10周年のSPコンテンツ!

【官邸vs東京新聞・望月記者】江川紹子氏の記事は「どっとちもどっち論」!?

まずは元記事を最後までお読みなることをお勧めします。 https://biz-journal.jp/2019/02/post_26839.html 江川紹子氏の記事に対する評価が真っ二つに割れてとても興味深いです。 その中で、江川氏の記事が「どっちもどっち論」に堕しているという批判と「どっちもどっち論」には読めなかったとする反応を中心にまとめました。 続きを読む
政治 報道の自由 ジャーナリズム 菅義偉 江川紹子 望月衣塑子 ネトサヨ ネットサヨク
10
biz-journal @biz_journal
【官邸vs東京新聞・望月記者】不毛なバトルの陰で危惧される「報道の自由」の後退 biz-journal.jp/2019/02/post_2… pic.twitter.com/EkdMlEGYU7
拡大
Shoko Egawa @amneris84
upされました~ →【官邸vs東京新聞・望月記者】不毛なバトルの陰で危惧される「報道の自由」の後退 biz-journal.jp/2019/02/post_2… @biz_journalさんから
どっちもどっち論で不当
想田和弘 @KazuhiroSoda
何だこの奇妙などっちもどっち論。官邸が一方的に悪いのに「どっちもどっち」と言うなら、それは「中立」ではなく官邸に味方をすることです。ジャーナリストを名乗る人の文章とは思えない。【官邸vs東京新聞・望月記者】不毛なバトルの陰で危惧される「報道の自由」の後退 biz-journal.jp/2019/02/post_2…
想田和弘 @KazuhiroSoda
朝日新聞南彰記者による2017年10月の記事だが、今こそ読んでほしい。江川紹子氏らの「どっちもどっち」論が誤りであることがよくわかるだろう。→歴代官房長官会見を500回以上取材した記者が見た“ガースー決壊” 菅官房長官記者会見はどこまで「強権化」されるのか #菅義偉 bunshun.jp/articles/-/4357
想田和弘 @KazuhiroSoda

映画作家。ヴィパッサナー瞑想に目覚めたばかり。映画に『選挙』『精神』『Peace』『演劇1・2』『選挙2』『牡蠣工場』『港町』『ザ・ビッグハウス』。著書に『観察する男』『カメラを持て、町へ出よう』『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』『精神病とモザイク』 etc English Tweets: @Kazsoda

https://t.co/GNREwBKjXX
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
江川紹子さんの記事、官房長官会見で最も重要な事実――第二次安倍政権になってかつては存在しなかった「全体質問時間の制限」と記者への「質問回数の制限」ができたこと触れてないので「どっちもどっち」論に見えてしまう。単に報道制限として批判されるべき案件でしょこれは。 biz-journal.jp/2019/02/post_2…
津田大介 @tsuda

本業に戻ります。|メルマガ→https://t.co/MjEoaj7Eri|ポリタス→https://t.co/klLY80FSLM

https://t.co/rhZfycrrDx
Ikuo Gonoï @gonoi
東京新聞・望月記者の質問に対して、国民に責任を追う側である菅官房長官が誠実に応答すれば「不毛なバトル」にはならない。望月記者個人の問題ではない。江川紹子氏は、時として政府権力の作用を軽んじて典型的などっちもどっち論に陥る傾向がある。 biz-journal.jp/i/2019/02/post…
Ikuo Gonoï @gonoi

Political theorist, author -democratic theory, world order proposals & aesthetics. 政治学、国際関係論、美と政治、モード論.『現代用語の基礎知識』「政治」項目の選定と執筆. 朝日新聞論座などに連載.近頃は経済同友会の政策提言など.

https://t.co/IjzYdBqw3i
yuuki @yuukim
なんだこのどっちもどっちに落とし込むクソ記事 twitter.com/amneris84/stat…
yuuki @yuukim
中立的なスタンスを装いながらまるで望月記者のせいで報道の自由が妨げられるような書きっぷりで、御用ジャーナリストの中でも江川紹子は最も狡猾で悪質なタイプだな。自覚なさそうだからなおさら手に負えない。
ヨコク @fukushima_35
@cao58020 @harada_hirofumi この国の自称ジャーナリストは「どっちもどっち」と言います。 biz-journal.jp/2019/02/post_2…
S_Shimizu @cao58020
@fukushima_35 @harada_hirofumi 誰かと思ったら、『江川紹子』ですか。どっちもどっちなんて考えられるのは、権力を監視するジャーナリストとしての仕事をしてきていない証拠そのものですね。権力に対する斟酌が習慣になってるんですね。そして自らも権力の一部だと感じている事の裏返しでしょう。
とらぶち @torabuchi
@tsuda 江川さん、核心をついた論評は基本的に好きなんだけど、時々バランスをとった立場を強調する余り、冷笑派と同じようなどっちもどっち論に堕している気がする。
杉野恵一 @ttn8kss2ec
江川さんの記事を読みましたが本当に「どっちもどっち」的であまり歯切れがよくありませんでした。日本では「どっちもどっち」的な意見が受け入れられる傾向があるけど、ここは津田さんの言うように報道制限として受け止めるべきと考えました。 twitter.com/tsuda/status/1…
中秋の柴犬 @sbinnn21
昨日もちょっと書いたけど江川記事は「普通の取材者であれば、できるだけ相手に話をさせるような質問を工夫するだろう」とか「望月記者は官房長官会見で何かを引き出すことができなくなっている」という論調なので、これは権力監視ではなく「情報取り」に偏った論考で、無理などっちもどっち論だと思う
Hiroshi Matsuura @HiroshiMatsuur2
*【両論併記は疑問】「江川紹子氏『「決め打ち」と言いたくなる官房長官の気持ちもわからないではない』」 権力を持つ官邸と一記者に過ぎない望月衣塑子氏は、力関係が非対称的なのだから、江川紹子氏の「どっちもどっち」論は、問題の本質を逸しているbiz-journal.jp/2019/02/post_2…
H.土龍 @hin2mog2
江川紹子氏の論は、「どっちもどっち」「喧嘩両成敗」的であり、どちらの行為が、本質的な危険性を持つのかをウヤムヤにしてしまうものだ。 biz-journal.jp/2019/02/post_2…
青になれ @aoninare60
@amneris84 @biz_journal 「批判すべき時に批判ができなくなったり、お追従記事ばかり書くようになったら問題だ」 江川さんのこの記事がそのものの様の思えました。 どっちもどっち論で結局権力に擦り寄っているのですね。
Milky Marble @MilkyMarble
江川さんは、相手の機嫌を損なわないように質問すべきと主張。これは、政権に媚びへつらう官邸記者クラブの連中と同じ。 望月と菅が、どっちもどっちのケンカをしてるかのような姿勢も疑問。ジャーナリズムは批判的観点にたって取材するもの。江川さんは単なる傍観者に成り下がってるtwitter.com/tokyo_satokei/…
Hiroshi Takahashi @SeroriHitomi
そもそもこの問題を「官邸vs.望月記者・東京新聞」の問題としか認識できない点で終わってますね。「どっちもどっち」論は常に権力者を利するのですよ。 早川論文の擁護も惨かった。さらば、江川紹子。 biz-journal.jp/2019/02/post_2…
peace_prayer @peace_prayer
江川紹子さんの「どっちもどっち」論、三浦瑠璃さんと同じtwitter.com/KazuhiroSoda/s…
томмʏ @tommy_yht
@stop_abe_seiji クソー江川め、官邸が100%悪いのに喧嘩両成敗のどっちもどっちに持っていくつもりだな これも全てアベが存在しているせいだ 許せん
t_m @tm9256
@amneris84 @biz_journal 江川さんって、常識のかけらもない人だとは思わなかった。頭が悪かったんだ。通りで日本は悪くなるばかり。同調圧力に負けつつある。国家権力は国民の友達ではないからどっちもどっちではあり得ない。公民から勉強し直ししてほしい。
残りを読む(326)

コメント

九十九 @hakqq 2019年2月28日
あそこまでやったらもう中日は引けん。安倍政権飛ぶまで延々と不毛なことを続けるだろうさ。dotirakaga高転びするかもしれんが
Yeme @yer_meme 2019年2月28日
巧く間取ろうとしたけど大失敗してグシャっとなるやつっスねー。
川島茶道朗 @illuda5173 2019年2月28日
敵味方でものごとを見る人は、100%味方じゃない意見は100%敵に見えてレッテルを貼って叩こうとする。「政権の敵を称賛しない=御用ジャーナリスト」みたいに。これは愚者へ通じる道の一歩だと思う。
take @s_take134 2019年3月1日
江川さんの記事、望月記者に対する苦言はいいとして、菅官房長官をはじめとする官邸側が東京新聞に苦情を何度も申し入れるのは異様だとか、記者に対して好悪の感情で対応する官房長官にがっかりするというのはどうだろう。何度注意してもTPOを無視した身勝手な振る舞いを続ける相手に対して、いつまでも寛大な姿勢を保っていられる人間なんて普通はいないよ。
Chariot @BLACK_RX_24 2019年3月1日
「どっちもどっち論だ」って批判してるのがいつもの面々でお察し
フローライト @FluoRiteTW 2019年3月1日
東京新聞に対して「なんでコイツら何度も苦情言われてんの?」って視点が欠けるの、やっぱりおカネくれるメディア様へ配慮してるんだろうな
でらねこ @Dera_Necco 2019年3月1日
どっちもどっちと言ってるメンツが揃いも揃ってアレな件
K3@FGO残4.3 @K3flick 2019年3月1日
連中がどっちもどっちと言い出すときは、相当都合が悪い状態である定期
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年3月1日
江川さんってこういう人http://bit.ly/2EDchWw だけど、撤回したの?それとも、まんま「極左から見れば左も極右」案件?
マクガン @Makugan32 2019年3月1日
なまじ中立を気取ると、どっちも敵に回すパターンでしょうか…?
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2019年3月1日
ボヤボヤしていると後ろからばっさりだ。どっちもどっちも。どっちもどっちも!
犬山 @yamada44790060 2019年3月1日
江川さんはオウム真理教と3.11以降の福島に関しては地道な取材を重ねてジャーナリストとしての矜持を見せてくれているから、色々と痛いところがあってもまだ期待できる部分があるんですよ。本来リベラル側の人間からそういった評価が上がってないのが彼らの限界なんでしょうね。
羽倉田 @wakurata 2019年3月1日
官房長官は政府代表として質問を受けているので個人の判断や意見は答えてはいけない。その長官に対して、受け取り方でいかようにも変わるような前提がある質問をしたところで答えてもらえるわけがない。そんな事情はどの記者も理解していなければならない事で、それを無視して質問を続けているなら迷惑行為を行う人として扱うのは当然
お断りします @oktwrshmth 2019年3月6日
ジャーナリストの先達として望月の問題点は書けてる一方で、官邸側には無制限の甘やかしを求めてるようにしか見えない。後者が無理筋だと大抵の人には認識されるから、意味のある内容は望月批判のみになり、結果的に官邸側を援護する記事になってる。
tako @tako6502 2019年3月11日
あっちの界隈が反発しているのをみるに妥当な記事だと判別できる
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする