『魔眼の匣の殺人』10万部突破記念! 読者の感想まとめ(いいとこどり) #まがはこ #魔眼の匣の殺人 #屍人荘の殺人

神木隆之介さん、浜辺美波さん、中村倫也さん出演で映画化も決定した『屍人荘の殺人』のシリーズ第2作、今村昌弘『魔眼の匣の殺人』が発売から2週間で10万部を突破したことを記念して読者の絶賛ツイートをまとめてみました。
屍人荘の殺人 本格ミステリ 東京創元社 ミステリ 推理小説 魔眼の匣の殺人 今村昌弘
4712view 1コメント
10
太田忠司 @tadashi_ohta
『魔眼の匣の殺人』読了。かつて京極夏彦さんが『姑獲鳥の夏』でデビューしたとき「とんでもない傑作だ。もうこれ以上の作品は書けないだろうな」などとエラそうに思っていたら続けて『魍魎の匣』が出て自分の浅慮を恥じたことがある。なのに今村昌弘さんに同じ愚を冒していたことを思い知った。
太田忠司 @tadashi_ohta
設定の妙に隠れがちだけど『屍人荘の殺人』のすごさは本格ミステリとしての構築力にあった。だから本格ミステリ大賞にも選ばれた。『魔眼の匣の殺人』は、その前作を凌駕している。加えてエンターテインメント小説としての骨法をわきまえたストーリー展開でマニアでなくても楽しめる作品となっている。
辻 真先 @mtsujiji
今村昌弘さん「魔眼の匣の殺人」を頂戴、読了する。本格ミステリを読む楽しみに浸った。仕事を棚上げして文字通りの一気読みは、しばらくぶりである。前作がスルーしていた斑目機関に言及されており、論理をハミ出た論理に「霧越邸」を連想したり。最後の最後まで、ミステリファンむけに充足していた。
綾辻行人 @ayatsujiyukito
『屍人荘』を読んだときにも感じたのですが、今回の『魔眼の匣の殺人』を読んで、今村さんはやっぱり有栖川有栖さん直系の本格ミステリ作家だなあ、と思いました。
大山誠一郎 @oyama_seiichiro
今村昌弘さんの『魔眼の匣の殺人』(東京創元社)を読了。前作を上回る傑作。展開は前作より地味かもしれませんが、解決で浮かび上がった構図に驚愕しました。予言という設定からこんな構図を引き出せるとは! しかも単にその構図を提示するだけでなく、徹底的に考え抜いて活かし切っています。
北原尚彦@『モリアーティ秘録(上・下)』(創元推理文庫)12/12発売 @naohikoKITAHARA
今村昌弘氏の『魔眼の匣の殺人』(東京創元社)読了。正直デビュー作『屍人荘の殺人』が凄すぎたので第二作は書くの苦労するだろうな……と思ったら、軽々とそのハードル越えてきましたよ!特殊設定下のクローズド・サークル、巧い!いやはやこの人、いまミステリの神様が憑いてるんじゃないか。 pic.twitter.com/af1eFtmIdH
 拡大
芦沢 央(あしざわ よう) @AshizawaYou
今村昌弘さんの『魔眼の匣の殺人』読了。これはすごい。屍人荘を超えたって感想を見かけて、いやそれは厳しいだろうって思っていたけど、たしかに超えた! 端正なロジックと美しいホワイダニットの先にある見事な決着シーン……これ大好きなやつだ。 pic.twitter.com/URAJvuzS3d
 拡大
似鳥鶏 新刊『そこにいるのに』発売中! @nitadorikei
「前作より凄い」と話題の『魔眼の匣の殺人』ですがこれは本当にその通りで、好みの問題はありますが最終章の怒濤のロジックとどんでん返し、あの特殊状況だからこそ成り立つ斬新な犯行動機、映像が浮かぶような美しいロジックなど、確かに前作を超えた精度ですごいです。tsogen.co.jp/np/isbn/978448…
青崎有吾 @AosakiYugo
今村昌弘『魔眼の匣の殺人』読みました。 めっちゃうろ覚えなんですが、昔ある評論家さんが、確か『剣の八』だったと思うんですが、カーの某作について他の人が書かれた意見を紹介していて。その人は「剣の八はロジックが弱い。このようにすればよかったのでは」てな感じでアイデアを出していて、続
青崎有吾 @AosakiYugo
『魔眼の匣の殺人』に登場するのもまさにこれと同じくいびつな、でも美しいロジックで、いやあ、好きですねこういうのは。いびつだけど美しい謎解きというのは良い謎解きだと思います。「予言」を巡る特殊設定モノとしてももちろん楽しめました。
浜辺美波 @MINAMI373HAMABE
「魔眼の匣の殺人」読了😊🙋‍♀️ 屍人荘の殺人のシリーズ第2作です! 「2日でこの中の4人が死ぬ」という予言から事件ははじまります! やっぱりとても面白くて2日で読み終えてしまいました😆 ぜひみなさんもー🙋‍♀️🙋‍♀️
水沢秋生 @mizusawaakio
「魔眼の匣の殺人」を読み終える。 一冊の本を書くのがどれだけ大変なことか、わずかなりとも知っている身としてこういうことは言うべきではないのかもしれないが、率直な感想としては、 「つ、次の本はまだですか!」
最東対地 @31tota1
『魔眼の匣の殺人』読了しました。「一作目より二作目が評価される作品は本物だ」と常々思っている私ですが(ターミネーター、エイリアン、ゴーストバスターズなど2が好きです)、『屍人荘の殺人』からなるこのシリーズにも同じものを感じました。悔しいけど面白い。嫉妬を凌駕するほどの傑作。ぐぬぬ pic.twitter.com/UKqo7MF6EF
 拡大
鵜林伸也 @Ubayashi_Shinya
今村昌弘「魔眼の匣の殺人」読了。前作で上がりに上がりまくった期待から、恐る恐る二作目を手に取ったのですが、期待に答えるおもしろいミステリでした。前作のような設定が浮かぶかどうか、は運の要素もありましょうが、ロジックの組み立ての確かさは作者の持つセンス。期待を裏切りません。
浅ノ宮遼 @AsanomiyaRyo
『魔眼の匣の殺人』読了。事件そのものはシンプルながら、犯行に「予言」が絡むことで謎が一気に複雑化していく展開が素晴らしい。終盤に二転三転する構成も見事で、特に「ある所見」から〇〇〇が実は〇〇だったと明らかになる真相には唸らされました。オススメの一冊です。
宮内悠介 @chocolatechnica
結局は資料を読みながら「途切らせずに」技術や国際情勢も追うしかないんだろうけど……。いつ書くんだ。そういえば先日『魔眼の匣の殺人』のプルーフを読む機会に恵まれたのだけど、あれは本当にいい時間であった。
野間美由紀 @rose_m
今村昌弘さんの『魔眼の匣の殺人 〈屍人荘の殺人〉シリーズ』も読了。クローズドサークルを新たな側面(というか逆手に取った解釈?)で描く力作で堪能しました。 amzn.to/2NWBFK1
岡崎琢磨@『夏を取り戻す』『九十九書店の地下には秘密のバーがある』 @okazakitakuma
今村昌弘『魔眼の匣の殺人』読了しました。前作で勝ち得た信頼を存分に生かした構成で、終盤の畳み掛けには大いに唸らされました。クローズドサークルで殺人を起こす意味に関する考察は、作り手として背筋が寒くなりますね。二作目のプレッシャーを見事跳ね返した作者に、拍手を贈りたいです。
松本ものの😶小説の感想漫画🖋 @mononobook
「魔眼の匣の殺人」のネタバレなし感想まんが。 いやー、本当に面白かった! 特殊設定を踏まえた上で推理をするのは、すごくわくわくしますね! #魔眼の匣の殺人 #今村昌弘 pic.twitter.com/beBrNSHmKg
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
小倉栞(lit:はるか) @jJeALDcdhXHISl1
『魔眼の匣の殺人』今村昌弘 「屍人荘の殺人」は予言されていたーー。 舞台は旧斑目機関研究所。そこで更なる予言がされる。「あと二日で四人死ぬ」。予言は実現するのか。 前作を彷彿とさせるシーンもあり、楽しく読めた。ミステリとしても読み応えのある一冊。 #魔眼の匣の殺人 #今村昌弘
うすけ @funnydays_14
「魔眼の匣の殺人」エグ面白かったんだけど今村さんやば
松本ものの😶小説の感想漫画🖋 @mononobook
なんだかんだ、魔眼の匣の殺人を3周くらい読んでしまっている…
かりんとう @montitti_karint
#今村昌弘 魔眼の匣の殺人 魔眼の匣で4人死ぬという予言と共に クローズドサークルが始まる! まず前作と同様で設定がすごい🧟‍♂️ 名前の覚え方や 証拠から分かることなどを 丁寧に解説してくれるので 読者に本当に優しいのに 全然結末が読めない! ありがとうございます🙇‍♀️ #読書好きと繋がりたい pic.twitter.com/wiogR7Ix76
 拡大
 拡大
yami @doch_hcod
2017年末(屍人荘読了してすぐ)から楽しみにしてた『魔眼の匣の殺人』読了。叫ばせてほしい。東京創元社さん、今村昌弘を世界から発見してくれてありがとう。今村昌弘さん、すげぇー……イイ2作目でした……。まじさいきょうエンタメ……。俺のホーーームズーーーー!!!!!!!!!
しんは @sinhaakhom
魔眼の匣、ようやく読めた!今回も面白くて一気読み
残りを読む(361)

コメント

のび @Novifam 3月7日
学生アリス好きなんだろうな感は感じる