七峰らいがの創作世界観と新作妄想について(3/17更新)

七峰らいが(@NO_NAME01)の頭の中で展開している世界観と、どうしても巨大ロボット少女を動かしたくなったのでその妄想について語ります。
1
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

うちも「世界<個人」の創作理論なので(というか、個人それぞれが目にする「世界」があるという理屈)どこかの誰かが「世界滅べ」と願えばどこからともなく黒い泥が噴き出して来て文明を社会を呑み込んでいく。それは悲劇であっても、個人が背負える程度の悲劇であって世界全体が発する断末魔じゃない

2019-03-10 19:27:03
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

どこかの誰かが「世界滅べ」と願ったせいで本当に世界が滅んでしまったら、そいつにもう一度世界を再生するための償いをしてもらわないと困ると思った。それは、その願いが真に迫ったものではなくてただ現実逃避のための世界に向けた侮辱だったから。また償うだけの反省の意志を持っていると信じるから

2019-03-10 19:31:11
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

七峰らいが、として白いスクリーンに投影した自分をながめていると、人として優しいというか人に甘えたところがあって性善説を心のどこかで信じている。善き心は悪しき心に打ち勝つことができると信じているので人間社会の潔癖でない部分で突かれるとたちまち顔色が悪くなることに気がつく。

2019-03-10 19:38:20
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

朝4時に起きたひらめきを信じてイメージを書き残す。 星が降ってきた。立ち入り禁止の土蔵に着弾。勇者の末裔の少女は、運命に出会う(あからさまな運命構図で)。 「七峰らいがと星を見た少女(仮題)」。めざせアドル・クリスティンて感じで七峰ニアリーイコール作者は異世界を旅しているのです。

2019-03-12 05:19:57
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

第一話のタイトルも仮題。「星をみるひと」。要するに異世界ファンタジーものなんだけど電信柱らしきものも見えて工業力は高め。なぜかというと動力源になる巨大人型ロボットを隠し持った村だから。あとシナリオだけ先に考えてキャラクターの考察をおろそかにする作者の悪い癖。

2019-03-12 05:22:53
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

少女の名前も未定、星になって落ちてきたほうはデフォルトネーム(七峰らいが)でいいけどこっちはそうもいかない。丸縁メガネで三つ編みふたつの、歴史おたくな感じの子。勇者の末裔とはいうものの、世界に戦争と子種をバラ撒いたチーレム系勇者サマの子孫なのであまり胸を張れないっていうか。

2019-03-12 05:26:50
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

星になって落ちてくるのは異世界転移の証拠なんだけど「転星者」という名前を付けた。こいつが現れたら戦争が起きるってことなので権力争いに負けて山に逃げてきた感じの村としては「こいつ56すべか」となる。早くしないと星が降った位置を特定されて都会から騎士団がやってきて村を焼かれる。

2019-03-12 05:32:11
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

まあ現在のシナリオだと七峰らいがと少女以外村を焼かれて全滅しそうな勢いなんだけど。「戦って強くなりたい」というプレイヤーの無邪気な心がこうやって戦火を拡大させるんだよね。

2019-03-12 05:35:58
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

2019年にもなって帝国だ共和国だ、勇者だ魔王だってわけにもいかない気はするけど、どうなのか。

2019-03-12 05:45:39
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

少女とは言ったが、別に少女の見た目をした男でも構わないとは思うんだよな。それはそれでより事情が込み入るけど。

2019-03-12 05:49:12
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

女と聞けばすぐか弱いもの、男に守られるものとして思い描きがちな自分の古い価値観にとってみれば、いっそ男の娘にしたほうがよいのではないかとも思うのだ。あと、可愛い。

2019-03-12 05:52:28
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

まあそうなると読者にあってはTSものより先に女装ものを見せてしまうという大問題になるのだが。

2019-03-12 06:00:58
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

寝る前に。少女の名前は「イサヤ」か「サヤ」「サーヤ」のどれか。…サヤ・エンドー? まさか…あまり日本語に近すぎると異世界っぽくないし、かといってカタカナ語禁止縛りになるのも嫌だし。では日本語を「古代語」と呼ばせるのはどうだろう…いいけど、現代語と区別が付けられないならダメなのでは

2019-03-12 20:46:42
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

イサヤ(サヤ、サーヤ)は歴オタの女装男子。っていうかファンタジーRPG的な世界観で一人っ子なわけが無い(チーレムの血筋なら尚更)んですが、何せ落人なので(なので?)男は全員56されるから子供時代に女装してた名残とかにしようか。たぶんコイツが末代なんでしょうね。でも長男タイプかな。

2019-03-12 20:54:21
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

歴オタ属性がどこから生えたかと言うと、寝物語ですね。竜退治の昔話とか、天地創造の神話なんかを聞いて育った。母親の影響でしょうかね。ここでよくある話だと母は病弱すぎて若くして4んでしまうところですが、どうしようか。まあ今日まで生きていてもより惨たらしい結末が待っていそうな予感ですが

2019-03-12 20:59:54
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

母親不在で父と息子の確執、っていうところに踏み込みたいような気もするのですが、親世代におんぶにだっこで暮らしてて「ほんとにそれで良いの?」って部分を語りたくもあり。

2019-03-12 21:07:17
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

「見えない壁」を破る、カエルが井戸を出るということを巨大ロボットまで持ち出してやることかというと。でもきっと、一人では何の力も発揮できない挫折を味わった直後の七峰らいがを主役に据える意味はそこにあるのではないか。

2019-03-12 21:11:24
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

七峰らいがは星になって落ちてくるという設定の前は、突然異世界に転移して現地の猛獣にむしゃむしゃされて4にかけたところを拾われるというものでもいいんじゃないかと考えていた。「4にたい」という負の意識を頭のなかに背負ってはいても、現実の4そのものには直面できない自分の心の弱さとの戦い

2019-03-12 21:14:57
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

イサヤも、自分のことが好きというよりは鏡に写った女装している自分が好きなだけ。狭い村の中で歴史を知るというのは、その歴史が偏ったものになっていて現実を見ていないということ。二人は根っこが似ている。

2019-03-12 21:18:59
4日後
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

かねてより妄想していた作品名を 「えっ、この状況からでも転移(はい)れる異世界があるんですか!?(仮題)」 とする。そして、プロローグとなる第一話のタイトルを 「七峰らいが退学!! 現れたゲームマスターは天の助けか悪魔の誘惑か」 にスマッシュエルボーだ!(深夜テンション)

2019-03-16 00:05:21
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

要するに異世界へ落ちる現代日本の人間のパーソナリティについて簡単に説明すると、俺! 以上。だから説明しろっつってんだろ。工業高等専門学校に5年通って4年次で中退する程度の知力と忍耐力を兼ね備えた、それでもなぜかプライドだけ高くてメンタルはズタボロの22歳だよ。

2019-03-16 00:13:52
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

元高専生っていう肩書きは一見すると工業系スキルが高そうに見えるけど、どちらかと言うと本人にとっては否定したい過去になっている。今振り返ろうとしただけで記憶の引き出しを閉じようとしたのがいい証拠だ! 普通の高校行った人よりは工作機械に触れてるかな、とは思うけど伏線にはなるだろうか?

2019-03-16 00:19:21
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

そもそも現実よりツイッターの通知欄のほうが大事な人間のどこに異世界で元気に活躍できる可能性があんだよ! とは思うものの、キミには巨大ロボット娘に呑み込まれてコックピットに座る権利が与えられている。どれが敵か? 知らねぇ! 乗るなら早くしろ、でなければ帰れ!

2019-03-16 00:22:30
七峰来駕と名無しのアライさん @NO_NAME01

まとめると、高専4年次中退を決めた七峰が行くあてもなく町をうろついていると、怪しいお姉さんに呼び止められて、そのまま失踪したっていう話なんですけど。作者としては「現実に帰る!」よりは「穴があるなら入りたい……」なので、ここは潔く社会から消えていただこうと思う。

2019-03-16 00:26:21
残りを読む(45)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?