10周年のSPコンテンツ!

なぜ長期的に見て日本にずっといると危ないのか

「日本にずっといると長期的に見て危ない」とつぶやいたところ、「なぜそうなるのか」質問されたので、私の考えをまとめてみました。
海外就職 海外 日本
58
@kirameister
なぜ長期的に見て日本にずっといると危ないのか、説明してほしいと言われたので、以下に私の意見を連続投稿します。書いてたらかなり長くなりました。そもそも「誰にとって危ないのか」と言うと、これから働き盛りとなるであろう20代や30代前半以下の人たちを想定しています。
@kirameister
これまで日本の経済的な繁栄を支えてきたのは何なのかを考えると、加工貿易だったということが分かります。つまり、価格の安い原料を輸入して、加工して、付加価値を加える事で高い価格で輸出することで富を得てきた。
@kirameister
しかし、それを行えるのは、(他の国と比較して)安い労働力が使えるとか、その国が生産する製品に対して、世界的な需要があるなどの条件が必要です。
@kirameister
第2次世界大戦が終わってすぐに、朝鮮戦争がありました。日本は高度経済成長と呼ばれる様な経済復興を遂げますが、そこには朝鮮戦争や冷戦という背景もありました。
@kirameister
つまり、アジアにおける自由資本主義体制の防波堤として、日本は米国に必要とされている。日米安全保障条約ができた背景には冷戦構造がありました。
@kirameister
日本は米国の「核の傘」で守られる一方、防衛費をGNPの1%に抑えるという政策の元、その他の社会資本に投資を行う事ができました。戦車を作る代わりに道路を作っていた訳です。ちなみに米国は3%以上(冷戦当時は更に高い)。北朝鮮は25%だそうです。 http://ow.ly/4Njwi
@kirameister
冷戦構造下で、競争力のある工業製品を世界中に輸出することで、日本は世界1の経済大国となりました。日本の終身雇用と年功序列もこれには貢献しています。
@kirameister
終身雇用と年功序列の特徴の1つとして、「若者の給与が安い」というのがあります。若いうちは安い賃金で我慢してもらって、経験をつんだら(年齢を重ねたら)ポストとともに賃金も高くなるという構図です。こうすることで、企業は人件費を抑えて研究費や設備費に投資する事ができます。
@kirameister
しかし時代は変わりました。もはや冷戦という単語は過去の歴史の一部になりました。それでは、今までの状況から世界はどう変わったのでしょうか? 価値のシフトと、個人の力、二極化がキーワードだと私は考えています。
@kirameister
価値のシフトとは、工業製品から情報サービスに、社会や世界の価値が移ったという意味です。世界の大企業の時価総額を見てみると、3位に iPhone を作っているアップルが名を連ねています。 http://ow.ly/4Njyq
@kirameister
他にもエネルギーや鉱業、銀行などの業種にいる企業が名を連ねていますが、ここで問題にしたいのは、アップルが20年前には(時価総額的な意味で)他の企業に比べると取るに足らない存在だったということです。これはマイクロソフトでも同じ事です。どちらも今では世界に名だたる大企業です。
@kirameister
それでは Apple は何を売っているのでしょうか? 勿論 iPhone や iPad を売っているのですが、普段 iPhone を使っている人のどれぐらいが、詳細なハードウェアスペックを知っているでしょうか?
@kirameister
それよりも、iPhone や iPad に乗っかっているソフトウェアや、付随するサービスにユーザーはお金を払っています。ハードウェア的にはそれほど他と変わらないアップル製品ですが、iOS や iTunes ストアなどで差別化が行われています。
@kirameister
次のキーワードである、個人の力とは何でしょうか? 冷戦によりインターネットが誕生しました。インターネットで重要になるのは、端末の向こう側にいる「相手(ユーザーやサービス)」で、どのプロバイダーを使用しているかなどは(回線スピード以外に)あまり重要ではありません。
@kirameister
これまでは、発信する能力のある限られた個人や組織しか、大多数にリーチすることができませんでした。現在は、個々人が別の個々人へリーチすることができます。それだけ個人の力や裁量が大きくなったと言うことができると思います。
@kirameister
相対的に見ると、それだけ組織や国家の力が弱くなったということです。一部の個人が、思う様に生きる事ができるようになった反面、そうすることができない人たちは、それまで通り組織や国家に頼る事になります。結果として二極化が起こります。
@kirameister
価値のシフト、個人の力、二極化というのは、時間軸に対して離散的なものではなく、現在進行形で起こっている事だとも考えています。つまり、10年後は、今よりも個々人間の二極化は進んでいると考えています。
@kirameister
それでは、(前置きがかなり長くなりましたが)質問に回答していきます。ちなみに質問内容は「なぜ長期的に見て日本にずっといると危ないのか」でした。一言で言ってしまえば「価値のシフトに対応できないから」です。
@kirameister
日本の時価総額が高い企業(つまり市場が価値があると認めた企業)を見てみましょう。トップがトヨタで、NTTドコモ、本田技研がそれにつづきます。どれもインフラや加工製品を手がけている企業です。11位に任天堂が入っています。 http://ow.ly/4NjAV
@kirameister
それではこれらインフラや、ハードウェア業界に未来はあるのでしょうか? その前に、「これから殆どの企業は、市場が小さくなる国内よりも、海外に出て行かなければならない」という前提にたつ必要があります。
@kirameister
収益を上げられないと企業は倒産するしか無く、(介護などを除いて)市場規模が小さくなっていくなかで、生き残る為には積極的に海外に活路を見出さないとジリ貧になってしまう。パナソニックが海外採用を増やしたというのは、民間企業が生き残る為に取った当然の選択だと私は考えています。
@kirameister
つまり、ハードウェア業界でも、これまで以上に日本国外の市場を意識する必要が出てくるということです。実際の市場調査をして、必要とされているものを見極めるということ。
@kirameister
その為には、数年間から10年以上、現地に入って、現地人らしい生活をする必要も出てくるでしょうし、グローバリゼーションの中で、自分(の組織)が立つ位置を認識し、最適な戦略を考える必要も出てくるでしょう。
@kirameister
それではどのような日本人が、これから企業や社会に求められるのでしょうか? いくつかあると思いますが、私はその中でも語学と業務内容が理解できていて、日本国外や他文化の日本語を母語としない人たちとコミュニケーションを取る事ができることが(今まで以上に)重要になると考えています。
@kirameister
上の「日本国外の人とコミュニケーションを取る」能力ですが、日本国内にいても、あまり習得するはできないものだと思います。日本というのは、かなり均一性を好む場が多いからです。他文化を知るとういことは、均一の外にある世界に身を置くということです。
残りを読む(8)

コメント

チェリ @cheridayo 2011年5月7日
まあ高齢化社会と輸出産業が中国や韓国に奪われていて平気なわけはないですよね(^ρ^)
チェリ @cheridayo 2011年5月7日
日本のGDPのうち輸出のしめる割合は1割程度なので細々と頑張ってくれれば良い。海外から仕入れた材料使っていると言えば、海外で高値で売らないといけないイメージを持つ人が多いが、鉄くず仕入れてもそんなに金がかかるわけじゃないけど、車は高く売れてるしね。
チェリ @cheridayo 2011年5月7日
(高齢化以外の)市場が小さくなるのはの要因の1つに、もう十分便利な社会に成っていることが挙げられる。クーラーも冷蔵庫もTVも…一通りそろえた人は新しく何かを買うことは少なくなる。全体としても市場は縮小する。しかし、それが不憫なことかと言えば違うだろう。(^ρ^)
チェリ @cheridayo 2011年5月7日
職が減る問題もそんなに深刻ではない。最低賃金を下げればよい話。大分円高に成っているのに最低賃金がそのままだと企業がキツイのは当たり前。月5000円で光使い放題だし、貧乏人には優しいしゃかいなんだからさ。
T. Ushiwata @ushiwatat 2011年5月8日
グローバリゼーションってこういうこと。自身に付加価値をつけていかなければ、生活水準を下げる圧力がかかるはず。
@orz_8 2011年5月8日
この手の議論は全ての国でなにかしら当てはまってしまう。UKもUSAもEU各国も全部将来性皆無って結論出せる。実際、現時点で先行き明るい先進国はない。それでも他の先進国に逃げるか、発展途上国に賭けるのか。日本に外国の優秀な連中が集まってくるようがんばるオプションは? 個人的には逃げることしか考えない負け犬が生きていける国なんてないとおもう。
ギュムゲバ @gyumgeba 2011年5月8日
事実でしかないよなーと思う。今更受け入れるのでは遅いくらいに思ってるけど、生きるためにはやるしかない。マーケティングを特定の国に絞るより、とにかく手広くやることが重要なのかなーと思う。
なすこ @dangoda 2011年5月8日
資本主義社会にいる以上ずっとこれの繰り返し。その時その時で最も価値ある物事を追求する以外に今以上の生活水準を求める方法はない。それは単位が国だろうが企業だろうが個人だろうが同じ。どこ行っても食べていける個人になりたいです。
もらてん・“ふぁじめ” @moraten_fajime 2011年5月8日
「生活水準を下げたくなければ海外に行け」っつったって、故郷や住み慣れた地元を捨てるのが最低の生活水準の切り下げに相当するって人が多い事をなんで意図的に無視できるんだろうか、札束だけで割り切れる人はいいけどさ
Pr.wrydread @wrydread 2011年5月8日
”危ない”というのもこれやはり縮小に呑まれるという価値観であって、非常にビズライクでしかない。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
別に日本限定では無い。この種の話題で顕著なのは日本の強みが先々通用しないという論旨なんだが製造業と情報サービス業を同列に比較してもね、AとT、従業員数5万弱とグループ各社だけでもその十倍の企業の値打が時価総額だけで語りうるのか。株価は重要指標であっても十分な指標ではない。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
本質はそこではない。製造業が市場を求めて海外に出ていく、労働力も海外で調達するようになる、国内の雇用情勢が悪化に振れるだろうが労働人口も減少する中で第三次産業へシフトすることで対応は可能。急所は低賃金の土地で生産された財・サービスと高賃金で生産されたそれの競争の発生そのもの。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
日本は巨大な商品市場&労働市場である中国に隣接している。このため商品とサービス、賃金までもが中国価格に収斂しようとしているのが現在起こっている状況。言ってしまえば以前アメリカ相手に日本が繰り広げた構図だが規模が違う。デフレも賃金低下も結局そういうこと
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
MやAのような企業が日本にあったとしてもそこからは逃れようがない。そもそもMやAが中国から適正な利潤を得ているとは思えないw
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
先にその憂き目にあった米国が考え付いたのが金融経済、ルールが理解できる者の間で金を転がして利益を捻出するババ抜き大会。そして実態経済と金融経済の乖離が何をもたらすか我々はよく知っているはず
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
そして同一業務同一賃金では雇用が維持できないらな生産性を上げるほかなく、過去と同じような仕事は見つかりにくいなら外に出る。華僑とか米国開拓とか日本でも集団就職とかあったよね。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
しかし今はどこに行っても多分同じ構造ではなかろうか。選択肢を増やすことは大切だけど隣の芝生も青くない。今出て行ける日本人であることを価値として外で働いたとしても見合うだけのリターンがあるか疑問。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
ぶっちゃけ中で駄目だから外へという指向では、外でもだめでしょう。そこを中がダメだからという論理を組んでみても始まらない(後半疲れた)
Akira K. @kirameister 2011年5月8日
仰る通り>"実際、現時点で先行き明るい先進国はない"。言いたい事は、「他の国に逃げる」ということではなく、「世界のどこかで生きていける=自分の価値を見いだせる」ようにしておくべきなのでは、ということ。
Akira K. @kirameister 2011年5月8日
そうですね>”危ないとう単語がビズライク”。危ないという単語の定義をしておけば良かったかとも思いますが、「給料が下がる」から「将来の子育てや公教育」など、考えてみれば色々あるのでこのような表現になりました。
Masa Okumura @mokumura 2011年5月8日
言いたい事はよくわかりまが、「危ない」と言う表現に少し違和感を感じた。私も40年以上海外生活で40年前に日本のシステムに会わなく、脱出しました。能力があるなら、海外で自分の能力を十分伸ばせるので勧めます。但し、今の日本のシステムに合って、居心地が良い人も多くいるとおもいます。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月8日
世界で通用する価値とは国内では通用しないもの?それが海外なら通用すると思えるのは何故?先人達の様に機会を外に求めるなら素直に外に出れば良いだけのこと。
daigen forest @stmocchan 2011年5月8日
最初から日本と外国をそれほどはっきりと区別する必要はないと思う。世界で通用するなら日本でも通用するはずだし、もし、しなければそうなるように自分の出来る範疇で努力すればよいだけ。時間はかかるけど、何事もそう安直にはできませんからね・・・
Yusuke Makino @Usekm 2011年5月8日
長期的、という言葉は現状を理解する上で誤解を招きやすい表現である。長期的にはわれわれは皆死ぬ。(したがって我々は危ない。)
Yusuke Makino @Usekm 2011年5月8日
「日本は危ないから海外へ」大変結構ですが海の外に出た時に貴方が売れるExpertiseはなんなのかを考えないと、日本食レストランで皿を洗うぐらいしか仕事がないことになります。 
Yusuke Makino @Usekm 2011年5月8日
海外に出てしまえば何とかなるさ、というコメントもありましたが、そういう人は危ない日本でも多分生き残れます。
daigen forest @stmocchan 2011年5月9日
日本の将来なんかに関係なく外国で暮らしたいと希望する人がそうすれば良いだけの話。好き嫌いの問題ですよ。それ以外の理由付けなんて意味ないと思う。
@orz_8 2011年5月9日
貴殿の文章を頭から読んだかぎり、 >>「世界のどこかで生きていける=自分の価値を見いだせる」ようにしておくべきなのでは、ということ。 という論旨では決してなかったと思いますがw あえてそのまとめを否定します。なぜ日本を復興しようという選択肢がないのか? 311以後、1945から国を建てなおした先人の凄さをあらためて驚くとともに、我々もやらねばならないとは感じないのかな?
@orz_8 2011年5月9日
例えばUSAはデフォルト危機にあるが、連中はUSAから出ようなんて思わないだろう。これが国の強さなんだと思う。 日本が小国とは思わない、人口1億超え海域含めれば世界6位、GDPもまだまだ世界の5本指に入りつづける。こんなポテンシャルをもった国はないと思うし、震災からの復興を考えればこんなチャンスに溢れた国はないと思う(私は福島生まれ。それでもあえていう、復興をテコに国力増強は可能)。
@orz_8 2011年5月9日
例えばシンガポールがやってる研究者、企業の呼び込みは日本でも十分に可能。いくらでも立ち直って次世代につなげる方法はある。 ないのは我々世代が次代を担うという覚悟だけ。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月10日
国内で場所を得ず海外で活躍する選手が多いならその論理は成り立ちますが、海外で活躍してる選手は国内では場所を得ていなかった、能力を発揮していなかったのでしょうか?
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月10日
本来、この方の論旨は、日本で就業する将来性に対するインセンティブの不足を語るべきだったんでしょう。 それを個人の能力の問題に帰結させようとしておかしくなってるわけで。
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月10日
この事態のなかで日本の将来をネガティブに語られてもかないませんがw
撃壌◆ @gekijounouTa 2011年5月10日
で、そのiPhoneのうち、どこの国の部品が一番使われていると思ってるのさ。アイデア等を重要視するのはいいけど、それを支える基礎技術にも目を向けて大切に育てていくべきだと思うけどねぇ。
秋島 @akisima 2011年5月11日
具体的にどこの国が日本よりましなのか比較対象がないと、単なる海外コンプレックスでしかないかと。日本の問題点って今のところ贅沢な悩み以外の何物でもないと思うんだけどなぁ
寝不足の猫 @rolling_cat9 2011年5月12日
日本は内需主導で経済成長してきましたし、今でもそうです GDPに占める輸出型企業の割合を見てください 一目瞭然です マスゴミはトヨタ、ソニーばかり取り上げるので洗脳されますが、海外と比較して日本ダメというのは、ピントはずれです
伺か with kawahara @bochi_bochi_888 2011年5月13日
GDPの定義を確認した方が良いと思うな、まず。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする