6
三浦介 @miurano_suke
素人のタワゴトながら、そもそも佐竹氏を中心とした「東方之衆」が成立して、後北条氏に対抗できた一因として、「奥州一統」つまり南奥諸勢力が親佐竹で一致したことは非常に大きかったと思うのだけど、この辺りとその前段はまだまだ不明瞭なことが多い気がするのです。
三浦介 @miurano_suke
前段というのは奥州南郷での佐竹氏との争いを通じて会津蘆名家を中心とした白川、二階堂、田村各氏による連合が成立していたこと。そして元亀年間のうち1年にも満たない僅かな期間とはいえこれに下野那須氏を加えたかなりの広域連合が成立していた頃の情勢のこと。
三浦介 @miurano_suke
以前も呟いたけど、関東における後北条氏の拡大と越後上杉氏を中心に集った北関東・房総諸勢力の抵抗→上杉氏の退潮と越相同盟締結により佐竹氏が新たに北関東諸侯の中心になる→その関東諸侯の旗頭になった佐竹氏に対抗して南奥各氏が蘆名家を中心に連合する…という流れが見出せると思うのです。
三浦介 @miurano_suke
で、佐竹氏を中心とした「東方之衆」は後北条氏と南奥連合に挟まれて元亀〜天正初期は関宿城を失うなど苦戦していたが、紆余曲折あって、田村氏以外の南奥連合が「東方之衆」に合流することになり「奥州一統」が果たされ、「東方之衆」は後北条氏に強力に抵抗できるようになった。
三浦介 @miurano_suke
このことは後北条氏の拡大を遅らせたという意味で時の関東情勢及び後の羽柴秀吉による小田原征伐にも大きな影響があったと言えるのでは? とすれば佐竹氏による「奥州一統」の意義はたいへん大きかったと考えられるのでは…。
三浦介 @miurano_suke
そうなると「奥州一統」の契機は何かということ、先述の「紆余曲折」の部分が非常に重要なのではないかと。 この点、近年様々な論文からだいぶ明らかになってきてはいると思うのだけど、まだわからないことが多いかなあと…。
三浦介 @miurano_suke
特に蘆名家について勉強してる身からすると、この流れの中で蘆名家が果たした役割、そもそも流れの中での蘆名家の動きがまだまだ明らかにされていないと感じるのです。
三浦介 @miurano_suke
個人的には「奥州一統」というか、それに繋がる蘆名・佐竹間の講和成立は蘆名家の退潮が大きな契機になっており、それは17代当主の蘆名盛興の病臥・死去の影響が非常に大きいと考えているのだけど…。
三浦介 @miurano_suke
それと見落とされがちな気がしてるのは、蘆名・佐竹間の講和成立当初から「奥州一統」の初期は、この佐竹氏を中心とする広域連合と北の伊達氏の間も良好な関係だったということ。
三浦介 @miurano_suke
特に巷間、蘆名家と伊達家は不倶戴天の敵同士のような印象で見られがちのように思うが、実は永禄7〜9年の僅かな時期を除けば、18代蘆名盛隆の死去までは一貫して友好関係にあったことはもっと知られてほしいところ。
三浦介 @miurano_suke
蘆名家と伊達家がのっぴきならぬ関係に至るまでの経過についてもっと分析が進むといいな…つまり簡単に言うともっともっと研究されてくれ! 蘆名家!(>人<;)
三浦介 @miurano_suke
これも以前呟いたけどこの頃の佐竹家は蘆名家を中心とする南奥連合の攻勢を受けて、南郷の羽黒山・寺山が落城寸前まで追い込まれる状態で、かなり危機的な状況だったと思うんです。 なので関東方面が疎かになっていたと。 twitter.com/miurano_suke/s…
三浦介 @miurano_suke
何しろ当時は摺上原の合戦後の蘆名家のように、一つの敗北で一気に家が崩壊したり、勢力図が塗り替わるリスクがあった訳なので。

コメント

ちくわぶ大将軍@歩くきずぐすり @Kirokuro 3月8日
蘆名家って分からない事だらけだからな。 南北朝時代の動向もイマイチ分かってないし。
水野修平 @mizunosyuhei 3月17日
戎光祥出版さんは蘆名氏の論集を早く出して欲しい。
三浦介 @miurano_suke 3月27日
mizunosyuhei しかし悲しいかな、蘆名家については専論がほとんどないんですよねえ。個別研究をやってる方も高橋充氏くらいしか…。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする