ラカンと地理学:空間の生産と精神分析

精神分析で知られるラカンの三界(現実界・象徴界・想像界)を地理学の空間論・景観論に応用すると面白いのでは?というお話。 文献 斉藤環「生き延びるためのラカン」 デレク・グレゴリー「ラカンと地理学 ―空間の生産再考―」
地理学 ラカン
3
増田聡 @smasuda
東浩紀「サイバースペースはなぜそう呼ばれるか」を再読しつつ理論地理学の概説本とつきあわせてて思うけど「ラカン派地理学」みたいな人っていないの?景観論とかそれこそ象徴界と想像界のクネクネそのままやん、とか素人には思えるのだがうちの地理の先生にそんな質問する度胸ありません(笑)
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
現実界・象徴界・想像界って分類、景観・風景を語るのには便利だと思うけど、元が精神分析の用語だしいきなり使うと文脈から浮いてしまうかなっていうのと、そもそもラカン微塵も理解してないから使うべきでない気もする
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第1回 なぜ「ラカン」なのか? 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol…
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第2回 貴方の欲望は誰のもの? 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・言葉を使うことによって、人間は「欲望」を手に入れる。 ・「欲望は他人の欲望である」(ラカン) ・「ほしいものが、ほしいわ」(糸井重里,西武百貨店)
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第3回 「それが欲しい理由」が言える? 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・想像界,鏡像→去勢,父性の介入→象徴界,言語の獲得 ・「いないいないばあ」は存在論的にスリリング
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第4回 「こころ」はどれほど自由か? 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・催眠(イメージ)から自由連想(言葉)へ ・「音に意味を従わせることの快感」(例:駄洒落)
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第5回 「シフィニアン」になじもう 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・「象徴界」:シニフィアンが織りなす複雑なシステム ・怪物の造形は言葉の引用と接合によって成り立っている ・「言葉」は現実存在の代替となると同時に自己と客体を分離する
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第6回 象徴界とエディプス 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・去勢:象徴の獲得,所有の諦め ・「ファルスこそは、あらゆる言語(=シニフィアン)の根源におかれた特権的な象徴にほかならない」
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第7回 去勢とコンプレックス 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・三界は位相的な区分 ・「去勢の受け入れは欠如をもたらす。欲望は、この欠如によって確立される」
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
あんまり似てない気がしてきた。むしろラカンの三界のほうが便利?わからん
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第8回 愛と自己イメージをもたらす「鏡」 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・想像界:認識・コントロールが最も易しい ・「鏡像段階」:鏡のイメージによって自己イメージを獲得する段階,想像界の起源
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第9回 愛と憎しみの想像界(イマジネール) 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・鏡像への愛が生む攻撃性(鏡像に自己を支配されてしまう恐怖,症例エメ) ・鏡像関係を断ち切る第三者(父、法...)の介入
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第10回 対象aをつかまえろ! 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・対象a:欲望を支える幻想(幸福,お金,本当の自分...) ・「対象aは、神経症者にとっては隠蔽されており、性的倒錯者にとっては客観的に示されており、精神病者にとっては実体化される」
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第11回 すべての男はヘンタイである 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・性的倒錯:去勢の想像界における否認 ・男性,機能性/女性,関係性
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第12回 欲望はヴェールの彼方に 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・抑制(覆い)の美学:「控えめであるほどリアルである」ということ ・解釈学:共感による理解 →解釈学的循環(他者に自己を見出しているにすぎない) ・精神分析:言語(他者)による理解
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
「人間の主体性は本質的に環境との相互作用において成り立つ」っていう風土学の考え、もしかしてラカンの話と似てる? デカルト的な主客分離は精神分析で言う「去勢」とどう違うんだろう
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
「人間の主体性は本質的に環境との相互作用において成り立つ」っていう風土学の考え、もしかしてラカンの話と似てる? デカルト的な主客分離は精神分析で言う「去勢」とどう違うんだろう
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第13回 ヒステリーは何を問うか(前編) 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・ヒステリー:「受け入れがたい表象」の抑圧,女性的 ・強迫神経症:自分存在の過剰確認,男性的
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第14回 女性は存在しない? 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・男女の享楽の非対称性:ファルス的享楽/他者の享楽(例:おたく/やおい) (もう少し面白い話もあったけど短文で要約すると確実に誤解されるので割愛)
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第15回 「精神病」とはどんな事態か? 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・統合失調症:象徴界の故障→文脈・自明性の喪失 ※神経症では象徴界は正常に機能している
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第16回 「現実界」はどこにある? 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・現実界:人間の認識の外にある世界の論理 ・トラウマ:絶えず反復される過剰な現実性(≠現実)
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第17回 ポロメオの輪の結び方 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・ポロメオの輪:三界の統合,どれか一つが欠けると他も崩壊する ・現実界が象徴界を介さず直接想像界と結び付く→言語化できない強烈なイメージ
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 第18回 転移の問題 ーその(1)ー 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・転移:「ある種の人間関係の中で、相手に無意識の欲望が向けられ、現実化させられる現象」 ・転移性治癒:転移によって症状が改善すること,しばしば一時的で移ろいやすい
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 最終回 転移・投影・同一化 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・投影/同一化:自己の内の好ましくないもの/好ましいものを客体に見出すあり方 ・転移:「欲望」の伝達,受動・能動の逆転 ・「知っていると想定される主体」
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto
生き延びるためのラカン 最終回 転移・投影・同一化 斉藤 環 cokes.jp/pf/shobun/h-ol… ・投影/同一化:自己の内の好ましくないもの/好ましいものを客体に見出すあり方 ・転移:「欲望」の伝達,受動・能動の逆転 ・「知っていると想定される主体」
残りを読む(20)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?