯したことを否定するこちらの解では、この関係を金蔵と九羽鳥庵ベアトに重ねることができ、金蔵が九羽鳥庵ベアトをどのように扱ったのかを連想することができます。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
ベアトに対するこの扱いこそが本当の『金蔵の罪』と言えるでしょう。 詳しくは下記リンクからご参照ください。 togetter.com/li/1319667
■隣部屋からの嘉音脱出 ・いとこ部屋の窓は使ってはいけない?
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
さて、この密室を解く前に注目しておきたいことがあります。 それはベアトがラムダに物語の修正を申告したタイミングです。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
この時点で既にドラノールによっていとこ部屋の窓を青字の争点にすることは禁じられています。 あくまでも青字に対しての制限ですが、いとこ部屋の窓から脱出してしまうと解答することができない問題になってしまいます。 ラムダがそれを受理するでしょうか?
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
嘉音に「謎を解かされる側じゃない」とアドバイスを受けていますし、窓の封印を解く権利はヱリカにありますのでそれを見越して謎を作ったなどが考えられます。 が、ここはあえて窓を争点にしない方法で嘉音を部屋から出して見ましょう。
・いとこ部屋に居なくていい条件
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
対決冒頭でヱリカも考えに入れていますが「いとこ部屋からどう脱出したか」ではなくて「如何にしてして嘉音は封印時にいとこ部屋に以外にいたか」と言う考え方ならば窓を使わなくてもよくなります。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
しかしヱリカの”それ以外の全員”と言う言葉のおかげでいとこ部屋にいる以外の生存者は全て隣部屋に居ることになってしまいます。 なんとかしてこの”全員”の枠に含まれないようにしなくてはいけません。 この状態で”全員”に含まれないのは誰か?
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
そう、死者たちですね。遡り手で嘉音を殺して別の場所にいたことにする。 マンガ版ではこのシーンは嘉音が急に倒れ見えない傷口から血を流す→消えると言う描写ですが 殺す→移動するの遡り手を順に描写しているとも解釈できます。 ヱリカの”全員”でできた密室ですが、それを破るのも”全員”でした。
■クローゼットからの嘉音消失
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
隣部屋から死者となって脱出できた嘉音ですが、次はクローゼットから消えなくてはいけません。 ニッパー使って自分の体を少しづつそぎ落として「嘉音ではない。ただの肉片です」と言い張りますか? ダメですね。 これをクリアするためには劇中で言われているようにかつてのベアトの力がいるようです。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
ラムダデルタはかつてのベアトならきっとこの密室トリックを解き明かして見せると保証してくれました。 また、姉ベアトはかつてのベアトリーチェを「妾達が一つの姿となり完成された姿」と言っています。
・姉ベアトとは何か?
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
かつてのベアト-姉ベアト=雛ベアト であるのならば姉ベアトとは何でしょうか? この考察では前提として『ボトルメール創作説』を採用しています。 ルールを擬人化したベアトは言いかえれば物語設定の擬人化と言うこともできるでしょう。 togetter.com/li/1320262
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
「姉」とは何か?先に生まれたものです。 つまり姉ベアトは雛ベアトより先に生まれた物語と言うことになります。 安田紗代によって書かれたボトルメールよりも先に書かれた物語とはどんな物語でしょう?
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
それは姉ベアト自身が語ってくれています。 夜な夜な屋敷を闊歩する夜の支配者。 弱点の描写から察するに悪食島の悪霊の怪談をモチーフにそんなベアト像の物語を安田紗代は執筆していたのでしょう。
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
では、この姉ベアトを考察の前提である「死体行動説」に合わせましょう。 雛ベアトは「死体行動説」の擬人化、姉ベアトは1000年の時を経た魔女。 併せることによって雛ベアトは一気に1000年の時間を得ることができました。 これでかつてのベアトリーチェの再誕です。
・嘉音の消失は既知の出来事
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
さて、姉ベアトを取り込んで得られたのは1000年の時間だけではありません。 蜘蛛が弱点と言う設定も取り込まれているでしょう。 するとどうなるか?
Goat-Chan@introducing 07th @DNakukoroni
思い出してください。 この「死体行動説」の根拠にも使っていますEP2の嘉音襲撃のシーン。 私の考察でこのシーンは「実際にあったこと」もしくは「紗音たちの口裏合わせ」の二択であると言及しています。 togetter.com/li/1320303
残りを読む(9)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?