アプリで作成
2019年3月10日

A3+2019:千景

続き物は同じ色です(黒は単発)
0
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 『ふふっ』こぼれた笑いに、どうしたんだ、と怪訝な顔をした彼。『千景がご機嫌なの、見て分かるから』今日楽しかった?そう尋ねると「鬼の首を取ったように言うのはやめてくれないかな」ムッとした顔をしたけれど、じっと見つめ返せば小さく溜息を吐いた。「…まぁ、見ての通りだよ」

2019-02-03 23:53:13
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 好きだって言っても、悲しい顔をするから。「君には、俺と一緒にいない幸せがある」そんな事を言いながら、私の頰に触れる指先が名残惜しそうに離れないから。『じゃあ、千景と一緒にいて不幸になりたい』私の言葉に目を見開いて、そして、初めて下手くそな笑顔を見た。「…馬鹿だな」

2019-02-05 21:21:25
memai. @memai_com

『もし、仮に、どこかに、千景と一緒にいない幸せがあるとしてさ』「…ああ」『それと同じだけ、千景と一緒に幸せになる選択肢もあるとは思わない?』「…!」『私は、千景と一緒に幸せになりたい。幸せになれる道を探したいし、選びたい』「…本当に、君には敵わないな」

2019-02-05 23:12:16
memai. @memai_com

千景に拝み倒してデデニー連れてってもらって、なんだかんだ言いながらしっかり下調べしてる千景が「それで?どれがいいんだ。ミキ◯ニ?ドナ◯ジ?それともダフ◯イ?」ってファンキャップをペアで聞いてくるけど『何言ってるの?千景はオ◯ワルドでしょ!オズ様!』って何も考えずに言ってしまいたい

2019-02-05 23:26:19
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 『千景、"——"』「!?」名前を呼んで、振り向いたところでザフラ語を口にしてみれば、案の定驚いた顔の彼。『びっくりした?シトロンくんに習ったの』ネタばらしすると、成る程…と小さく笑って私の腕を引いた。そして、耳元で囁く。「…君が今俺に伝えたのは、プロポーズの言葉だよ」

2019-02-11 23:14:44
memai. @memai_com

『!?!?』「師が悪かったね」『そんなぁ…』「それで?本当は何て言ってくれる予定だったのかな」『…すき』「………」『千景?』「…日本語で十分嬉しいよ」『いつも千景がザフラ語で言うからでしょー!?』「"——"」『また!…あれ?い、今のって、』「出来ればYES以外の返事は聞きたくないかな」

2019-02-11 23:14:45
memai. @memai_com

『ザフラ語で好きってどう言うの?』って聞かれたシトロンは(チカゲに言うんだろうな〜)って察してわざと「コレが我が国での最上級のアイの言葉ダヨ〜!」とか言っちゃいそうだなって。そして内心(ワタシGJネ!チカゲ感謝するヨ!)とか思ってたらかわいいし、たのしい。

2019-02-11 23:22:56
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 「あれ、香水つけてる?珍しいな」会うなりすぐに気付かれて、顔が熱くなった。『え、あ、』「この香り…ふぅん?」焦る私と面白いものを見つけたような顔をした彼。「どうしてこの香りにしたの?」『…ち、千景が、スズランの役、演ったから、デス』そう伝えれば、満足そうに笑った。

2019-02-12 21:05:38
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 「はいどうぞ」『わーい…えっ!?』いつものお土産のように受け取ろうとして、ハッとする。『千景、バレンタインはいらないよって言ってたじゃん!』「言ったね」『何これ!?』「見ての通りバレンタインだよ。いらないとは言ったけど、渡さないとは言ってないだろ?」『ずるい…!』

2019-02-14 21:50:19
memai. @memai_com

『もー、本当そういうとこ…』「こんな俺は嫌い?」『笑顔で聞く事じゃないからね?好き!』「はは、ありがとう」『…それにしても、こんな高いの返せないんだけど…』「別にお返しはいらないよ。そもそもホワイトデーなんて日本だけだしね」『でも〜…』「君に選ぶのが楽しいんだ。受け取ってよ」

2019-02-14 22:02:10
memai. @memai_com

千景 #A3プラス (一応) 春組と話してたら恋愛トークになって、嫌いなタイプは?って質問に『嘘つく人』って答えたら、直後にガチャンと割れる音。「わー!千景さん!カップ割れてますよ!」「先輩が動揺するとかレア」「チカゲのポーカーフェイスが崩れたヨ〜!」「ちょ、千景さん怪我ないっすか!?」

2019-02-15 22:09:49
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 『千景さんさぁ、最近私の事避けてない?』「…気のせいじゃないかな」そう言った彼の目は、見事にそっぽを向いている。『私、何かした?』「…俺は嘘つきだからね」やっとこっちを見たかと思えば、眉を下げて悲しそうな顔するものだから。『もしかしてこの前の話、気にしてるの?』→

2019-02-16 23:44:33
memai. @memai_com

私の質問に答えないまま、また気まずそうに視線を外した。『千景さん、私に嘘ついたことある?』「ない…と思うけど」『でしょ?』咲也達を引っ掛けてるのはよく見るけど。『千景さんを嫌いって言ったわけじゃないよ。だから、コレ。この前割れたカップの代わりに良かったら使って』「…あ、りがとう」

2019-02-16 23:44:39
memai. @memai_com

103号室 「あれ、先輩新しいカップ買ったんですね」「いや…あの子に貰った」「へぇ、脈アリ的な?」「…」「(お?)」「…茅ヶ崎はあの子、何が好きか知ってる?」「特には…あ、最近飲みに行きたいとは言ってましたね」「そうか。お礼に誘ってみるよ」「頑張ってくださいね(面白くなってきたな〜)」

2019-02-16 23:44:40
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 『飲み?行く!行きたい!』「じゃあ、店は俺が適当に決めてもいいかな」『いいともー!』お誘いに喜んで右手を挙げた私。『誰誘う?お酒ならやっぱり東さんとか冬組?』「ブフッ」「茅ヶ崎」『あ、至さんも来る?』「…今回は二人でどうかな。一応、この前のお礼のつもりなんだけど」

2019-02-19 23:13:49
memai. @memai_com

「…なんであんなに鈍いんだ…」「フラグクラッシャー過ぎてどう対処していいか分からないですねwww」「笑い事じゃない」「笑顔の圧やば過ぎワロタ」「…物で釣れない女ってどうやって落とすんだろうね」「うわ、先輩その発言はアウト。そして俺のギャルゲ知識じゃお役に立てそうにないです」

2019-02-19 23:13:51
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 『ふはっ』「何変な笑い方してるんだ」『いや、千景は眼鏡も衣装の一部なんだなぁって』次の公演の写真を見せると、納得したようだった。『また違う眼鏡だね。予算大丈夫だった?』「さぁ。そこは衣装さんのコダワリだからね」彼は肩を竦めて笑った。「…それで、君はどの俺が好き?」

2019-02-17 23:32:43
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 「大丈夫?」隣に腰を下ろしなが尋ねる彼に驚いた。『へ?』「調子、悪いんじゃない?」『よく分かったね』「まぁ、君の事は人一倍見ているから」照れもせずにそんな事を言う。「何かしてほしい事はある?」『手…を繋いでほしい…あと、肩借りていい?』「そんな事でいいの?どうぞ」

2019-02-18 23:40:56
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 自分から掛けてきたくせに「すぐに掛け直す」なんて、変なの。二度目の電話で尋ねても、はぐらかされてしまった。《着いたよ。開けてくれる?》『…え?』直後、鳴り響くインターホン。「こんばんは」『ど、して』動揺する私を見て笑っている。「最初電話に出た時、泣いてたから」→

2019-02-21 00:33:26
memai. @memai_com

心臓が、大きく鳴った。『気付いてたの…?』「もちろん。でも君は一人で抱え込んで、いつも何も言わないだろう」だから会いに来た。いつもより優しい声で、珍しく私の頭を撫でるから、また涙が滲んでしまう。『千景が優し過ぎて調子狂う…』「あれ?今まで俺が君に優しくなかった事なんてあったかな」

2019-02-21 00:33:30
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 『たまには手を繋ぎたいなーなんて』いつも私の腰を抱いて隣を歩く彼に、控えめなお願い。千景は驚いたように瞬きをして、にっこり笑った。「駄目」『どうして?』「君は鈍臭いから、俺の腕の中にいてくれた方が安心なんだ」『…酷い言われよう』「頼むから大人しく俺に守られててよ」

2019-02-21 23:09:16
memai. @memai_com

千景 #A3プラス おはよう、おやすみ、行ってきます、ただいま、ありがとう。日常の些細な言葉の度、頰にキスをくれる。外国暮らしの癖だと笑う彼と、毎回照れてしまう私。『…屈んで』「こう?」『ん』不慣れな、頰に押し付けるだけのキス。「!」『…行ってらっしゃい』「ありがとう。行ってくるよ」

2019-02-26 22:40:43
memai. @memai_com

千景 #A3プラス 『ちか、いや…東條先生!』「…何かな」『そのまま私をぎゅっとしてほしいです』千秋楽後の楽屋、私の言葉に眉を顰めた彼はツンとした態度で返事をした。「は?」その声のトーンから、機嫌が思わしくない事を察したけど、『千秋楽まで我慢したから!お願い!東條先生のままで!!』→

2019-02-27 16:08:42
memai. @memai_com

「馬鹿なことを」『おねらいひまひゅ』頬を摘まれても怯むわけにはいかない。「…仕方ないな」これでいい?頰を摘んでいた手が背中に回って抱きしめてもらえた。『ありがとぉぉ』抱きしめ返そうとした途端に体は離れて、良い笑顔の彼。「さて、何してもらおうかな」『えっ』「俺は高いよ?…なんてね」

2019-02-27 16:08:43
memai. @memai_com

千景 #A3プラス どうしても仕事に行きたくなくて布団の中で唸ってたら、声を掛けてくれる。「どうするの?仕事」『…行きたくない…』「会社に電話してあげようか」『ハイ!?』そんな事されたら後日の言い訳が大変だ。『行く…』「残念。おはよう」『おはよう…』「急いで準備しなよ。送ってあげる」

2019-02-28 08:20:59
残りを読む(147)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?