2019年3月3日

レジンキットの脱脂のまとめ

ワンダーフェスティバル等で売られている、レジンキャストキットでは、塗装の前に表面を脱脂するのは大変重要なものの、安全性の問題からか、模型雑誌等はでは実際に有効な方法があまり紹介されないみたいなので、自分なりの方法をツイートしました。
14
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

レジンキットを塗装する前の脱脂は、あまりフィーチャーされてない感じもするので自分の使ってる道具を紹介。 パーツクリーナーやブレーキクリーナーでも良いが、自分はラッカー薄め液ので行っている。 pic.twitter.com/OuuxTpIxO0

2019-03-03 04:43:51
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

模型雑誌では中性洗剤とクレンザーを紹介されていることが多い。 これは安全性を考えての事だと思うが、ペインタプルでない離型剤や、レジンから染み出した油分には全くと言って良い程効果が無い。 クレンザーは表面を細かく荒らすので、塗料の定着が期待できるが、全面やすり掛けも同様だろう。

2019-03-03 04:47:26
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

自分は大きめの缶( amzn.to/2Etcjit )にラッカー薄め液を入れて、そこにパーツを一瞬付けて、すぐに引き上げ、歯ブラシで全体を磨き、再度ラッカー薄め書きに漬け、キムワイプで拭き取っている。 レジンパーツに多少染み込むので、表面からすぐ下の層の、レジンパーツ内部の脱脂も行える。 pic.twitter.com/E6u8Nhv7Um

2019-03-03 04:52:07
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

ラッカー薄め液( amzn.to/2tMKBID )や大きめの缶( amzn.to/2Etcjit )はホームセンターでも売られている。 缶の中には、調理用の金属製の小さいザル(天ぷらすくいだと思う)を入れて、小さいパーツが缶の中で行方不明になるのを防いでいる。 pic.twitter.com/VnfphSgKpb

2019-03-03 04:58:11
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

一瞬だけラッカー薄め液に漬けたら、すぐに引き上げ、PP製の歯ブラシで全体をかるく磨く。 写真ではクリアグリーンの歯ブラシ( amzn.to/2NFep31 )だが、柄がPP製であればよく、山切りカットのビトイーン( amzn.to/2EvTSdk )も中々良い。 pic.twitter.com/vr3ET4utzy

2019-03-03 05:03:42
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

歯ブラシで磨いた後、再びラッカー薄め液に漬けて、すぐに引き上げ、キムワイプ( amzn.to/2EvUfEK )で余分なラッカー薄め液を拭き取る。 引き上げたパーツはPP製の容器にキムワイプを敷いた物に入れて乾燥させると良い。 pic.twitter.com/HiUJb5CXeH

2019-03-03 05:06:13
拡大
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

これで乾燥すれば塗装が出来る訳だが、ラッカー薄め液が飛散したり、充満したりするので、換気や防護は必須。 できれば屋外でやった方がよいが、その場合は扇風機等を使って、風通しを積極的に良くしてやると良いだろう。 室内でも同様で、換気扇と扇風機の併用は効果がある。 pic.twitter.com/010RRIApEY

2019-03-03 05:08:48
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

防毒マスクは3Mの6000の面体と6001の吸収缶( amzn.to/2tLNN7n )を使っている。 幾つかの種類を使ったが、自分にはこれが一番使い易かった。 pic.twitter.com/OWZy31wFD9

2019-03-03 05:13:06
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

手袋はダンロップのニトリル うす手 L ( amzn.to/2GUCDWt )を使っている。 名前の割にそんなに薄くなく、作業性と防護が丁度良い感じで、着脱もしやすく、その辺のホームセンターでも買えて入手性も良い。 これは複製の時の粘土埋めや、注型作業にも使っている。 pic.twitter.com/dVH9coD8H2

2019-03-03 05:18:56
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

目の保護にゴーグルも使っている。 写真のヤマモトのYGー6000( amzn.to/2NCEDDk )は眼鏡を付けたままでも装着できる。 pic.twitter.com/1uuRki4USj

2019-03-03 05:24:56
拡大
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

レジンキャストパーツは成型してから安定するまでに、3カ月程度掛かり、その間に結構収縮するので、イベントで購入したキットは、キットはそれくらい置いてから作り始めた方が良い。 成型してすぐのキットに、パテ盛りしたり、光沢を出す為に塗料を厚塗りした部分が収縮で割れたりする事がある。

2019-03-03 05:30:00
Nimbus@次はWF2021秋代替イベント @nimbus_gtr

脱脂が終れば塗料接着剤を塗布して塗装となるが、フィニッシャーズのマルチプライマー( amzn.to/2NCtSkw )のスプレー缶タイプが出て欲しい。 レジンキットに適した有効な選択肢が、以前はミッチャクロンマルチ( amzn.to/2NEuHJA )しか無かったが、これは模型には少々扱い辛い。 pic.twitter.com/GyvkSvZLjE

2019-03-03 05:48:27
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?