2019年2月25日

先生と私⑦【裏切り】

まとめました。
2
🐈 @erymylove888

1 ___《俺… エリちゃんが笑うためやったら身引こうと思ってたんやで…》 なんでこうなったのかな… ___ あれから私たちは周りの目を気にしながらも穏やかに過ごしていた。 そのうち、二人が同じ勤務の時はお泊まりセットと着替えを持って出勤して、先生の家に帰るようになっていた。

2019-02-20 09:36:32
🐈 @erymylove888

2 先生の家にメイク落としや化粧水なんかの私のものが増えていく。 週によっては自宅より先生の家に帰るほうが多いときもあった。 そうしてるうちに、 先生がハウスダストに弱くて、その時するくしゃみは必ず3回だったり、 料理で包丁を使う手つきはメスを握るのと違って不器用だったり、

2019-02-20 15:06:59
🐈 @erymylove888

3 枕を抱えて左を下にするほうが寝やすかったり 腕を組むのも脚を組むのも私と左右逆だったり 実は猫舌だったり 歌うのは好きだけどあまり上手くなくて、でも歌声は可愛かったり 偶然やってた部活が一緒で、うちの伝説のOBと知り合いだったり いろんな発見があった。

2019-02-20 15:22:21
🐈 @erymylove888

4 時々使う先生の家のキッチンもなにがどこにあるかだんだん分かってきて、 絶対に先生は使いそうにないマッシャーとかスパチュラに同棲してたであろう女性の影を感じたりした。 「先生、こんなの絶対使わないでしょ?(笑)」 『つ、使うわ! これはなんか混ぜるやつで、こっちは… なんやこれ』

2019-02-20 15:37:30
🐈 @erymylove888

5 ムキになって取り繕おうとする先生も可愛かったり、 でも私にとってそれは嫌じゃなくて、どちらかと言うと先生が生きてきた過去を垣間見てるようで嬉しかった。 多分それをいろいろ聞かせてくれるタイプじゃないことも分かってきたけど…(笑) 「だいたいこのエプロンひらひら付いてますけどね?」

2019-02-20 15:54:46
🐈 @erymylove888

6 『俺のやし。ひらひら好きやねん…(笑)』 「はいはい(笑)」 普通の人がつけるときっと膝丈で可愛いエプロンなんだけど、 『っていうか、そのエプロンってそんな長かったかな』 「あー、元々使ってた人と比べてるー!」 『そんなん言うんやったら使わんかったらいいのに(笑)』

2019-02-20 16:05:29
🐈 @erymylove888

7 「だって先生たちが別れただけでこのエプロンに罪はないからねー。 まだまだ私が大事に使ってあげるからねー」 『なんかそういうとこよな… お前の魅力って』 「えーなにそれー! 他にもっとましなとこないんですか?(笑)」 『あるよ…お前のいいとこ…』 洗い物をしてる私の背後にきて

2019-02-20 16:37:00
🐈 @erymylove888

8 『… 教えてほしい?』 腰を抱き耳元で聞かれる 「や…」 首をすくめるけど泡のついた手では身動きがとれず 『この可愛い声とか…』 回してた手で大腿を撫でられ身を捩ると 『すぐ俺に反応する敏感なとこもやし…』 「せんせ… 洗えないから… もうちょっとだけ待ってください」

2019-02-20 17:12:25
🐈 @erymylove888

9 動き続ける両手は脇腹を通り胸へたどり着く 「やぁ… もうほんとに、せんせ」 耳に唇をつけて 『最終的には受け入れるのにとりあえず抵抗するとこ…』 って言われるから 「もー変なことばっかりじゃないですか… 私とそれだけのためにいるんですか?」 『そんなことないの分かってるやろ』

2019-02-20 17:51:42
🐈 @erymylove888

10 「じゃあしなくても大丈夫なんですよね? 今日は我慢してください」 『ええよ、わかった』 そう言ってキッチンから出ていく先生。 お風呂に入りに行ったみたい。 洗い物を終えてリビングでテレビを見てると、しばらくして先生が戻ってくる。 「お風呂入ってたんだ」 って振り向くと…

2019-02-20 18:00:55
🐈 @erymylove888

11 下だけスウェットを履いて上半身裸の先生が 首に巻かれたタオルで濡れ髪を拭きながらこっちに向かってくる… 筋肉質で線が細すぎない男らしい体つき 手脚はすらっと長くて、タオルを持つ手は大きくて綺麗… 見惚れていると、白い肌に濡れた黒髪の先生とふいに目が合ってドキッとしてしまった。

2019-02-20 18:29:55
🐈 @erymylove888

12 はずかしくて目をそらすと 『ん? どうしたん…』 って言いながら横に座って 「なんにもないです…」 そのままの格好で私の肩に手を回してくる。 あまりに色気が凄すぎて呼吸がしにくくなるくらい固まってしまい、緊張が伝わらないように側にあったクッションを抱きしめる。

2019-02-20 22:21:32
🐈 @erymylove888

13 先生の中身も好きだけど、やっぱり私はこの外見にすごく弱い… それを感じてしまうと、自分でも分かるくらい顔が紅潮してしまう。 『そんな固まらんでも、肩抱くくらいいいやろ?』 「いいですけど… 服着ないと風邪引きますよ」 いまにも叫びだしそうな気持ちを押さえて平静を装う…

2019-02-20 22:36:10
🐈 @erymylove888

14 『まだ暑いねん』 なんとなくついていた洋画をそのまま見てるけど 先生の体温と近くに感じる呼吸、シャンプーの匂いに耐えられなくなって 「あ、買ってあったヨーグルト食べます?」 ソファーを離れて冷蔵庫に向かう。 一度気持ちを落ち着けてから、ヨーグルトとスプーンを持って先生の隣へ。

2019-02-20 22:48:04
🐈 @erymylove888

15 『食べさして』 って言われて、ヨーグルトをすくい先生の口元に運ぶけど 私が好きすぎるその顔で、じっと私を見つめながらスプーンをくわえるから… 結局落ち着けた気持ちは激しく乱される。 2口運ぶのが限界で、3口目は顔が見れずにスプーンを持った手だけを先生のほうに伸ばす。

2019-02-20 23:05:07
🐈 @erymylove888

16 先生の口がスプーンを迎えに来るけど上手く入らなかったみたいで… 『あーあ、こぼれたやん』 「あ、ごめんなさい」 ヨーグルトが先生の胸元からボタボタっとスウェットに滑り落ちる。 『ちゃんと拭いてや…』 首にかかってあったタオルで胸から拭いていくけど、もうはずかしさの限界で…

2019-02-20 23:41:49
🐈 @erymylove888

17 『どうしたん?』 手を止めた私の 頬から顎を強めにつかんで持ち上げ 『限界か?』 目の前に先生の顔が… 胸がギュっとつかまれるみたいで、呼吸が乱れる 『俺が欲しいんやろ?』 目を合わせられずにいるとさらに顔を持ち上げられて 『我慢できひんのお前やん』 「はぁ… せんせ…」

2019-02-21 00:07:46
🐈 @erymylove888

18 『なに?』 「せんせ…」 『なんやねん』 「 … 」 『言わな分からんで。 思ってること言うてみ?』 「 … 抱いてほしい…」 なんとか言葉を絞り出すけど こんなこと自分が言ってるなんて… でもやっと言えたのに 『へーそうなんや。でも… 俺今日は我慢するように言われてるからなー』

2019-02-21 09:05:00
🐈 @erymylove888

19 意地悪な笑みを浮かべて… 『もうそんな気分じゃないねん』 私を嘲笑う 「… いじわる…」 『その気にさせてみれば?』 ソファーに座る先生の前に立たされて 『脱いで』 明るくて広いリビングでそんなことできそうになくて、自分の腕を抱いて俯く 『はよせな…俺寝るで?』 「 …」

2019-02-21 11:36:12
🐈 @erymylove888

20 『ほら、脱げって』 動かない私に、ソファーにもたれて腕組みをしながら少し強めに言葉を投げかける先生… 濡れた黒髪の奥のその目に見つめられると逆らえない ゆっくりと背中のファスナーに手を回して引き下ろす… 袖を抜くとワンピースが床に落ちて、ブラとストッキングが露になる

2019-02-21 13:07:28
🐈 @erymylove888

21 先生の視線に耐えられなくて腕を抱いて体をかくすけど 『もう終わり? 全部脱がんと』 「はずかしい…です… 」 『お前が我慢しろとか言わんかったらなぁ… ほら、もうええんか?』 はずかしくて泣きそうになりながら、 ストッキングを下ろして脚を抜いていく

2019-02-21 14:07:43
🐈 @erymylove888

22 下着だけになった私にも視線は投げられ続け、手を進めるしかなく すべて脱ぎ一糸纏わぬ姿になる 『手ぇ邪魔や』 言われるままに私のすべてを先生の前に晒す しばらくそのまま視姦され続け 「もう許してください…」 『許すもなにも、お前の意思やろ?』 「もうおねがい… 先生…」

2019-02-21 14:49:36
🐈 @erymylove888

23 先生の腕に触れると 『まだこれからやん… そこ座って』 「えっ… 」 ソファーの前のテーブルに追いやられて座らされると、ガラスの冷たさが伝わってくる 『脚開いて見せて…』 この後の展開が怖くていろいろ考えるけど得策はなくて、言われたまま従う 『そんなんじゃ見えへんやん…』

2019-02-21 16:40:56
🐈 @erymylove888

24 膝を折り曲げてかかとをテーブルに乗せられると脚をM字に開かれた状態になり、強制的にその部分が晒される 『わ… すごいで… 俺のこと思ってこんな濡らしてんの?』 「も… やめて… 」 『やめてもええけど… ここまで頑張ったのに?(笑)』 「せんせ… ほんとにもう… してください」

2019-02-21 17:59:37
🐈 @erymylove888

25 『エリ… めっちゃやらしいで… なにしてほしい?』 なんとか口を開いて答える… 「… キスしてほしいです…」 頭を抱えられ優しくキスされる… やっとその手に触れてもらえると 高ぶった体も気持ちも抑制できずに自分から激しく舌を絡ませる… 『発情しすぎ…(笑)』 「せんせ…」

2019-02-21 18:27:26
残りを読む(99)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?