2019年2月23日開催 講演会《測って伝える 〜物理学者早野龍五からみる福島の7年〜》 (主催:中部原子力懇談会)

中部原子力懇談会主催 情勢講演会(静岡開催) 早野龍五名誉教授の講演が2019年2月23日に開催されました。伊達市の被曝論文(宮崎早野論文)の不正データ利用問題,計算ミス問題が発覚したのちに開催された早野氏の講演会に参加した方のツイートをまとめました。 中部原子力懇談会 講演会URL(アーカイブ) http://archive.is/gRXQd
原子力pa 伊達市 中部原子力懇談会 早野龍五
7
裕次郎 @Yuh_artisan
本日開催「最新の情報を交えたタイムリーな話題を提供」いただく講演会《測って伝える ~物理学者早野龍五からみる福島の7年~》ですが、講師 #早野龍五 氏のサイト「予定表」昨日のスクショ↓、本日23日に「静岡市」とあるので間違いない。あれれっ、現在は無くなってる!? office-hayano.com/schedule.html pic.twitter.com/rwvS2CyPrY
 拡大
裕次郎 @Yuh_artisan
#早野龍五 先生の講演会《測って伝える ~物理学者早野龍五からみる福島の7年~》(於:静岡市)予定時刻に開始です。 どんな展開になるのか、注目ですっ! pic.twitter.com/mJIRJNF1xX
 拡大
裕次郎 @Yuh_artisan
写真撮影、録音、録画はダメ、会場からの質問は受けない!とのポリシーだって〜。 何を怖がってるんかな?
裕次郎 @Yuh_artisan
ポワポ使った講演だったが、多分10年1日の如くの、放射線、怖るべからず「安全だよ!」とのもの。黒川眞一教授はじめとする、論文への批判を受けての修正など全く感じ取ることのできない内容に終始。この厚顔には呆れ果てる←保身上、そうせざるを得ない?🤣 エントリーシートへの質問への応対中
裕次郎 @Yuh_artisan
そもそも「原子力懇話会」という原発事業者の広報部門が開催する講演会に期待されることなどある訳もないしな。 ただ「会場からの質問は一切受けない!」との厳格なポリシーから垣間見られる立場性(政治性? 党派性?)は科学者のそれとは最も縁遠いものであることだけは明確になった。 #早野龍五
裕次郎 @Yuh_artisan
「多少 傷ついたかな?・・・この程度のダメージなら まだまだ御用学者として 使い勝手があるな」との判断があるんでしょ。これには黒川眞一教授はじめ、批判的な立場の方にとっては愚弄されてるとも言えるので、まだまだ批判が甘いとも言えますね。黄帝さまにはさらなるご尽力を賜りますよう! twitter.com/nihon_koutei/s…
裕次郎 @Yuh_artisan
あらためて中部原子力懇談会主催による《測って伝える ~物理学者 #早野龍五 からみる福島の7年~》のリポートを ①冒頭、司会より会場内でのビラ配り、撮影、録画、録音などの禁止とともに、会場からの質問は受けない事の確認。ただし事前の参加申込用紙上の質問のみ、終了後に答えると。 pic.twitter.com/28bm7i0QL5
 拡大
裕次郎 @Yuh_artisan
②早野氏登壇。いつものように?着物姿でレーザーポインターを持ち、マイクに向かう。「最新の情報を交えたタイムリーな話題を提供する講演会」と銘打たれたものとは裏腹に、最初から最後まで、論文を巡るタイムリーな話題への言及は皆無。内容はほぼこれと同じ→ nhk.or.jp/kaisetsu-blog/…
裕次郎 @Yuh_artisan
③東日本大震災で亡くなった方15,913名(震災関連死:3,562名)、放射線影響:ゼロ。その後の放射線飛散による健康被害の影響が出る状況ではない、等々、いかに放射線による影響が少なかったかとの「安全神話」が蕩々と語られる。
裕次郎 @Yuh_artisan
④自身の紹介に移り、3.11直後(翌日)から、いかにTwitter上で人気者になったのか、フォロワー数の激増、世界中の科学者のTwitterアカウントでの上位ランキングなどを示しその影響力を誇らしげに語る(牧野教授 @jun_makinoなどの検証では、311直後のメルトダウンへの疑念は否定的で「安全」と (続
裕次郎 @Yuh_artisan
⑤承前)語っていたことなどの投稿は、その後ことごとく削除しているにも関わらず)この尊大で厚顔な語りには、いわゆる「科学者」なるものの通念を悉く打ち砕くもので苦笑いするしかなかった。
裕次郎 @Yuh_artisan
⑥伊達市民の被曝調査に用いられたガラスバッジの調査結果、既に黒川眞一教授からの疑念(生活環境下で長期に計測するには不向き、と批判)は黙殺し、年換算1mSvを大きく下回る。Dシャトル装着してのフランスからの高校生の福島行はいかに福島の線量が低いかが判明と。
裕次郎 @Yuh_artisan
⑦ようするに、福島第一原子力発電の過酷事故がもたらした放射線被害は、言われてるほど影響は無いし、安全なのだの結論に導くためのいくつかの調査結果を解説するという内容。 休憩を挟み、最後に事前に集約し、パワポ資料にも整理されたいくつかの質問に答えていく。
裕次郎 @Yuh_artisan
⑧ここではじめて質問に答える形で、昨年末の毎日新聞による論文不正問題に言及。ただそれは早野氏のTwitter発表「伊達市民の外部被ばく線量に関する論文についての見解」に書かれた4つの項目の内容を1ミリも越えるものでは無かった(その後黒川氏、牧野氏による批判があったがそれらへの反論も皆無)
裕次郎 @Yuh_artisan
#早野龍五 講演会〈私的感想〉講演会は原発事業者の運営下にありその内容は推して知るべし。しょせん「御用学者」としての期待に添うものでしか無いのは当然なのかも知れない。しかしそこに手を染めてしまった時点で、本来の正しい意味での「科学者」では無くなってる、その抜け殻を観る思いだった
裕次郎 @Yuh_artisan
ⓑ藍原寛子による黒川眞一氏へのインタビューで「ベ平連に参加し、鶴見俊輔さんに薫陶を受け、基本的人権が大切ということを科学研究の根幹に置いている。核兵器開発に関して、直接ではないが間接的責任を負っています」とする科学者としての真摯で誠実な態度とは、どうも余りにもかけ離れた何ものかだ
裕次郎 @Yuh_artisan
Ⓒ講演会という大衆を相手にした場なので、期待する方が悪いのかも知れないが、黒川眞一教授の批判には、論文という体裁での自己批判を含む「修正?」あるいは新たな論文が出されるやも知れないのでそれを期待したい。でも投げちゃう可能性も。ディテールの修正では済まない根幹からの論考になるからな
裕次郎 @Yuh_artisan
Ⓓ「放射線審議会」は宮崎・早野論文の削除を決定するも「学術的な意義を全否定するものではない。結論に影響しない」と辻褄の合わない方針を示した。原発などからの放射線を規制する責任ある立場の役所とも思えぬ反人道的な規範にはとてもついていけない。怒りだけがフツフツと沸き起こる講演会だった
裕次郎 @Yuh_artisan
論文不正の指摘を受け、#早野龍五 氏が文科省記者クラブに提示した「伊達市民の外部被ばく線量に関する論文についての見解」です。 (早野氏がTwitter上で発表した画像) pic.twitter.com/hVL7YROdL1
 拡大
裕次郎 @Yuh_artisan
#早野龍五 という一人の科学者の「後期の仕事」(大江健三郎の謂)に感慨を覚える。専門の物理学では名誉ある授章。他方スズキ・メソード会長に納まるほどの芸術肌。リタイア後、原発事業者からもてなしを受けセレブが棲まう広尾ガーデンヒルズに事務所を構え、歌舞伎に入り浸る日々。爛熟と頽廃と欺瞞
裕次郎 @Yuh_artisan
【SYNODOS】まだ続く「知ろうとすること。」/ #早野龍五 synodos.jp/fukushima_repo… あっ、昨日(2018.02.23)の静岡講演のパワポはこれと同一内容であることに気付く(遅すぎだわ😅)。つまりその後の不正論文指摘を含め、早野氏の時間は死んだまま。 #片瀬久美子@kumikokataseさんも同じ認識かしら?

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする